丸岡 和人

2011.02.19

「次代の起業家精神を描く」

丸岡 和人 - 株式会社レベリオ・テクノロジーズ / 代表取締役社長

丸岡和人君とは、今は無き、「用賀エンジニア焼肉」で何回かご一緒して以来のご縁です。何となくお互いの仕事を知ってはいたし、出身校も一緒だったので、シンパシーは感じていましたけど、よくよく考えれば今回の取材が2人で仕事について語らうのは初めてでした。

ちょうど独立してからの時間も、仕事の仕方も共通項が多くうなずくこと仕切りだった一方で、丸岡君には確たる「経営者としての視点」があり、そこは自分にはないところで、とても新鮮でした。半ば無理矢理時節ネタも織り込みつつ、スマートフォン時代をひた走る若手経営者に存分に語っていただきました。

ある日、エンジニアは営業に出た

【加藤】 丸岡君が会社作ったのって大学生の時?

【丸岡】大学卒業するかしないかという時ですね。

【加藤】 それは就活するかしないかみたいなタイミングと重なってたわけ?

【丸岡】いや、就活は皆完全に終わっていて、でも僕はその当時既にアルバイトみたいな形でシステム開発をずっとやっていたので、その延長でお客さんもついたので独立します、というのが最初です。

【加藤】 中学生とか高校生の時から会社作りたいみたいなことはあったの?

【丸岡】大学入る前に会社作れたら面白いなみたいなことは思ってましたね。まあまさか本当にやるとは思っていなかったですけど。

【加藤】 会社を作りたいというのがあったわけではなくて、仕事やってて仕事自分で回せるなとなって。

【丸岡】まあ、両方と言えば両方ですけど。

【加藤】 その当時は何をやっていたの?

【丸岡】WEBの作成とか、検索エンジンの研究をしつつ、ブログの検索のシステム作ってたんですよね。それを企業に納品したりとか、そういったことをやっていました。

【加藤】 自社サービスとしてブログのエンジンを作ってたようなイメージ?

【丸岡】そうですね、それを目指してやっていたというところですね。それの兼ね合いでクライアントがいたので、活用してもらったり。今ではもうそれは全然使ってないですけど。

【加藤】 そういうのって丸岡君が開発して、丸岡君が営業回ってたの?

【丸岡】そうですね、基本的には。

【加藤】 大学生でシステム屋さんで働いてたときには、開発側でしょう?自分の会社になったタイミングで営業的なことを始めたってこと?

【丸岡】そうですね、営業をしだしたという感じですね。

【加藤】 それは大きなチェンジだよね。

【丸岡】そうですね、だから全然わからなかったですね。見積書ってどうやって出すんだろうみたいな。

【加藤】 そういうのは誰か教えてくれる人いたの?

【丸岡】その当時、先輩と色々やったんですけど、その先輩から色々教えてもらったりはしました。先輩は起業経験があった人ですね。

【加藤】 それからずっとレベリオという名前でやってるわけだよね?

【丸岡】そうですね、もう5年くらい経ちますね。基本的には僕とアルバイトの人数名みたいな感じでやってましたね。今から思えばもう少し仲間を集めてからやるべきだったなとか思いますけど。

【加藤】 ああそう!でも無理に大きくしなかったから続いてるということもあるんではないの?

【丸岡】それは勿論そうですね。最低でももう一人いたほうが良かったのかなとは思います。

【加藤】 それは結構負担が大きくなってしまうから?

【丸岡】そうですね、分散できるので色々と。あと二者の視点と一人の視点だとやはり客観性が違うので方向性とか考えるのにもいいのかなと思いますけど。

【加藤】 どうですか、割と一人でも仕事できるタイプ?それとも、皆とやってるほうが楽しいと思うタイプ?

【丸岡】一人でやっているタイプ、ですかね。どちらかというと。

【加藤】 じゃあ、仕事のやり方というよりは、仕事のあるべき姿としてもう一人いた方が良かったんじゃないかと。

【丸岡】基本的には僕一人でやってるんですけど、生産性をあげるとか、チームワークでやった方が、効率みたいなものが上がるんじゃないかと思っていて、個人で受ける限界って総量としてあるので、その総量をあげるためには複数人のチームでやっていかないと、厳しいんじゃないのかなと感じます。

【加藤】 前に聞いた話だと、割と在宅のスタッフの人達と分業体制なんだよね。

【丸岡】そうです。今現状ももう一人いるんですけど、サイトの運営を専任でやってもらっているんですね。僕は主にシステム開発の仕事をやっているって形で、僕の知り合いの在宅の人にシステムの仕事を振ったりはしてます。

【加藤】 そういうのって同じオフィスにいなくても回せるものなの?

