神谷 真人

2010.02.25

「芝居と生きる、芝居を生きる」

神谷 真人 - 俳優

3年B組16番加藤康祐、3年B組17番神谷真士。中学のクラスメイトで、出席番号が並びだった神谷君と再会したのは社会人になってからでした。話を聞いてビックリ。「脱サラして舞台俳優をしている」とおっしゃる。ある意味、僕とはフリーランサー仲間でもありまして、僕は勝手に運命共同体だと思っています。あれから数年、お互い三十路を迎えた傭兵に、洋食ランチを楽しみながら、ゆっくり話を聞いてきました。

会社を辞めて、俳優になる

【加藤】 神谷ってさ、芸歴何年目になるの?

【神谷】うーん、難しいところだね、どこから数えるかで。高校の時からなんだけど、実際は会社辞めて始めたのが25歳だからまあ5年。

【加藤】 ああ、僕と一緒なんだよね。僕も25歳でET始めたから。ある時突然、「俺もうやらない」と思ったわけ?「芝居がやりたい」と思っちゃったの?

【神谷】2年目だね、宮崎行く前の東京で働いてた時。入社して2年目で人事面談とかしてさ、ある程度落ち着いたところで10年後のキャリアビジョンとか改めて真剣に考えるわけだけど、3年目からの行動というのでその会社での生き方が大抵決まっちゃうって感じで。会社によって違うんだろうけどね。

【加藤】 そこで会社でどうやって行くかじゃなくて、やめるって選択肢を選んだんだ。カッコいい。

【神谷】ははは、アホなだけだよ。

【加藤】 でもそうか、10年後の自分を考えた時に、その会社での10年後の自分をイメージできなかったら、という話にもなるのかね。周囲の反対とかなかった?

【神谷】いやあ、勿論スゴイあったなあ。特に親はねえ。それこそ、「縁を切って、二度と敷居をまたぐな」くらいのノリで。

【加藤】 それくらい言わないと思いとどまらないと思ったのかもね。

【神谷】逆にそれでひるんで、じゃあやっぱり会社残ります、とか言ってるくらいじゃ、出てもやっていけないだろうし。

【加藤】 覚悟だ。

【神谷】ただまあたしかに自分の中でも2年でというのは若干焦っている印象はあったので、まあ3年間働こうかなっていうのも一方であって。一回新国立の舞台のオーディションを受けたのね。

【加藤】 それは社会人をやりながら?

【神谷】なかなかやっぱり劇団いても、どうしても平日働かなきゃいけないとか、オーディションとかも全く受けられなくて、歯痒い思いをしてたんだけれども、一回だけ新国立のオーディションを受けて、それが随分先の舞台だったから、特別に受けさせてもらって。それもまた結構アカデミックな奴でさ。

【神谷】カフカの『城』を読んで、それでレポートを何千字書きなさい、それがオーディション、ていうか試験だね。とりあえずそれで落ちたら、一回諦めようかと。

【加藤】 じゃあ自分で一度試金石を置いたんだ。

【神谷】そうそう、それは上司にも言って、でまあ、さっくりと落ちて、「じゃあ僕はもうこの会社に骨を埋めます」、みたいなことを一応は言って、で会社としても一回頭冷やしてこいみたいな感じで。最後の出張の時に上司に「どこ行きたい?」って聞かれて、長々と話をして、どうせだったら今までとぜんぜん違う環境のところに行きたいなあと思って、「じゃあ暖かいところで」って行った先が宮崎だったと。大阪とか行くと業務的にも大変で、週末は芝居やりたかったしね。

【加藤】 なんか会社行って、これ違うってバッと切れて、演劇始めたってわけじゃなくて、ずっと演劇との付き合いはあって、どこかのタイミングでここからは本腰を入れましょうみたいな感じだったんだ。ずっと離れてたわけじゃなくて。

【神谷】学生時代は本腰入れてやってなかったんだよね。

【加藤】 体育会だものね。

【神谷】部活メインで、勉強は三番手で、その間に芝居みたいな。

【加藤】 それさ、サブからメインに切り替えるって判断はどんな風にしたの?

