坂田 一倫

2012.11.27

「Non-Designer UXer」

坂田 一倫 - 楽天株式会社 UX ストラテジスト / エバンジェリスト

高校と大学のラグビーの後輩にあたる坂田一倫君。学生の頃からデザインが好きだったようで、ただ、僕とはちょっと違う志向性だったようで。彼の口から、徐々にUXという言葉を聞くようになって、気がつけば、UXの専門家として仕事をするようになっておりました。

とは言え、あんまり洒落た話になってもなんですから、そこはラグビー仲間、アメリカンダイナーで肉をほうばることを楽しみに、まずはひとまず、UXについて講釈してもらうことに。チームのキャプテンをしていた当時の彼とは、また違う顔ですね。

UXってなんだ?

【加藤】こないだ若い子とUXの話をする機会があったんだけど、UXがさ、と言ったら、そもそもUXってなんですか?って言われちゃったんだけど、まだあまり市民権はないのかなあという感じもしていて、今、UXについてどういう説明の仕方をしているの?

【坂田】端的によく訳されるのが、その名のとおりユーザの体験です。最近ではUXって固有名詞になってしまっているので、正式名称はユーザ・エクスペリエンスなんですけど、人はもうUXって覚えちゃっているので、しまいにはUIとUXが混同されていたりします。僕は最近ではUX業界じゃない人、サービスをやっているような人と動く時には、UXって言葉を使わないんですよ。どちらかと言うと、カスタマー・エクスペリエンス、ユーザではなくお客様というように位置づけしてあげた方がわかりやすいんですよね。ユーザと言ってしまうと、二の足を踏んでしまうというか。

【加藤】実態がサービスをやっている人にとって掴みづらいということだね。

【坂田】だからカスタマー・エクスペリエンスを作るのをお手伝いする人です、って言ってます。

【加藤】それってでも10年前とかにカスタマー・エクスペリエンスと言ってた頃とは毛色が違うわけだよね。

【坂田】毛色は違いますね。色々な呼び方があって、UXとかカスタマー・エクスペリエンスを向上させるプロセスがISOという国際規格に定義されているんです。HCD。

【加藤】Human Centered Design。

【坂田】古くはWEBサイトのアクセサビリティやユーザビリティをどう向上させるかから始まって、徐々にUXという言葉がそこから派生したんですけど、最終的にHCDはUXの向上を目的としていて、HCDのゴールはUXと位置付けられたんです。それからUCD、UXを向上させるデザインという考え方が生まれてきて。

【加藤】それは、User Centered Designってこと?

【坂田】そうです。ただ、なんでISOではHCDって言ってるかというと、例えば業務支援ツールとか、社内のツールを作る時にユーザって言い方もおかしいでしょう、社内の人間なのに、というところで、UじゃなくてHだよね、Humanだよね、というところでHCDになったんです。そこからまた元に戻っていると思っていて、昨今UCDって言われているものが色々なところに取り入れられてるんです。アジャイル開発は、エンジニアがビジネス価値が見え辛かったり、効率よく開発できないってところから、ユーザのインサイトを取り入れつつビジネスを効率よく回していくためのものです。元々UCDのエッセンスはアジャイル開発に入ってるんです。かつ、ここ1、2年の話で言うと、サービス・デザイン、それはどちらかと言うとサービスサイドの人間が、より良いサービスを作るためにデザイン・シンキングみたいな考え方を取り入れて、サービスを作っていく、ということが行われていますし、サービス・デザイナーという人もいます。

【坂田】サービスのデザインとなると、ユーザだけじゃないんですよね。Eコマースだったら、店舗さんもそうだし、見なきゃいけない相手が増えます。だから突き詰めて考えないといけないのは、UXじゃなくてHX、ヒューマン・エクスペリエンスなんじゃないの?というのに逆戻りしている気がします。もっと大きな枠組で、ユーザだけじゃなく、サービスを充実させるにはどうしたら良いか、ということを考えないといけないと思います。ユーザに取ってのサービスって、それ以外の人が関わっているからこそ成り立つものであって、店舗さんのことも考えないと、お客様に気持ちよく買い物していただけませんし、そういう意味でヒューマン・エクスペリエンスということを言っています。

【加藤】だから、単一のプロジェクトを見ている間では最初言っていたUXみたいな視点でよかったんだけど、例えば会社としてサービス全体を見るとか、事業部として事業全体を見るとか、裾野を広くして言った時にUXという言葉だと足りなくなって来るということだよね。

