福山 泰史

2010.05.15

「アマプロ混在の時代に思うこと」

福山 泰史 - 音楽プロデューサー

同世代で自分よりフリーランサー歴が長い人、と言うと、実はそんなに多くはなかったりするのですが、音楽プロデューサーの福山泰史君は僕より2つ年下。

20歳の時に独立し、それから9年もの間、フリーの音楽プロデューサーとして業界で活躍しています。正直、音楽には疎い僕ですから、音楽性の話をされたらどうしよう、と構えていましたが、出てきたのは彼の仕事もまた客商売であるということでした。

ついて離れて

【加藤】 取材させてくれと言っておきながらなんなんだけれど、僕音楽より美術畑で、音楽業界のこと何も知らないんだけど、音楽プロデューサーの仕事ってどんなことするの?

【福山】ざっくり2通りにわけるとしたら、楽曲を作って、レコーディングスタジオでの作業だったり、原盤納品までをプロデューサーと言ったり、後はこの人を使おうとか、ここで作業しようとか、宣伝、どこにどうやって持って行きたいとか決める指揮官的プロデューサー。映画制作でいうディレクターみたいなプロデューサーと、映画でいうプロデューサーみたいなプロデューサーという感じでしょうか。あとは、アーティストがプロデューサーと一緒にやる、イコール自分のアイデアをもう少し拡張してもらったりとか、完全にただただ丸投げされるというケースに分かれるかな。

【福山】特に自分に関してはいわゆる音楽プロデューサーという仕事もしてきてるし、ただの編曲家とか、ボーカルのディレクターとか、曲によっては一部分のアレンジだけとか、割と何でもやってるという感じですね。

【加藤】 じゃあ、やれることは割と全部手をつけてきました的な。

【福山】いや、そういうわけじゃないですけど、でも、実際音符を打ち込む作業以外にも、ミキシング、音を調節する仕事とか、一時期自分のインディレーベルを作って出したりとか。まあ共同でやってたんだけれども、そういうことをやってきたという意味では、普通よりもう少し幅広いかも知れない。

【加藤】 音楽って何歳くらいからやってたの?

【福山】音楽は5歳くらいからバイオリンを始めて、クラシック以外高校入るまで何も知らない、ほとんどやったことがなくて、高校入った時もジュリアードの先生からバイオリン習っていて。

【加藤】 自分の高校と別に通ってたんだ。

【福山】ジュリアードの学生というわけではないんですけど、特別にジュリアード学院の先生から教えてもらえるよう紹介されて通ってましたね。そこそこ将来有望な人たちの軍団には入っていたのだけれど、すぐに鼻をへし折られ。

【加藤】 それは先生に?

【福山】いやジュリアードの世界に。1日十数時間練習してて当然みたいな。世間知らずの子供たちの集まりみたいな感じで。自分が周りと比べて特別うまい人じゃなくなって、グレーに入ったというのもあるんだけど、割とそれまでは学校の中とか狭いところではうまい方だったのだけど、突然そこら辺の10歳児とかに負けるわけじゃないですか。当時、僕も13歳とかでしたけど、これからの人生バイオリンしかやりません、みたいな人達の中で、初めて超挫折して、高校入ってからバンドとかもっとコンテンポラリーなものをするようになって。あまり高校はバイオリンに集中する環境でもなかったし、単純についていけない世界だったというのもあるんだけど、自分の熱が冷めてしまったというか。

【加藤】 まあでも僕の高校の時のイメージは、音楽やっている福山君だからね。

【福山】ギターとかも触ったことがなかったし、鍵盤楽器もほぼ独学だし、あんまりバイオリン以外の音楽のトレーニングはちゃんと受けたことがないですね。でも高校の時、4つくらいバンドやってて、各バンドで楽器が違って、ドラムやったり、ベースやったり、多分それが活かされて今編曲とかができるのかなあ、という気はしますけどね。

【加藤】 高校卒業する時とかは、日本帰ったらなんかやるぞ、みたいなのはあったの?

【福山】いや、ただ普通にその頃バンド組んでた奴と日本でちょろちょろ、そんな真面目にプロになろうみたいな明確な目標があったわけでもなくて、ただいいものは作りたいというところは一貫してて、なんかそれが周りもついて来れず、音楽は続けたいというのは強かったのだけど、どうもバンドではなさそうだなあと。多分それが大学1年生終わる頃で、2年生で中退して、バンドも一気に全部やめて、1人になって音楽でできることって言ったらDJか今やっている音楽プロデューサーしか思いつかなくて(笑)今になってみればバイオリンもう少しやるとか、実際自分の曲でもバイオリン弾いたりするから身になってたかも知れないとたまに思うけど、夜クラブ毎日行ってずっとDJするのもしんどいしなあと思うし、作らないで人の曲ばかり流すのもなあ、という感じで音楽プロデューサーが残ったんですよね。

【加藤】 20歳である種オールリセットしちゃったんだね。

【福山】やっぱり大学3年生になったら、先輩とか見てても就活だと。そういうの入って来ると、決断が鈍るというか、選択肢が増えるとまずい、という直感があって、いっそ大学を辞めてしまえば、その選択肢はなくなるわけだから退学したんですよね。

