原田 均

2010.11.11

「社会にコミットするエンジニア」

原田 均 - フォルシア株式会社 CTO

グラウンドの仲間シリーズ、原田均君は28歳にして既に検索プラットフォームを手掛けるネット企業のCTOで、この夏、僕も会社のWEBサイトを手伝わせてもらいました。原田君の世界を放浪した話、などもかなり面白いのですが、今回は彼が参加しているPostgreSQLというオープンソースのDB開発プロジェクトや、それと彼の仕事がどうリンクしているのか改めてインタビューしてきました。

後半はエンジニアリングの世界だけでなく、人として、彼が抱えている使命感についても聞かせてもらいました。28歳の彼が抱える問題意識は、きっと色々な人の刺激になると思うし、僕も身の回りの人にぜひ読んでもらいたい、貴重なインタビューになっています。是非最後までお付き合い下さい。

オープンソースに参加すること

【加藤】 原田が今やってるPostgreSQLってのはどういうデータベースなの?

【原田】どういう?どこらへんですか?

【加藤】 どこの部分をやってる?

【原田】2008年から2009年にかけてWindow関数を実装していました。データベースって色々なレイヤーがあって、ハードディスクをできるだけ効率的に読むとか、同時実行性を高めるとか、たくさんリクエストが来ても大丈夫なようにするとか、そういうところもあるんですけど、僕がやっていたのはもう少し上のSQLをどういう風に書くとどういう処理をしますという、処理の書き方の拡張ですね。

【加藤】 じゃあプログラムと割と近い側だ。

【原田】そうですね。だから、テクノロジー的にはデータベースというよりは、例えばRubyに新しい構文を追加しましたというような感じです。いわゆるデータベース屋さんの、ディスク効率を高めたりするようなデータベース技術は詳しくないので、なんちゃってデータベース屋さん。

【加藤】 でも原田の世の中的な認知はデータベース屋さんなの?

【原田】どうなんでしょう?外から見たらあんまり中の違いがわからないから。

【加藤】 そもそもさ、そこに首を突っ込もうとしたのは、そこに不便を感じてたからってことなの?

【原田】いや、そもそものモチベーションは、僕はアメリカの大学院に行こうと思っていた時期があって、でも僕は大学まともに行ってなかったんでGPAが非常に低いですと。でもいい大学院行きたいですね、という時になんかネタでも作ろうかなということで始めたのがきっかけ。

【原田】なんですけど、やってみると今やっている仕事にも非常に便利だし、そもそも大学院に行くとか行かないとか関係なく、エンジニアとしてキャリアを始めたからには、世界に通用する腕を身につけたいなと思っていたし、例え日本がなくなっても自分は生きていけるスキルを身につけたいと常々思っているので。

【原田】PostgreSQLってLinuxとかと同じで非常にオープンな開発が進んでて、MySQLとかって一応企業の持ち物なんですけど、開発コミュニティがあんまりオープンじゃないんですね。ソースはオープンなんだけど、開発自体は企業メインでやってたりするんですが、PostgreSQLとかLinuxってどこかの企業が所有しているわけではないので。

【加藤】 開発側に自由に参加できる環境がある。

【原田】全てのディスカッションはメーリングリストでやり取りされて、全部WEBでアーカイブに残ってるんですよ。

【加藤】 そういうのって、ある日いきなりオープンソースの世界を覗いたの?前からそういうの見ながらそろそろ俺もやるか、というような感じなの?

【原田】そうですね、ずっとPostgreSQLとかTomcatとか使ってきたし、メーリングリストの購読自体はもっと前からしてたんですけど。

【加藤】 できるんだったらやればいいじゃない的なところあるよね、エンジニア的には。でも、社外の活動だからプライベートでやらないといけないんでしょう?

【原田】そんなこともない。意外と業務時間中にやってます。元々我々の仕事のスタイルが、この時間からこの時間までこれをやってくださいみたいな仕事じゃないですから。

【加藤】 前に一緒に酒飲みに行った時に、これから帰ってコード書きます、みたいなこと言ってたじゃん。一日ちょっとでもコード書かないと落ち着かないみたいな。あれはなんなの?

【原田】なんなんすかね。

【加藤】 今でもそうなの?