【坂田】ユーザになっちゃうと視野が狭くなっちゃうんじゃないですかね、どうしても。

【加藤】それはフォーカスの範囲ということだよね。どこからどこまで面倒みるかで、方法論が変わってくるという。

【坂田】そうですね。

【加藤】そういう意味で言うと、楽天でUXをやってる、というイメージがなかなか皆湧きづらいんじゃないかと思うんだよね。でも、単一の楽天のサービスというよりは、もう少し広い視野でやっている仕事なのかね、よくわからないのだけれども。

【坂田】そうですね、横串で見る場合、楽天というグループ全体で見る場合と、縦串で見る場合、サービスごとに縦で見るという場合とを独りでやっています。

【加藤】独りでやってるんだ。

【坂田】そうですね。ただうち47サービスがあるので、全部見れるわけじゃなく、いくつかに絞ってやってるという感じです。よく楽天でUXやってますって言うと、皆さん、いわゆる楽天のページを思い浮かべるわけじゃないですか。でも、中に入ってみて面白いのは、楽天ができたのが1998年。その頃はインターネットが普及してなかった、Eコマースショップなんてなかった、というのが前提で。

【加藤】僕が仕事始めた年ですね。

【坂田】今で言うAmazonもなかったわけですから、こういう風にネットショップをするんですよ、という前提がまずなかった。ユーザビリティって概念も出始めたところだったので。

【加藤】なんだっけ、ヤコブセンじゃなくて、ニールセンじゃなくて。

【坂田】ヤコブ・ニールセンですね。だから前例ない中でエンジニア主導で組んで、そこから派生して今があるんですよ。歴史を辿っていくと、それがデファクト・スタンダードになってしまっていて、逆に言うとあれが使いやすくなっちゃってる。怖いことに、最近痛感しているんですけど、ユーザって学習できるんですよ。学習できるのでロボットじゃないので、確かに一見、楽天のページを見て使い辛いだろうと思うかも知れないですけど、よくよく使ってみると使えるんですよ。

【加藤】実は俺、楽天ダイヤモンド会員でさ。すごい使ってて。あれはデザインとしてどうなの?って話はあるんだろうけど、あれはあれで文化として日本に根付いたのかな、という気がするよね。

【坂田】うちのポータルは置いておいて、それこそ店舗さんのページ、一枚長いじゃないですか。最近、社長が言っているのは、長いことこそアイデンティティだと。うまい言い方をすると、あの一枚で商品の全てを語ってるんですよ。よくよくサイトを分析してみると、ちゃんとストーリーになっているんですよね。丹精込めて作ってますとか、丁寧に包装してますとか、お客様の声をいただいてます、どうかお買い上げいただけますか、という。そういう意味ではUXを意識しているんです。

【加藤】とは言え、僕の立場からしても楽天のやり方がベストだとは言えないと思うんだけれども、楽天のやり方は方法論としてあるし、あれが機能しているところでは機能しているし、逆に言うと、一つのエコシステムの中で、あたるものもあれば、あたらないものもあるわけでしょ。でも少なからずあたるものを出せるというのは、それなりにフェアなプラットフォームになっているのかなという気もするよね。

【坂田】エコシステムの話になりましたけど、サービス間のシナジーとか、楽天って47もサービスやっているので、お客様との接点が増えているんですよ。ショッピング以外のことで。そこをなんかもっとデザインしていきたいなと思います。それこそ本当にエクスペリエンスなので。

【加藤】いわゆる、コンタクト・ポイントってやつだね。

【坂田】そうですね、増えてるので。

エヴァンジェリストからファシリテイターへ

【加藤】あと聞いてみたいなあと思っていたのが、とは言え、僕の周りでUXやってる人って、例えばモバイルデバイスのアプリ系やってたとか、WEBサービスの設計やデザインやってたとか、いるんだけど、ある意味、坂田君ってNon-Designer UXerみたいな感じじゃん。元々デザインの畑にはいたけれども、手を動かすデザインを元からやってない状態でどんどんUXに入ってった。僕らは30代なわけだけれども、これから、最初からUX、という人が増えてくるのかなあという気がしていて、坂田君が今UXの業界へNon-Designerで入っていって、周りには元々デザイナー、という人も多いと思うんだけど、その辺の温度差とかあるのかなとか、逆にやりやすかったりすることとかあるのかな、と思って。

【坂田】そうですね。Non-Designerからのユーザ・エクスペリエンスのスペシャリストってなかなか認められ辛い。そういう意味では当時抵抗はありました。やはり経験が担保するというところもあって、経験から得られる信頼ってあるじゃないですか。