【加藤】 皆そのタイミングで迷うものね。

【福山】なんかそういう潔さはあったみたい。自分なりにその当時考えた末の判断なんだけど、周りも誰も止めようとはせず、親も事後報告で言ったら「よくここまでもったと思うよ」って、むしろもっと早くやめるんじゃないかと思ってたみたいで。音楽もやってないし、うち両親も家族も誰も音楽家とかいないから、全然その道分からないからやるだけやってみな、という感じで。

音楽の世界の客商売

【加藤】 なるほどねえ、とは言え、そう決めても、なかなかすぐに食べれるわけじゃないでしょう。

【福山】バイトも2つやってて、まあそっちで食いをつないで、最初は音楽的(芸術的)にどうこうというより、どうしたら音楽でビジネスができるかということを考えてましたね。ある程度、自分ができることを洗い出して、それでどうやったら人と違うものができるのかなあ、なるべく競争相手がいないところに飛び込まなきゃ、ということをすごい考えてました。今思えば、すごくビジネスに近い部分、考え方をしていて、自分をマーケティングして。当時からなぜかSWOT分析とかしてて。習ったことはなかったんだけど、仕事をして行く上でそういう分析が必然だったんですよね。

【福山】そうやって先が見通せるようになってから動いたというか。実際にストック曲たくさん作って営業して、という経験が実はほぼないです。とりあえず、この人だったら自分が合いそうだな、という人に合わせた作品をとりあえず聴かせて。「これが自分です」みたいなものを聴いてもらうんじゃなくて、それは今もやったことないって言えちゃうくらいですね。

【加藤】 それはすごいシンパシーを感じる。僕の仕事も客商売だし。

【福山】誰でもそうだと思うんですよね。純粋なプロダクトアウト型アーティストみたいな人は別だけど、作り手のほとんどの人はそうじゃないと思うんですよ。クライアントの要望に答えるという、マーケットイン型が大半。そこが大事なんじゃないですかね。よく陥りやすいのが、自分のメッセージで世の中変えてやる、俺のやってる音楽は他の誰にもできない、そういうの事を考えてる人が意外とマジョリティだから、音楽で食っていくのが難しいというイメージになっちゃうんだと思うですよ。そういう人達が淘汰されて、ちゃんと考えている人達が残ると、音楽でやっていくことってそんなに難しいことじゃない気がします。

【加藤】 9年やってるわけだからね。それは説得力があるよ。

【福山】ビジネスとして動けている人達は残っていくと思うし、そういうマインドがあって自分でできる人達は自分でやってるんじゃないかなあと思いますね。考えられるけど、考えたくない、っていうのはまた別だけど。

【加藤】 そこからはプロデューサーとして独り立ちしていくんだ。

【福山】一番最初は2000年に日本来たのかな、たしか。学校辞めたのが2002年頃だと思うんだけど、その時初めてPower Book G4 Titanium、チタンのやつを買って、LogicっていうまだAppleが買収する前のLogic 4.いくつを買って、やったこともないDTMを始めて。

【福山】2004年かな、SoweluさんがSony DefSTAR Recordsにいた頃の、カップリング曲の作編曲とシングル曲のボーカルアレンジをさせていただいて、ちゃんと仕事が出来るようになったのが、退学して 2~3年後。

【加藤】 まあでも、早いっちゃ早いよね。

【福山】その頃、2004年だから23歳くらい。

【加藤】 普通の人が大学卒業するくらいの頃だよ。

【福山】ほとんどまだ日本に住んだことがなくて、日本に来たのも大学が初めてだったから、かつ無所属の若いクリエイターってことで、割と仕事も来やすかったというか、周りの人に恵まれて、運良く注目してくれて、使ってくれた。そこから結構色々な仕事に繋がっていった。

【加藤】 最初の仕事って大事だよね。

【福山】大事大事。その突破口も運任せにしなかったというか、すごい考えたつもりで、という気持ちはあるかな。

【加藤】 それから5、6年経ってるんだ。それからやる範囲も増えて。

【福山】ほとんどの仕事はいわゆるメジャーレコード会社の歌モノ。たまにインディレーベルのHip Hopアーティストの音を作ったりもしてたけど、基本は歌モノ9割という感じでやってきてますね。

【加藤】 そこが一番仕事しやすかったわけでしょう、自分のスペック的にも。

【福山】そういうこと、かな。一番初めに始めた時、いわゆる誰でも知っているようなアーティストでシングルA面を作るっていうのが目標だったから、すごい自然にそういう仕事に自分が入っていったのかな。

【加藤】 今基本的にはお客さんはレコード会社?

【福山】レコード会社なり、アーティストが所属しているマネージメント会社。そこから依頼が来て、たまにアーティストから直接来ることもあって、付き合いがある人とか、コンペとかも来るけど、あまり積極的には参加していない。

【加藤】 指名で仕事が来るようになったらねえ。

【福山】指名と言ってもケースバイケースだけど、でも意外とこういう風にして欲しいという要望はあったり、好きなようにやらせてもらえるわけではない。やっぱり、好き勝手やるイコール好きなようにやるということではないと思うし、作ったからには音楽だって聴いてもらいたい。自己満足で皆が聴きたくないもの作っても意味がないと思う。初めてSoweluさんの仕事やった時にも、それが一番に残った気持ちで、Soweluの曲を作ったんだって周囲に言っても、でも皆聴いたことないっていう状況があって、結構それって考えてたことと違うなあという感覚はありました。聴かれないと達成感ないんだろうなという。だからその後売れるものも考えるようになったのかな。とは言え、下世話なことはしてないと思うんだけどね。