【神谷】それはね、切り替えようと思ったわけではなくて、勝手に切り替わっちゃったんだよね。最初は1年目仕事でしんどくて、週末も余裕なかったけど、2年目になって若干落ち着いて、走ったりスポーツもいいけど、せっかくだから頭が切り替わるようなことやりたいな、と思って。スポーツはスポーツで汗流せばいいんだけど、僕がやってたのは個人競技だから、皆で違うコミュニティでと考えると、普段閉塞的な社会にいるから。それで地元の劇団を探して、たまたま入ったのが最初のところで。家から歩いていけるところにあったんだよね。

【加藤】 週末俳優みたいな。でも、どこかのタイミングでこっちで食べて行こうと思ったわけでしょ?

【神谷】なんかねえ、だんだんだんだん思いが強くなって来て、一緒にやって来た同期が外で舞台やったりとかするようになるとねえ。

【神谷】昔、相撲で舞の海が活躍しているのを見て、俺も負けてらんねえって言って教師辞めて力士になった人がいて、智ノ花だったかな。そういうのに近い感覚だと思う。

【加藤】 そうかそうか、何かスゴイ偉い人に憧れてっていうよりは、左右の人たちに触発された感じだね。

【神谷】何で俺こんなところでみたいな。

芝居の話

【加藤】 なんか俺、神谷の芝居ってオペラに一回行ったきりなんだけど、あれは面白かったです。

【神谷】ありがとうございます。いやあでも喋ってもいないのにねえ。

【加藤】 団体競技だから当たり前なのかも知れないけど、神谷を観に行こうと思って行っても、神谷だけ観るってことはできないよね、芝居として観ざるを得ない、その辺がまた楽しいんだろうと思うんだけれども。今多いのはミュージカル?

【神谷】ミュージカルは軸には置いているんだけど、本数的に多いのはオペラの方が多いかな。

【加藤】 オペラは歌ったりもするの?

【神谷】歌ったりもする。

【加藤】 演劇でも古典を扱うようなものが多い?ミュージカルだったら現代劇も多いか。

【神谷】どっちかっていうと、確かに古典の方が好きかな。お芝居とかもね、音楽はこの年代がいいっていうみたいなのが、劇作家でもあるんだよね。最近の劇作家も好きな人いるんだけど。

【加藤】 なんか僕はあんまり神谷がネガティブな芝居やってるイメージがないんだよね。なんか明るい芝居をやってそう。

【神谷】結構ねえ、評価を受けるのは、激した芝居って奴なんだよね。感情がピークになっているみたいな、その方がやりやすいって言えばやりやすいんだけど、涙涙みたいなのとか、そういう方がやった時の評価は高い、シリアス系の悲劇とか。

【加藤】 そりゃまた観に行かないと駄目だね!

【神谷】最近ちょっと芝居離れちゃってるから、やらないとねえ。稽古は続けてるんだけど、公演を打ってるのがしばらくないので。

働き方としての傭兵

【加藤】 面白いよね、傭兵みたいな仕事だよね。僕とかも傭兵なんだけど。

【神谷】世間一般ではそういうのは安定してないと思われてて、たしかにそれで胃が痛くなるときはあるんだけど、自分の生き方としてはあってるのかなという感じはする。

【加藤】 それが当たり前だと思えちゃえばできるものだよね。

【神谷】なんか仕事してるって感じするもんね。会社にいた時ってほんとダメダメな仕事してたりとかさ、失敗して会社に大打撃を与えた時とかでも給料貰えてるわけでしょ?それってどうなんだろう?って気がしてくるじゃん。

【加藤】 まあ俺と違って一回それを経験してるから強いんだろうな。

【神谷】綺麗事は言ってられないんだけどね。食べてかなきゃいけないから。

【加藤】 僕の仕事とかだと例えば月額の固定費用がいくばくかあって、それで仕事の安定性を担保してたりもするんだけど、神谷の仕事とかだとどうなんだろう?

【神谷】そういうのないね。教える、っていう感じかな。そのうち弟子を取れるようにはしないととは思うんだけど。

【加藤】 そうそう俳優のキャリアプランみたいなのって、なかなか一般人には想像できないというか。売れる、有名になる、みたいなのはまだわかるんだけど。まあでも、神谷がやっている世界というのはそれともまた違うのかなという気もしていて。プレイヤーはいつまでもプレイヤーなのか、それとも何かのタイミングでマネージャーに回るのか、それともプレイングマネージャーなのか、みたいな。

→ここでオーディション通過の電話が!!!

