迫田 大地

2011.03.04

「人と情報のパッシング・ポイント」

迫田 大地 - WEBデザイナー

WEBデザイナーの迫田大地さんと付き合いだしたのは遂最近。実はこういう仕事をしている癖にWEBデザイナーの知り合いってとても少ないんです。しかし話してみると、同じ80年生まれということもあり、WEBの入り口から、仕事に転換した経緯から、それぞれの今に至るまで、当然やっていることは違っても共通項は多く、いつも以上に「そうですよねえ」を連呼しながら、聞き入っておりました。

取材は初の山久@自由ヶ丘にて。大地さんにもどうやら気に入っていただけたご様子です。じっくり話せる空間というのはやはり大事ですね。しかし、録音中に僕が何回「ビールもう一杯お願いします」と言ったかは内緒です。ちゃんと仕事はしてきましたから!インターネットのこの10年を駆け抜けた、インタラクション・デザイナーの今を、是非ご堪能ください。

インタラクション・デザインへの道程

【加藤】 そもそも大地さんと絡みだしたのが、ET Luv.Lab.で一回もデザイナーに取材してない、という時にたまたま大地さんが読んでいて、僕デザイナーですけどと言ってくれて。

【迫田】Twitterでフォローしてたから読んでいたわけですけど。

【加藤】 そうですよね、お互い存在は薄々感じていたという。でも、世代的には同世代ですよね。

【迫田】そうですね、僕も80年生まれなので。

【加藤】 WEBデザイナーになろう、というのはあったんですか?

【迫田】大学受験の時に、美大へ行こうと思っていたんですよ。美大へ行ってデザイナーになろうと思っていたんですけど、その時なろうと思っていたのはデザインと言っても紙のほうだったんですね。

【迫田】まあ受験勉強とか面倒臭いんで、やっぱりサボるわけじゃないですか。で、サボってる時に何やっていたかというと、Geocitiesでホームページを作って、Claris系のソフトを使ってHTMLを書いてみたりとかしていて。

【加藤】 超懐かしいですね!

【迫田】で、ホームページを作ってみたら、英語でメールが来たんですよ、知らない人から。それで何を言ってたかというと、おまえのホームページを見たと。それでホームページにメールアドレス載ってたから送ってみたけど、なかなか悪くないデザインをしているね、みたいな感じで褒めてもらったんですね。うわ、スゴイ、と思って。そういうふうに知らない人からフィードバックもらう経験ってあんまりないじゃないですか。

【加藤】 そうですよね、インターネット出てきてからですよね。

【迫田】それでショックを受けて。これはスゴイと思って、これはもう紙じゃなくてWEBの方でデザインをやろうと方向転換をそこでした感じですね。

【加藤】 やっぱり早いですよね。僕も学生時代ホームページとか作ってましたけど、僕らって職業選ぶ前にまず作ったことあるんですよね。そこで楽しめちゃった人が残ってる感じがします。

【迫田】そうかも知れないですね。あの時、インターネットがそれこそダイアルアップの時代で、パソコン通信を経てインターネットへ、となった頃だと思うんですけど、開拓するぞとまでは言わなくても「知らないことを覚えていくのが楽しい」という人が多かった気がします。

【迫田】幸か不幸かわからないですけど、僕の周りにはそういう人がいなかったんですね。WEBやりたいっていう人が本当にいなくて。だから同じ趣味の人と繋がることが全然なくて、そういう過去を考えると、今のTwitterとかFacebookがあるというのは、すごく恵まれてていいなと思いますね。

【加藤】 よくデザインやってる人に聞くんですけど、大地さんがいうところのデザインの定義ってなんですかね?デザインってなに?ってやつですね。

【迫田】高校3年の時に趣味でホームページ作っていた頃は、「綺麗に飾る」のがデザインですよね、カッコ良くする。で、美大にそのまま進んだんですけど、大学での勉強ってあんまり興味持てなくて。

【加藤】 何勉強されてたんですか?

【迫田】エディトリアルデザイン、誌面のデザインですね。レイアウト。本当に興味が持てなかったんで最低限の単位しか取ってなくて、あんまり大学で勉強してない。そこではデザインのことあまり勉強せずに、家で仕事してた感じなんです。だからその頃はデザインとはなにかみたいなことを考えずにひたすらやっていて。その後に小さい会社に就職したんですけど、その頃もあんまり考えていなくて。今の会社に移って初めて出会ったのが、インタラクションデザインという言葉と考え方だったんです。

【迫田】人がどういう経路を経て、どういうコンテンツを見に行くかという過程のデザイン。情報をどこにどう置くと効果的なのか。それに出会ってからグッと仕事が面白くなったんで、僕の言うデザインっていうのは「情報の整理」。

【迫田】「綺麗に飾る」デザインをしていた頃は、デザイナーを自分の一生の仕事にしようとは思ってなかったです。

【加藤】 多分大地さんとは共通点があって、僕も学生やっている時にほとんど大学行かないで、デザイン会社手伝ってたんですよ。ある意味、デザインの教育は受けてない。大学卒業して、その後、独立なので、デザインってことをちゃんと考えるようになったの25歳くらいからだと思うんですよ、それまでは考える前に作ってましたから。