【加藤】 そうかそうか大前提としてそこがあるのはすごい大事だね。

【福山】聴かれてナンボというか、作った気になれないというか。

360度ビジネスモデルとポケットティッシュ

【加藤】 話し変わるんだけど、音楽業界ってコンテンツがデジタル化されるの早かったでしょう。テープからCD、DVD、iPodが出てきてからはネットからデータを落とすようになった。その辺りのおそらくデジタルになった10年を仕事しながら見てきたと思うんだけど、福山君的にはどう見えてたのかな。

【福山】それこそ2003年とか始めたくらいの時は、今とまるで世の中違ったと思うし、違法ダウンロードに対する世の中の専門家のものの言い方もコロコロ変わっていったのも見てきているし、それこそ『FREE』みたいなこととか、それがどうなるんだとか。一番最初はファイルシェアリングが始まって、リスナーは自分たちがプッシュしたいアーティストを無料で皆にばらまいてるから、それはプロモーションとしていいことなんだ、ってすごい肯定的だったのね。それで成功した事例も何万に一つくらいあって、これでもうレコード会社なくてもできるんだみたいな風潮が一刻はあって。

【福山】でも、皆実際結構傾いてたの。特にインディ系は。メジャー系はそんなの認めてしまったらアウトだから、間違いなくそんなことはできないのだけれども。でも明らかにTwitterとかやっていなさそうな人物像のアーティストが、FREEだと言ってネットで楽曲を配信しても、自分たちのターゲットに届くわけじゃない。そう言った意味でケースバイケースだよね、というところで、Freemiumモデル使って稼ぎましょうというのもちょっと甘いんじゃないか、というのが今の段階ですかね。

【福山】でもデジタルになってから、日本のレコード会社がiTunesを拒否したりとか、あと日本だと着うた文化とかもあるから、そういったところが特殊なんだけれども、全くパッケージの落ち込みを担うほどには至ってない。

【加藤】 音楽全体の需要が減ってる?

【福山】需要は減ってないと思っていて、アメリカとかヨーロッパとかグローバルな話になるけど、増えてるところは増えてるし、ライブに行く人数も増えてたりとか。日本とか去年の第四四半期、デジタルも遂に落ち込んだという統計も出てる。だからそれが答えじゃなさそうというのが実態で、じゃあどうやってビジネスにしようかというところで、360度モデルって聞いたことある?いわゆるレコード会社が原盤制作のみならず、マネージメント、ライブ、マーチャンダイズまで管理するビジネスモデル。例えば、アーティストを他の商品とタイアップさせて、その楽曲をプロモーションのツールとして使ってください、クレジットカードを作ったら特典でなんとかの曲がついてきますとか、あらゆるところにもっと楽曲を流通させちゃおうということをやっている会社もある。

【福山】アーティストの楽曲、CDだけを宣伝して、というよりは、360度にマネージメントとして、展開していってますね。

【加藤】 じゃあレコード会社というより、芸能プロダクション的なことをやっていると。

【福山】やろうとしている、という段階。パッケージを売るだけじゃやっていけないというのが現状。ただそれは、良い悪いはさておき、ビジネスのエボリューションというか、どう時代に合わせて変わっていくかというだけで、決して先回りした何かというよりは、ただやれること全部やろうみたいな話。そんなにアグレッシブな感じでもないし、勝手なイメージなんだけど、音楽が駅前の無料のティッシュみたいになっちゃって、ばらまいて、次に繋げるみたいな話だと、音楽自体のバリューが無くなっちゃうんじゃないか、というところは結構心配です。

【福山】特に大手のレコード会社には音楽を通して社会に文化貢献する使命があるはず。主役アーティストのヒット作品にビジネスの全てがかかるモデルはリスクが高過ぎる。資産を全てキャッシュだけで持ってるようなもの。主力邦楽ポップスに音楽的文化貢献を求めない、なんて言い切ることはできないだろうけど、企業側はある程度そのつもりで割り切れば、よりスリム化したレコード会社ができあがるし、今一番必要としてる余力でしっかり世の中に文化貢献できる作品をもっと積極的に創るべきだと思う。このままじゃ、起業として利益を追わざるを得ないので、音楽はもはや「商品」扱いになって、レコード会社も文化貢献どころじゃなくなる。360度モデルの最大のジレンマはここにあると思う。

【加藤】 そうすると最終的に音楽を聴かなくなってしまうみたいな。

【福山】自分はそういうのを肌で感じているから、それは例えば、世の中が活字離れって言われてる一方で、皆がブログをやっていたり。最初はブログなんか誰が書くんだよって言ってたのが、今じゃ皆書いているじゃない。音楽もそういう仕組みができて、自分たちでもそこら辺の音楽と同じようなものが作れるってなったら、皆がクリエイターになるような世の中になるかも知れない。

【福山】アメリカのギターヒーローみたいなゲームとかも一緒だし、音楽参加型に変わってきていると思うし、皆がそうやってある程度のクオリティのものができると思うの、実際。

【加藤】 Wiiとかでもあるみたいだね。

【福山】そうそう、そうやってオリジナルの曲を皆が自由に作れる世の中に早くなって欲しい。そうしたらつまらないものは淘汰されるし、自分も淘汰されちゃ終わりなんだけど、そういう方が健全だと思うし、いい音楽が残る気がする。制作ツール(プラットフォーム)はどんどんコストゼロ化して行ってる。近いうちに、ツールは全てブラウザー内に集約されて、ポップスとされるものは、「聴くもの」だけではなくて、「操って、創るもの」にもなっていくだろう。