【加藤】いわゆる、実績だよね。

【坂田】となると、ペーペーがUX周りやってます、と言うと、なんじゃおまえ、と突っ込まれる時はありましたね。そういう時に意識したこととしては、確かに僕は深くデザインをやってないですけど、バックグラウンドとして、僕はユーザというより人間そのものを見るようにしてます、という言い方をしていて、僕がサイトを設計したりサービスをデザインしたりする時に意識しているのが、人間がこう考えるからサービスとしてこうあるべきだ、ということなんですね。ベーシックなところに立ち戻ってアプローチするということを最近していて、人間工学とか、脳科学を勉強したり、人間のメンタルモデルや思考プロセスを踏まえてデザインしましょうとか、その領域に入っていかないと、説得力が働かないと思うんですよね。デザインの話になると、誰でも口出しやすいんですよ、システムよりも。見えるので。そうじゃなくて、人間としてはこういったものが使いやすいと思います、ということが言えないと、表に見えるだけの世界をなかなか超えられないので、そういうところを自分の強みにしてやってきた、というところがあります。

【加藤】こないだ、今度やるイベントの話をしていて、僕の仲間が言っていたのだけれど、UXデザインをする人はUXデザインをする人なんだけど、UX自体は皆で考えた方が良いものだ、という言い方をしていて、つまりUXを考える事とUXデザインは違う、ってところもポイントなのかなあと。

【坂田】違うんだと思いますよ。この職種は数年後にはなくなると思いますし、なくなって欲しいです。最近そういう仕事もしていて、デベロッパーの方がアジャイルを取り入れていて、ストーリー・マッピングしてお客様のストーリーを考えましょうとか、開発側の人間もお客様視点になって来ているんですよね。そういうことをやっていくと、僕ら抜きでも実装できるようになる。僕はそれで良いと思ってまして、僕は今中立的な立場で話をしますけど、彼らはサービスにコミットしているので、彼らに主導権があるわけです。ただ、その中で今後どう生きて行くべきかというと、ファシリテイターとかコラボレイターとしての位置付けが一番近いと思っていて、サービス・デザインとかアジャイル開発に、こういう手法を使ってみてはどうですかとか、こう工夫してみてはどうですかとか、ガイドしてあげる位置付けに近いんだと思うんです。さっきの話で言うと、デザインはしない。ただ、皆が考えるファシリテイトをしていくというのは今後の需要としては生まれつつあるかなと思います。

【加藤】古くはIDEO、Method Cardみたいな話で、皆で考えていくというのもそうなのだろうし、僕の昔のボスが、ブランディング・プランナーの仕事は、そこにブランディング・プランナーが必要なくなるようにする仕事、って話をしていたけど、それで似ているのかも知れなくて、今は組織に対するある種のエヴァンジェリストなんだと思うんだけれども、そのフェイズが終わったら次のフェイズがあるかも知れなくて、それがさっき言っていたファシリテイターとかコラボレイターとかいうことかも知れないよね。

【坂田】そうですね。そういう動き方をしていて、数週間前に楽天の全社朝会というのがあって、発表する機会があったんです。ビジネスの事業戦略にUXをどう取り入れるべきかというトピックで5分半、事例を取り入れつつ話したんです。そこで話した内容はカスタマー・エクスペリエンスの話で、お客さんは誰かというのを掴みましょう。その人がいつどこで何をどうしているのか視えるかしましょう、というのを訴えたんです。そうしたらフィードバックがかなりもらえて、うちでも取り入れたいんですけど、という需要もあって、皆さんわかってるんですそれが重要だと。だけど、やり方がわからないとか、わかってるんだけどどう形にしていいかわからないんです。だから、やり方を紹介して、どういう風に取り組むと良いと思いますよ、というファシリテイトが必要なんだと思います。

【加藤】実践するためのプログラムを導入してあげる、ということだよね。

【坂田】需要はあるということはわかったので。

【加藤】Gifteeを手伝っているという話もあったよね。あれはどんな感じでやっているの?