【迫田】僕も似たようなもんですね。就職した後に意識が変わって、今のWEB業界の最新情報というのをキャッチアップしだしたのも、入って2〜3年経った後ですね。そこから転職、という風になったので、ちょうど25か6くらいの時が「デザインっってなんだろう」と一番考えてた時ですね。

【加藤】 そこからはずっとWEBデザイン?あ、でもスマートフォンもやっておられたりしますよね。

【迫田】基本的にはWEBデザインですね。前職でもソフトウェアのインターフェイスデザインとかはやってたんで、それとWEBデザインの中間くらいが、今のスマートフォンアプリとかになるんですかね。

【加藤】 そうすると自分が表現したいものを作ってた時代から、ある時、表現をどう伝えるかみたいなところに動いた感じなんですかね。

【迫田】うーん、多分どっちかっていうと、自分が表現したいことであったり、形作ったものを皆に見せたいと思っていたのは本当に初期だけで、それからは誰かが伝えたいことをコネコネして、どうわかりやすく伝えられる形にするか、みたいな方に面白みを感じるようになりました。

【迫田】自分自身はいわゆる「クリエイター」ではないな、と思ったのは割と早いうちですね。

【加藤】 最初にWEBスゴイ、と思ったのがコミュニケーションを海外の見知らぬ人ととったこと、というのも大きいんじゃないですかね。

【迫田】そうなんです。そうだと思います。すごいもの、例えばメディアアート系の学生が作るようなものの経験を経てWEB業界入った人だったらコンテンツの方に行くのかも知れないですね。僕はそうじゃなかったみたいです。

【加藤】 僕はすごいローカルな仕事をしていますが、共感するところが多いです。

【迫田】ありがとうございます。

インターネットとどう付き合うか

【加藤】 今日は大地さんに振りたいと思っていた質問があったんですけど、珍しく。この間、10年前に糸井重里さんが「インターネット的」って言っていたことを思い出したんですね。でAmazonで検索してみたら、フラット、リンク、シェアが掲げられていて、でもこれらって去年のベストセラーのタイトルとあまり変わってないなと。そう考えた時に2011年における「インターネット的」って何かってのがちょっと気になってるんですね。

【迫田】僕自身も最初に知らない人からメールが来てWEBが楽しくなったわけですけど、インターネットが流行り始めてきて皆が「こうなって欲しい」って言ってた内容って、「個人でも大手メディアに頼らないで自分の声が誰かに届くようになるんじゃないか」ってことで、それがすごい声高に叫ばれたじゃないですか。

【迫田】それに対して普通の人たちというのは、そうは言ってもすぐにそんなに大きく世界が変わることはないだろうと思いながら、でもインターネットって何となくスゴそう、という感覚だったんじゃないかと思うんですね。

【迫田】で、この間もブログに書いたんですけど、去年流出事件が2つあったじゃないですか。尖閣諸島の動画とWikileaks。あれってもう完全にマスメディアよりもインターネットが影響力を持ったという証拠なんじゃないかと思ったんですね。

【迫田】僕はたまたまその事件を見て、これは! と思ったわけですけど、いろいろな人がいろいろなものを見て、「これは本当に10年前に言ってたような世界が来てるんじゃないか」と思い始めたのが最近だということなんじゃないかと感じます。

【迫田】原点回帰じゃないですけど、インターネット的、というか、インターネットに人々が夢見たものというのが本当に実現されつつある。

【加藤】 なんか声が大きくなるっていうのもある一方で、届かなかったところに声が届くっていうのもあると思うんですよ。それは1対nじゃなくて場合によっては1対1でもいい。一人の声が大きくなるってあるんだけど、1億3千万人が体験できることじゃないじゃないですか。

【迫田】すごい頑張った人だけ得られるものだったかもしれないですよね。

【加藤】 インターネット的って質問を振っておいてなんなんですが、インターネットってどこからどこまでだって感じがするんです。僕の生活がどこからどこまでインターネットで、どこからどこまでインターネットじゃないのか、って考えると、ああもう僕がインターネット的になってしまっているのだな、思っちゃったりします。

【迫田】人がインターネット的になってきている……そうですね。つまり、例えば人との繋がりにしても、インターネットで通じるのを前提にしだしたというか、みんなもうそれが普通だと思い始めているという。それはあるかもしれないですね。

【加藤】 Twitterでこの間ちょっと話ししましたけど、Twitterって使う人によりけりだよねという話。

【迫田】「使う人によりけりだ」というのをすごい強く感じたのがTwitterなんですよね。
僕自身は2007年とか割と早いうちからTwitterを始めたんですけど、その後どんどん人が増えていって、テレビに取り上げられてまた人が増えて、今度はTwitterの中で有名人と言われる人が出て来てまたどんどん人が増えて……というのを、いわば中で体験したんですけど。その間にどんどんTwitterの性質が変わっていくというのを目のあたりにするんですよね。

【迫田】あれって基本的には興味のある人としか繋がらないはずじゃないですか。なので性質が近い人しか周囲にいないはずなんだけど、それでもわかるんですよ。空気みたいなものが変わってきてて、それって中にいる人、使っている人の種類がちょっとずつ変わってきているから、Twitter自体が変わってきているんじゃないのかな、と思ったんですね。

【加藤】 それって、使ってることによって、人が変わってきてるってことはないですかね。

【迫田】おお。逆にTwitterを使うことで人が変わってきている?