【丸岡】そこは僕も色々思うところがあるんですけど、一緒の場所にいたほうがじつはいいんじゃないかなと、結講思ってますね最近。インターネット普及してきて、クラウドとかも充実してるじゃないですか。在宅で、最近はノマドとか、昔はSOHOとかありましたけど、その働き方はその働き方で凄く良くて、固定費かからないですし、人件費もかからないわけじゃないですか、必要ない時には使わなければいいので。

【丸岡】そう言った意味ではメリットあるんですけど、コミュニケーションを密に取らなければ出来ない仕事がやはりあって、特にシステムの開発とかはそういう側面が強いので。

【加藤】 そうだよね、ちょっと仕様間違えると、全然違うもの出来ちゃうものね。

【丸岡】今iPhoneアプリとかAndroidアプリとかいっぱい作ってますけど、一人で出来る分量のアプリだったら在宅の方に任せても良いと思うんですね。ただ、大規模なものになってくると、そうもいかないなという感じですね。

【加藤】 一つの仕事を分解するようなプロジェクトだと、やっぱりその場にいたほうがいいんじゃないかと。

【丸岡】ということですね。

スマートフォン時代を見据えて

【加藤】 iPhoneとかAndroidの開発はいつ頃から始めたの?

【丸岡】2~3年前くらいですね。

【加藤】 じゃあ、App Store出てきましたくらいの時?

【丸岡】そうですね、App Storeが出てきて、これからApp Storeどうなるんだろうって皆が言っている時。一陣目の人はかなり早くやってたと思うんですけど、第二陣目くらいのタイミングですね。

【加藤】 それはどういうモチベーションで入っていったの?

【丸岡】その当時WEBの開発をしてましたけど、どう考えてもスマートフォンに流れていくだろうなと思ったんですよ。スマートフォンになるんだったら何があるのかなと考えた時に、アプリとか作れるようになっておかないといけないな、と思って始めたというのがありますね。

【丸岡】今でこそサイトのスマートフォン対応なんかの仕事もありますけど、その当時は全然そういうものはなくて、スマートフォンと言えば、開発するんだったらアプリでしょみたいな感じだったので、アプリを作る方法を勉強しました。

【加藤】 最初、どういう風に自分の会社の商売にできるのか、というところからわからないよね。

【丸岡】わからないですよね。最初はゲームでも作ってみれば売れるだろう、みたいな算段で作ったんですけど、やはり全然売れないですね。でもあのゲーム一本作ったことで随分色々勉強になったことはありますよね。開発のスキルという意味でもそうですし、今後の事業展開という意味でもそうだし。

【加藤】 その後は自社アプリというよりは割と受託?

【丸岡】そうですね、受託に切り替えて。

【加藤】 それは既存のお客さんにもそういう提案ができたの?

【丸岡】ゲームを作った直後は、既存のお客さんはスマートフォンにも興味がなかったですし、ニーズが全然なかった時なので、既存のお客さんづてでの仕事はなかったですよね。だから新規で開拓するとか、先輩のiPhoneアプリ開発する会社の仕事をやったりとかしてました。

【加藤】 今割合的にはスマートフォンアプリがすごい多い?

【丸岡】もう100%ですね。スマートフォン向けの案件。それはサイトのスマートフォン対応かもしれませんし、iPhoneアプリかも知れないですし、Androidアプリかも知れないですけど、全部スマートフォン関連ですね。

【加藤】 じゃあ会社の事業領域は、隣同士かも知れないけど、WEBからスマートフォンに切り替えた感じだ。

【丸岡】そうですね、切り替わってしまったという感じですね、図らずしも。

【加藤】 Android日本で行きますよという感じじゃないですか、そうするとやっぱり最近はAndroid系の仕事も多くなってきているの?

【丸岡】ありますね、あとAndroidアプリ作成の講師もやっています。

【加藤】 さっきの話に少しもどるんだけど、丸岡君て会社を大きくしたい?

【丸岡】大きくはしたいと思います。

【加藤】 そうすると今の文脈で行くとスマートフォンで大きくしたい?