【加藤】 おめでとうございます!

【神谷】ありがとうございます!よかったー!

【加藤】 審査が通過したかどうかって電話でくるんだ。

【神谷】そー、事務所に一括で。

【加藤】 でも大変だね、1年に1回は合格発表を待つ感じだ。

【神谷】いや年に数回は。なるべく受けるようにはしてるんだけど、俺少ない方かな。

【加藤】 強い心臓が育つね!

【神谷】いやあ、昨日それで眠れなかったからね。ドキドキしちゃってね。発表明日までだよなあと思って。何万人受けてるからね。

【加藤】 何万人も受けてるんだ。日本で職業で芝居やってる人って何万人もいるんだ。

【神谷】本業を別に持ってて、って人も受けてるし、そういう人も多いよ。芝居だけでって人は何万人もいないと思う。例えばオペラで言っても、加藤が観たような大きなオペラのメインキャストをやっているような人でも、その出演料だけでは無理。それでハクがついて、どこかの音大の教授になったりとかして、そこで教えて、とか。

【加藤】 それはわからない話ではないよね。あまりにも刹那的だものね芝居。1年契約とか。

【神谷】うん、だから皆色々うまくやって、という感じ。

【加藤】 でも好きだから続けたいから、本業じゃないけどメインフィールドではやりたいことやって、でも食べていかなきゃならないから、サブフィールドも持って、みたいなことか。

【神谷】そうそう。

芝居の流通

【加藤】 今後興行ビジネスって今後どうなっていくんだろうと思っちゃうよね。

【神谷】そうだね、日本の場合は特に、国の支援が少ないから。海外なんかだともっと文化を大事にして保護していこうっていう考え方があるんだけど。今日の日経のコラム見ても、みなとみらいの開発の話がちょっと出てて、当時の道路局の人がすごい怒られたんだって。地中に道路を埋めて、地上は公園にしましょうみたいな計画だったんだけど、「景観なんて二の次だ、利便性利便性」みたいな話をされたそうで。コストもかかるし。なんとか今の形になったみたいなんだけど、ああいう綺麗な横浜が出来上がったのも、それがなかったらと思うわけだよね。景観に対する理解というかね。

【加藤】 結局お金を使う人が当事者ではないから、有効な使い方って、開発だったら地域の人、演劇だったら芝居している人、じゃないと絶対わからないはずなんだよね。だけどお役所の人が叱られないお金の使い方を決めちゃうという。

【神谷】新国立劇場も仕訳対象になってて、激震走ってたんだよね。バッサリいかれるんじゃないかという。最終的には3%カットくらいにおさまったはずなんだけど、ジリ貧ではあるよね。。。

【加藤】 箱が無くなっちゃったら、演じ手がいてもねえ。

【神谷】政府系の補助と企業からの補助というのが大きくて、チケット収入だけでは本当に成り立たないビジネスなんだよね。

【加藤】 でも企業も厳しいでしょう?こういう時代だと。

【神谷】去年、俺も直前に外れざるを得なかったことあったし。スポンサーが降りたから。協賛が出なくなったので、ごめんなさい。

【加藤】 そうすると商売としてどこに信頼が置けるかというと、スポンサーよりチケット代なんだろうけど、じゃあそれを安定的に売り切れるのか、しかも高い値段でということになると難しいねえ。音楽とかだとCDの売上じゃなくライブとグッズで収益を出しているマドンナの例とか、こないだポッドキャストでスタジオジブリの鈴木プロデューサーが10分間の無声映画をインターネットで無料配信しようかみたいな話をGoogleの辻野社長としていたよ。

【神谷】YouTubeだと一気に世界に広がるものね。広告にもなるというか。

【加藤】 無声映画だから、言語関係ないしね。とか思うと神谷がやっているようなことにも、そういうネット的なこととか使えないのかと考えたんだけど、結構難しそうだなという感じもしていて、コンテンツにパッケージするのが難しいものだという感じがするよね。薔薇の騎士を観てきた感覚を、何かの形で流通させようと思うと、やはりあの場所にいないとなかなか厳しいなという。

