北山 朝也

2010.02.05

「エンジニアリングと幸せの定義」

北山 朝也 - エンジニア

ET Luv.Lab.記念すべき第一回目ゲストはエンジニアの北山朝也君です。北山君とはグラウンドで一緒に汗を流した仲でもあり、社会人になってからも折々で酒を酌み交わしがてら話をしあう親友です。北山君とは付き合いが長いですが、しかし、インタビューとして話を聞くのは初めての経験で新鮮でした。

アウトプットへのこだわり

【加藤】 ET Luv.Lab.は「人がメディアになる時代」「Person as a Media」ということをテーマに展開しようと思っているのだけれども、北山君はブログ、ポッドキャスト、IPAのプロジェクト、エンジニアの交流会など、会社にいながらソーシャルな手法を十二分に活用している印象を持っています。一方で古くからの友人に君の話をすると、楽しんでいるのはわかるけど、なんのためにやっているの?とか、何を目標にやっているの?とかいう疑問をしばしば受けます。そんな状況で、今、北山君が会社の枠を超えて様々なアクティビティを展開しているモチベーションってなんなんだろうということを最初に聞きたいのだけれども。別に有名になりたいわけじゃないんだよね?

【北山】基本、面白いことをやりたい、ノーストレスで、ということですね。ストレスがかかるのは会社だけでいいかなという感じですね。最近、会社もノーストレスになり始めててちょっと困っているんですけども。

【加藤】 それはいいことじゃない。学生の時からそういうことやってたの?

【北山】学生の頃はブログちょっとやってたくらいですね。社会と関わることの面白さということをまだよくわかってなかったというのはありますね。大学の頃、結構ヒキコモリだったんで、結構家で小難しい本を読んでたんで。

【加藤】 趣味の質を変えた、みたいなことなのかな?

【北山】そうですね。モチベーションかあ。一個一個目的がありますね。まずブログは何かやる時に発表するための窓口がないと何も伝わらないじゃないですか。僕が未踏をやりました、ソフトを作りました、ということをどこに報告するのかという話があるんだと思うんです。だからブログをある程度人が来る状態にメンテナンスしておくというのは、何か他のことをやる上ですごく重要だと思うんです。

【北山】何かを発表する窓口としてブログを持って、PodCastとかソフトウェアとか色々なことをやっているというイメージなんですよ、僕は。他の人がTwitterを窓口にしているというのと同じ話で僕に取ってはブログが窓口なんですよね。加藤さんもそうですよね?

【加藤】 基本はそうだよね。プラットフォームをまず作って、そこで何か走らせて行くという感覚だよね。それってでもある種やり方の話で、そもそもそれを面白いって思ったのはいつぐらいなのかね?商業的にものづくりをしている中で、人が作りたいと心から思って作られた制作物で世の中が溢れているかっていうとそういうわけではなくて、あまりノリノリじゃなくても作らざるを得なかった、ってものも世の中には一杯あると思うんだよね。そういう中で北山君みたいに作りたいものをただただ作るプレイグラウンドを持っているって言うのはある種、うらやましい状況なのではないかと思うのだけれども。

【北山】いかにアウトプットするかで、アウトプットの質って決まっちゃうと思うんですよね。ブログもそれなりに面白いことを書いている人がいればそれなりに人が来て、人が来るとフィードバックを受けて、それで面白いことを書けるみたいなサイクルがある。

【北山】逆に何も注目されてない状態で面白いことを書くっていうのは難しいことだと思うんですよね。

【加藤】 大目標があってそこに目がけて行く感じっていうよりは、今楽しいっていうのを次の日にどんどん繋げてって、どこまで行けるのかみたいな感じだ。

【北山】そうですね、でも、PodCast始めた理由はちょっと違うんですよ。

【北山】PodCastって世の中のメディアで最も金にならないメディアだと思うんですけど、あれはよしこさんと何かしたいね、という時に、お互いの仕事は抜きにしたPodCastだったらいいよ、っていう話でスタートしたんですよね。

【加藤】 できる人の課外活動みたいな感じだよね。でも流行りとかでやってくよりは人ありきで、始めたっていうのはいいよね。

【北山】そうですね、結局人ありきでやらないと面白いものはできませんからね。この人とどうすると面白いことできるかというので、別に利用するとかじゃなくて、仲良い人と面白いことをする、仲良い人と普通に話しても面白いけど、更に面白いことをするにはということを考えた時に、自ずと何をやるかは決まってくると思うんですよね。