【丸岡】今はスマートフォンですね。ただこの先どうなっていくかというのは、まだわからないですよね。5年前にスマートフォンがこうなっているとは到底想定できなかったので、スマートフォンが普及しきるのに後3、4年かかると思うんですけど、そのタイミングで多分次の芽が出てると思うので、その芽に対してまたいち早くとりかからないといけないなと思います。

【加藤】 脱皮しないといけないんだ。

【丸岡】常に脱皮をw。5年周期くらいで。トレンドがそれくらいで変わりますよね、IT業界とかって。

【加藤】 面白いよね、僕は割と幅を広げようとしちゃうのだけれども、切り替えたというのが凄いなあと。選択と集中じゃん。

【丸岡】そうですね。人も少ないので、切り替えざるを得なかったというのもあるんですけどね。

【加藤】 そうすると戦場も変わったらお客さんも変わった感じ?

【丸岡】変わりますね。ただ今のタイミングで昔のクライアントがスマートフォンやりたいみたいな相談はあります。

【加藤】 そうなんだ続いてるんだ、それはいいことだね。

【丸岡】昔のクライアントさんはスマートフォンのこと全然わからないので、アドバイスしたりとかしています。

ザッカーバーグに何を思う

【加藤】 時にさ、全然話し違うんだけど、今日聞いてみたいなと思っていたんだけど、「ザッカーバーグ」をどう思う?

【丸岡】ザッカーバーグですかw!

【加藤】 わかんないんだけど、僕は周囲でFacebookがスゴイとか、ザッカーバーグがスゴイとか、ソーシャルネットワークがスゴイとか、どう受け入れていいのかわからなくてその現象を。例えば僕が独立する前にはホリエモンがスゴイとかあって、別にFacebookがそうなるとかどうなるとか思ってないんだけど、うちの業界でも一定の周期で桧舞台に立つ人って出て来るじゃない。そういう人と自分の距離感というのをどういう風に見てるのかなあというのが気になって。

【丸岡】アメリカと日本の違いはあると思うんですけど、アメリカは結構ヒーローを作りたがるので、担ぐじゃないですか、皆で。

【加藤】 見事に担いだ感じだよね。

【丸岡】僕も映画観たんですけど、ザッカーバーグ自体もエンジニアって描かれ方してましたけど、実際どこまでそうなのかというのもわからないですし、あれはアメリカの現象だと。日本ではああいう感じでは起こり得ないとは思います。

【丸岡】だから僕はあれは隣の世界の話で、遠い世界の出来事だと思ってます。

【加藤】 それは逆に言うと日本では起こるべきだと思う?

【丸岡】わからないですけど、日本もだいぶ今変わってきているなという実感が結構あるんですよね。人口が減って、留学生をどんどん雇って新卒が厳しいとか、年金がまずいことになっているとか、日本がやばくなってるというのは感じてるんですね。やばくなると変わらざるをえないので、そう言った意味でも変わってきているんじゃないかと思います。

【丸岡】その時にヒーローが必要であれば、勝手に作られるんじゃないかと思うので、それはその時なんじゃないかなと思いますけど。

【加藤】 僕も結構賛成で、日本社会全体の面倒をみますって人は、そういう人でてこないとは思うんだけど、それに自分がなりたいなとは全く思わなくて、自分がどこからどこまで面倒みたいか、って話だと思うんだよね。

【丸岡】僕も独立した時はシリコンバレーとか華やかな世界に憧れるわけですよ、この業界にいるからには。でも日本で5年くらいやってきて、大分様子が違うと。向こうから聞こえてくる話と、こっちで実際に起こっている話は。

【丸岡】なので、日本でやるのなら日本なりのやり方をして、成功しなければいけないんだろうなと思います。だから、Facebookの話は向こうの環境だから起きる現象であって、日本の環境では日本に適したやり方でやらないと駄目だと。

【加藤】 でも色々やばいから、日本のやり方ってなんだろうという疑問符はそれはそれであるよね。

【丸岡】まあそうですね。それも変わってきてますね徐々に。

【加藤】 まあ真面目に働くしかないんじゃないかと。

【丸岡】それはもう本当に重要なポイントですね。

【加藤】 後輩に対してどう接している?起業したいとか、IT系就職したいという後輩がいたとして、今どういう風な話の仕方している?

【丸岡】あんまり煽るのも良くないと思ってるんですけど。ただ、大企業に就職しても多分この先厳しいよね、という話はします。国内の需要が落ち込んでいるので、今の大企業は今の形を維持できないはずで、輸出企業とかだったらまだ良いですけど、厳しいからそこはちょっと考えないといけないと。

【加藤】 皆が皆、思い通りの就職ができる時代ではなくてなってきているわけじゃない。そういう中で小さなパッケージでも仕事ができる人を増やさないといかんのかなあと思っていて、でもどうやったら増やせるのかなと。