【神谷】映像との一番の違いって、舞台って空間芸術だから。勿論、見た目は大事なんだけど、それによって場の空気を、色を変える、っていうところに一番の面白みがあるから、やっぱり生なんだよね。

【神谷】ライブ感が3Dのテレビが出来たからと言って伝わるわけじゃないじゃない。だから割りきってここまでは生だし、ここから先はメディアと結びつけることもできるかなというようなことが必要だと思っていて、例えば音楽なんかは切り出せるかと思って、ここ2年間くらいは強化しているのだけれど。

【加藤】 流通させる形にするって、結局箱におさまる人としか接点が持てないというか、毎回満員になってくれればそれに越したこともないんだろうけど、ファンの裾野を広げるみたいなことのためには必要だよね。ああでも演劇とか色々あるだろうから、映像撮ってYouTubeにアップするみたいなこともできないのか。

【神谷】演劇は確かに難しいねえ。自分で書いちゃえばいいんだけど。その点、歌のほうが楽かなあとは思うよね。大体、権利の無くなったものを歌っているわけだから、クラシックなんか大体そうだし。

【加藤】 そう言えばこないだ誰かの歌手のライブをUstreamでライブ中継してたよ。昔からストリーミングってインターネットでもかなりリッチコンテンツで、ストリーミングサーバってリアルタイムで動画配信するための専用サーバが必要だったんだけど、Ustream使うと無料でできちゃうんだよね。でかいオペラとか無理かも知れないけど、神谷が仕切っている芝居とかあったら面白いかも知れないよ。

【神谷】本当に?今度試してみようかな。来月、レ・ミゼラブルのコンサートやるんだよね。今、本当に豆まきだからさ。なるべく人を入れた方がいいというか。

【加藤】 きっと芝居のところは真面目にコツコツと好きなようにやるしかないんだから、仕掛け的なところで面白いこと出来るといいね。

【神谷】そう。地道にやらなきゃいけない部分と、ダイナミックに展開して行かなきゃいけない部分と。つくづく、そのブランドビジネス的なところがあるなあと思っていて、個人の名前が売れちゃえば色々なことができるんだろうけど、ただ、昔みたいに閉鎖的なテレビ業界、映画業界って感じでもないから、逆に今チャンスだよね、個人で情報発信できるツールが出てきてて。

【加藤】 是非なんかやる時にはご相談いただければ!

→神谷君が出演するオペラ『歌劇 ラ・ボエーム』が2010年3月27日、28日、神奈川県民ホールにて上演されます。興味がおありの方は是非お出かけください!イタリア語上演、日本語字幕付きのプッチーニ作曲によるイタリアオペラの名作です!どうぞお見逃しなく!

神奈川県民ホール インターネットチケットセンター

神谷 真士。東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒業。高校在学中から映像・舞台作品に多数出演、現在はオペラやミュージカル等の舞台作品を中心に活動している。

主な出演作品は、『DEAR』主演、『カルメン』、『プレゼント』キャンサー役、『クリスマスプレゼント』、『僕の東京日記』、『外套』ティンカ役、『ばらの騎士』レオポルト役(びわ湖・神奈川)、『スタートライン』主演、『ジャンニ・スキッキ』公証人役、『白雪姫』王子役、『薔薇の騎士』レオポルト役(新日本フィル)、『マクロプロス家の事』(日生)、『レ・ミゼラブル』アンジョルラス役、『ウリッセの帰還』善意と悪意役(二期会)、『カヴァレリア・ルスティカーナ』トゥリッドゥ役、『往きと復り』・『妻と帽子を間違えた男』・『不思議の国のアリス』アンサンブル (東京室内歌劇場) など。

ヒラタオフィス所属。俳優・テノール・司会者。

神谷真士 WEBサイト
http://www17.ocn.ne.jp/~prowork/

2016.08.28
渡邊 享子
「トントンカラリと回すサイクル」

石巻に出かけるようになって、何人もの若ものと知り合って来ました。そのうちの一人が渡邊享子さん。震災直後からゼミ生として石巻に入って、この5年間、石巻に住み、石巻に根ざして、街のことに取り組んで来た一人です。 これまでにユ […]