【加藤】 と言ってしまうと、すごい大きな話になってしまいますけど、じゃあ自分がTwitterを使って変わってないかというと、ちょっと変わったかなあ、って感じはするんですよね。

【迫田】僕ももしかしたら変わったかも知れないですね。

【迫田】でもそれって、Twitterに触れたのが僕らなんかは25歳過ぎたあたりだったわけですけど、そこからその人の根っこにある性質みたいなものがガラッと変わるかというと、僕はちょっと疑問です。その人のある側面が出やすくなったってことは多分有り得ると思うんですけど、Twitterでそれがよりブーストかかるってことかもしれないですね。それが「Twitterを使って変わった」ってことになるかどうかはわからないですけど。

【加藤】 ブーストかかると逆に乖離しちゃいますよね。実際と。

【迫田】その辺で最近よく話にのぼるのは、「実際の自分」って何だ?ということですよね。仮に乖離しちゃったとして、実際の自分ってどっちなんだっけ、Twitterの自分と実社会の自分と。

【迫田】ちょっと前までは、実際の自分は間違いなく実社会の自分で、インターネット用の自分はインターネット用の顔を使って、と……いわゆる「リアル」と「ネット」を切り分けてたと思うんですよ。でも、最近は実際の自分がどっちかとは言えないと思うんですよね。今そのことについて話すのってすごい難しいと思って。

【加藤】 そんなところのFacebookじゃないですか。あれって、アメリカの人はずっと前から体験しているからシームレスになっていそうな印象なんですよね。向こう行って使ってないですからわかんないですけど。

【迫田】インターネットの自分といわゆる「リアル」がシームレスってことですよね。

【加藤】 そうです、そういうことを本当に本気でやっている初めてのサービスなのかなあと。

【迫田】僕もFacebook使い始めたの最近で、というか先週なんですけど。きっかけは映画『ソーシャル・ネットワーク』を観て、その後にFacebookの本を読んでいるからなんですけど、映画でもザッカーバーグがサービスを作る最初の時に「大学内の人と人との繋がりや社会的活動を全部インターネットに持ち込むんだ」ということを言うじゃないですか。それが多分揺らいでないから、結果的に流行ったことによって、シームレスになってきてるというのがあると思うんです。元々リアルにあったものを、インターネットに持ち込みやすい作りになっているし、アメリカはそれを人々が受け入れる国だったという。

【迫田】一方、日本ですよね。

【加藤】 Twitterが流行った後のタイミングでのFacebookという日本ですよね。

【迫田】そうですよね。そこの順番はアメリカと逆なのかも知れないですね。この話の大きいポイントとしては匿名実名問題というのがあるかもしれません。どっちが良いかというのは、僕は言わないですけど。

今を生きるためのリテラシー

【加藤】 最近、WEBサービスの善と悪ということを考えていて、正と負でもいいんですけど、Facebookとかの論評見てても、人間が生きて行く上でのリスクをFacebookの負の側面、って言ってるだけのような気がするんですよね。

【迫田】ちょっとフェアじゃないですよね、それをFacebookのせいにしちゃうというのは。

【加藤】 僕らってもしかしたら、2ちゃんねるは悪とか、Mixiは正なのかわからないですけど、もしかしたらそういう分類をしてきてしまった感じもしていて、その辺りも実は人による、というところに尽きるんじゃないのかなと。

【迫田】僕も絶対そうだと思っています。Facebookの話ですごい象徴的だと思ったのが、アクティビティが全部ウォールに出るという機能を追加した時の話で。誰かがどこに行きましたとか、何々をいいね!って言いましたとか、人々はそういう「誰かの行動」についての情報を知りたがっているから、それを一元化した、つまり元々ある情報を見やすくしただけなのに、ユーザがすごい反発したと。めちゃめちゃユーザは反発したんだけど、一方でサイト全体のPVは跳ね上がっていて。

【迫田】この2つって象徴的で、全員をストーカーにするような機能を追加してとんでもない、みたいなことを言っている一方で、皆すごい使ってるんですよ。で、それって人が知りたい情報だからですよね。それを知りやすくしたというだけのFacebookに対して、悪い奴だと言えるかというと、言い辛いと思うんですよ。一概には言えない。

【迫田】なにか情報を預けておいて、それが表に出ちゃってサービスを訴えるって、結構定型化してきていると思うんですけど、個人が秘匿しておきたい情報をばらされて怒るのって、その人がWEBに載せなければいい、黙ってればよかっただけなんで、それってどうなんだろうってちょっと思うんですよ。

【迫田】自分が使っているサービスはこういう情報を表に出す作りになっていなかったから上げてたのに、それを広める作りに作り変えちゃうなんてひどい……という意見なら、まぁわかると言えばわかるんですけど。でもそれってなんか王様の耳はロバの耳みたいな話で、本当はその人が「言いたい」んですよね。言ってしまって、広まって、恥を書いたって言うのは昔から、昔って言うのはインターネットが始まった頃からある話だし、それはもともと守られている情報ではないんだと。「インターネットにあがった情報というのは、どうにかすれば誰かに見られちゃうものなんだ」っていうのを皆が理解するタイミングに来たのかなあと思いました。
隠しておくの無理なんですよ、インターネットに載せると。