【坂田】Gifteeは正社員じゃないです。一応、アドバイザーとしてやらせていただいているという形ですね。あそこはスタートアップなので、大企業の楽天とはやり方が違うんです。スタートアップのやり方と楽天のやり方、カスタマー・エクスペリエンスの観点でどう違うのか、というのを知りたくて。

【加藤】それは僕も知りたい。

【坂田】スタートアップってやっぱり爆弾をいくつか抱えてるんですよね。資本金が切れちゃうとか、お客さんが来ないとか、次何をしていいかわからないとか、リソース不足だとか。そういうのがある中で、ユーザの母数も少ないので、果たして向かっている方向が正しいのかわからなかったりとか、そもそも成功事例がないので、不確実性が全てにおいて高い中でのユーザ・エクスペリエンスのデザインって、すごい冒険に近いんですよね。楽天であれば、ここをこうするだけで、どれくらいの効果の見込みがあるとか想定できなくはない。データも膨大にありますし。それこそビッグデータ。でもスタートアップには参考になるほどのデータはない。基本、仮説ベースで進むので、繰り返し検証するしかないんですよね。

【加藤】そういう意味では坂田君はGifteeにおいてどういう役回りをしているの?水先案内人というわけにも行かないでしょう。

【坂田】正しい意思決定をするための材料を揃えるということに近いですね。例えば、ユーザ調査を挟むタイミングとか、どこでサービスを変えたらいいか、というような意思決定をするための材料をかき集めるのが僕の仕事です。

【加藤】今日の話を聞いていてすごい思うのが、坂田君のやってる仕事って交通整理なんだよね、多分。

【坂田】本当そうですよ。

【加藤】UXという新しい概念とか、方法論とか、あるいは役割分担かも知れないけれども、そういうものが世の中的に必要とされた時に、役目的に何を担っているかというとすごい交通整理という感じがする。それがいわゆるファシリテーションということだと思うんだけれども、そういうことをやる人は中立である必要があって、中立性を保ちながら、自分がそのことについて一番勉強していますというやり方って、話を聞いていると結構機能しそうだなな、という気が、してきた。

【坂田】自分が自覚していることがもう一つあって、デザインって問題解決じゃないですか。問題があって解決してゴールがあるという。ユーザ・エクスペリエンスのデザインも、問題解決なんですよね。いかに優れたユーザ体験を実現するための問題解決をデザインするかという。だから問題を見つけてあげて、正しく解決するための、交通整理。よく相談受けるのが、UIリニューアルしたいんです、とか、サイトリニューアルしたいんです、ということなんですが、変えたいのわかりました、でも何を変えて何をメッセージとして打ち出しますか、という時に、解決するものがないと、変わったことにならないですし、リニューアルしても、問題が放置されたものだと、変えたことがマイナス面に取られてしまうので、問題を深彫りするところから始めています。最近、デザイン・シンキングって言葉が普及してますけど、僕はデザイン・シンキングの前にロジカル・シンキングだろと思っていて、問題がどこにあって、解決するための論点が何と何と何で、それをどうやって解決するのか、それを解決するためのエビデンスとしての情報は何があるのかというのをきちんと分析して導きだすかというのに取り組んでいます。

【加藤】今聞いてて思ったんだけど、実行部隊は他の人がやるわけじゃん。という時にその実行部隊が動けるように説明材料を揃えるのも坂田君の仕事なんだろうなという感じが今すごいして、問題がどうでこうだから、というところのロジックがはっきりしてないと、動く人たちも動けないよね。

【坂田】要件、を出した時に、なんでこれやるんですか、という説明をする義務があるわけじゃないですか。こういう問題があって、こう解決すれば、こうなるからなんですよ、と話せれば理解してもらえる。そういう共通の問題意識を持つためのファシリテーションが自分の仕事でもあるので。あと共通課題があると、皆が議論に乗りやすいんですよ。

【加藤】同じプラットフォームに乗せてあげるということだよね。共通の言語で喋れないと、というのが、専門の言語を理解しているかということではなくて、共通の問題意識を持っているかということになる。

【坂田】IDEOのデザイン・シンキングも発端はロジカル・シンキングなんですよね。ユーザ・オブ・ザ・ベースで観察をして、問題がどこにあるか突き止めて、そこからブレストをしてアイデアを作って、それを繰り返して。そのプロセスで行われていることはロジカル・シンキングなので。

【加藤】そうするとやはり色々なものを見た方が良いのだろうし、観察力とか洞察力が試させるんだと思うし、坂田君みたいに色々なことに興味があるのは良いことだと思うよ。

【坂田】ミーハーですからね。

【加藤】ああ、僕もミーハー。

UXerを偏在させる

【加藤】ミーハーついでに、もう一つ話がしたかったのが、最近、Chiris Andersonが『MAKERS』出して、3Dプリンタとか使って、色々な人が世の中を革新できるハードウェアを作れるかも知れない、という時に、この国はずっと「モノ作り日本」と言われていて、基本的にはハードウェアを作って国を育ててきたわけでしょう?というところで、UXというものが、最初はOSのUIから始まり、ブラウザが出て来て、WEBデザインがあって、実はそれと並行してゲームの話があると思うだけれども、そういう経緯を辿ってきた中で、ハードウェアそのものにUXがどういう影響を与えられるかというのがすごい興味があって、坂田君はどう思っているのかなあと。

