小野 梨奈

2012.11.18

「働き方の未来予想図」

小野 梨奈 - Webプロデューサー / リズムーン主宰

ナンパされたシリーズ。今年に入って、Twitterで仕事のお声がけいただいたのが、フリーランス、Webプロデューサーの小野梨奈さん。とは言え、何となく僕も存じ上げていて、お話したところ、共通の友人の話にもなり、行けそうだなあと。今、僕の他の仲間とチームを組んで一つのプロジェクトにあたっているところです。

そんな小野さんは子育て中のお母さん。勿論、世の中に働く女性も、子育てしながら働く女性もいるんですが、どうやらちょっと違うらしい。打ち合わせしてても、お子さんのお迎えがあったりで、あまりプロジェクト以外の長話したこともなかったんですが、ようやくようやく取材の体を取って、ゆっくりお話しする機会が作れました。フリーランスであり、ワーキングマザーでもある、だけれども、それ以前に自分の働き方を自分で作ろうとして来た、そういう同時代人なんだなあと。そんな話。

フリーランスとワーキング・マザー

【加藤】小野さんとは独立ほぼ同期ですよね。

【小野】そうですね。2006年です。ただ独立というか成り行きなんですけど。それまでは、元々大好きだったサイトを運営している会社で働いてました。新卒で入った会社を一年で辞めて、アルバイトで入りました。手書きでお手紙を送ったんですよ。

【加藤】すごいですね。

【小野】そこでの仕事自体は、憧れの職場でしたし、すごい楽しかったですし、それこそ社会人としてのイロハを教えてもらったんですけど、収入的なこととか会社の人事制度とかで、そこでずっと続けていけるイメージがし辛くなって来て。

【加藤】続けていけるイメージって大事ですよね。

【小野】そうですよね。そういう時に、とりあえず、今の仕事は辞めよう、というところまで決めたんです。そもそもそのサイトが大好きだったから選んだ職場だったので、転職活動するにも他のメディアとか興味がわきづらい部分もありましたし、ただ、辞めることだけを決めて。

【加藤】それ一大決心ですよね。で、割とすぐお母さんにもなることになった。

【小野】そうです。退職の2日後に妊娠していたことがわかったんです。正直、どうしようかなあと。会社を離れる前には、周囲に退職することも、これからフリーランスとして働いていこうということも話していて、お仕事あれば宜しくお願いしますということも言っていて、本当にどうしようかなあという気持ちがまずあって。独立早々、「フリーランスになったけど、育休入ります」となったら、今後お仕事もらえなくなるかしらと思いましたし。で、働こうと決めて。

【加藤】どれくらい仕事されてたんですか。

【小野】出産前は臨月に入るまで仕事していました。体調もよく、あまりおなかも目立たなかったので、6ヶ月くらいまでは黙っていたような。っていうか、言えなかったという方があってるかなw。その後、子供が産まれて、1年くらいはお休みしようかとも思ったんですけど、せっかく自分で決めたことだし、まずは在宅でできるお仕事から始めて、8ヶ月ほど経ったら子供を保育園に預けることができたので、外に出る仕事もするようになりました。去年2人目を産んだんですが、そのときは、産後のくらしがなんとなくわかっていることもあって、産後1ヶ月くらいからはボチボチ家でできる仕事は始めてましたね。

【加藤】すごいですね。そんな話聞いたことないですもん。まあでも、子供を産む、ということと、独立してフリーランスになるということと、ある意味、一緒に来たからこそのモチベーション、みたいなのがあったのかも知れないですね。

【小野】そうかも知れないですね。

【加藤】あと小野さんのお仕事が割とポータブルなスキルと、ヒューマンスキルみたいなものと両方あったのが良かったかも知れないですね。お客さんに会いに行く仕事も、そうじゃない仕事もあった。

【小野】そうですね。元々、取材に行って記事を書いたり、キャンペーンなんかの1ページものの制作のお仕事が最初は多かったんですけど、徐々に仕事の内容も変わってきて。サイト運営の業務委託なんかもやりましたし、今はWebサイト全体のプロデュースが多いですね。割とそういう意味ではメインの業務は状況に応じて変わってきていると思います。あと中には、やっぱり子育てと両立がし辛いタイプのお仕事とかもありますよね。そういうお仕事は自然となくなっていったかも。