【加藤】 WEBサービス自体が良いか悪いかよりは、自分の行動に納得できるかどうかみたいになってきますよね。

【迫田】もしくは無理やりもう一個論点を持ち出すんであれば、説明責任ですかね、サービス側の。情報が漏れる危険性はあるかもよ、ってきちんと言ってあげてない。いずれにせよ、使う側がもう少し気を付けないとだめなんだってことを多くの人が知るべき時代ではある。

【加藤】 平たく言うと想像力の欠如だと思うんですよ。Twitterで卒論コピーしましたとか、サービス側がいくら警鐘を鳴らしても、どうしょうもないし、Twitterのせいだって言われてもTwitter悪くないし、なんなのって言ったら、卒論コピーしたのが悪いわけじゃないですか。それを言うってのは想像力が足りないのかなと。

【迫田】それは無理のような気がするんですよ。僕らからすると普通にインターネットを使っていて、何となく話題になったサービスに乗っかっていくタイプの、いわゆるレイトマジョリティくらいの人たちって言うのは、単に何となくサービスを使っているだけだと思うので、それだとわかんないですよね。自分がそのサービスを使って、Twitterで「ナントカなう」とつぶやく、ということが何を示すかって実はすごく頑張って考えないとわからないと思うんです。

【迫田】「ナントカなう」で、自分がどこにいるかばれました。たとえばその人が有名人ならそこに人が殺到するとかで騒動になったり……という時に「Twitterって怖い」ってなっちゃうのはちょっと違うとは思う。一方で、気付かなくても無理はないと言って今までの感覚で使い続けていたら、そういう事件って絶対これからも増えていくし。
でもそういう出来事が増えて、初めてそういう危険性があることなんだって普通に使っている人がわかるというのは無理もないかなあと。

【迫田】卒論コピーしちゃいましたとか、カンニングして答えが知りたいからYahoo!知恵袋に書いちゃいましたとか、そういう報道を見たら、そういうことしちゃいけないんだってわかるわけじゃないですか。見て学ぶ人はいると思う。特に今の若い子達、小学生、中学生、高校生位の子達は、そういう事例を見て学ぶはずです。

【加藤】 そういう意味だとなんか、あんまり楽しい結論じゃないですけど、僕達人柱の世代なのかも知れないですね。次の次代に繋ぐための。

【迫田】そうです、そうです、その通りだと思います。なんかやってみて成功したり失敗したりして、後の人たちがそれみて学ぶ、インターネットに関してはそういう世代じゃないですかね。でもそれって楽しいですよね。

【加藤】 楽しいですね。初めてホームページ作った世代としては楽しいですね。

【迫田】楽しい。小中高の頃って日本がイケイケで、バブルが膨らんだり弾けたりして、新しいことができないんじゃないか、皆やりつくされているんじゃないか、という空気があったと思うんですけど、そういう空気の中で半ば諦めつつ育ってきたけど、だからこそ嬉しいですね、インターネットの黎明期に関われたというのは。

【加藤】 僕ら好きなところに関われてるっていう意味では幸せですよね。

【迫田】幸せですね。

『ゲーム脳ばと』

【加藤】 最後『ゲーム脳ばと』の話ししましょうか。そもそもなんでポッドキャストやろうと思ったんですか?僕そもそも何であのお三方でつるんでるのか知らないんですけど。

【迫田】『ゲーム脳ばと』ってポッドキャストをやっているんですが、メンバーが三人で、全員男で、全員小学校から一緒の同級生。小学校から切れ目なくずっと仲がよかったわけじゃないんですよ、途中で別れたり、くっついたりしながら、たまたま2〜3年前という時期に仲が良くて、しょっちゅう会って話してたんですね。

【迫田】僕らそんなにお酒も飲まないので飲み屋でもなく、ファミレスとかで話しながらゲラゲラ笑ってるんですけど、「これって他の人が聞いても面白いんじゃないの?」って思っちゃったんですよね。

【加藤】 でもそれすごい大事ですよね。そう思わなかったら世に出てなかったですよね。

【迫田】その辺は後々「やってみるもんだな」と思ったんで、いい勉強にはなりました。

【迫田】自分たちが喋ったものを、もしくは喋ってる様子をどこかに出してみよう、どこかに出すなら今はインターネットがあるじゃん、ということで、どんな形態で出すかは最後まで議論はあったんですけど、最終的にポッドキャストに落ち着いたと。

【加藤】 議論好きですもんね!