【坂田】そうですね。設計している側としてはかなりハードウェアに対しては限界があると思っていて、WEBサイトというのを見ると、最近はデバイスが増えてきましたけど、基本的にはモニタとマウスとキーボード、というハードウェアのインターフェイスは変わらないわけですよね。

【加藤】タッチデバイスは出てきたにしろ。

【坂田】結局それらありきになっちゃう。僕、本来やりたいのはハードウェアからの設計。Appleがやったように、ハードウェアからソフトウェアまでに完全なエクスペリエンスを提供する、ハードウェアに最終的には手をつけないと優れたものはできないと思うんです。机と椅子でパソコンに向かっている、という状態で使ってもらいたいんだっけ、このサービス、もっとカジュアルにフィンガー・ティップ・ユーザビリティで気軽にブラウジングしながら買えればいいよね、と思うと、ハードウェアから携わりたくなる。だから向かっている方向としてではありだと思いますし、良い方向に向かっているなと思います。

【加藤】それはわかりやすい話だとパソコンの周辺とか、AV機器とか、ゲームとかだと思うんだけど、例えば生活家電とかどう?

【坂田】そうですね。スマートフォンで冷蔵庫のエコがわかるとか、洗剤の量を調整できるとか、身近なデバイスを経由して、操作ができるというのはありだと思うんですよ。ただ惜しいなと思うのは、デバイスならではの特性を活かしてなくて、モバイルデバイスって通信だから本来的には遠隔操作が味噌なんですよ。今いるスーパーから家の冷蔵庫の中身が確認できたりとかするのが潜在的なニーズだと思うんですけど、そこまで辿り着いてない感じがします。それは多分ハードの限界があるから、通信の限界があるからだと思っていて、それさえとっぱらってしまえば、僕は良いと思っています。

【加藤】それはジャストアイデアなんだけど、僕が思うのは、冷蔵庫を作っている人達には冷蔵庫を作っている人達のロジックがあって、モバイルデバイスを作っている人達にはモバイルデバイスを作っている人達のロジックがあって、今両方の専門事業部から人が出てきて、じゃあどうしましょうかね、ということをやっているんだと思うんだけれども、そこにファシリテーターが必要なんじゃないかと思うんだよね。それが単純に情報家電という話じゃなくて、ちゃんとUXを、例えば一人暮らしの僕の家でどういう風に実践したらいいんですかというペルソナが考えられる人が多分必要で、そういうことができる人達がそういうところにポツポツポツって入っていければ面白いんじゃないかなあと。

【坂田】まさに会社で言うとサービス事業部とサービス事業部をかけ持つということに近くて、2つあるとお互いが違う目的に向かって走るので、どうしても食い違っちゃうんですよね。だから間に立つ人とか、合併会社作るとか、していかないと、お客様の声には応えられないんじゃないかと思います。

【加藤】だから横串と縦串って話だよね。まさに。だから面白いと思うのは、坂田君がUXに対して今楽天でやっているようなやり方をあんまりする立場にある人がいないんじゃないかなあ、という気がしていて、これから坂田君みたいな動き方というか、組織での位置付けをもらえる人が、色々な会社に増えていったりすると、面白いんじゃないかな、という気が話を聞いててしたな。

【坂田】逆にファシリテーターとしての価値を理解してもらうのは難しいんですよ。アウトプットがないから。

【加藤】それさ、ファシリテーターを育てるにはどうしたら良いと思う?坂田君もそろそろ30歳近くなってきたわけだしさ。

【坂田】多分、役職にとらわれずに、本質を捉えられているかだと思っていて、それができるなら所属はどこでも良いと思うんですよね。根底にある考え方とか見方を失わないようにするにはどうしたらいいかというのを常に意識していて、そういう人が次代を担うと思うんですよ。僕がよく言うのは、エゴを捨てる人ということで。

【加藤】ある意味での美学だよね。

【坂田】そうその美学を捨てれる人。自分が評価されることも必要なんだけれども、僕はUXデザイナーなので、こういうことができます、させてください、ではなくて、あくまでも手法なので、自分の全体における立ち位置を理解して、エゴを捨てて、何のためにやるのか常に把握しながら全体のバランスを見て取り組む、というのが大事だと思います。だからラグビーに近いですね。