【丸岡】でも僕個人で商売できる環境は今すごい整っていると思っていて、特にネットのお陰で。例えばプログラムできる人はプログラム書けば良いと思うんですよね。それはそれでひとつの仕事になると思うので。それが嫌な人、もしくはできない人は、モノとか売れば良いと思うんです。今ECとかもあるわけで、簡単に作れるじゃないですか。そういう事すれば良いと思うんですけど。

【丸岡】モノも商材が良くわからない人は、サービス。例えば何かを教えるとか、何かを手伝うとか、そういうことで商売になると思うんですよね。そういうことはできるとおもうんですけど、ただ僕の経験上、自分の家が自営業だとそういう発想にはなりやすいと思います。サラリーマンの親御さんだと、なかなかそういうことを思いつかないというか。

【加藤】 そういう選択肢があることを認知してないという。

【丸岡】認知してない、もしくは、やり方が分からないみたいなパターンが多分にあるんじゃないかと。

【加藤】 ちなみに丸岡君の家は?

【丸岡】サラリーマンですね。

【加藤】 うちもです。

【丸岡】ははは。だから随分変わった目で見られましたけど、起業する時に。

【丸岡】だから厳しいと思うんですよね。何も知らないで商売とか。そういうセンスがある人はもちろんいるんですけど、そうじゃない人は大変ですよね。

【加藤】 センスは多分丸岡君あったんだろうけど、最初始める時はそういうテンションだよね。

【丸岡】そういうテンションですね。昔のこと思い返すとそうですね。それこそ見積書どうやって出せばいいかわからないとか。

【加藤】 そう考えるとやったもん勝ちなのかも知れないよね。

【丸岡】やったもん勝ちですね。

【丸岡】是非、モノを売るっていう体験をしてみると、感覚が変わるんじゃないかという気がします。それは何でもいいんですけど、文化祭の出店でもいいので、そういうのをやると、ああ商売ってこういうものなんだなという疑似体験ができるだけでも随分違うんじゃないかなって思います。

【加藤】 買う側でだけいるのは、スゴイ損な気がするよね。

【丸岡】作る側というか売る側に立つのは、就職してからなんですよね、皆さん。就職する前にそれを知っておくと、独立してもいいじゃんと思える。

【加藤】 それ面白いね。確かに独立してもいいじゃんと思うためには、売る経験は必要かも知れないね。

【丸岡】アメリカだと小さな子が街角でレモネードを売るとかよく聞くじゃないですか。ああいう教育はむこうの起業家精神を育てる意味でスゴイ意味のある活動なんだろうなと思いますけど。

次なる脱皮

【加藤】 多分、丸岡君個人の役割というのがあって、会社の役割というのがあって、今割と一致している感じだよね。

【丸岡】そうですね。

【加藤】 それっていうのは会社を畳むその日までそうでありたい感じ?

【丸岡】そこもわからないですよね、どうなるかというのは。創業当時はそう思ってましたけど、今やっているメディアサイトが成功するんであれば、ある程度譲歩するというのも可能なのかなとも思います。

【丸岡】それは例えばアメリカ方式ですけど、Googleとかは創業者がいて、Eric Schmidtが経営していたわけじゃないですか、数年間。さっきのFacebookの話じゃないですけど、FacebookもSean Parkerがいて、SeanがFacebookの初代社長だったわけですよね、で、ザッカーバーグは創業者としていた。今はCEOになってるみたいですけど。そんな感じもありと言えばありなのかなと思います。

【加藤】 仮に丸岡君が譲歩してもいいと思えるとしたら、それってどういう目的が出てきた時なのかな。

【丸岡】それも今スマートフォンがかなり盛り上がってるじゃないですか。その波に乗れるのであれば、ってことですよね。それは特にIT系水物なので、特にWebサービスは。その時にそのタイミングでちゃんと資本を投下しないと、もしくはエネルギーを投下しないと、うまくいくものでも、うまくいかなくなっちゃいますよね。なので、それをうまくいかせるためなら、ってことですよね。悩ましいですけど。

【加藤】 今の話は結構聞けたので、将来の話とか聞いていい?

【丸岡】いいですよ、いいっすけど。

【加藤】 5年後、10年後わかんないものね。

【丸岡】変わりますよ!絶対。

【加藤】 わかった!スマートフォン以外で今一番興味があることって何?

【丸岡】物販もしくは教育、ですね。時間があれば、物販も教育もやりたいなと、もしくはやってくれる人がいれば。特に輸出業ですね。プロダクトは作らないで、国内の商品を海外に売るという仕事をやりたい。後は何でもいいんですけど教える仕事。それが今面白いですね。

【加藤】 すごい意外なところを言われた。

【丸岡】そうですか?