2016.08.23
モリジュンヤ
「広義の編集、狭義の編集」

その存在は意識していた、って書くとなんか大袈裟だけれど、フリーランスとして仕事しつつ、気になっていた人の一人がモリジュンヤ君でした。とても筋の良い仕事をする人だなと思って眺めていた。 そんなジュンヤ君と昨年末少ししっかり […]

2016.08.18
鵜川 洋明
「水、流るるを、樂しむ」

僕も関わる児童養護施設を退所する若もののための奨学金支援プログラム、カナエールでトレーニングチームのリーダーをしているのが、うーさんこと鵜川洋明さんです。カナエルンジャー(奨学生)とエンパワチーム(社会人ボランティア)が […]

2016.01.15
太田 サヤカ
「問うデザイン、問われるデザイン」

以前、ET Luv.Lab.で取材させていただいた、イトナブの古山さんから、僕や仲間内のデザイナーのところを1日ずつ、新入社員を武者修行して回らせたいというご相談をいただいたのが2年前の春のこと。トランク片手に仙台から東 […]

2015.08.07
井口 拓磨
「聴こえてくる音楽、その風景」

水族館の音楽のデザイン、そんな少し変わった仕事をしている人を、以前中華街で紹介してもらいました。僕はそこでサウンドスケープ、という言葉を初めて教えてもらいました。音のランドスケープ?、なかなか難しそう。 僕は楽器がからき […]

2015.06.22
葛原 信太郎
「編集が生むのは、活力」

「あれ、Twitterが似顔絵のアイコンの人ですよね?」久し振りに言われたなと思いました。 仕事仲間の鎌倉オフィスのオープニングパーティで知り合った葛原信太郎君は、アースガーデンというメディアの編集長。ただ、日本の「揺れ […]

2015.05.26
小高 朋子
「作り手の担い手」

「仕事の相談があるのですがー」、久し振りにご連絡いただいた小高朋子さん。Facebookで全国津々浦々飛び回っているのは拝見していて、いずれまたお話したい人の一人でした。じっくり腰を据えて話すのは、実は今回の取材がほぼ初 […]

2015.05.17
網谷 勇気
「カミングアウトが拓くもの」

実行委員として関わっている児童養護施設からの進学を応援する奨学金支援プログラム、カナエールで一緒に仕事することになったのが、網谷勇気さんでした。プロジェクト内では皆ニックネームなので、今回の取材でも「あーみー」と呼んでい […]

2014.03.20
中村 優
「旅するレシピ」

中村優さんと出会ったのは、クライアントのレストランでのディナー・パーティの時でした。隣の席にたまたま座っていた優さんとは当然初対面で、ただ、なんか美味しそうに美味しそうなものの話する人だなあと思っていて、でもお互いあんま […]

2014.01.01
山本 浩司
「歴史家が紐解くプロジェクト・デザインいまむかし」

浩司君がTEDに出る。そんな話を聞いたのは2年前のことですか。イギリスで歴史家として産業革命時代の経済や商業の歴史を研究する山本さんとは、頻繁には会わずとも、たまに飯を食いながら意見交換する仲です。歴史家という響きとは裏 […]

2013.12.24
岡崎 研太郎
「アートがもたらす医療現場へのエンパワーメント」

あれは今から数年前のこと。クライアントのご親族にお医者様がおられて、僕に仕事の相談があるとおっしゃる。お医者様からの仕事というので、病院か、学会か、と思いきや、ご相談されたのは「糖尿病劇場」という何ともユニークなプロジェ […]

2013.11.03
村上 玲子
「人、そこに在る暮らし、そこを巡るは旅人」

村上玲子さんは、お世話になっている方が開いた懇親会でお話しする機会があって、ただ、ソーシャル・メディアでは繋がりつつも、以降お会いする機会はなく。なんですが、僕があっち行ってると、翌日くらいから玲子さんがそこにいるのをソ […]

2013.10.10
茂木 隆宏
「横浜の創造力の舳先に」

横浜在住で自宅勤務であるにもかかわらず、これまで横浜で仕事したのは片手で数えられるほど。ちょうど、この1年くらい、少し横浜で何か行われているのか、ということに興味を持ってから、よく耳にしていた名前が「ノガン」という会社で […]