【北山】一人でやってもつまんないじゃないですか。一人で閉じこもって作るタイプもいますけど。

【加藤】 なんかさ、サブカルパジャマトークは問題解決っていうか、問題提起だよね。デザインていうかアートだよね。そういう純粋さがいいんだろうね。

【北山】二人で決めているのは絶対お互いに負担にならないようにやる、後はできるだけ長くやる、ということですね。盛り上がって二三回で終わるんじゃなくて。今は月に一回、一時間話をして、晩飯を一緒に食べるってことしかやってないんですよ。ただ、お互いそれまでに面白いネタを見つけあって、それをいかに15分の間に収斂するかっていう勝負なんですよね。

【加藤】 アウトプットすることのこだわりっていうのはあるんだね?

【北山】それはありますね。まあ、出してナンボですからね。

プロフェッショナルになる以外に仕事を楽しむ方法はない

【加藤】 こないだ北山君が「僕はどんな時でもプロフェッショナルとして仕事をしています」という発言をしていたけれど、あれはどういう意味?

【北山】持論なんですけど、ドラッカーいるじゃないですか。P.F.ドラッカー。あの人に『プロフェッショナルの条件』ってあるのですが、あれ僕の座右の書なんですよ。プロフェッショナルの定義っていうものがあって、その中で、特に日本企業でモチベーションを維持するためには、自分の目的が組織によって定義されているっていうのが結構大事だと思うんですよね。それを課とかグループ単位で持つんじゃなくて、より自分の仕事がこの会社のどういうところに貢献しているのかというのが、結構大事なポイントで、日本の企業ってそういうことが定義されないまま仕事が進みがちなんですけど、そこを自分なりに定義して大局的に動くっていうのが僕の働き方なんですよね。あれはいい本ですよ、『プロフェッショナルの条件』は。

【加藤】 でもそもそもなんでプロフェッショナルにならないといけないのかね?あ、北山君の言うところのプロフェッショナルっていうのは専門家ということもまた違うのだよね。

【北山】僕の持論では、プロフェッショナルとして働く以外に面白く働く方法ってないと思うんですよ。自分の好き勝手なことをやるということを目的とした場合の面白さっていうのは、組織で動くことの意義が死に体じゃないですか。ある意味組織に貢献する一つのゲームとしての面白さっていうのがあって、そこに真摯に挑むっていうのが、現代社会の発達した面白さというところだと思います。

【北山】もう日本って成長するパイがないじゃないですか。行き詰まってますよね。そういう中でもプロフェッショナルとして働くっていうのは、真摯に組織にコミットすることを抜きにして、定義するのって結構難しいと思うんですよ。好きなことやって面白いというのを、それは本当に評価されるのかとか、上に上がっていけるのかとか、大きいことができるのかとか、給料上がるのかとか、色々なスキームあるけど結局それって行き詰まりのパターンだと思うんですよね。

【加藤】 個人も行き詰まっている?

【北山】個人も行き詰まっていると思いますよ。

【加藤】 最近若い人と話していると、事業に対する義務感はあっても責任感はないな、というケースにしばしば遭遇します。

【北山】責任感を殺していくシステムがありますからね。

【加藤】 分散してヘッジして、金融工学じゃなく責任工学みたいなのがあるよね。

【北山】ありますあります。

【加藤】 そういう意味では北山君にとってプロフェッショナルとして仕事をしていくって大事なことなんですね。

【北山】それ以外に仕事を面白くする方法がないと思うんです。だって、つまんないもん、基本、仕事って。基本つまらないから、楽しむスキームって限られてるんじゃないかと思いますよ。

エンジニアはイチローになれるか?