【加藤】そういう状況に応じた変化みたいなの大事ですよね。常に新しいことを勉強していかなきゃいけなということもありますが。

【小野】そうですね。でも新しいことには常に挑戦していきたいと思っているんです。自分の付加価値を作っていかないといけないと思うんですよね。専門を深めるのも大事だけれども、Webプロデュースということだけをずっと深掘りしていくだけじゃなくて、新しいことを覚えて、自分の得意分野を徐々に広げていくような。

【加藤】そうすると、仕事との接点も増えますよね。私はこれ専門ですというより。

【小野】そうですね。昔は、なにかに特化しなければと焦っていた頃もありましたが、最近はあまりそう思わなくなりました。前に10年20年フリーランスを続けてらっしゃる方と話ししたんですけど、ずっと同じことをやっているとやっぱり飽きてくるんですって。私もやっぱりずっと同じことをやり続けるのは、性格的にもできなそうなのでw、新しい挑戦をどんどんしていきたいと思っています。

フリーランスで働く女性のためのサイト、リズムーン

【加藤】そういう意味ではリズムーンは自分でメディアを立ち上げるという意味でも、新しい大きな挑戦だったはずですよね。独立して何年目に立ち上げたんでしたっけ。

【小野】2009年だから独立して3年目です。それから続いているので、リズムーン自体が3年目です。

【加藤】やっぱり自分でメディアを立ち上げるって大変ですよね。自分でブログやるというのとも違う。あ、でもやはり最初は独りでやっておられたんですか。

【小野】そうですね。最初はインタビューのみのサイトで、一人で記事を書いていました。1ヶ月に1人、とも思っていたんですが、100人インタビューするには10年かかっちゃうなとw。それじゃのんびりし過ぎだから、月に2人にインタビューして、その頃から月のリズムを意識して生活していたので、満月と新月を更新日にしようと。だから、サイトの名前も「リズムーン」ていうんです。毎週インタビューがあって、記事起こしがあってって感じでした。

【加藤】ET Luv.Lab.、10年で100人が目標なんですよねw。僕のんびりなので。でもすごいですよね、そういうことをやりながら通常の業務もやりながら。

【小野】最初は読まれているかどうか不安だったんです。だけど、半年くらい経ってからメールが届き始めて。

【加藤】読者からのお便りというやつですね。

【小野】そうですそうです。それで色々交流が始まったり。オフ会をしたり。先週もオフ会があったんですよ。

【加藤】ああ、大阪行かれてましたよね。

【小野】そうなんです。関西方面で活動されているフリーランサーで面識ある方がいなくて。何人かと連絡を取り合ったことはあったんですが。だからちょっとびくびくしながら、でもなんだか勢いで企画しちゃって、行って来ました。ただ少し話始めるとすぐに盛り上がってしまって。

【加藤】そういうところに来られる方は、フリーランスの方が多いんですか?それとも、会社で働かれていて、これからフリーランスを目指そうとされている方?

【小野】フリーランスの方が多いです。ただ、そういうことに興味がある方や、検討されてる方も来られます。楽しいんですよ、オフ会。

【加藤】だってオフ会の話始まってから楽しそうですもん。

【小野】そうですかw。

【加藤】なんかやっぱり問題意識を共有できると、それがフックになって仲間意識じゃないけれど、打ち解けるきっかけになりそうですよね、良いことも悪いことも含めて。

【小野】そうなんですよ。やっぱりフリーランスって良いことだけじゃないじゃないですか。色々不便なこともある。だけれども、そういうことも含めて、リズムーンではきちんと伝えていきたいなと思っています。

【加藤】リズムーン自体はやはり独立した頃に誰か相談相手になるフリーランスが周囲に見当たらなかったっていう話が発端だったんですかね。

【小野】元の職場でフリーランスの方とのお付き合いはたくさんあったんです。ライターさん、カメラマンさん、デザイナーさんなどなど。ただ、身近に仕事のこともプライベートのことも含めてご相談できる相手がいなかったというのは確かで。