【加藤】 スマートフォンていうと、割とトリッキーじゃないけど、専門的なジャンルでしょう。でも物販とか教育ってのは人間の商行為として割と基本的な部分だよね。

【丸岡】そうですね。僕も色々なビジネス見てきて、考えるところはあるんですけど、メディアサイトやっている上で、あんまりメディアサイトって儲からないんですよね、端的に言ってしまうと。で、そこは一つの反省点だったんですけど、ビジネスである以上何かモノを売らないといけない、サービスを売らないといけない、と考えた時に、自分が出来る範囲であれば、物販か教育、その2つかなと思うんですね。勿論、スマートフォンではスマートフォンの業界での目的はありますけど。

【加藤】 ある種、ビジネスの構造としてシンプルなことやりたいってことなのかね。

【丸岡】そうですね。ITがトリッキーになりがちなので。

【加藤】 そういう力勝負の丸岡君も見てみたいね!

【丸岡】力勝負も楽しそうですね。

丸岡 和人

2005年 株式会社レベリオ・テクノロジーズ創業
2008年 慶應義塾大学大学院修士課程卒業
同年 IPAの2008年度上期未踏IT人材発掘・育成事業に「coRockets」の開発で採択

スマートフォンに関する講演・執筆・コンサルティング業務多数

Facebook:http://www.facebook.com/kazuto.maruoka
会社サイト: http://reverio.com

2016.08.28
渡邊 享子
「トントンカラリと回すサイクル」

石巻に出かけるようになって、何人もの若ものと知り合って来ました。そのうちの一人が渡邊享子さん。震災直後からゼミ生として石巻に入って、この5年間、石巻に住み、石巻に根ざして、街のことに取り組んで来た一人です。 これまでにユ […]

2016.08.23
モリジュンヤ
「広義の編集、狭義の編集」

その存在は意識していた、って書くとなんか大袈裟だけれど、フリーランスとして仕事しつつ、気になっていた人の一人がモリジュンヤ君でした。とても筋の良い仕事をする人だなと思って眺めていた。 そんなジュンヤ君と昨年末少ししっかり […]

2016.08.18
鵜川 洋明
「水、流るるを、樂しむ」

僕も関わる児童養護施設を退所する若もののための奨学金支援プログラム、カナエールでトレーニングチームのリーダーをしているのが、うーさんこと鵜川洋明さんです。カナエルンジャー(奨学生)とエンパワチーム(社会人ボランティア)が […]

2016.01.15
太田 サヤカ
「問うデザイン、問われるデザイン」

以前、ET Luv.Lab.で取材させていただいた、イトナブの古山さんから、僕や仲間内のデザイナーのところを1日ずつ、新入社員を武者修行して回らせたいというご相談をいただいたのが2年前の春のこと。トランク片手に仙台から東 […]

2015.08.07
井口 拓磨
「聴こえてくる音楽、その風景」

水族館の音楽のデザイン、そんな少し変わった仕事をしている人を、以前中華街で紹介してもらいました。僕はそこでサウンドスケープ、という言葉を初めて教えてもらいました。音のランドスケープ?、なかなか難しそう。 僕は楽器がからき […]

2015.06.22
葛原 信太郎
「編集が生むのは、活力」

「あれ、Twitterが似顔絵のアイコンの人ですよね?」久し振りに言われたなと思いました。 仕事仲間の鎌倉オフィスのオープニングパーティで知り合った葛原信太郎君は、アースガーデンというメディアの編集長。ただ、日本の「揺れ […]

2015.05.26
小高 朋子
「作り手の担い手」

「仕事の相談があるのですがー」、久し振りにご連絡いただいた小高朋子さん。Facebookで全国津々浦々飛び回っているのは拝見していて、いずれまたお話したい人の一人でした。じっくり腰を据えて話すのは、実は今回の取材がほぼ初 […]

2015.05.17
網谷 勇気
「カミングアウトが拓くもの」

実行委員として関わっている児童養護施設からの進学を応援する奨学金支援プログラム、カナエールで一緒に仕事することになったのが、網谷勇気さんでした。プロジェクト内では皆ニックネームなので、今回の取材でも「あーみー」と呼んでい […]

2014.03.20
中村 優
「旅するレシピ」

中村優さんと出会ったのは、クライアントのレストランでのディナー・パーティの時でした。隣の席にたまたま座っていた優さんとは当然初対面で、ただ、なんか美味しそうに美味しそうなものの話する人だなあと思っていて、でもお互いあんま […]