【加藤】 昔、僕らの後輩が「エンジニアもイチローみたいになりたいんです」と書いてたのだけど、北山君のIPAのスーパークリエイターっていうのはオールスターでホームランみたいな話だと思うんですよね。そうじゃなくてエンジニアにおいて10年ヒットを打ち続けるみたいなことに必要な環境ってなんなのかなと。

【北山】とりあえず、10年ヒットを打ち続けても金が儲かるわけじゃないというのは証明されているじゃないですか。まず、エンジニアが凄ければ凄いほど、その人の成果っていうのは踏み台にされるんですよ。オープンソースは勿論そうですけど、オープンソースじゃなくても、何かが発生した場合、そこってスタート地点になっちゃうじゃないですか。そこで、スタート地点に立った時にそこから更に抜け出るって、エンジニアのスキルじゃなくて、マーケティングとか、お金集めとか、そういうスキルが必要になってくるんで、エンジニアでヒットを打ち続けるってことは、イコール、踏み台にされ続けることだと思うんですよね。

【北山】Twitterの創業者もエンジニアじゃないけど、ヒットを打ち続けてて、Bloggerを作って、Twitterを作って、今新しいクレジットカード決済の会社をやっている。エンジニアって手段を生成するシステムだから。

【北山】エンジニアリングって手段で、目的を定義するものじゃないじゃないですか。エンジニアでヒットを飛ばし続けるってことは、手段でヒットを飛ばし続けるってことで、それは「成功」ではないんですよね。

【北山】だからスゴイエンジニアがいて、やり続けたとしても、それは別に成功とイコールではなくて、成功というのはお金を儲けるとか大きなことを為すとかそういうことを全部含めて。

【加藤】 ただ、ヒットの質をあげていくということはあるよね。エンジニア10年やったら管理職になるしかないのかなあとかさ。

【北山】僕の持論ですけど、エンジニアリングが得意な人ってマネージメントが得意な人とイコールじゃないじゃないですか。皆よく言いますけど、スゴイエンジニアをマネージャーにすると皆突っ込まれるじゃないですか。

【加藤】 なんで俺が出来ることができないんだ的な?

【北山】それもありますし、その人の力も活かされないですし、何より非常にニッチなフィールドのけれどもその領域の第一人者の専門家を、例えば研究所のようなところの所長にした時に、それってビジネスとしての広がりがあるかということですね。ビジネスには繋がらないわ、マネージメントはできないわ、戦略的に物事を進めていくことに、その人が自分の研究領域の第一人者であることが保証にはならないわけじゃないですか。と考えちゃうと、エンジニアって手段だから、手段のトップを組織のトップにすると周りが不幸になっちゃうと思うんですよね。

【北山】まあでも、エンジニアが大きなことをやるには大企業を出るしかないんじゃないですかね。だって目的を宛てがわれるわけですから。

【加藤】 でも面白いよね、北山君は会社では問題解決というデザインをやっていて、自分のプロジェクトでは問題提起というアートをやっている。そういう二面性みたいなものを持った人の将来って興味があるなあ。

幸せの定義について

【加藤】 で、引っくるめて今日は何が聞きたいかというと、大学生の3割は就職が決まらない、という状況なわけじゃないですか。という状況自体を北山君はどう見てる?

【北山】それねえ。難しいですよね。

【加藤】 北山君みたいに会社にいながら、それとは別に自分のプロジェクトをやっている、みたいなことって、もう少し今の学生に対して噛み砕けないのかなあと思って。選択肢の幅を広げるというか。

【北山】まず、海外を見るに、海外ってある意味、ニート先進国なわけですよ。スペインとかアメリカのデトロイトとか。そういう状況では、人は鬱屈しちゃうと思うんですよ。働くことができないので。いや僕もわからないんですけど、その鬱屈ってなんなのかっていうと、周りがうまく行ってるように見えちゃうんじゃないかと。

【北山】実際、今世の中の型通りに生きている人ってきっと6%くらいしかいなくて、幸せの定義が大企業に入ってそれなりの給料をもらうことだとしたら、そういう人達って日本の6%くらいしかいないらしいんですよ、大企業の社員ていうのはね。と考えると、皆でそこを一斉に目指そうというのはナンセンスですよね。だってそのシステムだったら6%しか幸せにならないじゃないですか。で、たまたま僕の時は景気がよくて、就職が楽だったというのがありますけど、今後日本が景気よくなることないですから。

【加藤】 ある種94%の人に残念ですね、って言ってしまうってことだよね。

【北山】システマティックに解決する方法は何個かあって、例えばシンガポールを例に挙げると、シンガポールは大学を受けるためには、小学校末の試験で一定の評価を受けていないといけない、じゃないと大学受けれないんですよ。小学校末の試験でその人の人生を決めちゃうんですよ。