【原田】今でもそうですね。やらないと、今日一日何もしなかった感がありますね。実際、打ち合わせとかしててもそれが仕事という認識がないので。

【加藤】 ああコード書くのが仕事というか、本業みたいな。他の業務は付帯業務という。エンジニアだねえ。今は少しお休みしてるの?PostgreSQLの開発に関わるのは。

【原田】いやいや、やってますよ。PostgreSQLって大体1年のサイクルでメジャーリリースして、Window関数は前のメジャーバージョンに入って、でもそればかりやっていると一発屋芸人みたいなので、「Window関数の人」みたいになっちゃうじゃないですか。今年は違うのやろうかなと思って、こないだまで死にかけプロジェクトの再生をやってたんですけど。

【加藤】 どういうこと?

【原田】他の人が始めたんだけど、なかなか本体に取り入れられなくて、困ってる似たような機能の拡張があったんで、おまえ手伝えよとか言われて、突然仕事ふられたので見てみんですけど、一昨日くらいそのプロジェクトは完全に死にましたw。

【加藤】 でもそうだよね、生身の人間がたくさん集まって作ってるんだもんね。

【原田】あとSQLっていうレベルで難しいのが、標準ってあるんですよ。SQL標準っていう仕様が。それに基づきながらも皆バラバラに作ってる、方言みたいになっているんですけど、HTMLの規約みたいなもので。

【原田】似たような機能が2011年のSQLの標準にあるらしいんだけど、まだそれも固まってないし。

【加藤】 イマイチまだイメージ湧いてないんだけど、なんか管理人さんみたいな人がいて、そこにメンバーがぶら下がっている感じなの?

【原田】形態としてはそうではなくて、これはプロジェクトによってバラバラですけど、PostgreSQLの場合は主に重大な意思決定とか、ソースコードの管理とかをするコアメンバーというのが8人くらいいる。その周りにコミッターという権限を持っている人たちが20~30人、実際にアクティブにやっている人たちは十数人ですけど、その周りに僕たちみたいなバッチを送ったりとかディスカッションに参加したりっていうコントリビュータみたいな人たちがもう少し大きい数いてという感じです。

【原田】LinuxとかはLinusが最終的な意思決定をするんですけど、PostgreSQLは違って。でもやっぱり、重要なソースコードほとんど書いている重鎮がいて、その人が首を縦に振らないと進まないよね、というところもあります。

参加することで学び得る

【加藤】 さっき仕事に役に立ってると言ってたけど、具体的にはどういう感じなのかな?

【原田】開発に参加して自分にとって意味があったというところでは、僕はそもそもキャリアではなかったので、社会人1年目は営業の仕事してましたし、大学でも専門にやっていたわけではないですし。基礎的な技術はほとんどない。今の会社も元々IT業界じゃない人が始めた会社ですから、その道のプロフェッショナルって社内にいないんです。昔からのソースコードの管理方法とか、ソフトウェア開発のメソドロジーとか、世の中一般にはあるんだけど、うちの会社にはなかったので、僕自身も知らなかったんですけど。

【原田】でもその開発に参加したことで世の中一般にはこうやってるんだなということもわかったし、例えばIBMに行って、IBMに就職して、そこで何とかというソフトウェアの開発プロジェクトに参加すれば学べるようなことですけど、そこに行かなくてもああいう企業の中ではこういうスタイルでやってるんだなあということがわかったりとか、普段の仕事では使わないけれども、そこで必要になったから新しいツールを使い始めたりして、その中でうちの社内で使えるものは取り込んできたし。

【原田】おかげでようやく最近まともな開発体制になりつつありますけどw。

【加藤】 ナイスCTOじゃん。

【原田】何とか研修とか、何とかセミナー通うよりも、実践ですからね。

【加藤】 同時に2社に入社しているようなものだよね、ある意味ね。もっと自由なんだろうけど。今コントリビュータレベルで日本人でPostgreSQLに参与している人って結構いるの?

【原田】そうですね。PostgreSQLは結構日本人活発にやっていて。

【加藤】 そういう人たちと会ったりするの?