【小野】それから本当恥ずかしい話ですが、請求書の書き方とか、それこそ仕事の報酬のお振込みが翌々月末、なんてことも初めて知って。

【加藤】聞いてないよ、ってやつですよね。

【小野】そうだったんです。だからそういう横の繋がりでお互いに相談できる関係性ができると良いな、というのはリズムーンが目指すところの一つです。

【加藤】すごくコンテンツにもバラエティありますよね。

【小野】保険のこととか税金のこととか、これからフリーランスを目指す方向けのコンテンツなど、なるべくフリーランスという働き方の魅力や、デメリットをみなさんがどう工夫して乗り越えているのかといったことが伝わりやすいように、って思ってます。

【加藤】インタビューもすごいですよね。なんか僕、情熱大陸とかプロフェッショナルとか良いし、すごいと思うんだけど、じゃあ仕事楽しんでる人がそういうすごい人達だけかって言うと、決してそんなことはないと思っていて、だから、仕事を楽しんでいる人をきちんとパッケージしてあげれば、もっと仕事ってものを身近に感じながら読んでもらえるんじゃないかなと思います。

【小野】そうですね。リズムーンでは、著名な方に取材を依頼してというよりは、もっと身近な存在で「ちょっと頑張ったら私もできるかも」と思ってもらえるような、自分らしい仕事のイメージを持ってもらえるような方にインタビューしたいと思っています。だから、メディアに出ている方、というよりは、自分流の働き方をつくりだされている女性で、知人やインタビューした方に紹介いだいて、という感じで続いてきてます。

【加藤】ET Luv.Lab.そういう意味ではわかりやすくて、小野さん主婦だし違いますけど、基本は僕の飲み仲間ですw。

【小野】ははは。それは是非飲みましょう。私もお酒好きなので。

【加藤】是非是非。

働くことのこれから

【加藤】ところで少し大きな話になると、フリーランスとワーキングマザーのこれからってどうなって行ったら良いと思いますか。僕自身、それこそFacebookで高校や大学の同級生とかが子供産んで仕事に戻って、みたいなのを見ていると、少なからず思うことあって。

【小野】フリーランスは働き方の選択肢の一つでしかなくて、決して万人におすすめしたいというわけではないのですが、フレキシビリティが高い働き方なので、ライフイベントの影響を受けやすい女性とすごく相性のよい働き方だと思っています。そういう意味では、フリーランスという働き方をもっと積極的に選べる制度とか社会になれば良いなと思いますし、働き方の選択肢の中にしっかりフリーランスというのが入って来るようになってくれば良いと思っています。私自身、元々女性が社会に出て働くことに興味がありましたし、結婚して、子供を産んで、でも仕事をしたいという女性がもっと増えて良いと思っています。そういった女性の働き方の選択肢を広げたり、フリーランスとして働くことのイメージを持ちやすくできればよいなと、そういうことを、大きなことは言えないけれども、リズムーンを通しても少しずつ実現していけたらいいなと思っています。

【加藤】昔よく友達と話していたんですけど、後輩に薦められない仕事をしている、ということを言っていて、勿論フリーランスは楽しいと思っているし、良いんだけど、それを学校を卒業した後輩に第一候補として僕が薦められるかというと、できないね、と話していたんです。僕としても、20代はそれでも良かったんですけど、30歳超えて、そうも言ってられなくなって来たなという感じがしています。

【小野】そうですね。今の社会制度では、会社員とフリーランスを比較したら、圧倒的に会社員の方が待遇がいいですもん。とくに私は、二人目の保育園入園のタイミングでとても悔しい思いをしました。話すと長くなるので割愛しますけど…。立場によって待遇が違うというのがなくならないと、心の底から「フリーランス、っていいですよ」っておすすめできない部分はありますよね。そういう社会のインフラ整備へのアクションもリズムーンをとおしてやっていきたいと思ってます。