【北山】だからアナタは職人とか、専門学校のコースに進んでくださいねってなる。だから皆小学校で死ぬ気で勉強するらしいんですけど。皆が全然納得してないんですけど、シンガポールではシステマティックにこれ以上の雇用は生み出せないから、専門学校のコースも結構整っていて、大学に行かない人は、職人になったり、プログラマーになったり、という最適化が図られてるんですよね。

【北山】そういう話を聞いちゃうと、ヨーロッパもそのスタンスらしいんですよ、やっぱり。決めないけど、大学行ける人はそもそも少ないですよ、っていうシステム。日本は大学に行ける人多過ぎるんですよね。

【加藤】 大学が余ってる。

【北山】大学行って4年間勉強したことが、全然職業の役に立たないし、だけど、大学行ったから、皆大企業に入りたがる、幸せの定義がそれしかないから。

【加藤】 そうだよね。ET Luv.Lab.も幸せの定義の多様性を探してみたいというか。考える材料というか。

【北山】まあ、僕の意見は安全圏の意見ですけどね。結局、日本の問題って皆わかってると思うんですよね。

【加藤】 ヤバイという。

【北山】そう、ヤバイ。今の生き方とか、社会の目標とか、大企業べったりとか、だけど他の選択肢が弱すぎるっていうのはありますよね。

【加藤】 安心でき過ぎる社会に日本はなってしまっていたという。

【北山】それはありますね、考えなくても生きていける社会になっちゃったから。もう破綻確定ですからね。学生の就職率もその象徴ですよね。世の趨勢としてそうだというか。

【加藤】 まあでも今日北山君が話してくれた内容というのは、僕にとっては、後輩に色々な選択肢を見せる第一歩のような気もしているし、これから色々聞いてまわる人も、いわゆる定義されたワークスタイルに縛られることなく楽しんでいる人達が多いのだけれど、ある種定義されたワークスタイルでないといけないみたいな風潮が5年くらい前まであって、でも今やある種不況が追い風で、6%の人達が意外と安心できないぞと気づき始めたくらいから、生き方の多様性みたいなことも容認される世の中になりつつあるようには思うのだよね。

【北山】実はそこに「愛」って言うのが密接に絡んできてるんじゃないかと思うんですけど、というのは、「結婚」っていう形をとるにしても、そこの定義がスゴイ狭いから、ある程度大企業に勤めてないと結婚させませんよ、みたいな親御さんも多いじゃないですか。この先どうなるかわからない人に娘はやれないみたいな。

【加藤】 それは由々しき問題だね。

【北山】結局そういうのがあるから、自分を大企業の就職の型にはめないと、一般的に定義された人並みの幸せに到達出来ないんじゃないかという心配があるんじゃないかと思うんですよ。実際僕も博士に進むって選択肢もあったかも知れないんですけど、奥さんと結婚したくて就職したっていうのもありますし。

【北山】結構多くの人は、大企業に就職するイコールそこなんじゃないかと思うんですよね。人並みの幸せというのが漠然と日本には強くて、そこに到達するための1ステップが大企業以外見えてないんじゃないかっていう気が若干しているんですけどね。

【北山】あと2~3年したら、予定はないですけど、僕も会社を辞めて、という発想に行ってもおかしくないなあという感じはしますね、やりたいことができちゃえば。そうなる時に一番引っかかるのってそこなんですよね。

【加藤】 最近思うんだけど、身の回りの人がちょっとずつちょっとずつ変なことやって、ああこういうのもあるんだこういうのもあるんだ、というのが全体観として多様性みたいなところに近づいていけるといいのかなあと思います。だから北山君にはこれからも大きな変化を強要するつもりは毛頭ないですが、ちょっとずつちょっとずつ面白いことをやっていって欲しいなあと思っています。

北山 朝也。1981年生まれ。慶應義塾大学大学院修士課程を修了し、ゲームプラットフォーム会社に就職。

会社員の傍ら、IPAの2009年度上期未踏IT人材発掘・育成事業に応募し、「coRockets」の開発でスーパークリエイターに選出される。

また、ブログ「Future Insight」を運営し、iTunesのテクノロジーランキングで一位にもなったPodcast「眼鏡とgamellaのサブカルパジャマトーク」を配信中。