【原田】はい、よく会いますよ。それの繋がりで今年からうちに来てもらうようになった人とかもいるんで。すごい狭いコミュニティですからね、世界でも何十人しかいないんで。その中で日本人って言ったら数えるほどしかいないんですけど、自分が面白いと思っているネタで、話ができる人って面白いじゃないですか。

【原田】すごい面白い深夜番組があるんだけど、それはいつも自分は欠かさず見てるんだけど、会社に行ってもそれを見ている人は誰もいなくて、だけど知っている人同士でたまに飯食おうよみたいな。

【加藤】 それがたまたまオープンソースだったって言うのは良かったよねえ。

【原田】自分と自分の会社に参加するということで得られたこともあるし、自分が作った機能、実装した機能がなければ去年会社で作ったものもできてなかったろうなということもあるし。

ロールモデルでは踊れない

【加藤】 じゃあ会社の他の奴にやらせてみよう、という意思はない?

【原田】それはないですね。

【加藤】 あくまでも自由意志でやるべきものなのか。

【原田】そういう土壌とかは作りますけど、今自分はこんなことやってるとか、これはこういう風に反映されたとか。それをやれって言ってやってもね。

【加藤】 とは言え若い子には色々やらせたいじゃん。だけど、なかなかこれやれあれやれという時代でもないのかなという感じがするよね。文化を作るとか土壌を作るとか環境を作るとか、原田みたいなポストにいるとやっていかなきゃいけないことだと思うのだけど、その辺はどうしているの?

【原田】マネージメント?

【加藤】 マネージメントというか、原田もマネージメントやりながら、オープンソースやりながら、プロジェクトリーダーやりながら、じゃん。で、後ろをそれにどう付いてこさせるかというのがテーマじゃないかと。俺みたいになれよ、というかロールモデルの時代じゃないから。どうしてったらいんだろうなあと思って。

【原田】マネージメントって言ったのは、僕もなかなか何を手をつけていいのかわからないんですけど、北山大先生の影響を受けてDruckerとか読んだんですけど、いわゆる管理職的なマネージメントじゃなくて、Drucker的なマネージメントというか。企業だけの話じゃないですし。

【加藤】 昨今では野球部のマネージャーなどもw。

【原田】若い人にやる気を出させるとか僕もうまくできてないですけど、さっきあったような、俺についてこい的なことではもうない。時代的にはそういうことじゃなくなってると思います。で、モチベーションがお金ということでもなくなっている。お金の人も勿論いるけど。

【原田】最近実践しているのは、仕事を作って、仕事に価値を与えて、仕事をさせて、それをきちんと評価する、という当たり前と言えば当たり前のこと。精神論ではない、ですね。そいつの能力を見極めて、そいつができる、ないし少し無理しないとできない、くらいのところに仕事をダウンサイズして、これをやるとすごいいいことがあるよというか、これをやってくれると僕はすごい助かるよという意味付けをして、渡すという。

【加藤】 そこ丁寧にやるのって意外と難しいよね。環境は常々変わるしね。

【原田】タイミングとかもスゴイあるので。今日の午前中のその話をしなければいけなかったのに、それが午後になっちゃったらその仕事与えても意味がなくなっちゃう、という。そういう意味ではオープンソースに参加して欲しいと思ったら、そういうステップを作ることは本当はやった方がいいような気がする。

【原田】会社全体をよくするためにとか、自分の周りの環境をもっと良くするために、ある程度自分の意思で方向付けたいんであれば、それはやるべきなんだろうとは思ってるんですけど。基本的なオープンソースの精神としては、やりたいやつがやれよ、なんで。鶏が先か、卵が先かですけどね。きっかけがあって自発性が生まれるのか、自発性があるからきっかけが見つかるのか。

【加藤】 しかし28にしては色々体験しちゃったよね!

【原田】そうですね、まだまだまだまだ、ですけど。

【加藤】 インタビュー的にはこれで大丈夫そうですが、話たりないこととかありませんか?

例外に寛容であること

【原田】全然関係ない話なんですけど、「九本指と日本社会について」。

【加藤】 え!それはどういうことなの?原田バイク事故で指怪我しちゃったもんね。

【原田】どういうことかというと、色々あるんですけど、やっぱり死にかけた人は強いなと。死にかけた人が日本にはメキメキ減ってる。あと、九本指に対する寛容度が低い。一番思うのは死に対して寛容度がすごい低いということを感じます。

【加藤】 死に対して寛容度が低いってどういうこと?