【加藤】 音楽はアートだから完全な完成品じゃないといけないと思われていた。

【福山】特に今まではレコード会社が出したものが音楽ですよ、完全なバージョンですよということになっていた。だから、それをサンプリングしてHip Hopとか生まれた時も、すごい反発があった。リユースするなんてけしからんみたいな。でも今Mash Upって1曲の中に何十曲入っているものもあったりするし、プロのものじゃなくても、素人のYouTubeビデオをかき集めて楽曲にしている人もいるし。結果、創られてるものだけ見ると、プロとアマチュアの境目がなくなってきている。

【加藤】 うちの業界もそうなってきているから。

【福山】出版もそうだし、デザインもそうだし、音楽なって俺がやってるくらいだから。だから一回一掃されないといけないんだろうなと。

【福山】もちろん皆ができるからそれで良いというわけでなくて、その中から突然変異ですごくいいものが出てくるということが大事だと思うんだけど、ほとんど並のもので、それはある意味ブログとかと一緒で、でもそれによって、モノを書くということが変わっていくわけだし、音楽も一緒で、変容するんじゃないかという気がするんだよね。

【福山】だから早くそうなって欲しいなあ。

福山泰史 (Taishi Fukuyama)。1981年11月29日生まれ。

        

3才の時、家族とN.Y.に移る。5才でバイオリンを始め小学校ではトランペット、チェロ、ビオラも演奏、楽器だけにとどまらず指揮も努める。アトランタに移った中学高校時代はバイオリンを続けながらバンドでベース、ギター、ドラム、ボーカルを担当。その後N.Y.にもどり、ジュリアード音楽院講師にバイオリンを師事。 高校生の頃から日本に興味を持ち、慶応義塾大学・経済学部に進学。音楽に専念するため退学、現在は クリエーターとして活動中。

B-Fresh
作曲・編曲:"Back To Life" (2003.9.3 アルバム「Pump It Up」収録)

Hi-D
編曲・ボーカルプロデュース:"Get Back In Love" (2004.7.14シングル
「Get Back In Love」収録)

HIBARI
編曲プリプロダクション:"My Little Prayer"
(2004.12.15アルバム「Modern Classics」に収録)

Sowelu
作曲・編曲・ボーカルプロデュース:"Private Night"(2004.4.21シングル「No Limit」収録)
ボーカルプロデュース:"No Limit" (2004.4.21シングル「No Limit」に収録)
ボーカルプロデュース:"Play That Funky Music"(2005.3.24アルバム「We Love Dance
Classics Vol. 1」収録)
編曲・ボーカルプロデュース:"Morning Train" (サントリー”カロリ”CMソング、
2005.7リリース予定) 
リミックス:"Cloudy (taishi fukuyama remix)"
(2005.7.20アルバム「Heads Or Tails?」収録)
リミックス:"Material World -WTF edit" (2009.2.25シングル「Material World」収録)

和田昌哉
編曲:"Make It Last Forever"
(2005.3.9アルバム「RZ the best of rhythm zone 2005」収録)
Supervisor:"Turn The Page"(2005.4.13シングル「Turn The Page」収録)
編曲:"The Way U Make Me Feel"(2005.4.13シングル「Turn The Page」収録)
編曲:"Before You Walk Out Of My Life"(2005.4.13シングル「Turn The Page」収録)リミックス:"Find A Way (R&B Mix/English Version)"
(2005.9.21シングル「Find A Way」収録)
編曲:"Hand In Hand"(2006.1.25シングル「Hand In Hand」収録)
編曲:"Here We Are"(2006.1.25シングル「Hand In Hand」収録)
作曲・編曲:"Vertigo" (Tokyo FM限定配信)
プロダクションアドバイザー:(ファーストアルバム"New Beginning"2006.08.30)
編曲:"The Way You Make Me Feel part 2" (2006.08.30アルバム「New Beginning」収録)
編曲:"Because Of You" (2006.08.30アルバム「New Beginning」収録)
編曲:"Because Of You" (2006.08.30アルバム「New Beginning」収録)
作曲・編曲:"Back To You"(2006.08.30アルバム「New Beginning」収録)
編曲:"No One's Gonna Love You" (2006.08.30アルバム「New Beginning」収録)
作曲・編曲:"They Say"(2006.08.30アルバム「New Beginning」収録)
編曲:"Hand in Hand (Eye to Eye)" (2006.08.30アルバム「New Beginning」収録)

東方神起
作曲・編曲:"Try My Love"(2005.4.27シングル「Stay With Me Tonight」収録)

K
作曲・編曲:"Play Another One" (2005.7.27シングル「Girlfriend」収録)
編曲:"Just the Two of Us" (2005.7.27シングル「Girlfriend」収録)
作曲・編曲:"Play Another One"feat. Mummy-D
(2006.1.18アルバム「Beyond The Sea」収録)
作曲・編曲:"Cover Girl"(2006.1.18アルバム「Beyond The Sea」収録)
編曲:"Do You Think I'm Sexy" (2007.3.21アルバム「The Timeless Collection Vol.1」収録)