Future Insight
http://d.hatena.ne.jp/gamella/

眼鏡とgamellaのサブカルパジャマトーク
http://feeds2.feedburner.com/gamella

2016.08.28
渡邊 享子
「トントンカラリと回すサイクル」

石巻に出かけるようになって、何人もの若ものと知り合って来ました。そのうちの一人が渡邊享子さん。震災直後からゼミ生として石巻に入って、この5年間、石巻に住み、石巻に根ざして、街のことに取り組んで来た一人です。 これまでにユ […]

2016.08.23
モリジュンヤ
「広義の編集、狭義の編集」

その存在は意識していた、って書くとなんか大袈裟だけれど、フリーランスとして仕事しつつ、気になっていた人の一人がモリジュンヤ君でした。とても筋の良い仕事をする人だなと思って眺めていた。 そんなジュンヤ君と昨年末少ししっかり […]

2016.08.18
鵜川 洋明
「水、流るるを、樂しむ」

僕も関わる児童養護施設を退所する若もののための奨学金支援プログラム、カナエールでトレーニングチームのリーダーをしているのが、うーさんこと鵜川洋明さんです。カナエルンジャー(奨学生)とエンパワチーム(社会人ボランティア)が […]

2016.01.15
太田 サヤカ
「問うデザイン、問われるデザイン」

以前、ET Luv.Lab.で取材させていただいた、イトナブの古山さんから、僕や仲間内のデザイナーのところを1日ずつ、新入社員を武者修行して回らせたいというご相談をいただいたのが2年前の春のこと。トランク片手に仙台から東 […]

2015.08.07
井口 拓磨
「聴こえてくる音楽、その風景」

水族館の音楽のデザイン、そんな少し変わった仕事をしている人を、以前中華街で紹介してもらいました。僕はそこでサウンドスケープ、という言葉を初めて教えてもらいました。音のランドスケープ?、なかなか難しそう。 僕は楽器がからき […]

2015.06.22
葛原 信太郎
「編集が生むのは、活力」

「あれ、Twitterが似顔絵のアイコンの人ですよね?」久し振りに言われたなと思いました。 仕事仲間の鎌倉オフィスのオープニングパーティで知り合った葛原信太郎君は、アースガーデンというメディアの編集長。ただ、日本の「揺れ […]

2015.05.26
小高 朋子
「作り手の担い手」

「仕事の相談があるのですがー」、久し振りにご連絡いただいた小高朋子さん。Facebookで全国津々浦々飛び回っているのは拝見していて、いずれまたお話したい人の一人でした。じっくり腰を据えて話すのは、実は今回の取材がほぼ初 […]

2015.05.17
網谷 勇気
「カミングアウトが拓くもの」

実行委員として関わっている児童養護施設からの進学を応援する奨学金支援プログラム、カナエールで一緒に仕事することになったのが、網谷勇気さんでした。プロジェクト内では皆ニックネームなので、今回の取材でも「あーみー」と呼んでい […]

2014.03.20
中村 優
「旅するレシピ」

中村優さんと出会ったのは、クライアントのレストランでのディナー・パーティの時でした。隣の席にたまたま座っていた優さんとは当然初対面で、ただ、なんか美味しそうに美味しそうなものの話する人だなあと思っていて、でもお互いあんま […]

2014.01.01
山本 浩司
「歴史家が紐解くプロジェクト・デザインいまむかし」

浩司君がTEDに出る。そんな話を聞いたのは2年前のことですか。イギリスで歴史家として産業革命時代の経済や商業の歴史を研究する山本さんとは、頻繁には会わずとも、たまに飯を食いながら意見交換する仲です。歴史家という響きとは裏 […]

2013.12.24
岡崎 研太郎
「アートがもたらす医療現場へのエンパワーメント」

あれは今から数年前のこと。クライアントのご親族にお医者様がおられて、僕に仕事の相談があるとおっしゃる。お医者様からの仕事というので、病院か、学会か、と思いきや、ご相談されたのは「糖尿病劇場」という何ともユニークなプロジェ […]

2013.11.03
村上 玲子
「人、そこに在る暮らし、そこを巡るは旅人」

村上玲子さんは、お世話になっている方が開いた懇親会でお話しする機会があって、ただ、ソーシャル・メディアでは繋がりつつも、以降お会いする機会はなく。なんですが、僕があっち行ってると、翌日くらいから玲子さんがそこにいるのをソ […]