【原田】人は死んではいけない、って皆思ってるじゃないですか。例えば救急車受け入れを拒否したから、病院の人たちは悪くて、そんなことあってはならない!という。基本人は死ぬわけじゃないですか。死んだ人を更に取り上げて報道したりする風潮とかもあって。

【加藤】 しょうがないことのはずなのに、それによって更に糾弾されている人がいる。

【原田】そこにすごいヒステリックになるじゃないですか、一般市民が。それは死に対してもそうだし、例えば事故で体の一部を失った人に対しても、社会がそれを隠蔽しようとするんですよ。

【原田】昔インドにいたことがあるんですけど、東京の丸の内みたいなところで、手足のない人が路上にいて、お金を恵んでもらおうとすがってきて、スーツを着てビシっとしたインド人が恵みを与えたりするわけじゃないですか。そういう人もいて当たり前、どう対処しなきゃいけないかもわかっている。

【原田】僕も今の会社入って5年くらい経ちますけど、指のこと一回も誰からも聞かれたことないです。気づいてないはずはないんだけど。

【加藤】 気を遣ってるってこと。

【原田】触れないようにしてる。触れればいいじゃん、って思うんですけど。それは触れればいいじゃんっていうただの主張ではなくて、それが僕の中では死に対する寛容度に近しい。異質なものに対する許容量がどんどん減っていってる感じがします。

【原田】ある意味社会がソフィスティケーテッドされているってことなんですけど、そこから外れたものに対して、すごい何もない。国民総背番号制ってあるじゃないですか。ソーシャルセキュリティナンバー。あれやっていいと思うんですけど、なんだろ、日本人ではないけど、日本人であるべきだった人、とか例外として出て来るじゃないですか。全くそういうことに言及できないような仕組みになっちゃうんじゃないか、という危惧はあります。

【原田】異質なものを取り込んだりとか、例外を処理する力がない。例外を楽しむ。なのでリスクが取れないというか、例外が起きた時に、今の俺なら大丈夫という自信を持てる奴がもっといないと。

【加藤】 相変わらず、言うことがたくましい。でもそれって望むべくして体験できるものじゃないってところが難しくない?そういうことの経験が継承されるような仕組みを作らなきゃいけなかったんだけど、きれい好きなシステムになっちゃった。

【原田】潔癖症。でも、そういうのってチャレンジすれば、失敗してドロップアウトもするんですよ。事故とか病気とか望むべくして受けるべきではないし、運命でたまたまそうなるわけですけど、それは完全にランダムかっていうと、そうじゃない。

【原田】頑張って働いた結果、病気になるとか。そこに向かおうとした結果、ドロップアウトするんですけど、まずそこに向かおうという気が今の若い人にないなあと思って。

【加藤】 それは良いメッセージだね。失敗は一番勉強だからね。大きな失敗をしないためにはどうすればいいかっていう教育制度だったり、学歴社会だったりするから、チャレンジする対象が世の中にいっぱいあるといいんだろうね。

【原田】どうですかね。どこから手をつけていいかわからないですけど、僕が思った一つの切り口というのは、九本指に対しておまえらもうちょっとツッコミを入れろ、みたいな。

【原田】なんかよくチャレンジできる土壌をとか、セーフティネットの整備がとか、政策的なぼんやりとした話が多いじゃないですか。具体的にどうしたらいいかわかんないですけど、端的な例としてはそういうところもあるんじゃないかなと。

【原田】そういう意味で僕自身がパブリックにどんどん出て行くというのは、大事なんじゃないかなと最近思ってます。自分と同じ人間なんだなあ、という人が、実はちょっと違う。そういう人がちゃんと社会でも活躍しているというのをもっと多くの人が知っていたほうがいいと思うので、そこに大しての使命感みたいなのは、実はある。ないようである。

原田 均。2002年。19歳、大学2年からフォルシアのインターンとして3年間在籍。慶應義塾大学 総合政策学部卒業後、営業職にて他社で1年勤務した後に2006年フォルシアへ入社し、数々のシステムを開発。

2009年5月、26歳で取締役技術部長に就任。

フォルシアの検索システムSpook®に不可欠なPostgresSQL8.4にウィンドウ関数を実装するなどオープンソースでも活動し、講演等も経験。また、エンジニア同士のワークショップに参加する等、積極的に情報交換の場に出向きネットワークを拡大中。フォルシアのエンジニアの統括、及びフォルシアの技術面での方向性を決断しています。