2014.01.01
山本 浩司
「歴史家が紐解くプロジェクト・デザインいまむかし」

浩司君がTEDに出る。そんな話を聞いたのは2年前のことですか。イギリスで歴史家として産業革命時代の経済や商業の歴史を研究する山本さんとは、頻繁には会わずとも、たまに飯を食いながら意見交換する仲です。歴史家という響きとは裏 […]

2013.12.24
岡崎 研太郎
「アートがもたらす医療現場へのエンパワーメント」

あれは今から数年前のこと。クライアントのご親族にお医者様がおられて、僕に仕事の相談があるとおっしゃる。お医者様からの仕事というので、病院か、学会か、と思いきや、ご相談されたのは「糖尿病劇場」という何ともユニークなプロジェ […]

2013.11.03
村上 玲子
「人、そこに在る暮らし、そこを巡るは旅人」

村上玲子さんは、お世話になっている方が開いた懇親会でお話しする機会があって、ただ、ソーシャル・メディアでは繋がりつつも、以降お会いする機会はなく。なんですが、僕があっち行ってると、翌日くらいから玲子さんがそこにいるのをソ […]

2013.10.10
茂木 隆宏
「横浜の創造力の舳先に」

横浜在住で自宅勤務であるにもかかわらず、これまで横浜で仕事したのは片手で数えられるほど。ちょうど、この1年くらい、少し横浜で何か行われているのか、ということに興味を持ってから、よく耳にしていた名前が「ノガン」という会社で […]

2013.05.20
越水 大輔
「ローカルにコミットする躍動感」

越水大輔さんはフリーランスのWEBデザイナーで、福岡に1年。僕とはちょうど1年ほど前に、ETのWEB経由でお声がけいただき、一度だけ横浜の喫茶店でお話しをしました。彼はその後、福岡に移り住み、僕もちょうど色々な場所と仕事 […]

2013.04.01
古山 隆幸
「復興のカリキュラム」

古山隆幸さんとは年次がほぼ一緒で、学生時代からWEBの仕事をしていたことも共通で、昨夏、石巻2.0の小泉瑛一君に紹介してもらって以来、UX X Talkというハングアウトイベントを石巻工業高校の生徒さん向けに企画したり、 […]

2013.03.27
礒貝 日月
「出版ボン・ボヤージュ」

大学のラグビーの後輩に、「加藤さんに、そいつだけは紹介したい、という人間がいるんです」と言われていて、そういうことをその後輩が言うのも珍しいので、ドキドキしながら丸の内に出かけたのが昨年の秋。礒貝日月君とはそれ以来、同じ […]

2013.03.20
東 宏樹
「揺れやすさ、というファクト」

昨年末出かけたTEDxKeioSFCで、ちょっと懐かしい顔と再会しました。東君は大学の後輩なんですが、例によって社会人になってからの知り合い。鎌倉でこんなことをやってみたい、みたいな話を酒飲みながら聞かせてもらったりして […]

2013.01.29
舟越 奈都子
「アートへのホスピタリティ」

僕が9月に石巻に行ったのは一時画伯というプロジェクトのワークショップのサポートスタッフとしてでした。実は一時画伯に関しては僕はそもそもWEB制作を仕事として請けていて、そういう意味では外部からお手伝いする立場だったのです […]

2013.01.11
植村 百合香
「踏み入って、踏み留まって、踏み進める」

「ちっちゃい怪獣連れて行くね」、そう言われてブリッジフォースマイルというNPOに勤めている友達に紹介されたのが、植村百合香さんでした。初対面の時は別に彼女のプロジェクトの詳細を聞くわけでもなく、ただなんとなくこの子、大物 […]

2012.11.27
坂田 一倫
「Non-Designer UXer」

高校と大学のラグビーの後輩にあたる坂田一倫君。学生の頃からデザインが好きだったようで、ただ、僕とはちょっと違う志向性だったようで。彼の口から、徐々にUXという言葉を聞くようになって、気がつけば、UXの専門家として仕事をす […]

2012.11.18
小野 梨奈
「働き方の未来予想図」

ナンパされたシリーズ。今年に入って、Twitterで仕事のお声がけいただいたのが、フリーランス、Webプロデューサーの小野梨奈さん。とは言え、何となく僕も存じ上げていて、お話したところ、共通の友人の話にもなり、行けそうだ […]

2012.10.04
北見 友和
「続けることを繋げる、繋げることを続ける」

10年前から上永谷にあったレゲエバー、CRISE。歩いて30分ほどの所に住んでいたのに、僕が知ったのはつい昨年のこと。そこのカウンター越しに知り合ったのが、北見友和さんでした。日本料理を銀座で修行し、数千人規模の屋外ライ […]