2013.10.10
茂木 隆宏
「横浜の創造力の舳先に」

横浜在住で自宅勤務であるにもかかわらず、これまで横浜で仕事したのは片手で数えられるほど。ちょうど、この1年くらい、少し横浜で何か行われているのか、ということに興味を持ってから、よく耳にしていた名前が「ノガン」という会社で […]

2013.05.20
越水 大輔
「ローカルにコミットする躍動感」

越水大輔さんはフリーランスのWEBデザイナーで、福岡に1年。僕とはちょうど1年ほど前に、ETのWEB経由でお声がけいただき、一度だけ横浜の喫茶店でお話しをしました。彼はその後、福岡に移り住み、僕もちょうど色々な場所と仕事 […]

2013.04.01
古山 隆幸
「復興のカリキュラム」

古山隆幸さんとは年次がほぼ一緒で、学生時代からWEBの仕事をしていたことも共通で、昨夏、石巻2.0の小泉瑛一君に紹介してもらって以来、UX X Talkというハングアウトイベントを石巻工業高校の生徒さん向けに企画したり、 […]

2013.03.27
礒貝 日月
「出版ボン・ボヤージュ」

大学のラグビーの後輩に、「加藤さんに、そいつだけは紹介したい、という人間がいるんです」と言われていて、そういうことをその後輩が言うのも珍しいので、ドキドキしながら丸の内に出かけたのが昨年の秋。礒貝日月君とはそれ以来、同じ […]

2013.03.20
東 宏樹
「揺れやすさ、というファクト」

昨年末出かけたTEDxKeioSFCで、ちょっと懐かしい顔と再会しました。東君は大学の後輩なんですが、例によって社会人になってからの知り合い。鎌倉でこんなことをやってみたい、みたいな話を酒飲みながら聞かせてもらったりして […]

2013.01.29
舟越 奈都子
「アートへのホスピタリティ」

僕が9月に石巻に行ったのは一時画伯というプロジェクトのワークショップのサポートスタッフとしてでした。実は一時画伯に関しては僕はそもそもWEB制作を仕事として請けていて、そういう意味では外部からお手伝いする立場だったのです […]

2013.01.11
植村 百合香
「踏み入って、踏み留まって、踏み進める」

「ちっちゃい怪獣連れて行くね」、そう言われてブリッジフォースマイルというNPOに勤めている友達に紹介されたのが、植村百合香さんでした。初対面の時は別に彼女のプロジェクトの詳細を聞くわけでもなく、ただなんとなくこの子、大物 […]

2012.11.27
坂田 一倫
「Non-Designer UXer」

高校と大学のラグビーの後輩にあたる坂田一倫君。学生の頃からデザインが好きだったようで、ただ、僕とはちょっと違う志向性だったようで。彼の口から、徐々にUXという言葉を聞くようになって、気がつけば、UXの専門家として仕事をす […]

2012.11.18
小野 梨奈
「働き方の未来予想図」

ナンパされたシリーズ。今年に入って、Twitterで仕事のお声がけいただいたのが、フリーランス、Webプロデューサーの小野梨奈さん。とは言え、何となく僕も存じ上げていて、お話したところ、共通の友人の話にもなり、行けそうだ […]

2012.10.04
北見 友和
「続けることを繋げる、繋げることを続ける」

10年前から上永谷にあったレゲエバー、CRISE。歩いて30分ほどの所に住んでいたのに、僕が知ったのはつい昨年のこと。そこのカウンター越しに知り合ったのが、北見友和さんでした。日本料理を銀座で修行し、数千人規模の屋外ライ […]

2012.09.21
山本 泰広
「笑うPMには福来る」

先日、「僕のチームの後輩に酒飲みながら話してもらえませんか?」という、ちょっと風変わりなオファーをくださったのは、ネットサービス企業でプロジェクト・マネージャーをしている山本泰広さん。同じ横浜市民ということもあり、飲みの […]

2012.09.15
marico
「モノを作る、場を作る、時間を作る」

男ですし、そんなにアクセサリーとかは持ってないのですが、maricoさんにオーダーしたグラスループは今も愛用しています。maricoさんとは友人に紹介された社会人サークルみたいなところで知り合って、だから5年ほど前でしょ […]