フォルシア株式会社

2016.08.28
渡邊 享子
「トントンカラリと回すサイクル」

石巻に出かけるようになって、何人もの若ものと知り合って来ました。そのうちの一人が渡邊享子さん。震災直後からゼミ生として石巻に入って、この5年間、石巻に住み、石巻に根ざして、街のことに取り組んで来た一人です。 これまでにユ […]

2016.08.23
モリジュンヤ
「広義の編集、狭義の編集」

その存在は意識していた、って書くとなんか大袈裟だけれど、フリーランスとして仕事しつつ、気になっていた人の一人がモリジュンヤ君でした。とても筋の良い仕事をする人だなと思って眺めていた。 そんなジュンヤ君と昨年末少ししっかり […]

2016.08.18
鵜川 洋明
「水、流るるを、樂しむ」

僕も関わる児童養護施設を退所する若もののための奨学金支援プログラム、カナエールでトレーニングチームのリーダーをしているのが、うーさんこと鵜川洋明さんです。カナエルンジャー(奨学生)とエンパワチーム(社会人ボランティア)が […]

2016.01.15
太田 サヤカ
「問うデザイン、問われるデザイン」

以前、ET Luv.Lab.で取材させていただいた、イトナブの古山さんから、僕や仲間内のデザイナーのところを1日ずつ、新入社員を武者修行して回らせたいというご相談をいただいたのが2年前の春のこと。トランク片手に仙台から東 […]

2015.08.07
井口 拓磨
「聴こえてくる音楽、その風景」

水族館の音楽のデザイン、そんな少し変わった仕事をしている人を、以前中華街で紹介してもらいました。僕はそこでサウンドスケープ、という言葉を初めて教えてもらいました。音のランドスケープ?、なかなか難しそう。 僕は楽器がからき […]

2015.06.22
葛原 信太郎
「編集が生むのは、活力」

「あれ、Twitterが似顔絵のアイコンの人ですよね?」久し振りに言われたなと思いました。 仕事仲間の鎌倉オフィスのオープニングパーティで知り合った葛原信太郎君は、アースガーデンというメディアの編集長。ただ、日本の「揺れ […]

2015.05.26
小高 朋子
「作り手の担い手」

「仕事の相談があるのですがー」、久し振りにご連絡いただいた小高朋子さん。Facebookで全国津々浦々飛び回っているのは拝見していて、いずれまたお話したい人の一人でした。じっくり腰を据えて話すのは、実は今回の取材がほぼ初 […]

2015.05.17
網谷 勇気
「カミングアウトが拓くもの」

実行委員として関わっている児童養護施設からの進学を応援する奨学金支援プログラム、カナエールで一緒に仕事することになったのが、網谷勇気さんでした。プロジェクト内では皆ニックネームなので、今回の取材でも「あーみー」と呼んでい […]

2014.03.20
中村 優
「旅するレシピ」

中村優さんと出会ったのは、クライアントのレストランでのディナー・パーティの時でした。隣の席にたまたま座っていた優さんとは当然初対面で、ただ、なんか美味しそうに美味しそうなものの話する人だなあと思っていて、でもお互いあんま […]

2014.01.01
山本 浩司
「歴史家が紐解くプロジェクト・デザインいまむかし」

浩司君がTEDに出る。そんな話を聞いたのは2年前のことですか。イギリスで歴史家として産業革命時代の経済や商業の歴史を研究する山本さんとは、頻繁には会わずとも、たまに飯を食いながら意見交換する仲です。歴史家という響きとは裏 […]

2013.12.24
岡崎 研太郎
「アートがもたらす医療現場へのエンパワーメント」

あれは今から数年前のこと。クライアントのご親族にお医者様がおられて、僕に仕事の相談があるとおっしゃる。お医者様からの仕事というので、病院か、学会か、と思いきや、ご相談されたのは「糖尿病劇場」という何ともユニークなプロジェ […]

2013.11.03
村上 玲子
「人、そこに在る暮らし、そこを巡るは旅人」

村上玲子さんは、お世話になっている方が開いた懇親会でお話しする機会があって、ただ、ソーシャル・メディアでは繋がりつつも、以降お会いする機会はなく。なんですが、僕があっち行ってると、翌日くらいから玲子さんがそこにいるのをソ […]