2012.09.21
山本 泰広
「笑うPMには福来る」

先日、「僕のチームの後輩に酒飲みながら話してもらえませんか?」という、ちょっと風変わりなオファーをくださったのは、ネットサービス企業でプロジェクト・マネージャーをしている山本泰広さん。同じ横浜市民ということもあり、飲みの […]

2012.09.15
marico
「モノを作る、場を作る、時間を作る」

男ですし、そんなにアクセサリーとかは持ってないのですが、maricoさんにオーダーしたグラスループは今も愛用しています。maricoさんとは友人に紹介された社会人サークルみたいなところで知り合って、だから5年ほど前でしょ […]

2012.07.01
中村 こども
「楽しかったら重くないんだ」

「すいません、ピントが合ってませんでした。。。」そんなET Luv.Lab.始まって以来の大失態を犯してしまったのが、今回の中村こどもさんへの取材です。実は僕は中村さんにレンズを一本お借りしていて、だから、そのレンズを借 […]

2012.04.14
黒田 和宏
「企業と個人を結ぶもの」

まだ僕が学生時代にデザイン会社の仕事をパートタイムのスタッフとして手伝っていた頃のこと(別に出社とかなかったけど)。その僕を手伝ってくれていたのが同じSFCに在籍していた1年下の黒田和宏君でした。そこでの仕事が終わって、 […]

2012.03.29
景山 泰考
「ロジックを調律する男」

「やーまん」「やーまん」「やーまん」と本当に知り合ったその日からべったりお世話になっているのが景山君こと、「やーまん」です。お互い何かを説明する時に、いきなり結論を持ち出してもきちんとコミュニケーションが取れる、という意 […]

2012.03.26
浜本 階生
「ソーシャルグラフとアルゴリズムが導く行方」

Blogopolisを知っていますか。10人に見せると10人が「スゲー!」という、僕の経験の中でも類まれなサービスです。それを作っている個人と知り合える!と聞いて、お邪魔した用賀エンジニア焼肉会が浜本さんとの出会いでした […]

2012.03.08
小泉 瑛一
「On the frontline」

小泉君と僕の関係性を説明するに、横浜の飲み仲間です、以上の説明がないのですが、彼が横浜国立大学の建築学生の時に、ひょんなことから知り合って、せっかく地元の若者なので、色々な会に連れて行って、なんか面白いことになればいいな […]

2012.02.21
大嶋 英幹 / 水口 一
「デザインに人の温かみが降りてゆく」

僕が鎌倉でお世話になっている代理人の方が「面白い人達に会いましたよ」とある日おっしゃった。あの時「じゃあ、紹介してください」、その一言が言えなかったら、きっと僕が「はせのわ」に携わることはなかったでしょう。 鎌倉にあるツ […]

2011.11.12
畠山 千春
「見えやすくする、触れやすくする、慈しみやすくする」

僕をして、エコ、という言葉を誰も想起し得ないと思いますが、随分前に、green drinks Tokyoというパーティにうかがった際にご紹介いただいたのが、当時グリーンズでインターン中の畠山さんでした。ちょうど就職活動の […]

2011.10.21
松村 太郎
「その境界を超えてゆけ」

2007年3月、kosukekato.comの読者から一通のメールが届きました。「ブログでナンパした」「ブログでナンパされた」という話は、どこかしこでしている話ではあるのですが、実は中学と大学の後輩であった松村太郎君と知 […]

2011.06.14
徳本 昌大
「コミュニケーションの今」

僕がいつもと少し毛色の違うプロジェクトにアサインしていただいた時に、そのプロジェクトでお世話になったのが、「ソーシャルおじさん」こと徳本昌大さんでした。お仕事の合間にET Luv.Lab.のことをお話ししましたところ、快 […]

2011.04.12
すわ だいすけ
「Still Together」

3月11日、地震がありました。今も余震や原発事故など、予断は許さない状況ではあると思います。いつまでも休眠させずに、ET Luv.Lab.も動かしたい、でも地震の後に、その話を避けて通らず、でもET Luv.Lab.らし […]

2011.03.04
迫田 大地
「人と情報のパッシング・ポイント」

WEBデザイナーの迫田大地さんと付き合いだしたのは遂最近。実はこういう仕事をしている癖にWEBデザイナーの知り合いってとても少ないんです。しかし話してみると、同じ80年生まれということもあり、WEBの入り口から、仕事に転 […]

2011.02.19
丸岡 和人
「次代の起業家精神を描く」

丸岡和人君とは、今は無き、「用賀エンジニア焼肉」で何回かご一緒して以来のご縁です。何となくお互いの仕事を知ってはいたし、出身校も一緒だったので、シンパシーは感じていましたけど、よくよく考えれば今回の取材が2人で仕事につい […]