2012.07.01
中村 こども
「楽しかったら重くないんだ」

「すいません、ピントが合ってませんでした。。。」そんなET Luv.Lab.始まって以来の大失態を犯してしまったのが、今回の中村こどもさんへの取材です。実は僕は中村さんにレンズを一本お借りしていて、だから、そのレンズを借 […]

2012.04.14
黒田 和宏
「企業と個人を結ぶもの」

まだ僕が学生時代にデザイン会社の仕事をパートタイムのスタッフとして手伝っていた頃のこと(別に出社とかなかったけど)。その僕を手伝ってくれていたのが同じSFCに在籍していた1年下の黒田和宏君でした。そこでの仕事が終わって、 […]

2012.03.29
景山 泰考
「ロジックを調律する男」

「やーまん」「やーまん」「やーまん」と本当に知り合ったその日からべったりお世話になっているのが景山君こと、「やーまん」です。お互い何かを説明する時に、いきなり結論を持ち出してもきちんとコミュニケーションが取れる、という意 […]

2012.03.26
浜本 階生
「ソーシャルグラフとアルゴリズムが導く行方」

Blogopolisを知っていますか。10人に見せると10人が「スゲー!」という、僕の経験の中でも類まれなサービスです。それを作っている個人と知り合える!と聞いて、お邪魔した用賀エンジニア焼肉会が浜本さんとの出会いでした […]

2012.03.08
小泉 瑛一
「On the frontline」

小泉君と僕の関係性を説明するに、横浜の飲み仲間です、以上の説明がないのですが、彼が横浜国立大学の建築学生の時に、ひょんなことから知り合って、せっかく地元の若者なので、色々な会に連れて行って、なんか面白いことになればいいな […]

2012.02.21
大嶋 英幹 / 水口 一
「デザインに人の温かみが降りてゆく」

僕が鎌倉でお世話になっている代理人の方が「面白い人達に会いましたよ」とある日おっしゃった。あの時「じゃあ、紹介してください」、その一言が言えなかったら、きっと僕が「はせのわ」に携わることはなかったでしょう。 鎌倉にあるツ […]

2011.11.12
畠山 千春
「見えやすくする、触れやすくする、慈しみやすくする」

僕をして、エコ、という言葉を誰も想起し得ないと思いますが、随分前に、green drinks Tokyoというパーティにうかがった際にご紹介いただいたのが、当時グリーンズでインターン中の畠山さんでした。ちょうど就職活動の […]

2011.10.21
松村 太郎
「その境界を超えてゆけ」

2007年3月、kosukekato.comの読者から一通のメールが届きました。「ブログでナンパした」「ブログでナンパされた」という話は、どこかしこでしている話ではあるのですが、実は中学と大学の後輩であった松村太郎君と知 […]

2011.06.14
徳本 昌大
「コミュニケーションの今」

僕がいつもと少し毛色の違うプロジェクトにアサインしていただいた時に、そのプロジェクトでお世話になったのが、「ソーシャルおじさん」こと徳本昌大さんでした。お仕事の合間にET Luv.Lab.のことをお話ししましたところ、快 […]

2011.04.12
すわ だいすけ
「Still Together」

3月11日、地震がありました。今も余震や原発事故など、予断は許さない状況ではあると思います。いつまでも休眠させずに、ET Luv.Lab.も動かしたい、でも地震の後に、その話を避けて通らず、でもET Luv.Lab.らし […]

2011.03.04
迫田 大地
「人と情報のパッシング・ポイント」

WEBデザイナーの迫田大地さんと付き合いだしたのは遂最近。実はこういう仕事をしている癖にWEBデザイナーの知り合いってとても少ないんです。しかし話してみると、同じ80年生まれということもあり、WEBの入り口から、仕事に転 […]

2011.02.19
丸岡 和人
「次代の起業家精神を描く」

丸岡和人君とは、今は無き、「用賀エンジニア焼肉」で何回かご一緒して以来のご縁です。何となくお互いの仕事を知ってはいたし、出身校も一緒だったので、シンパシーは感じていましたけど、よくよく考えれば今回の取材が2人で仕事につい […]

2010.12.09
小島 希世子
「火の国の女、肥の国の母」

小島希世子さんとは大学時代の親友で、ともすれば悪友で、お酒を飲みながら20歳前後に議論を交わした朋友です。農業の世界を生業にする数少ない友人で、僕もいつも勉強させてもらってます。 2年前の法人設立の際には、僕もCIやWE […]