2013.05.20
越水 大輔
「ローカルにコミットする躍動感」

越水大輔さんはフリーランスのWEBデザイナーで、福岡に1年。僕とはちょうど1年ほど前に、ETのWEB経由でお声がけいただき、一度だけ横浜の喫茶店でお話しをしました。彼はその後、福岡に移り住み、僕もちょうど色々な場所と仕事 […]

2013.04.01
古山 隆幸
「復興のカリキュラム」

古山隆幸さんとは年次がほぼ一緒で、学生時代からWEBの仕事をしていたことも共通で、昨夏、石巻2.0の小泉瑛一君に紹介してもらって以来、UX X Talkというハングアウトイベントを石巻工業高校の生徒さん向けに企画したり、 […]

2013.03.27
礒貝 日月
「出版ボン・ボヤージュ」

大学のラグビーの後輩に、「加藤さんに、そいつだけは紹介したい、という人間がいるんです」と言われていて、そういうことをその後輩が言うのも珍しいので、ドキドキしながら丸の内に出かけたのが昨年の秋。礒貝日月君とはそれ以来、同じ […]

2013.03.20
東 宏樹
「揺れやすさ、というファクト」

昨年末出かけたTEDxKeioSFCで、ちょっと懐かしい顔と再会しました。東君は大学の後輩なんですが、例によって社会人になってからの知り合い。鎌倉でこんなことをやってみたい、みたいな話を酒飲みながら聞かせてもらったりして […]

2013.01.29
舟越 奈都子
「アートへのホスピタリティ」

僕が9月に石巻に行ったのは一時画伯というプロジェクトのワークショップのサポートスタッフとしてでした。実は一時画伯に関しては僕はそもそもWEB制作を仕事として請けていて、そういう意味では外部からお手伝いする立場だったのです […]

2013.01.11
植村 百合香
「踏み入って、踏み留まって、踏み進める」

「ちっちゃい怪獣連れて行くね」、そう言われてブリッジフォースマイルというNPOに勤めている友達に紹介されたのが、植村百合香さんでした。初対面の時は別に彼女のプロジェクトの詳細を聞くわけでもなく、ただなんとなくこの子、大物 […]

2012.11.27
坂田 一倫
「Non-Designer UXer」

高校と大学のラグビーの後輩にあたる坂田一倫君。学生の頃からデザインが好きだったようで、ただ、僕とはちょっと違う志向性だったようで。彼の口から、徐々にUXという言葉を聞くようになって、気がつけば、UXの専門家として仕事をす […]

2012.11.18
小野 梨奈
「働き方の未来予想図」

ナンパされたシリーズ。今年に入って、Twitterで仕事のお声がけいただいたのが、フリーランス、Webプロデューサーの小野梨奈さん。とは言え、何となく僕も存じ上げていて、お話したところ、共通の友人の話にもなり、行けそうだ […]

2012.10.04
北見 友和
「続けることを繋げる、繋げることを続ける」

10年前から上永谷にあったレゲエバー、CRISE。歩いて30分ほどの所に住んでいたのに、僕が知ったのはつい昨年のこと。そこのカウンター越しに知り合ったのが、北見友和さんでした。日本料理を銀座で修行し、数千人規模の屋外ライ […]

2012.09.21
山本 泰広
「笑うPMには福来る」

先日、「僕のチームの後輩に酒飲みながら話してもらえませんか?」という、ちょっと風変わりなオファーをくださったのは、ネットサービス企業でプロジェクト・マネージャーをしている山本泰広さん。同じ横浜市民ということもあり、飲みの […]

2012.09.15
marico
「モノを作る、場を作る、時間を作る」

男ですし、そんなにアクセサリーとかは持ってないのですが、maricoさんにオーダーしたグラスループは今も愛用しています。maricoさんとは友人に紹介された社会人サークルみたいなところで知り合って、だから5年ほど前でしょ […]

2012.07.01
中村 こども
「楽しかったら重くないんだ」

「すいません、ピントが合ってませんでした。。。」そんなET Luv.Lab.始まって以来の大失態を犯してしまったのが、今回の中村こどもさんへの取材です。実は僕は中村さんにレンズを一本お借りしていて、だから、そのレンズを借 […]