【加藤】ところで小野さん、自分の後進を育てることについてはどう思ってますか。

【小野】うーん、正直あまりイメージできないというか。もちろん、そういう機会があるのであれば、そういうこともやっていきたいと思っていますけど、今はまだという気持ちもあります。逆に、リズムーンでは、プロの方もセミプロの方にもお手伝いいただいているんですが、リズムーンでの活動を、その方の実績としてどんどん使っていただきたいと思っています。品質にはこだわっているので、なかなか簡単にはいかないですけど。部下を持って、みたいなイメージはあまり。

【加藤】小野さんずっとプレイヤーやりたそうですよね。

【小野】うん、そうですね。勿論、私チームで仕事するのが大好きなので、皆さんにどういう風にお仕事していただくかみたいなことは大事にしたいと思っていますけど、マネージャーというよりは、そういうチーム作りをしたいですね。

【小野】逆に加藤さんはどう思ってらっしゃるんですか?

【加藤】僕は育てなくて良いと思っています。というか楽しいことを一緒にやれば良いと思っていて、僕のクローンみたいな人を育てることにあまり意味はないと思うし、逆に僕の一つ一つの職能を取ったら、もっとちゃんと専門家がいますし。ただ仕事の作り方とか進め方とかは経験して学んでもらえば良いと思っていて、なかなかクライアントワークをいきなりというのは難しいですけど。今そういうことも少しずつ試しています。

【小野】内部プロジェクトみたいな。

【加藤】ないし、超外部プロジェクトですねw。

【小野】もう一つ、加藤さんに聞きたいことがあって、フリーランスになる前に一度就職するべきかどうかって話なんですけど、加藤さんは就職されなかったっておっしゃってたじゃないですか。

【加藤】うん、就職するかどうかは別として、本気で仕事をする前に、仕事は経験しておいた方が良いです。最初から生活全てがかかった状態で、初めての仕事で、フリーランスはきついと思っていて、もしそうしたいんだったら、例えば親に食べさせてもらっている学生の間に、一般社会人が経験するレベルでの仕事というものを経験する機会を、無理にでも作った方が良い。

【小野】加藤さんの場合それが学生時代の仕事ということですね。

【加藤】そうですね。

【小野】元々加藤さんにTwitterでお声がけしたのも、Webサイトの実績とかも勿論見ましたけど、むしろTwitterとか普段書いてらっしゃることとか読んで、この人と一度仕事してみたいなと思ったからなんです。

【加藤】ありがとうございます。多分、小野さんとは働き方に関することとか、仕事に関することとか、勿論、立場も経緯も違うんだけれども、同じ未来図を描いている気がしていて、だからこれからも長くお仕事できると良いなと思っています。

【小野】そうですね。宜しくお願いします。

【加藤】そのためにもまずは今抱えているプロジェクトしっかりローンチして、皆でお疲れ様会しないとですね。

【小野】そうですね、皆で飲みましょう。

【加藤】楽しんでいきたいですね。今後とも宜しくお願いします。

小野 梨奈(オノリナ)

1977年、北海道函館市生まれ。働く女性のためのWebメディア「cafeglobe.com」を経て、2006年に独立。Webプロモーションまでを含めたWebサイト・Webコンテンツの企画・制作を中心に行っている。最も関心のある活動テーマは、一人一人が望む多様な働き方、生き方を平等に選び、実現できる世の中にするために必要なことは何かを考え、行動していくこと。その活動のひとつとして、2009年に「Rhythmoon」を立ち上げ、フリーランスという働き方に関する情報を女性目線で発信している。プライベートでは、夫、子2人の4人家族。現在、国内外に限らず、どこにいても仕事ができるワークスタイルを目指して自らも模索中。

リズムーン

2016.08.28
渡邊 享子
「トントンカラリと回すサイクル」

石巻に出かけるようになって、何人もの若ものと知り合って来ました。そのうちの一人が渡邊享子さん。震災直後からゼミ生として石巻に入って、この5年間、石巻に住み、石巻に根ざして、街のことに取り組んで来た一人です。 これまでにユ […]

2016.08.23
モリジュンヤ
「広義の編集、狭義の編集」

その存在は意識していた、って書くとなんか大袈裟だけれど、フリーランスとして仕事しつつ、気になっていた人の一人がモリジュンヤ君でした。とても筋の良い仕事をする人だなと思って眺めていた。 そんなジュンヤ君と昨年末少ししっかり […]