【加藤】西洋医学って対処療法なわけじゃん。問題が顕在化したら手術するなり薬を投与するなりする。東洋医学って言うのは体調が悪くなるきらいがある時に、それを顕在化する一歩手前で見つけて、それに対して予防の手を打っていくって話じゃない。UXの話って、なんか骨折りました、みたいなことを解決するって言うよりも、そういう病巣の芽になるものを見つけて、早めに対策してあげるってことなのかなあと。

【坂田】やってることは医者に近いので。

【加藤】さっきも言ってた問題を見つけるというのは、見えやすい状態になってれば皆わかるでしょう。そういう話ではないってことだよね、UXの話って。それをやっていくと中長期的に良い結果が見込めるんじゃないかという。

【坂田】骨折しませんよ、と。どうしても中長期的になってしまうんですよね。

【加藤】短期的な成果が見え辛い。

【坂田】見え辛い。どうしても事業者の立場からすると短期的に効果が見えるものを求められるんです。長い目で見て、というのは費用対効果が見え辛いというのがあるので。そういう時の説得材料は毎回迷いますけどね。

【加藤】それは先輩が常に正解を持っている、という業界でもないわけだから、試行錯誤の中でやっていくしかないわけでしょう。

【坂田】そうですね。後はそれありきで、スタートアップとかに入っておくという。そういうポジショニングを確保するのも重要だと思います。

【加藤】ところで今週29日にイベントがあるんですよ。石巻工業高校の生徒さんにUXを教えるという、割とチャレンジングな内容で、何か坂田君として思うところがあれば。

【坂田】僕だったら、より身近に感じてもらえるようなことをやりたいですね。普段から自分たちも一人の客として人間として、UXは常に身の周りにあるものなんですよ、ということを理解してもらいたい。災害の経験とか、カフェで友人と話す時とか、家での親との会話とか、そういった体験を視える化してもらいたい。なんでそう思うんでしたっけ、という。それってデザインされているものかも知れないし、何を以てそういう経験をしたのかということを、絵日記みたいにしたら良いと思う。絵日記もすごいエクスペリエンスなんですよね。

【加藤】あれはすごいそうだよね。

【坂田】そういう身近になるものなんですよというのを、理解してもらいたくて、そこに目をつけてデザインをしている人もいるんですよ。それが僕みたいな職種であって、そういうことを加味してデザインするのがUXのデザインなんですよね。

【加藤】そうやって、ある意味、すごくつまらないことが最先端になってしまったというか、良くも悪くもね。本当はすごい身近で当たり前のことを言ってる話じゃない。UXの話って。それがすごい特別なものになりかけちゃっているのを、うまく人が自分の仕事や暮らしと紐付けて考えられるようになるといいなあと思う。

【坂田】恋愛とかもそうじゃないですか。あの子と付き合いたい。あの子とどうしたら付き合えるか。どうしたら喜んでもらえるか。あれも完璧にエクスペリエンスであって、デザインしたのは自分なんですよね。そういった本来普通に持っている力をいかに身近なものにできるか。全然特別じゃなくて、身の周りにある、皆がやっていることなんだと思います。

【加藤】当たり前なんですよね、というのがもう少し当たり前になったら、日本のモノ作りも変わってくるのかなとも思うけど、そこまではまだまだ険しい道程のようにも思うので、頑張ってください。

【坂田】頑張ります。

坂田 一倫(サカタカズミチ)

1984年、ブラジル生まれアメリカ育ち。楽天株式会社に務める UX ストラテジスト / エバンジェリスト。2012年4月より株式会社ギフティの UX アドバイザーを兼務。インターネットメディア企業でユーザエクスペリエンス設計業務を担当する人が集うコミュニティ ShibuyaUX を主宰。HCD-Net 認定 人間中心設計専門家。Web サイトからモバイルまでを含めた戦略立案、ファシリテーションを行う傍ら、人間中心設計思想の導入と普及を目的とし、インターネット企業に出向いて人間中心設計ワークショップを担当。

現在は来年2月に開催予定の情報アーキテクチャのコミュニティに関わる人々を結集するイベント World IA Day (WIAD) のコーディネーターとして活動中。

2016.08.28
渡邊 享子
「トントンカラリと回すサイクル」

石巻に出かけるようになって、何人もの若ものと知り合って来ました。そのうちの一人が渡邊享子さん。震災直後からゼミ生として石巻に入って、この5年間、石巻に住み、石巻に根ざして、街のことに取り組んで来た一人です。 これまでにユ […]