【迫田】そうなんですよ。そもそもポッドキャストがどういうものかとかあまり知らなくて始めたんです。

【迫田】その時ちょうど僕が今の職場に入った頃だったんですよ、たまたまTwitterをやってる人で、同じ業界の人がいて、その人がWEB関連のポッドキャストやってたんですね。それを結構お手本にさせてもらったところがあります。

【加藤】 それ大事ですよね。僕ら2〜3ヶ月前の先人をなぞる作業をやる仕事じゃないですか。

【迫田】まあそうですね、あまりそうですねって言いたくないですけど、そうですねw。

【加藤】 多分一人の師匠を以て解決できることって、僕らがやりたいことのすごい限られた部分でしかないですものね。

【迫田】そういう意味ではいいですね、Twitterは。色々な人が色々なことやってるんで。ありがたいことに僕らがポッドキャストやっていて、それがきっかけでポッドキャスト始めました、という人もいたりするので。

【加藤】 前の人に倣ったら後ろがついてきたってことですよね。

【迫田】それが一番嬉しいです。

【加藤】 もう100回近いですよね。100回何かやるんですか?

【迫田】大したことやんないですけど、節目には毎回Ustreamで生中継やっているんで、お楽しみにw。100回まで行くとはあまり思ってなかったですけどね。

【加藤】 普通何か始める時に100回まで行くと思ってないですよね。

【迫田】僕ら毎週更新しているんですけど、そのうちペース落としていくよね、って話で始めたんです。ところが始めてみたら全然落とさない。たまに「社会人ですよね?」みたいな投書が来たりします。どうやって時間作ってるんですかとか。

【加藤】 大地さんとか見てて思うんですけど、某社のWEBデザイナーですって言われると、スゴイですねって感じじゃないですか。でも『ゲーム脳ばと』っていうコンテンツを持っている人だって言われると、そっち側で付き合えるんじゃないかという。

【迫田】そう言っていただけると物凄いありがたいです。それこそ、Peson As A Mediaを目指している身としては、まだ会社の名前のほうが強いですよね、というところがあって。そこはちょっとどうにかしたいところではあるんですけど。

【加藤】 まあでも比較軸同じじゃないですからね。人がコンテンツを持つこと、ってのは最近大事だなあと思っていて、大地さんもそうだし、僕が付き合えてる異業種の人って、皆自分でコンテンツ持ってるんですよね。そういうことをこれからの人たちにやってもらいたいなあ。

【迫田】最初の話に戻りますが、人がメディアになる、って言われて久しいわけですけど、本当にそういう風に自分がなるとは全然思っていなくて。ポッドキャスト始めた時も全然思ってなかったんですけど、最近になって「あ、これでいいんだ」って思えたのはポッドキャストを始めてみての大きな収穫かもしれないです。

【迫田】後ろからの人が付いてきてくれたことと、人がメディアになるってことは可能なんだっていうのがわかった、その2つが収穫ですね。

【加藤】 そういうタイミングでET Luv.Lab.に出てきてもらったのはスゴイ良かったです。

【迫田】ありがとうございます。ET Luv.Lab.を見た瞬間にも、これ前も言いましたけど「ヤラレタ!」と思って、本当に。こういうのやりたかったなあと思ったので、呼んでいただけて光栄です。

【加藤】 ET Luv.Lab.は僕淡々と続けていくだけなんであれですけど、知り合いいっぱいいますし、またどんどん面白いことやりましょう。

【迫田】やりましょう!

迫田大地。1980年生まれ。東京造形大学視覚伝達デザイン科卒業。

在学時より多数のウェブサイトを制作、運営。その後、ソフトウェアハウスのデザイナーを経て大手ポータルサイト運営会社へデザイナーとして入社。主にスマートフォン用のウェブサービスおよびアプリケーションのインタラクションデザインを担当。

その傍ら、Podcast「ゲーム脳ばと」を企画、制作。Apple社の選ぶ年間ベストコンテンツ「iTunes Rewind 2009」のオーディオポッドキャスト部門に選出される。

Katakoto(個人ブログ)

ゲーム脳ばと

2016.08.28
渡邊 享子
「トントンカラリと回すサイクル」

石巻に出かけるようになって、何人もの若ものと知り合って来ました。そのうちの一人が渡邊享子さん。震災直後からゼミ生として石巻に入って、この5年間、石巻に住み、石巻に根ざして、街のことに取り組んで来た一人です。 これまでにユ […]

2016.08.23
モリジュンヤ
「広義の編集、狭義の編集」

その存在は意識していた、って書くとなんか大袈裟だけれど、フリーランスとして仕事しつつ、気になっていた人の一人がモリジュンヤ君でした。とても筋の良い仕事をする人だなと思って眺めていた。 そんなジュンヤ君と昨年末少ししっかり […]

2016.08.18
鵜川 洋明
「水、流るるを、樂しむ」

僕も関わる児童養護施設を退所する若もののための奨学金支援プログラム、カナエールでトレーニングチームのリーダーをしているのが、うーさんこと鵜川洋明さんです。カナエルンジャー(奨学生)とエンパワチーム(社会人ボランティア)が […]

2016.01.15
太田 サヤカ
「問うデザイン、問われるデザイン」

以前、ET Luv.Lab.で取材させていただいた、イトナブの古山さんから、僕や仲間内のデザイナーのところを1日ずつ、新入社員を武者修行して回らせたいというご相談をいただいたのが2年前の春のこと。トランク片手に仙台から東 […]