2016.08.18
鵜川 洋明
「水、流るるを、樂しむ」

僕も関わる児童養護施設を退所する若もののための奨学金支援プログラム、カナエールでトレーニングチームのリーダーをしているのが、うーさんこと鵜川洋明さんです。カナエルンジャー(奨学生)とエンパワチーム(社会人ボランティア)が […]

2016.01.15
太田 サヤカ
「問うデザイン、問われるデザイン」

以前、ET Luv.Lab.で取材させていただいた、イトナブの古山さんから、僕や仲間内のデザイナーのところを1日ずつ、新入社員を武者修行して回らせたいというご相談をいただいたのが2年前の春のこと。トランク片手に仙台から東 […]

2015.08.07
井口 拓磨
「聴こえてくる音楽、その風景」

水族館の音楽のデザイン、そんな少し変わった仕事をしている人を、以前中華街で紹介してもらいました。僕はそこでサウンドスケープ、という言葉を初めて教えてもらいました。音のランドスケープ?、なかなか難しそう。 僕は楽器がからき […]

2015.06.22
葛原 信太郎
「編集が生むのは、活力」

「あれ、Twitterが似顔絵のアイコンの人ですよね?」久し振りに言われたなと思いました。 仕事仲間の鎌倉オフィスのオープニングパーティで知り合った葛原信太郎君は、アースガーデンというメディアの編集長。ただ、日本の「揺れ […]

2015.05.26
小高 朋子
「作り手の担い手」

「仕事の相談があるのですがー」、久し振りにご連絡いただいた小高朋子さん。Facebookで全国津々浦々飛び回っているのは拝見していて、いずれまたお話したい人の一人でした。じっくり腰を据えて話すのは、実は今回の取材がほぼ初 […]

2015.05.17
網谷 勇気
「カミングアウトが拓くもの」

実行委員として関わっている児童養護施設からの進学を応援する奨学金支援プログラム、カナエールで一緒に仕事することになったのが、網谷勇気さんでした。プロジェクト内では皆ニックネームなので、今回の取材でも「あーみー」と呼んでい […]

2014.03.20
中村 優
「旅するレシピ」

中村優さんと出会ったのは、クライアントのレストランでのディナー・パーティの時でした。隣の席にたまたま座っていた優さんとは当然初対面で、ただ、なんか美味しそうに美味しそうなものの話する人だなあと思っていて、でもお互いあんま […]

2014.01.01
山本 浩司
「歴史家が紐解くプロジェクト・デザインいまむかし」

浩司君がTEDに出る。そんな話を聞いたのは2年前のことですか。イギリスで歴史家として産業革命時代の経済や商業の歴史を研究する山本さんとは、頻繁には会わずとも、たまに飯を食いながら意見交換する仲です。歴史家という響きとは裏 […]

2013.12.24
岡崎 研太郎
「アートがもたらす医療現場へのエンパワーメント」

あれは今から数年前のこと。クライアントのご親族にお医者様がおられて、僕に仕事の相談があるとおっしゃる。お医者様からの仕事というので、病院か、学会か、と思いきや、ご相談されたのは「糖尿病劇場」という何ともユニークなプロジェ […]

2013.11.03
村上 玲子
「人、そこに在る暮らし、そこを巡るは旅人」

村上玲子さんは、お世話になっている方が開いた懇親会でお話しする機会があって、ただ、ソーシャル・メディアでは繋がりつつも、以降お会いする機会はなく。なんですが、僕があっち行ってると、翌日くらいから玲子さんがそこにいるのをソ […]

2013.10.10
茂木 隆宏
「横浜の創造力の舳先に」

横浜在住で自宅勤務であるにもかかわらず、これまで横浜で仕事したのは片手で数えられるほど。ちょうど、この1年くらい、少し横浜で何か行われているのか、ということに興味を持ってから、よく耳にしていた名前が「ノガン」という会社で […]