Gipper
作曲・編曲:"Holiday"(2004.11.20シングル「1 Night Stand」収録)
リミックス:"Till Dawn"(2004.12.20アルバム「GIP'ROCK」収録)
作曲・編曲:"Midnight Special"(2004.12.20アルバム「GIP'ROCK」収録)
作曲・編曲:"Stay By My Side"(2004.12.20アルバム「GIP'ROCK」収録)

JUNE
編曲:"Love" (2006.11.15シングル「Baby It's You」収録)
作曲・編曲:"You and Me" (2007.7.11シングル「You and Me」収録)

BRIGHT
作曲・編曲:"My Way" (2007.3.23アルバム「Brightest E.P.01」収録)
編曲・ミックス:"いつまでも”(2007.8月予定「Brightest E.P.02」収録)

大日方治子
アルバムプロデュース:"GENESIS" (デビューアルバム2006.12.06)
作曲・編曲:"By Your Side" (2006.12.06アルバム「GENESIS」収録)
作曲・編曲:"Secret Of My Love"(2006.12.06アルバム「GENESIS」収録)
作詞・編曲:"Can't Stop"(2006.12.06アルバム「GENESIS」収録)
編曲:"Movin' On"(2006.12.06アルバム「GENESIS」収録)
編曲:"Lifetime Promise"(2006.12.06アルバム「GENESIS」収録)
編曲:"Precious One"(2006.12.06アルバム「GENESIS」収録)
編曲:"月光"(2006.12.06アルバム「GENESIS」 収録)
編曲:"Think I'm In Love"(2006.12.06アルバム「GENESIS」収録)
編曲:"Thank You Lord"(2006.12.06アルバム「GENESIS」収録)

大神
アルバムプロデュース:"STEP ONE"(デビューアルバム2007.04.09)
作曲・編曲:"Mr. Regular" (2007.04.09「STEP ONE」収録)
作曲・編曲:"Work It Out" (2007.04.09「STEP ONE」収録)
作曲・編曲:"Don't Do That" (2007.04.09「STEP ONE」収録)
作曲・編曲:"Bottoms Up" (2007.04.09「STEP ONE」収録)
作曲・編曲:"Beautiful Feeling" (2007.04.09「STEP ONE」収録)
作曲・編曲:"Flyers" (2007.04.09「STEP ONE」収録)
作曲・編曲:"Mood Setter" (2007.04.09「STEP ONE」収録)
作曲・編曲:"アメカン・ヒーロー" (2007.04.09「STEP ONE」収録)
アルバムプロデュース:"The New Old"(セカンドアルバム2008.08.23)
作曲・編曲:"Came To Believe (intro)" (2008.08.23「The New Old」収録)
作曲・編曲:"Wake Up Call" (2008.08.23「The New Old」収録)
作曲・編曲:"New Memory" (2008.08.23「The New Old」収録)
作曲・編曲:"Shadows" (2008.08.23「The New Old」収録)
作曲・編曲:"Rosy (introlude) feat. Haruko Ohinata" (2008.08.23「The New Old」収録)
作曲・編曲:"Rosy feat. Haruko Ohinata" (2008.08.23「The New Old」収録)
作曲・編曲:"Love Twist" (2008.08.23「The New Old」収録)

鈴木雅之
編曲(プログラミング):"Champagne" (2007.03.07「Champagne Royale」収録)
編曲(プログラミング):"フラッシュバック" (2007.03.07アルバム「Champagne Royale」収録)

JUJU
編曲:"キミに会いに行こう"(2007.10.10アルバム「Wonderful Life」収録)

Crystal Kay
作曲:"あなたのそばで" (2007.05.16シングル「あなたのそばで」収録)
(2009.09.02アルバム「Best of Crystal Kay」)
(2009.12.02 DVD「CK 04-09 Music Clips2」) 

BoA
作曲・編曲:"Our Love"(2007.01.17アルバム「Made In Twenty」収録)

Supercell
ボーカルディレクション:"君の知らない物語"(2009.08.12シングル「君の 知らない物語」)
"LOVE & ROLL"(2009.08.12シングル「君の知らない物語」)
"さよならメモリーズ"(2010.02.10シングル「さよならメモリーズ」)
"教えてあげる"(2010.02.10シングル「さよならメモリーズ」)
"約束しよう"(2010.02.10シングル「さよならメモリーズ」)

TWILL
編曲:"Back In Love"(2009.09.30シングル「My Step」)

Quadraphonic
編曲:"I Promise You feat. Marie Ishikawa"(2010.01.27アルバム「Quadraphonic」)
編曲:"Love Is The Way feat. NANAKA (Bright)"(2010.01.27アルバム「Quadraphonic」)

2016.08.28
渡邊 享子
「トントンカラリと回すサイクル」

石巻に出かけるようになって、何人もの若ものと知り合って来ました。そのうちの一人が渡邊享子さん。震災直後からゼミ生として石巻に入って、この5年間、石巻に住み、石巻に根ざして、街のことに取り組んで来た一人です。 これまでにユ […]

2016.08.23
モリジュンヤ
「広義の編集、狭義の編集」

その存在は意識していた、って書くとなんか大袈裟だけれど、フリーランスとして仕事しつつ、気になっていた人の一人がモリジュンヤ君でした。とても筋の良い仕事をする人だなと思って眺めていた。 そんなジュンヤ君と昨年末少ししっかり […]