2013.10.10
茂木 隆宏
「横浜の創造力の舳先に」

横浜在住で自宅勤務であるにもかかわらず、これまで横浜で仕事したのは片手で数えられるほど。ちょうど、この1年くらい、少し横浜で何か行われているのか、ということに興味を持ってから、よく耳にしていた名前が「ノガン」という会社で […]

2013.05.20
越水 大輔
「ローカルにコミットする躍動感」

越水大輔さんはフリーランスのWEBデザイナーで、福岡に1年。僕とはちょうど1年ほど前に、ETのWEB経由でお声がけいただき、一度だけ横浜の喫茶店でお話しをしました。彼はその後、福岡に移り住み、僕もちょうど色々な場所と仕事 […]

2013.04.01
古山 隆幸
「復興のカリキュラム」

古山隆幸さんとは年次がほぼ一緒で、学生時代からWEBの仕事をしていたことも共通で、昨夏、石巻2.0の小泉瑛一君に紹介してもらって以来、UX X Talkというハングアウトイベントを石巻工業高校の生徒さん向けに企画したり、 […]

2013.03.27
礒貝 日月
「出版ボン・ボヤージュ」

大学のラグビーの後輩に、「加藤さんに、そいつだけは紹介したい、という人間がいるんです」と言われていて、そういうことをその後輩が言うのも珍しいので、ドキドキしながら丸の内に出かけたのが昨年の秋。礒貝日月君とはそれ以来、同じ […]

2013.03.20
東 宏樹
「揺れやすさ、というファクト」

昨年末出かけたTEDxKeioSFCで、ちょっと懐かしい顔と再会しました。東君は大学の後輩なんですが、例によって社会人になってからの知り合い。鎌倉でこんなことをやってみたい、みたいな話を酒飲みながら聞かせてもらったりして […]

2013.01.29
舟越 奈都子
「アートへのホスピタリティ」

僕が9月に石巻に行ったのは一時画伯というプロジェクトのワークショップのサポートスタッフとしてでした。実は一時画伯に関しては僕はそもそもWEB制作を仕事として請けていて、そういう意味では外部からお手伝いする立場だったのです […]

2013.01.11
植村 百合香
「踏み入って、踏み留まって、踏み進める」

「ちっちゃい怪獣連れて行くね」、そう言われてブリッジフォースマイルというNPOに勤めている友達に紹介されたのが、植村百合香さんでした。初対面の時は別に彼女のプロジェクトの詳細を聞くわけでもなく、ただなんとなくこの子、大物 […]

2012.11.27
坂田 一倫
「Non-Designer UXer」

高校と大学のラグビーの後輩にあたる坂田一倫君。学生の頃からデザインが好きだったようで、ただ、僕とはちょっと違う志向性だったようで。彼の口から、徐々にUXという言葉を聞くようになって、気がつけば、UXの専門家として仕事をす […]

2012.11.18
小野 梨奈
「働き方の未来予想図」

ナンパされたシリーズ。今年に入って、Twitterで仕事のお声がけいただいたのが、フリーランス、Webプロデューサーの小野梨奈さん。とは言え、何となく僕も存じ上げていて、お話したところ、共通の友人の話にもなり、行けそうだ […]

2012.10.04
北見 友和
「続けることを繋げる、繋げることを続ける」

10年前から上永谷にあったレゲエバー、CRISE。歩いて30分ほどの所に住んでいたのに、僕が知ったのはつい昨年のこと。そこのカウンター越しに知り合ったのが、北見友和さんでした。日本料理を銀座で修行し、数千人規模の屋外ライ […]

2012.09.21
山本 泰広
「笑うPMには福来る」

先日、「僕のチームの後輩に酒飲みながら話してもらえませんか?」という、ちょっと風変わりなオファーをくださったのは、ネットサービス企業でプロジェクト・マネージャーをしている山本泰広さん。同じ横浜市民ということもあり、飲みの […]

2012.09.15
marico
「モノを作る、場を作る、時間を作る」

男ですし、そんなにアクセサリーとかは持ってないのですが、maricoさんにオーダーしたグラスループは今も愛用しています。maricoさんとは友人に紹介された社会人サークルみたいなところで知り合って、だから5年ほど前でしょ […]