2013.05.20
越水 大輔
「ローカルにコミットする躍動感」

越水大輔さんはフリーランスのWEBデザイナーで、福岡に1年。僕とはちょうど1年ほど前に、ETのWEB経由でお声がけいただき、一度だけ横浜の喫茶店でお話しをしました。彼はその後、福岡に移り住み、僕もちょうど色々な場所と仕事 […]

2013.04.01
古山 隆幸
「復興のカリキュラム」

古山隆幸さんとは年次がほぼ一緒で、学生時代からWEBの仕事をしていたことも共通で、昨夏、石巻2.0の小泉瑛一君に紹介してもらって以来、UX X Talkというハングアウトイベントを石巻工業高校の生徒さん向けに企画したり、 […]

2013.03.27
礒貝 日月
「出版ボン・ボヤージュ」

大学のラグビーの後輩に、「加藤さんに、そいつだけは紹介したい、という人間がいるんです」と言われていて、そういうことをその後輩が言うのも珍しいので、ドキドキしながら丸の内に出かけたのが昨年の秋。礒貝日月君とはそれ以来、同じ […]

2013.03.20
東 宏樹
「揺れやすさ、というファクト」

昨年末出かけたTEDxKeioSFCで、ちょっと懐かしい顔と再会しました。東君は大学の後輩なんですが、例によって社会人になってからの知り合い。鎌倉でこんなことをやってみたい、みたいな話を酒飲みながら聞かせてもらったりして […]

2013.01.29
舟越 奈都子
「アートへのホスピタリティ」

僕が9月に石巻に行ったのは一時画伯というプロジェクトのワークショップのサポートスタッフとしてでした。実は一時画伯に関しては僕はそもそもWEB制作を仕事として請けていて、そういう意味では外部からお手伝いする立場だったのです […]

2013.01.11
植村 百合香
「踏み入って、踏み留まって、踏み進める」

「ちっちゃい怪獣連れて行くね」、そう言われてブリッジフォースマイルというNPOに勤めている友達に紹介されたのが、植村百合香さんでした。初対面の時は別に彼女のプロジェクトの詳細を聞くわけでもなく、ただなんとなくこの子、大物 […]

2012.11.27
坂田 一倫
「Non-Designer UXer」

高校と大学のラグビーの後輩にあたる坂田一倫君。学生の頃からデザインが好きだったようで、ただ、僕とはちょっと違う志向性だったようで。彼の口から、徐々にUXという言葉を聞くようになって、気がつけば、UXの専門家として仕事をす […]

2012.11.18
小野 梨奈
「働き方の未来予想図」

ナンパされたシリーズ。今年に入って、Twitterで仕事のお声がけいただいたのが、フリーランス、Webプロデューサーの小野梨奈さん。とは言え、何となく僕も存じ上げていて、お話したところ、共通の友人の話にもなり、行けそうだ […]

2012.10.04
北見 友和
「続けることを繋げる、繋げることを続ける」

10年前から上永谷にあったレゲエバー、CRISE。歩いて30分ほどの所に住んでいたのに、僕が知ったのはつい昨年のこと。そこのカウンター越しに知り合ったのが、北見友和さんでした。日本料理を銀座で修行し、数千人規模の屋外ライ […]

2012.09.21
山本 泰広
「笑うPMには福来る」

先日、「僕のチームの後輩に酒飲みながら話してもらえませんか?」という、ちょっと風変わりなオファーをくださったのは、ネットサービス企業でプロジェクト・マネージャーをしている山本泰広さん。同じ横浜市民ということもあり、飲みの […]

2012.09.15
marico
「モノを作る、場を作る、時間を作る」

男ですし、そんなにアクセサリーとかは持ってないのですが、maricoさんにオーダーしたグラスループは今も愛用しています。maricoさんとは友人に紹介された社会人サークルみたいなところで知り合って、だから5年ほど前でしょ […]

2012.07.01
中村 こども
「楽しかったら重くないんだ」

「すいません、ピントが合ってませんでした。。。」そんなET Luv.Lab.始まって以来の大失態を犯してしまったのが、今回の中村こどもさんへの取材です。実は僕は中村さんにレンズを一本お借りしていて、だから、そのレンズを借 […]