2015.08.07
井口 拓磨
「聴こえてくる音楽、その風景」

水族館の音楽のデザイン、そんな少し変わった仕事をしている人を、以前中華街で紹介してもらいました。僕はそこでサウンドスケープ、という言葉を初めて教えてもらいました。音のランドスケープ?、なかなか難しそう。 僕は楽器がからき […]

2015.06.22
葛原 信太郎
「編集が生むのは、活力」

「あれ、Twitterが似顔絵のアイコンの人ですよね?」久し振りに言われたなと思いました。 仕事仲間の鎌倉オフィスのオープニングパーティで知り合った葛原信太郎君は、アースガーデンというメディアの編集長。ただ、日本の「揺れ […]

2015.05.26
小高 朋子
「作り手の担い手」

「仕事の相談があるのですがー」、久し振りにご連絡いただいた小高朋子さん。Facebookで全国津々浦々飛び回っているのは拝見していて、いずれまたお話したい人の一人でした。じっくり腰を据えて話すのは、実は今回の取材がほぼ初 […]

2015.05.17
網谷 勇気
「カミングアウトが拓くもの」

実行委員として関わっている児童養護施設からの進学を応援する奨学金支援プログラム、カナエールで一緒に仕事することになったのが、網谷勇気さんでした。プロジェクト内では皆ニックネームなので、今回の取材でも「あーみー」と呼んでい […]

2014.03.20
中村 優
「旅するレシピ」

中村優さんと出会ったのは、クライアントのレストランでのディナー・パーティの時でした。隣の席にたまたま座っていた優さんとは当然初対面で、ただ、なんか美味しそうに美味しそうなものの話する人だなあと思っていて、でもお互いあんま […]

2014.01.01
山本 浩司
「歴史家が紐解くプロジェクト・デザインいまむかし」

浩司君がTEDに出る。そんな話を聞いたのは2年前のことですか。イギリスで歴史家として産業革命時代の経済や商業の歴史を研究する山本さんとは、頻繁には会わずとも、たまに飯を食いながら意見交換する仲です。歴史家という響きとは裏 […]

2013.12.24
岡崎 研太郎
「アートがもたらす医療現場へのエンパワーメント」

あれは今から数年前のこと。クライアントのご親族にお医者様がおられて、僕に仕事の相談があるとおっしゃる。お医者様からの仕事というので、病院か、学会か、と思いきや、ご相談されたのは「糖尿病劇場」という何ともユニークなプロジェ […]

2013.11.03
村上 玲子
「人、そこに在る暮らし、そこを巡るは旅人」

村上玲子さんは、お世話になっている方が開いた懇親会でお話しする機会があって、ただ、ソーシャル・メディアでは繋がりつつも、以降お会いする機会はなく。なんですが、僕があっち行ってると、翌日くらいから玲子さんがそこにいるのをソ […]

2013.10.10
茂木 隆宏
「横浜の創造力の舳先に」

横浜在住で自宅勤務であるにもかかわらず、これまで横浜で仕事したのは片手で数えられるほど。ちょうど、この1年くらい、少し横浜で何か行われているのか、ということに興味を持ってから、よく耳にしていた名前が「ノガン」という会社で […]

2013.05.20
越水 大輔
「ローカルにコミットする躍動感」

越水大輔さんはフリーランスのWEBデザイナーで、福岡に1年。僕とはちょうど1年ほど前に、ETのWEB経由でお声がけいただき、一度だけ横浜の喫茶店でお話しをしました。彼はその後、福岡に移り住み、僕もちょうど色々な場所と仕事 […]

2013.04.01
古山 隆幸
「復興のカリキュラム」

古山隆幸さんとは年次がほぼ一緒で、学生時代からWEBの仕事をしていたことも共通で、昨夏、石巻2.0の小泉瑛一君に紹介してもらって以来、UX X Talkというハングアウトイベントを石巻工業高校の生徒さん向けに企画したり、 […]

2013.03.27
礒貝 日月
「出版ボン・ボヤージュ」

大学のラグビーの後輩に、「加藤さんに、そいつだけは紹介したい、という人間がいるんです」と言われていて、そういうことをその後輩が言うのも珍しいので、ドキドキしながら丸の内に出かけたのが昨年の秋。礒貝日月君とはそれ以来、同じ […]

2013.03.20
東 宏樹
「揺れやすさ、というファクト」

昨年末出かけたTEDxKeioSFCで、ちょっと懐かしい顔と再会しました。東君は大学の後輩なんですが、例によって社会人になってからの知り合い。鎌倉でこんなことをやってみたい、みたいな話を酒飲みながら聞かせてもらったりして […]

2013.01.29
舟越 奈都子
「アートへのホスピタリティ」

僕が9月に石巻に行ったのは一時画伯というプロジェクトのワークショップのサポートスタッフとしてでした。実は一時画伯に関しては僕はそもそもWEB制作を仕事として請けていて、そういう意味では外部からお手伝いする立場だったのです […]

2013.01.11
植村 百合香
「踏み入って、踏み留まって、踏み進める」

「ちっちゃい怪獣連れて行くね」、そう言われてブリッジフォースマイルというNPOに勤めている友達に紹介されたのが、植村百合香さんでした。初対面の時は別に彼女のプロジェクトの詳細を聞くわけでもなく、ただなんとなくこの子、大物 […]