2016.08.18
鵜川 洋明
「水、流るるを、樂しむ」

僕も関わる児童養護施設を退所する若もののための奨学金支援プログラム、カナエールでトレーニングチームのリーダーをしているのが、うーさんこと鵜川洋明さんです。カナエルンジャー(奨学生)とエンパワチーム(社会人ボランティア)が […]

2016.01.15
太田 サヤカ
「問うデザイン、問われるデザイン」

以前、ET Luv.Lab.で取材させていただいた、イトナブの古山さんから、僕や仲間内のデザイナーのところを1日ずつ、新入社員を武者修行して回らせたいというご相談をいただいたのが2年前の春のこと。トランク片手に仙台から東 […]

2015.08.07
井口 拓磨
「聴こえてくる音楽、その風景」

水族館の音楽のデザイン、そんな少し変わった仕事をしている人を、以前中華街で紹介してもらいました。僕はそこでサウンドスケープ、という言葉を初めて教えてもらいました。音のランドスケープ?、なかなか難しそう。 僕は楽器がからき […]

2015.06.22
葛原 信太郎
「編集が生むのは、活力」

「あれ、Twitterが似顔絵のアイコンの人ですよね?」久し振りに言われたなと思いました。 仕事仲間の鎌倉オフィスのオープニングパーティで知り合った葛原信太郎君は、アースガーデンというメディアの編集長。ただ、日本の「揺れ […]

2015.05.26
小高 朋子
「作り手の担い手」

「仕事の相談があるのですがー」、久し振りにご連絡いただいた小高朋子さん。Facebookで全国津々浦々飛び回っているのは拝見していて、いずれまたお話したい人の一人でした。じっくり腰を据えて話すのは、実は今回の取材がほぼ初 […]

2015.05.17
網谷 勇気
「カミングアウトが拓くもの」

実行委員として関わっている児童養護施設からの進学を応援する奨学金支援プログラム、カナエールで一緒に仕事することになったのが、網谷勇気さんでした。プロジェクト内では皆ニックネームなので、今回の取材でも「あーみー」と呼んでい […]

2014.03.20
中村 優
「旅するレシピ」

中村優さんと出会ったのは、クライアントのレストランでのディナー・パーティの時でした。隣の席にたまたま座っていた優さんとは当然初対面で、ただ、なんか美味しそうに美味しそうなものの話する人だなあと思っていて、でもお互いあんま […]

2014.01.01
山本 浩司
「歴史家が紐解くプロジェクト・デザインいまむかし」

浩司君がTEDに出る。そんな話を聞いたのは2年前のことですか。イギリスで歴史家として産業革命時代の経済や商業の歴史を研究する山本さんとは、頻繁には会わずとも、たまに飯を食いながら意見交換する仲です。歴史家という響きとは裏 […]

2013.12.24
岡崎 研太郎
「アートがもたらす医療現場へのエンパワーメント」

あれは今から数年前のこと。クライアントのご親族にお医者様がおられて、僕に仕事の相談があるとおっしゃる。お医者様からの仕事というので、病院か、学会か、と思いきや、ご相談されたのは「糖尿病劇場」という何ともユニークなプロジェ […]

2013.11.03
村上 玲子
「人、そこに在る暮らし、そこを巡るは旅人」

村上玲子さんは、お世話になっている方が開いた懇親会でお話しする機会があって、ただ、ソーシャル・メディアでは繋がりつつも、以降お会いする機会はなく。なんですが、僕があっち行ってると、翌日くらいから玲子さんがそこにいるのをソ […]

2013.10.10
茂木 隆宏
「横浜の創造力の舳先に」

横浜在住で自宅勤務であるにもかかわらず、これまで横浜で仕事したのは片手で数えられるほど。ちょうど、この1年くらい、少し横浜で何か行われているのか、ということに興味を持ってから、よく耳にしていた名前が「ノガン」という会社で […]

2013.05.20
越水 大輔
「ローカルにコミットする躍動感」

越水大輔さんはフリーランスのWEBデザイナーで、福岡に1年。僕とはちょうど1年ほど前に、ETのWEB経由でお声がけいただき、一度だけ横浜の喫茶店でお話しをしました。彼はその後、福岡に移り住み、僕もちょうど色々な場所と仕事 […]

2013.04.01
古山 隆幸
「復興のカリキュラム」

古山隆幸さんとは年次がほぼ一緒で、学生時代からWEBの仕事をしていたことも共通で、昨夏、石巻2.0の小泉瑛一君に紹介してもらって以来、UX X Talkというハングアウトイベントを石巻工業高校の生徒さん向けに企画したり、 […]

2013.03.27
礒貝 日月
「出版ボン・ボヤージュ」

大学のラグビーの後輩に、「加藤さんに、そいつだけは紹介したい、という人間がいるんです」と言われていて、そういうことをその後輩が言うのも珍しいので、ドキドキしながら丸の内に出かけたのが昨年の秋。礒貝日月君とはそれ以来、同じ […]

2013.03.20
東 宏樹
「揺れやすさ、というファクト」

昨年末出かけたTEDxKeioSFCで、ちょっと懐かしい顔と再会しました。東君は大学の後輩なんですが、例によって社会人になってからの知り合い。鎌倉でこんなことをやってみたい、みたいな話を酒飲みながら聞かせてもらったりして […]

2013.01.29
舟越 奈都子
「アートへのホスピタリティ」

僕が9月に石巻に行ったのは一時画伯というプロジェクトのワークショップのサポートスタッフとしてでした。実は一時画伯に関しては僕はそもそもWEB制作を仕事として請けていて、そういう意味では外部からお手伝いする立場だったのです […]