2012.04.14
黒田 和宏
「企業と個人を結ぶもの」

まだ僕が学生時代にデザイン会社の仕事をパートタイムのスタッフとして手伝っていた頃のこと(別に出社とかなかったけど)。その僕を手伝ってくれていたのが同じSFCに在籍していた1年下の黒田和宏君でした。そこでの仕事が終わって、 […]

2012.03.29
景山 泰考
「ロジックを調律する男」

「やーまん」「やーまん」「やーまん」と本当に知り合ったその日からべったりお世話になっているのが景山君こと、「やーまん」です。お互い何かを説明する時に、いきなり結論を持ち出してもきちんとコミュニケーションが取れる、という意 […]

2012.03.26
浜本 階生
「ソーシャルグラフとアルゴリズムが導く行方」

Blogopolisを知っていますか。10人に見せると10人が「スゲー!」という、僕の経験の中でも類まれなサービスです。それを作っている個人と知り合える!と聞いて、お邪魔した用賀エンジニア焼肉会が浜本さんとの出会いでした […]

2012.03.08
小泉 瑛一
「On the frontline」

小泉君と僕の関係性を説明するに、横浜の飲み仲間です、以上の説明がないのですが、彼が横浜国立大学の建築学生の時に、ひょんなことから知り合って、せっかく地元の若者なので、色々な会に連れて行って、なんか面白いことになればいいな […]

2012.02.21
大嶋 英幹 / 水口 一
「デザインに人の温かみが降りてゆく」

僕が鎌倉でお世話になっている代理人の方が「面白い人達に会いましたよ」とある日おっしゃった。あの時「じゃあ、紹介してください」、その一言が言えなかったら、きっと僕が「はせのわ」に携わることはなかったでしょう。 鎌倉にあるツ […]

2011.11.12
畠山 千春
「見えやすくする、触れやすくする、慈しみやすくする」

僕をして、エコ、という言葉を誰も想起し得ないと思いますが、随分前に、green drinks Tokyoというパーティにうかがった際にご紹介いただいたのが、当時グリーンズでインターン中の畠山さんでした。ちょうど就職活動の […]

2011.10.21
松村 太郎
「その境界を超えてゆけ」

2007年3月、kosukekato.comの読者から一通のメールが届きました。「ブログでナンパした」「ブログでナンパされた」という話は、どこかしこでしている話ではあるのですが、実は中学と大学の後輩であった松村太郎君と知 […]

2011.06.14
徳本 昌大
「コミュニケーションの今」

僕がいつもと少し毛色の違うプロジェクトにアサインしていただいた時に、そのプロジェクトでお世話になったのが、「ソーシャルおじさん」こと徳本昌大さんでした。お仕事の合間にET Luv.Lab.のことをお話ししましたところ、快 […]

2011.04.12
すわ だいすけ
「Still Together」

3月11日、地震がありました。今も余震や原発事故など、予断は許さない状況ではあると思います。いつまでも休眠させずに、ET Luv.Lab.も動かしたい、でも地震の後に、その話を避けて通らず、でもET Luv.Lab.らし […]

2011.03.04
迫田 大地
「人と情報のパッシング・ポイント」

WEBデザイナーの迫田大地さんと付き合いだしたのは遂最近。実はこういう仕事をしている癖にWEBデザイナーの知り合いってとても少ないんです。しかし話してみると、同じ80年生まれということもあり、WEBの入り口から、仕事に転 […]

2011.02.19
丸岡 和人
「次代の起業家精神を描く」

丸岡和人君とは、今は無き、「用賀エンジニア焼肉」で何回かご一緒して以来のご縁です。何となくお互いの仕事を知ってはいたし、出身校も一緒だったので、シンパシーは感じていましたけど、よくよく考えれば今回の取材が2人で仕事につい […]

2010.12.09
小島 希世子
「火の国の女、肥の国の母」

小島希世子さんとは大学時代の親友で、ともすれば悪友で、お酒を飲みながら20歳前後に議論を交わした朋友です。農業の世界を生業にする数少ない友人で、僕もいつも勉強させてもらってます。 2年前の法人設立の際には、僕もCIやWE […]