2010.12.09
小島 希世子
「火の国の女、肥の国の母」

小島希世子さんとは大学時代の親友で、ともすれば悪友で、お酒を飲みながら20歳前後に議論を交わした朋友です。農業の世界を生業にする数少ない友人で、僕もいつも勉強させてもらってます。 2年前の法人設立の際には、僕もCIやWE […]

2010.11.11
原田 均
「社会にコミットするエンジニア」

グラウンドの仲間シリーズ、原田均君は28歳にして既に検索プラットフォームを手掛けるネット企業のCTOで、この夏、僕も会社のWEBサイトを手伝わせてもらいました。原田君の世界を放浪した話、などもかなり面白いのですが、今回は […]

2010.10.07
津下本 耕太郎
「関係性の仕掛け人」

津下本耕太郎さんは数年前に共通の客先でお知り合いになって、なかなか興味分野がかぶっていることもあり、同年代ということもあり、気が付けば意気投合していたという、ビジネスとも言い切れない、プライベートとも言い切れない不思議な […]

2010.09.25
三橋 ゆか里
「I am a TechDoll.」

後輩が独立したと聞き、会ってみたのが半年前。それからあれよあれよという間に活躍されているのがウェブディレクターでライターの三橋ゆか里さんです。先日もYahoo!ニュースに三橋さんが書いた記事が載っていたらしく、一緒に飲ん […]

2010.07.01
須藤 優
「面白い人を拡張する」

形式は違えど、JunkStageというのは、ET Luv.Lab.の良い見本なのだと思うんです。56名のライターを抱え、コラムサイトを運営しつつ、フリーペーパーを出したり、イベントをしたり、新しいサービスも始まるようです […]

2010.06.04
松下 弓月
「非日常性への回路」

「今日はお坊さんと食事に行きます」なんて友人に言うとびっくりされるのですが、松下弓月さんは平塚宝善院の副住職であり、超宗派仏教徒によるインターネット寺院、彼岸寺のメンバーでもあり、最近ではUstreamなどでも積極的にイ […]

2010.05.15
福山 泰史
「アマプロ混在の時代に思うこと」

同世代で自分よりフリーランサー歴が長い人、と言うと、実はそんなに多くはなかったりするのですが、音楽プロデューサーの福山泰史君は僕より2つ年下。 20歳の時に独立し、それから9年もの間、フリーの音楽プロデューサーとして業界 […]

2010.03.09
児玉 哲彦
「アーキテクチャからデザインする」

児玉哲彦さんとは母校のOpen Research Forumというイベントでゲリラトークセッションに飛び入り参加させていただいた時に知り合いました。それから何度かゆっくりお話をする機会が持て、僕はビジネス寄り、児玉さんは […]

2010.02.25
神谷 真人
「芝居と生きる、芝居を生きる」

3年B組16番加藤康祐、3年B組17番神谷真士。中学のクラスメイトで、出席番号が並びだった神谷君と再会したのは社会人になってからでした。話を聞いてビックリ。「脱サラして舞台俳優をしている」とおっしゃる。ある意味、僕とはフ […]

2010.02.23
野口 尚子
「余白を埋める、余白を作る」

各所で話題の僕の似顔絵入り名刺ですが、実は印刷の余白Lab.の野口尚子さんにコーディネートをお願いしたもので、ブラックメタリックの箔押しにグレーのラメ入りの紙がお気に入りで愛用させてもらっています。独立前に知り合いました […]

2010.02.09
小林 朋子
「Twitter文化はサロン文化」

サヴォアール・ヴィーヴルって言葉、初めて耳にする方も多いのではないかと思います。鎌倉でサヴォアール・ヴィーヴルサロン、ロザリウムを主宰されている小林朋子さんは、ETの古くからのお客様で、ご家族の皆様にもいつもお世話になっ […]

2010.02.05
北山 朝也
「エンジニアリングと幸せの定義」

ET Luv.Lab.記念すべき第一回目ゲストはエンジニアの北山朝也君です。北山君とはグラウンドで一緒に汗を流した仲でもあり、社会人になってからも折々で酒を酌み交わしがてら話をしあう親友です。北山君とは付き合いが長いです […]

2010.01.27
加藤 康祐
「人がメディアになる時代」

ブランディングの仕事をしていると、結局最終的にはブランドの価値がいかにして、「人」に反映されるか、ということに勘所があるように思います。何か同じようなことが、スゴイ勢いで情報の世界にも起こっているな、ということを下記の文 […]