2012.11.27
坂田 一倫
「Non-Designer UXer」

高校と大学のラグビーの後輩にあたる坂田一倫君。学生の頃からデザインが好きだったようで、ただ、僕とはちょっと違う志向性だったようで。彼の口から、徐々にUXという言葉を聞くようになって、気がつけば、UXの専門家として仕事をす […]

2012.11.18
小野 梨奈
「働き方の未来予想図」

ナンパされたシリーズ。今年に入って、Twitterで仕事のお声がけいただいたのが、フリーランス、Webプロデューサーの小野梨奈さん。とは言え、何となく僕も存じ上げていて、お話したところ、共通の友人の話にもなり、行けそうだ […]

2012.10.04
北見 友和
「続けることを繋げる、繋げることを続ける」

10年前から上永谷にあったレゲエバー、CRISE。歩いて30分ほどの所に住んでいたのに、僕が知ったのはつい昨年のこと。そこのカウンター越しに知り合ったのが、北見友和さんでした。日本料理を銀座で修行し、数千人規模の屋外ライ […]

2012.09.21
山本 泰広
「笑うPMには福来る」

先日、「僕のチームの後輩に酒飲みながら話してもらえませんか?」という、ちょっと風変わりなオファーをくださったのは、ネットサービス企業でプロジェクト・マネージャーをしている山本泰広さん。同じ横浜市民ということもあり、飲みの […]

2012.09.15
marico
「モノを作る、場を作る、時間を作る」

男ですし、そんなにアクセサリーとかは持ってないのですが、maricoさんにオーダーしたグラスループは今も愛用しています。maricoさんとは友人に紹介された社会人サークルみたいなところで知り合って、だから5年ほど前でしょ […]

2012.07.01
中村 こども
「楽しかったら重くないんだ」

「すいません、ピントが合ってませんでした。。。」そんなET Luv.Lab.始まって以来の大失態を犯してしまったのが、今回の中村こどもさんへの取材です。実は僕は中村さんにレンズを一本お借りしていて、だから、そのレンズを借 […]

2012.04.14
黒田 和宏
「企業と個人を結ぶもの」

まだ僕が学生時代にデザイン会社の仕事をパートタイムのスタッフとして手伝っていた頃のこと(別に出社とかなかったけど)。その僕を手伝ってくれていたのが同じSFCに在籍していた1年下の黒田和宏君でした。そこでの仕事が終わって、 […]

2012.03.29
景山 泰考
「ロジックを調律する男」

「やーまん」「やーまん」「やーまん」と本当に知り合ったその日からべったりお世話になっているのが景山君こと、「やーまん」です。お互い何かを説明する時に、いきなり結論を持ち出してもきちんとコミュニケーションが取れる、という意 […]

2012.03.26
浜本 階生
「ソーシャルグラフとアルゴリズムが導く行方」

Blogopolisを知っていますか。10人に見せると10人が「スゲー!」という、僕の経験の中でも類まれなサービスです。それを作っている個人と知り合える!と聞いて、お邪魔した用賀エンジニア焼肉会が浜本さんとの出会いでした […]

2012.03.08
小泉 瑛一
「On the frontline」

小泉君と僕の関係性を説明するに、横浜の飲み仲間です、以上の説明がないのですが、彼が横浜国立大学の建築学生の時に、ひょんなことから知り合って、せっかく地元の若者なので、色々な会に連れて行って、なんか面白いことになればいいな […]

2012.02.21
大嶋 英幹 / 水口 一
「デザインに人の温かみが降りてゆく」

僕が鎌倉でお世話になっている代理人の方が「面白い人達に会いましたよ」とある日おっしゃった。あの時「じゃあ、紹介してください」、その一言が言えなかったら、きっと僕が「はせのわ」に携わることはなかったでしょう。 鎌倉にあるツ […]

2011.11.12
畠山 千春
「見えやすくする、触れやすくする、慈しみやすくする」

僕をして、エコ、という言葉を誰も想起し得ないと思いますが、随分前に、green drinks Tokyoというパーティにうかがった際にご紹介いただいたのが、当時グリーンズでインターン中の畠山さんでした。ちょうど就職活動の […]

2011.10.21
松村 太郎
「その境界を超えてゆけ」

2007年3月、kosukekato.comの読者から一通のメールが届きました。「ブログでナンパした」「ブログでナンパされた」という話は、どこかしこでしている話ではあるのですが、実は中学と大学の後輩であった松村太郎君と知 […]

2011.06.14
徳本 昌大
「コミュニケーションの今」

僕がいつもと少し毛色の違うプロジェクトにアサインしていただいた時に、そのプロジェクトでお世話になったのが、「ソーシャルおじさん」こと徳本昌大さんでした。お仕事の合間にET Luv.Lab.のことをお話ししましたところ、快 […]

2011.04.12
すわ だいすけ
「Still Together」

3月11日、地震がありました。今も余震や原発事故など、予断は許さない状況ではあると思います。いつまでも休眠させずに、ET Luv.Lab.も動かしたい、でも地震の後に、その話を避けて通らず、でもET Luv.Lab.らし […]