2016.08.23
モリジュンヤ
「広義の編集、狭義の編集」

その存在は意識していた、って書くとなんか大袈裟だけれど、フリーランスとして仕事しつつ、気になっていた人の一人がモリジュンヤ君でした。とても筋の良い仕事をする人だなと思って眺めていた。 そんなジュンヤ君と昨年末少ししっかり […]

2016.08.18
鵜川 洋明
「水、流るるを、樂しむ」

僕も関わる児童養護施設を退所する若もののための奨学金支援プログラム、カナエールでトレーニングチームのリーダーをしているのが、うーさんこと鵜川洋明さんです。カナエルンジャー(奨学生)とエンパワチーム(社会人ボランティア)が […]

2016.01.15
太田 サヤカ
「問うデザイン、問われるデザイン」

以前、ET Luv.Lab.で取材させていただいた、イトナブの古山さんから、僕や仲間内のデザイナーのところを1日ずつ、新入社員を武者修行して回らせたいというご相談をいただいたのが2年前の春のこと。トランク片手に仙台から東 […]

2015.08.07
井口 拓磨
「聴こえてくる音楽、その風景」

水族館の音楽のデザイン、そんな少し変わった仕事をしている人を、以前中華街で紹介してもらいました。僕はそこでサウンドスケープ、という言葉を初めて教えてもらいました。音のランドスケープ?、なかなか難しそう。 僕は楽器がからき […]

2015.06.22
葛原 信太郎
「編集が生むのは、活力」

「あれ、Twitterが似顔絵のアイコンの人ですよね?」久し振りに言われたなと思いました。 仕事仲間の鎌倉オフィスのオープニングパーティで知り合った葛原信太郎君は、アースガーデンというメディアの編集長。ただ、日本の「揺れ […]

2015.05.26
小高 朋子
「作り手の担い手」

「仕事の相談があるのですがー」、久し振りにご連絡いただいた小高朋子さん。Facebookで全国津々浦々飛び回っているのは拝見していて、いずれまたお話したい人の一人でした。じっくり腰を据えて話すのは、実は今回の取材がほぼ初 […]

2015.05.17
網谷 勇気
「カミングアウトが拓くもの」

実行委員として関わっている児童養護施設からの進学を応援する奨学金支援プログラム、カナエールで一緒に仕事することになったのが、網谷勇気さんでした。プロジェクト内では皆ニックネームなので、今回の取材でも「あーみー」と呼んでい […]

2014.03.20
中村 優
「旅するレシピ」

中村優さんと出会ったのは、クライアントのレストランでのディナー・パーティの時でした。隣の席にたまたま座っていた優さんとは当然初対面で、ただ、なんか美味しそうに美味しそうなものの話する人だなあと思っていて、でもお互いあんま […]

2014.01.01
山本 浩司
「歴史家が紐解くプロジェクト・デザインいまむかし」

浩司君がTEDに出る。そんな話を聞いたのは2年前のことですか。イギリスで歴史家として産業革命時代の経済や商業の歴史を研究する山本さんとは、頻繁には会わずとも、たまに飯を食いながら意見交換する仲です。歴史家という響きとは裏 […]

2013.12.24
岡崎 研太郎
「アートがもたらす医療現場へのエンパワーメント」

あれは今から数年前のこと。クライアントのご親族にお医者様がおられて、僕に仕事の相談があるとおっしゃる。お医者様からの仕事というので、病院か、学会か、と思いきや、ご相談されたのは「糖尿病劇場」という何ともユニークなプロジェ […]

2013.11.03
村上 玲子
「人、そこに在る暮らし、そこを巡るは旅人」

村上玲子さんは、お世話になっている方が開いた懇親会でお話しする機会があって、ただ、ソーシャル・メディアでは繋がりつつも、以降お会いする機会はなく。なんですが、僕があっち行ってると、翌日くらいから玲子さんがそこにいるのをソ […]

2013.10.10
茂木 隆宏
「横浜の創造力の舳先に」

横浜在住で自宅勤務であるにもかかわらず、これまで横浜で仕事したのは片手で数えられるほど。ちょうど、この1年くらい、少し横浜で何か行われているのか、ということに興味を持ってから、よく耳にしていた名前が「ノガン」という会社で […]

2013.05.20
越水 大輔
「ローカルにコミットする躍動感」

越水大輔さんはフリーランスのWEBデザイナーで、福岡に1年。僕とはちょうど1年ほど前に、ETのWEB経由でお声がけいただき、一度だけ横浜の喫茶店でお話しをしました。彼はその後、福岡に移り住み、僕もちょうど色々な場所と仕事 […]