2012.07.01
中村 こども
「楽しかったら重くないんだ」

「すいません、ピントが合ってませんでした。。。」そんなET Luv.Lab.始まって以来の大失態を犯してしまったのが、今回の中村こどもさんへの取材です。実は僕は中村さんにレンズを一本お借りしていて、だから、そのレンズを借 […]

2012.04.14
黒田 和宏
「企業と個人を結ぶもの」

まだ僕が学生時代にデザイン会社の仕事をパートタイムのスタッフとして手伝っていた頃のこと(別に出社とかなかったけど)。その僕を手伝ってくれていたのが同じSFCに在籍していた1年下の黒田和宏君でした。そこでの仕事が終わって、 […]

2012.03.29
景山 泰考
「ロジックを調律する男」

「やーまん」「やーまん」「やーまん」と本当に知り合ったその日からべったりお世話になっているのが景山君こと、「やーまん」です。お互い何かを説明する時に、いきなり結論を持ち出してもきちんとコミュニケーションが取れる、という意 […]

2012.03.26
浜本 階生
「ソーシャルグラフとアルゴリズムが導く行方」

Blogopolisを知っていますか。10人に見せると10人が「スゲー!」という、僕の経験の中でも類まれなサービスです。それを作っている個人と知り合える!と聞いて、お邪魔した用賀エンジニア焼肉会が浜本さんとの出会いでした […]

2012.03.08
小泉 瑛一
「On the frontline」

小泉君と僕の関係性を説明するに、横浜の飲み仲間です、以上の説明がないのですが、彼が横浜国立大学の建築学生の時に、ひょんなことから知り合って、せっかく地元の若者なので、色々な会に連れて行って、なんか面白いことになればいいな […]

2012.02.21
大嶋 英幹 / 水口 一
「デザインに人の温かみが降りてゆく」

僕が鎌倉でお世話になっている代理人の方が「面白い人達に会いましたよ」とある日おっしゃった。あの時「じゃあ、紹介してください」、その一言が言えなかったら、きっと僕が「はせのわ」に携わることはなかったでしょう。 鎌倉にあるツ […]

2011.11.12
畠山 千春
「見えやすくする、触れやすくする、慈しみやすくする」

僕をして、エコ、という言葉を誰も想起し得ないと思いますが、随分前に、green drinks Tokyoというパーティにうかがった際にご紹介いただいたのが、当時グリーンズでインターン中の畠山さんでした。ちょうど就職活動の […]

2011.10.21
松村 太郎
「その境界を超えてゆけ」

2007年3月、kosukekato.comの読者から一通のメールが届きました。「ブログでナンパした」「ブログでナンパされた」という話は、どこかしこでしている話ではあるのですが、実は中学と大学の後輩であった松村太郎君と知 […]

2011.06.14
徳本 昌大
「コミュニケーションの今」

僕がいつもと少し毛色の違うプロジェクトにアサインしていただいた時に、そのプロジェクトでお世話になったのが、「ソーシャルおじさん」こと徳本昌大さんでした。お仕事の合間にET Luv.Lab.のことをお話ししましたところ、快 […]

2011.04.12
すわ だいすけ
「Still Together」

3月11日、地震がありました。今も余震や原発事故など、予断は許さない状況ではあると思います。いつまでも休眠させずに、ET Luv.Lab.も動かしたい、でも地震の後に、その話を避けて通らず、でもET Luv.Lab.らし […]

2011.03.04
迫田 大地
「人と情報のパッシング・ポイント」

WEBデザイナーの迫田大地さんと付き合いだしたのは遂最近。実はこういう仕事をしている癖にWEBデザイナーの知り合いってとても少ないんです。しかし話してみると、同じ80年生まれということもあり、WEBの入り口から、仕事に転 […]

2011.02.19
丸岡 和人
「次代の起業家精神を描く」

丸岡和人君とは、今は無き、「用賀エンジニア焼肉」で何回かご一緒して以来のご縁です。何となくお互いの仕事を知ってはいたし、出身校も一緒だったので、シンパシーは感じていましたけど、よくよく考えれば今回の取材が2人で仕事につい […]

2010.12.09
小島 希世子
「火の国の女、肥の国の母」

小島希世子さんとは大学時代の親友で、ともすれば悪友で、お酒を飲みながら20歳前後に議論を交わした朋友です。農業の世界を生業にする数少ない友人で、僕もいつも勉強させてもらってます。 2年前の法人設立の際には、僕もCIやWE […]