2013.01.11
植村 百合香
「踏み入って、踏み留まって、踏み進める」

「ちっちゃい怪獣連れて行くね」、そう言われてブリッジフォースマイルというNPOに勤めている友達に紹介されたのが、植村百合香さんでした。初対面の時は別に彼女のプロジェクトの詳細を聞くわけでもなく、ただなんとなくこの子、大物 […]

2012.11.27
坂田 一倫
「Non-Designer UXer」

高校と大学のラグビーの後輩にあたる坂田一倫君。学生の頃からデザインが好きだったようで、ただ、僕とはちょっと違う志向性だったようで。彼の口から、徐々にUXという言葉を聞くようになって、気がつけば、UXの専門家として仕事をす […]

2012.11.18
小野 梨奈
「働き方の未来予想図」

ナンパされたシリーズ。今年に入って、Twitterで仕事のお声がけいただいたのが、フリーランス、Webプロデューサーの小野梨奈さん。とは言え、何となく僕も存じ上げていて、お話したところ、共通の友人の話にもなり、行けそうだ […]

2012.10.04
北見 友和
「続けることを繋げる、繋げることを続ける」

10年前から上永谷にあったレゲエバー、CRISE。歩いて30分ほどの所に住んでいたのに、僕が知ったのはつい昨年のこと。そこのカウンター越しに知り合ったのが、北見友和さんでした。日本料理を銀座で修行し、数千人規模の屋外ライ […]

2012.09.21
山本 泰広
「笑うPMには福来る」

先日、「僕のチームの後輩に酒飲みながら話してもらえませんか?」という、ちょっと風変わりなオファーをくださったのは、ネットサービス企業でプロジェクト・マネージャーをしている山本泰広さん。同じ横浜市民ということもあり、飲みの […]

2012.09.15
marico
「モノを作る、場を作る、時間を作る」

男ですし、そんなにアクセサリーとかは持ってないのですが、maricoさんにオーダーしたグラスループは今も愛用しています。maricoさんとは友人に紹介された社会人サークルみたいなところで知り合って、だから5年ほど前でしょ […]

2012.07.01
中村 こども
「楽しかったら重くないんだ」

「すいません、ピントが合ってませんでした。。。」そんなET Luv.Lab.始まって以来の大失態を犯してしまったのが、今回の中村こどもさんへの取材です。実は僕は中村さんにレンズを一本お借りしていて、だから、そのレンズを借 […]

2012.04.14
黒田 和宏
「企業と個人を結ぶもの」

まだ僕が学生時代にデザイン会社の仕事をパートタイムのスタッフとして手伝っていた頃のこと(別に出社とかなかったけど)。その僕を手伝ってくれていたのが同じSFCに在籍していた1年下の黒田和宏君でした。そこでの仕事が終わって、 […]

2012.03.29
景山 泰考
「ロジックを調律する男」

「やーまん」「やーまん」「やーまん」と本当に知り合ったその日からべったりお世話になっているのが景山君こと、「やーまん」です。お互い何かを説明する時に、いきなり結論を持ち出してもきちんとコミュニケーションが取れる、という意 […]

2012.03.26
浜本 階生
「ソーシャルグラフとアルゴリズムが導く行方」

Blogopolisを知っていますか。10人に見せると10人が「スゲー!」という、僕の経験の中でも類まれなサービスです。それを作っている個人と知り合える!と聞いて、お邪魔した用賀エンジニア焼肉会が浜本さんとの出会いでした […]

2012.03.08
小泉 瑛一
「On the frontline」

小泉君と僕の関係性を説明するに、横浜の飲み仲間です、以上の説明がないのですが、彼が横浜国立大学の建築学生の時に、ひょんなことから知り合って、せっかく地元の若者なので、色々な会に連れて行って、なんか面白いことになればいいな […]

2012.02.21
大嶋 英幹 / 水口 一
「デザインに人の温かみが降りてゆく」

僕が鎌倉でお世話になっている代理人の方が「面白い人達に会いましたよ」とある日おっしゃった。あの時「じゃあ、紹介してください」、その一言が言えなかったら、きっと僕が「はせのわ」に携わることはなかったでしょう。 鎌倉にあるツ […]

2011.11.12
畠山 千春
「見えやすくする、触れやすくする、慈しみやすくする」

僕をして、エコ、という言葉を誰も想起し得ないと思いますが、随分前に、green drinks Tokyoというパーティにうかがった際にご紹介いただいたのが、当時グリーンズでインターン中の畠山さんでした。ちょうど就職活動の […]

2011.10.21
松村 太郎
「その境界を超えてゆけ」

2007年3月、kosukekato.comの読者から一通のメールが届きました。「ブログでナンパした」「ブログでナンパされた」という話は、どこかしこでしている話ではあるのですが、実は中学と大学の後輩であった松村太郎君と知 […]

2011.06.14
徳本 昌大
「コミュニケーションの今」

僕がいつもと少し毛色の違うプロジェクトにアサインしていただいた時に、そのプロジェクトでお世話になったのが、「ソーシャルおじさん」こと徳本昌大さんでした。お仕事の合間にET Luv.Lab.のことをお話ししましたところ、快 […]