2010.11.11
原田 均
「社会にコミットするエンジニア」

グラウンドの仲間シリーズ、原田均君は28歳にして既に検索プラットフォームを手掛けるネット企業のCTOで、この夏、僕も会社のWEBサイトを手伝わせてもらいました。原田君の世界を放浪した話、などもかなり面白いのですが、今回は […]

2010.10.07
津下本 耕太郎
「関係性の仕掛け人」

津下本耕太郎さんは数年前に共通の客先でお知り合いになって、なかなか興味分野がかぶっていることもあり、同年代ということもあり、気が付けば意気投合していたという、ビジネスとも言い切れない、プライベートとも言い切れない不思議な […]

2010.09.25
三橋 ゆか里
「I am a TechDoll.」

後輩が独立したと聞き、会ってみたのが半年前。それからあれよあれよという間に活躍されているのがウェブディレクターでライターの三橋ゆか里さんです。先日もYahoo!ニュースに三橋さんが書いた記事が載っていたらしく、一緒に飲ん […]

2010.07.01
須藤 優
「面白い人を拡張する」

形式は違えど、JunkStageというのは、ET Luv.Lab.の良い見本なのだと思うんです。56名のライターを抱え、コラムサイトを運営しつつ、フリーペーパーを出したり、イベントをしたり、新しいサービスも始まるようです […]

2010.06.04
松下 弓月
「非日常性への回路」

「今日はお坊さんと食事に行きます」なんて友人に言うとびっくりされるのですが、松下弓月さんは平塚宝善院の副住職であり、超宗派仏教徒によるインターネット寺院、彼岸寺のメンバーでもあり、最近ではUstreamなどでも積極的にイ […]

2010.05.15
福山 泰史
「アマプロ混在の時代に思うこと」

同世代で自分よりフリーランサー歴が長い人、と言うと、実はそんなに多くはなかったりするのですが、音楽プロデューサーの福山泰史君は僕より2つ年下。 20歳の時に独立し、それから9年もの間、フリーの音楽プロデューサーとして業界 […]

2010.03.09
児玉 哲彦
「アーキテクチャからデザインする」

児玉哲彦さんとは母校のOpen Research Forumというイベントでゲリラトークセッションに飛び入り参加させていただいた時に知り合いました。それから何度かゆっくりお話をする機会が持て、僕はビジネス寄り、児玉さんは […]

2010.02.25
神谷 真人
「芝居と生きる、芝居を生きる」

3年B組16番加藤康祐、3年B組17番神谷真士。中学のクラスメイトで、出席番号が並びだった神谷君と再会したのは社会人になってからでした。話を聞いてビックリ。「脱サラして舞台俳優をしている」とおっしゃる。ある意味、僕とはフ […]

2010.02.23
野口 尚子
「余白を埋める、余白を作る」

各所で話題の僕の似顔絵入り名刺ですが、実は印刷の余白Lab.の野口尚子さんにコーディネートをお願いしたもので、ブラックメタリックの箔押しにグレーのラメ入りの紙がお気に入りで愛用させてもらっています。独立前に知り合いました […]

2010.02.09
小林 朋子
「Twitter文化はサロン文化」

サヴォアール・ヴィーヴルって言葉、初めて耳にする方も多いのではないかと思います。鎌倉でサヴォアール・ヴィーヴルサロン、ロザリウムを主宰されている小林朋子さんは、ETの古くからのお客様で、ご家族の皆様にもいつもお世話になっ […]

2010.02.05
北山 朝也
「エンジニアリングと幸せの定義」

ET Luv.Lab.記念すべき第一回目ゲストはエンジニアの北山朝也君です。北山君とはグラウンドで一緒に汗を流した仲でもあり、社会人になってからも折々で酒を酌み交わしがてら話をしあう親友です。北山君とは付き合いが長いです […]

2010.01.27
加藤 康祐
「人がメディアになる時代」

ブランディングの仕事をしていると、結局最終的にはブランドの価値がいかにして、「人」に反映されるか、ということに勘所があるように思います。何か同じようなことが、スゴイ勢いで情報の世界にも起こっているな、ということを下記の文 […]