2010.11.11
原田 均
「社会にコミットするエンジニア」

グラウンドの仲間シリーズ、原田均君は28歳にして既に検索プラットフォームを手掛けるネット企業のCTOで、この夏、僕も会社のWEBサイトを手伝わせてもらいました。原田君の世界を放浪した話、などもかなり面白いのですが、今回は […]

2010.10.07
津下本 耕太郎
「関係性の仕掛け人」

津下本耕太郎さんは数年前に共通の客先でお知り合いになって、なかなか興味分野がかぶっていることもあり、同年代ということもあり、気が付けば意気投合していたという、ビジネスとも言い切れない、プライベートとも言い切れない不思議な […]

2010.09.25
三橋 ゆか里
「I am a TechDoll.」

後輩が独立したと聞き、会ってみたのが半年前。それからあれよあれよという間に活躍されているのがウェブディレクターでライターの三橋ゆか里さんです。先日もYahoo!ニュースに三橋さんが書いた記事が載っていたらしく、一緒に飲ん […]

2010.07.01
須藤 優
「面白い人を拡張する」

形式は違えど、JunkStageというのは、ET Luv.Lab.の良い見本なのだと思うんです。56名のライターを抱え、コラムサイトを運営しつつ、フリーペーパーを出したり、イベントをしたり、新しいサービスも始まるようです […]

2010.06.04
松下 弓月
「非日常性への回路」

「今日はお坊さんと食事に行きます」なんて友人に言うとびっくりされるのですが、松下弓月さんは平塚宝善院の副住職であり、超宗派仏教徒によるインターネット寺院、彼岸寺のメンバーでもあり、最近ではUstreamなどでも積極的にイ […]

2010.05.15
福山 泰史
「アマプロ混在の時代に思うこと」

同世代で自分よりフリーランサー歴が長い人、と言うと、実はそんなに多くはなかったりするのですが、音楽プロデューサーの福山泰史君は僕より2つ年下。 20歳の時に独立し、それから9年もの間、フリーの音楽プロデューサーとして業界 […]

2010.03.09
児玉 哲彦
「アーキテクチャからデザインする」

児玉哲彦さんとは母校のOpen Research Forumというイベントでゲリラトークセッションに飛び入り参加させていただいた時に知り合いました。それから何度かゆっくりお話をする機会が持て、僕はビジネス寄り、児玉さんは […]

2010.02.25
神谷 真人
「芝居と生きる、芝居を生きる」

3年B組16番加藤康祐、3年B組17番神谷真士。中学のクラスメイトで、出席番号が並びだった神谷君と再会したのは社会人になってからでした。話を聞いてビックリ。「脱サラして舞台俳優をしている」とおっしゃる。ある意味、僕とはフ […]

2010.02.23
野口 尚子
「余白を埋める、余白を作る」

各所で話題の僕の似顔絵入り名刺ですが、実は印刷の余白Lab.の野口尚子さんにコーディネートをお願いしたもので、ブラックメタリックの箔押しにグレーのラメ入りの紙がお気に入りで愛用させてもらっています。独立前に知り合いました […]

2010.02.09
小林 朋子
「Twitter文化はサロン文化」

サヴォアール・ヴィーヴルって言葉、初めて耳にする方も多いのではないかと思います。鎌倉でサヴォアール・ヴィーヴルサロン、ロザリウムを主宰されている小林朋子さんは、ETの古くからのお客様で、ご家族の皆様にもいつもお世話になっ […]

2010.02.05
北山 朝也
「エンジニアリングと幸せの定義」

ET Luv.Lab.記念すべき第一回目ゲストはエンジニアの北山朝也君です。北山君とはグラウンドで一緒に汗を流した仲でもあり、社会人になってからも折々で酒を酌み交わしがてら話をしあう親友です。北山君とは付き合いが長いです […]

2010.01.27
加藤 康祐
「人がメディアになる時代」

ブランディングの仕事をしていると、結局最終的にはブランドの価値がいかにして、「人」に反映されるか、ということに勘所があるように思います。何か同じようなことが、スゴイ勢いで情報の世界にも起こっているな、ということを下記の文 […]