2011.04.12
すわ だいすけ
「Still Together」

3月11日、地震がありました。今も余震や原発事故など、予断は許さない状況ではあると思います。いつまでも休眠させずに、ET Luv.Lab.も動かしたい、でも地震の後に、その話を避けて通らず、でもET Luv.Lab.らし […]

2011.03.04
迫田 大地
「人と情報のパッシング・ポイント」

WEBデザイナーの迫田大地さんと付き合いだしたのは遂最近。実はこういう仕事をしている癖にWEBデザイナーの知り合いってとても少ないんです。しかし話してみると、同じ80年生まれということもあり、WEBの入り口から、仕事に転 […]

2011.02.19
丸岡 和人
「次代の起業家精神を描く」

丸岡和人君とは、今は無き、「用賀エンジニア焼肉」で何回かご一緒して以来のご縁です。何となくお互いの仕事を知ってはいたし、出身校も一緒だったので、シンパシーは感じていましたけど、よくよく考えれば今回の取材が2人で仕事につい […]

2010.12.09
小島 希世子
「火の国の女、肥の国の母」

小島希世子さんとは大学時代の親友で、ともすれば悪友で、お酒を飲みながら20歳前後に議論を交わした朋友です。農業の世界を生業にする数少ない友人で、僕もいつも勉強させてもらってます。 2年前の法人設立の際には、僕もCIやWE […]

2010.11.11
原田 均
「社会にコミットするエンジニア」

グラウンドの仲間シリーズ、原田均君は28歳にして既に検索プラットフォームを手掛けるネット企業のCTOで、この夏、僕も会社のWEBサイトを手伝わせてもらいました。原田君の世界を放浪した話、などもかなり面白いのですが、今回は […]

2010.10.07
津下本 耕太郎
「関係性の仕掛け人」

津下本耕太郎さんは数年前に共通の客先でお知り合いになって、なかなか興味分野がかぶっていることもあり、同年代ということもあり、気が付けば意気投合していたという、ビジネスとも言い切れない、プライベートとも言い切れない不思議な […]

2010.09.25
三橋 ゆか里
「I am a TechDoll.」

後輩が独立したと聞き、会ってみたのが半年前。それからあれよあれよという間に活躍されているのがウェブディレクターでライターの三橋ゆか里さんです。先日もYahoo!ニュースに三橋さんが書いた記事が載っていたらしく、一緒に飲ん […]

2010.07.01
須藤 優
「面白い人を拡張する」

形式は違えど、JunkStageというのは、ET Luv.Lab.の良い見本なのだと思うんです。56名のライターを抱え、コラムサイトを運営しつつ、フリーペーパーを出したり、イベントをしたり、新しいサービスも始まるようです […]

2010.06.04
松下 弓月
「非日常性への回路」

「今日はお坊さんと食事に行きます」なんて友人に言うとびっくりされるのですが、松下弓月さんは平塚宝善院の副住職であり、超宗派仏教徒によるインターネット寺院、彼岸寺のメンバーでもあり、最近ではUstreamなどでも積極的にイ […]

2010.05.15
福山 泰史
「アマプロ混在の時代に思うこと」

同世代で自分よりフリーランサー歴が長い人、と言うと、実はそんなに多くはなかったりするのですが、音楽プロデューサーの福山泰史君は僕より2つ年下。 20歳の時に独立し、それから9年もの間、フリーの音楽プロデューサーとして業界 […]

2010.03.09
児玉 哲彦
「アーキテクチャからデザインする」

児玉哲彦さんとは母校のOpen Research Forumというイベントでゲリラトークセッションに飛び入り参加させていただいた時に知り合いました。それから何度かゆっくりお話をする機会が持て、僕はビジネス寄り、児玉さんは […]

2010.02.25
神谷 真人
「芝居と生きる、芝居を生きる」

3年B組16番加藤康祐、3年B組17番神谷真士。中学のクラスメイトで、出席番号が並びだった神谷君と再会したのは社会人になってからでした。話を聞いてビックリ。「脱サラして舞台俳優をしている」とおっしゃる。ある意味、僕とはフ […]

2010.02.23
野口 尚子
「余白を埋める、余白を作る」

各所で話題の僕の似顔絵入り名刺ですが、実は印刷の余白Lab.の野口尚子さんにコーディネートをお願いしたもので、ブラックメタリックの箔押しにグレーのラメ入りの紙がお気に入りで愛用させてもらっています。独立前に知り合いました […]

2010.02.09
小林 朋子
「Twitter文化はサロン文化」

サヴォアール・ヴィーヴルって言葉、初めて耳にする方も多いのではないかと思います。鎌倉でサヴォアール・ヴィーヴルサロン、ロザリウムを主宰されている小林朋子さんは、ETの古くからのお客様で、ご家族の皆様にもいつもお世話になっ […]

2010.02.05
北山 朝也
「エンジニアリングと幸せの定義」

ET Luv.Lab.記念すべき第一回目ゲストはエンジニアの北山朝也君です。北山君とはグラウンドで一緒に汗を流した仲でもあり、社会人になってからも折々で酒を酌み交わしがてら話をしあう親友です。北山君とは付き合いが長いです […]

2010.01.27
加藤 康祐
「人がメディアになる時代」

ブランディングの仕事をしていると、結局最終的にはブランドの価値がいかにして、「人」に反映されるか、ということに勘所があるように思います。何か同じようなことが、スゴイ勢いで情報の世界にも起こっているな、ということを下記の文 […]