2011.03.04
迫田 大地
「人と情報のパッシング・ポイント」

WEBデザイナーの迫田大地さんと付き合いだしたのは遂最近。実はこういう仕事をしている癖にWEBデザイナーの知り合いってとても少ないんです。しかし話してみると、同じ80年生まれということもあり、WEBの入り口から、仕事に転 […]

2011.02.19
丸岡 和人
「次代の起業家精神を描く」

丸岡和人君とは、今は無き、「用賀エンジニア焼肉」で何回かご一緒して以来のご縁です。何となくお互いの仕事を知ってはいたし、出身校も一緒だったので、シンパシーは感じていましたけど、よくよく考えれば今回の取材が2人で仕事につい […]

2010.12.09
小島 希世子
「火の国の女、肥の国の母」

小島希世子さんとは大学時代の親友で、ともすれば悪友で、お酒を飲みながら20歳前後に議論を交わした朋友です。農業の世界を生業にする数少ない友人で、僕もいつも勉強させてもらってます。 2年前の法人設立の際には、僕もCIやWE […]

2010.11.11
原田 均
「社会にコミットするエンジニア」

グラウンドの仲間シリーズ、原田均君は28歳にして既に検索プラットフォームを手掛けるネット企業のCTOで、この夏、僕も会社のWEBサイトを手伝わせてもらいました。原田君の世界を放浪した話、などもかなり面白いのですが、今回は […]

2010.10.07
津下本 耕太郎
「関係性の仕掛け人」

津下本耕太郎さんは数年前に共通の客先でお知り合いになって、なかなか興味分野がかぶっていることもあり、同年代ということもあり、気が付けば意気投合していたという、ビジネスとも言い切れない、プライベートとも言い切れない不思議な […]

2010.09.25
三橋 ゆか里
「I am a TechDoll.」

後輩が独立したと聞き、会ってみたのが半年前。それからあれよあれよという間に活躍されているのがウェブディレクターでライターの三橋ゆか里さんです。先日もYahoo!ニュースに三橋さんが書いた記事が載っていたらしく、一緒に飲ん […]

2010.07.01
須藤 優
「面白い人を拡張する」

形式は違えど、JunkStageというのは、ET Luv.Lab.の良い見本なのだと思うんです。56名のライターを抱え、コラムサイトを運営しつつ、フリーペーパーを出したり、イベントをしたり、新しいサービスも始まるようです […]

2010.06.04
松下 弓月
「非日常性への回路」

「今日はお坊さんと食事に行きます」なんて友人に言うとびっくりされるのですが、松下弓月さんは平塚宝善院の副住職であり、超宗派仏教徒によるインターネット寺院、彼岸寺のメンバーでもあり、最近ではUstreamなどでも積極的にイ […]

2010.05.15
福山 泰史
「アマプロ混在の時代に思うこと」

同世代で自分よりフリーランサー歴が長い人、と言うと、実はそんなに多くはなかったりするのですが、音楽プロデューサーの福山泰史君は僕より2つ年下。 20歳の時に独立し、それから9年もの間、フリーの音楽プロデューサーとして業界 […]

2010.03.09
児玉 哲彦
「アーキテクチャからデザインする」

児玉哲彦さんとは母校のOpen Research Forumというイベントでゲリラトークセッションに飛び入り参加させていただいた時に知り合いました。それから何度かゆっくりお話をする機会が持て、僕はビジネス寄り、児玉さんは […]

2010.02.25
神谷 真人
「芝居と生きる、芝居を生きる」

3年B組16番加藤康祐、3年B組17番神谷真士。中学のクラスメイトで、出席番号が並びだった神谷君と再会したのは社会人になってからでした。話を聞いてビックリ。「脱サラして舞台俳優をしている」とおっしゃる。ある意味、僕とはフ […]

2010.02.23
野口 尚子
「余白を埋める、余白を作る」

各所で話題の僕の似顔絵入り名刺ですが、実は印刷の余白Lab.の野口尚子さんにコーディネートをお願いしたもので、ブラックメタリックの箔押しにグレーのラメ入りの紙がお気に入りで愛用させてもらっています。独立前に知り合いました […]

2010.02.09
小林 朋子
「Twitter文化はサロン文化」

サヴォアール・ヴィーヴルって言葉、初めて耳にする方も多いのではないかと思います。鎌倉でサヴォアール・ヴィーヴルサロン、ロザリウムを主宰されている小林朋子さんは、ETの古くからのお客様で、ご家族の皆様にもいつもお世話になっ […]

2010.02.05
北山 朝也
「エンジニアリングと幸せの定義」

ET Luv.Lab.記念すべき第一回目ゲストはエンジニアの北山朝也君です。北山君とはグラウンドで一緒に汗を流した仲でもあり、社会人になってからも折々で酒を酌み交わしがてら話をしあう親友です。北山君とは付き合いが長いです […]

2010.01.27
加藤 康祐
「人がメディアになる時代」

ブランディングの仕事をしていると、結局最終的にはブランドの価値がいかにして、「人」に反映されるか、ということに勘所があるように思います。何か同じようなことが、スゴイ勢いで情報の世界にも起こっているな、ということを下記の文 […]