2012.04.14
黒田 和宏
「企業と個人を結ぶもの」

まだ僕が学生時代にデザイン会社の仕事をパートタイムのスタッフとして手伝っていた頃のこと(別に出社とかなかったけど)。その僕を手伝ってくれていたのが同じSFCに在籍していた1年下の黒田和宏君でした。そこでの仕事が終わって、 […]

2012.03.29
景山 泰考
「ロジックを調律する男」

「やーまん」「やーまん」「やーまん」と本当に知り合ったその日からべったりお世話になっているのが景山君こと、「やーまん」です。お互い何かを説明する時に、いきなり結論を持ち出してもきちんとコミュニケーションが取れる、という意 […]

2012.03.26
浜本 階生
「ソーシャルグラフとアルゴリズムが導く行方」

Blogopolisを知っていますか。10人に見せると10人が「スゲー!」という、僕の経験の中でも類まれなサービスです。それを作っている個人と知り合える!と聞いて、お邪魔した用賀エンジニア焼肉会が浜本さんとの出会いでした […]

2012.03.08
小泉 瑛一
「On the frontline」

小泉君と僕の関係性を説明するに、横浜の飲み仲間です、以上の説明がないのですが、彼が横浜国立大学の建築学生の時に、ひょんなことから知り合って、せっかく地元の若者なので、色々な会に連れて行って、なんか面白いことになればいいな […]

2012.02.21
大嶋 英幹 / 水口 一
「デザインに人の温かみが降りてゆく」

僕が鎌倉でお世話になっている代理人の方が「面白い人達に会いましたよ」とある日おっしゃった。あの時「じゃあ、紹介してください」、その一言が言えなかったら、きっと僕が「はせのわ」に携わることはなかったでしょう。 鎌倉にあるツ […]

2011.11.12
畠山 千春
「見えやすくする、触れやすくする、慈しみやすくする」

僕をして、エコ、という言葉を誰も想起し得ないと思いますが、随分前に、green drinks Tokyoというパーティにうかがった際にご紹介いただいたのが、当時グリーンズでインターン中の畠山さんでした。ちょうど就職活動の […]

2011.10.21
松村 太郎
「その境界を超えてゆけ」

2007年3月、kosukekato.comの読者から一通のメールが届きました。「ブログでナンパした」「ブログでナンパされた」という話は、どこかしこでしている話ではあるのですが、実は中学と大学の後輩であった松村太郎君と知 […]

2011.06.14
徳本 昌大
「コミュニケーションの今」

僕がいつもと少し毛色の違うプロジェクトにアサインしていただいた時に、そのプロジェクトでお世話になったのが、「ソーシャルおじさん」こと徳本昌大さんでした。お仕事の合間にET Luv.Lab.のことをお話ししましたところ、快 […]

2011.04.12
すわ だいすけ
「Still Together」

3月11日、地震がありました。今も余震や原発事故など、予断は許さない状況ではあると思います。いつまでも休眠させずに、ET Luv.Lab.も動かしたい、でも地震の後に、その話を避けて通らず、でもET Luv.Lab.らし […]

2011.03.04
迫田 大地
「人と情報のパッシング・ポイント」

WEBデザイナーの迫田大地さんと付き合いだしたのは遂最近。実はこういう仕事をしている癖にWEBデザイナーの知り合いってとても少ないんです。しかし話してみると、同じ80年生まれということもあり、WEBの入り口から、仕事に転 […]

2011.02.19
丸岡 和人
「次代の起業家精神を描く」

丸岡和人君とは、今は無き、「用賀エンジニア焼肉」で何回かご一緒して以来のご縁です。何となくお互いの仕事を知ってはいたし、出身校も一緒だったので、シンパシーは感じていましたけど、よくよく考えれば今回の取材が2人で仕事につい […]

2010.12.09
小島 希世子
「火の国の女、肥の国の母」

小島希世子さんとは大学時代の親友で、ともすれば悪友で、お酒を飲みながら20歳前後に議論を交わした朋友です。農業の世界を生業にする数少ない友人で、僕もいつも勉強させてもらってます。 2年前の法人設立の際には、僕もCIやWE […]