2010.11.11
原田 均
「社会にコミットするエンジニア」

グラウンドの仲間シリーズ、原田均君は28歳にして既に検索プラットフォームを手掛けるネット企業のCTOで、この夏、僕も会社のWEBサイトを手伝わせてもらいました。原田君の世界を放浪した話、などもかなり面白いのですが、今回は […]

2010.10.07
津下本 耕太郎
「関係性の仕掛け人」

津下本耕太郎さんは数年前に共通の客先でお知り合いになって、なかなか興味分野がかぶっていることもあり、同年代ということもあり、気が付けば意気投合していたという、ビジネスとも言い切れない、プライベートとも言い切れない不思議な […]

2010.09.25
三橋 ゆか里
「I am a TechDoll.」

後輩が独立したと聞き、会ってみたのが半年前。それからあれよあれよという間に活躍されているのがウェブディレクターでライターの三橋ゆか里さんです。先日もYahoo!ニュースに三橋さんが書いた記事が載っていたらしく、一緒に飲ん […]

2010.07.01
須藤 優
「面白い人を拡張する」

形式は違えど、JunkStageというのは、ET Luv.Lab.の良い見本なのだと思うんです。56名のライターを抱え、コラムサイトを運営しつつ、フリーペーパーを出したり、イベントをしたり、新しいサービスも始まるようです […]

2010.06.04
松下 弓月
「非日常性への回路」

「今日はお坊さんと食事に行きます」なんて友人に言うとびっくりされるのですが、松下弓月さんは平塚宝善院の副住職であり、超宗派仏教徒によるインターネット寺院、彼岸寺のメンバーでもあり、最近ではUstreamなどでも積極的にイ […]

2010.05.15
福山 泰史
「アマプロ混在の時代に思うこと」

同世代で自分よりフリーランサー歴が長い人、と言うと、実はそんなに多くはなかったりするのですが、音楽プロデューサーの福山泰史君は僕より2つ年下。 20歳の時に独立し、それから9年もの間、フリーの音楽プロデューサーとして業界 […]

2010.03.09
児玉 哲彦
「アーキテクチャからデザインする」

児玉哲彦さんとは母校のOpen Research Forumというイベントでゲリラトークセッションに飛び入り参加させていただいた時に知り合いました。それから何度かゆっくりお話をする機会が持て、僕はビジネス寄り、児玉さんは […]

2010.02.25
神谷 真人
「芝居と生きる、芝居を生きる」

3年B組16番加藤康祐、3年B組17番神谷真士。中学のクラスメイトで、出席番号が並びだった神谷君と再会したのは社会人になってからでした。話を聞いてビックリ。「脱サラして舞台俳優をしている」とおっしゃる。ある意味、僕とはフ […]

2010.02.23
野口 尚子
「余白を埋める、余白を作る」

各所で話題の僕の似顔絵入り名刺ですが、実は印刷の余白Lab.の野口尚子さんにコーディネートをお願いしたもので、ブラックメタリックの箔押しにグレーのラメ入りの紙がお気に入りで愛用させてもらっています。独立前に知り合いました […]

2010.02.09
小林 朋子
「Twitter文化はサロン文化」

サヴォアール・ヴィーヴルって言葉、初めて耳にする方も多いのではないかと思います。鎌倉でサヴォアール・ヴィーヴルサロン、ロザリウムを主宰されている小林朋子さんは、ETの古くからのお客様で、ご家族の皆様にもいつもお世話になっ […]

2010.02.05
北山 朝也
「エンジニアリングと幸せの定義」

ET Luv.Lab.記念すべき第一回目ゲストはエンジニアの北山朝也君です。北山君とはグラウンドで一緒に汗を流した仲でもあり、社会人になってからも折々で酒を酌み交わしがてら話をしあう親友です。北山君とは付き合いが長いです […]

2010.01.27
加藤 康祐
「人がメディアになる時代」

ブランディングの仕事をしていると、結局最終的にはブランドの価値がいかにして、「人」に反映されるか、ということに勘所があるように思います。何か同じようなことが、スゴイ勢いで情報の世界にも起こっているな、ということを下記の文 […]