2010.11.11
原田 均
「社会にコミットするエンジニア」

グラウンドの仲間シリーズ、原田均君は28歳にして既に検索プラットフォームを手掛けるネット企業のCTOで、この夏、僕も会社のWEBサイトを手伝わせてもらいました。原田君の世界を放浪した話、などもかなり面白いのですが、今回は […]

2010.10.07
津下本 耕太郎
「関係性の仕掛け人」

津下本耕太郎さんは数年前に共通の客先でお知り合いになって、なかなか興味分野がかぶっていることもあり、同年代ということもあり、気が付けば意気投合していたという、ビジネスとも言い切れない、プライベートとも言い切れない不思議な […]

2010.09.25
三橋 ゆか里
「I am a TechDoll.」

後輩が独立したと聞き、会ってみたのが半年前。それからあれよあれよという間に活躍されているのがウェブディレクターでライターの三橋ゆか里さんです。先日もYahoo!ニュースに三橋さんが書いた記事が載っていたらしく、一緒に飲ん […]

2010.07.01
須藤 優
「面白い人を拡張する」

形式は違えど、JunkStageというのは、ET Luv.Lab.の良い見本なのだと思うんです。56名のライターを抱え、コラムサイトを運営しつつ、フリーペーパーを出したり、イベントをしたり、新しいサービスも始まるようです […]

2010.06.04
松下 弓月
「非日常性への回路」

「今日はお坊さんと食事に行きます」なんて友人に言うとびっくりされるのですが、松下弓月さんは平塚宝善院の副住職であり、超宗派仏教徒によるインターネット寺院、彼岸寺のメンバーでもあり、最近ではUstreamなどでも積極的にイ […]

2010.05.15
福山 泰史
「アマプロ混在の時代に思うこと」

同世代で自分よりフリーランサー歴が長い人、と言うと、実はそんなに多くはなかったりするのですが、音楽プロデューサーの福山泰史君は僕より2つ年下。 20歳の時に独立し、それから9年もの間、フリーの音楽プロデューサーとして業界 […]

2010.03.09
児玉 哲彦
「アーキテクチャからデザインする」

児玉哲彦さんとは母校のOpen Research Forumというイベントでゲリラトークセッションに飛び入り参加させていただいた時に知り合いました。それから何度かゆっくりお話をする機会が持て、僕はビジネス寄り、児玉さんは […]

2010.02.25
神谷 真人
「芝居と生きる、芝居を生きる」

3年B組16番加藤康祐、3年B組17番神谷真士。中学のクラスメイトで、出席番号が並びだった神谷君と再会したのは社会人になってからでした。話を聞いてビックリ。「脱サラして舞台俳優をしている」とおっしゃる。ある意味、僕とはフ […]

2010.02.23
野口 尚子
「余白を埋める、余白を作る」

各所で話題の僕の似顔絵入り名刺ですが、実は印刷の余白Lab.の野口尚子さんにコーディネートをお願いしたもので、ブラックメタリックの箔押しにグレーのラメ入りの紙がお気に入りで愛用させてもらっています。独立前に知り合いました […]

2010.02.09
小林 朋子
「Twitter文化はサロン文化」

サヴォアール・ヴィーヴルって言葉、初めて耳にする方も多いのではないかと思います。鎌倉でサヴォアール・ヴィーヴルサロン、ロザリウムを主宰されている小林朋子さんは、ETの古くからのお客様で、ご家族の皆様にもいつもお世話になっ […]

2010.02.05
北山 朝也
「エンジニアリングと幸せの定義」

ET Luv.Lab.記念すべき第一回目ゲストはエンジニアの北山朝也君です。北山君とはグラウンドで一緒に汗を流した仲でもあり、社会人になってからも折々で酒を酌み交わしがてら話をしあう親友です。北山君とは付き合いが長いです […]

2010.01.27
加藤 康祐
「人がメディアになる時代」

ブランディングの仕事をしていると、結局最終的にはブランドの価値がいかにして、「人」に反映されるか、ということに勘所があるように思います。何か同じようなことが、スゴイ勢いで情報の世界にも起こっているな、ということを下記の文 […]