2013.04.01
古山 隆幸
「復興のカリキュラム」

古山隆幸さんとは年次がほぼ一緒で、学生時代からWEBの仕事をしていたことも共通で、昨夏、石巻2.0の小泉瑛一君に紹介してもらって以来、UX X Talkというハングアウトイベントを石巻工業高校の生徒さん向けに企画したり、 […]

2013.03.27
礒貝 日月
「出版ボン・ボヤージュ」

大学のラグビーの後輩に、「加藤さんに、そいつだけは紹介したい、という人間がいるんです」と言われていて、そういうことをその後輩が言うのも珍しいので、ドキドキしながら丸の内に出かけたのが昨年の秋。礒貝日月君とはそれ以来、同じ […]

2013.03.20
東 宏樹
「揺れやすさ、というファクト」

昨年末出かけたTEDxKeioSFCで、ちょっと懐かしい顔と再会しました。東君は大学の後輩なんですが、例によって社会人になってからの知り合い。鎌倉でこんなことをやってみたい、みたいな話を酒飲みながら聞かせてもらったりして […]

2013.01.29
舟越 奈都子
「アートへのホスピタリティ」

僕が9月に石巻に行ったのは一時画伯というプロジェクトのワークショップのサポートスタッフとしてでした。実は一時画伯に関しては僕はそもそもWEB制作を仕事として請けていて、そういう意味では外部からお手伝いする立場だったのです […]

2013.01.11
植村 百合香
「踏み入って、踏み留まって、踏み進める」

「ちっちゃい怪獣連れて行くね」、そう言われてブリッジフォースマイルというNPOに勤めている友達に紹介されたのが、植村百合香さんでした。初対面の時は別に彼女のプロジェクトの詳細を聞くわけでもなく、ただなんとなくこの子、大物 […]

2012.11.27
坂田 一倫
「Non-Designer UXer」

高校と大学のラグビーの後輩にあたる坂田一倫君。学生の頃からデザインが好きだったようで、ただ、僕とはちょっと違う志向性だったようで。彼の口から、徐々にUXという言葉を聞くようになって、気がつけば、UXの専門家として仕事をす […]

2012.11.18
小野 梨奈
「働き方の未来予想図」

ナンパされたシリーズ。今年に入って、Twitterで仕事のお声がけいただいたのが、フリーランス、Webプロデューサーの小野梨奈さん。とは言え、何となく僕も存じ上げていて、お話したところ、共通の友人の話にもなり、行けそうだ […]

2012.10.04
北見 友和
「続けることを繋げる、繋げることを続ける」

10年前から上永谷にあったレゲエバー、CRISE。歩いて30分ほどの所に住んでいたのに、僕が知ったのはつい昨年のこと。そこのカウンター越しに知り合ったのが、北見友和さんでした。日本料理を銀座で修行し、数千人規模の屋外ライ […]

2012.09.21
山本 泰広
「笑うPMには福来る」

先日、「僕のチームの後輩に酒飲みながら話してもらえませんか?」という、ちょっと風変わりなオファーをくださったのは、ネットサービス企業でプロジェクト・マネージャーをしている山本泰広さん。同じ横浜市民ということもあり、飲みの […]

2012.09.15
marico
「モノを作る、場を作る、時間を作る」

男ですし、そんなにアクセサリーとかは持ってないのですが、maricoさんにオーダーしたグラスループは今も愛用しています。maricoさんとは友人に紹介された社会人サークルみたいなところで知り合って、だから5年ほど前でしょ […]

2012.07.01
中村 こども
「楽しかったら重くないんだ」

「すいません、ピントが合ってませんでした。。。」そんなET Luv.Lab.始まって以来の大失態を犯してしまったのが、今回の中村こどもさんへの取材です。実は僕は中村さんにレンズを一本お借りしていて、だから、そのレンズを借 […]

2012.04.14
黒田 和宏
「企業と個人を結ぶもの」

まだ僕が学生時代にデザイン会社の仕事をパートタイムのスタッフとして手伝っていた頃のこと(別に出社とかなかったけど)。その僕を手伝ってくれていたのが同じSFCに在籍していた1年下の黒田和宏君でした。そこでの仕事が終わって、 […]

2012.03.29
景山 泰考
「ロジックを調律する男」

「やーまん」「やーまん」「やーまん」と本当に知り合ったその日からべったりお世話になっているのが景山君こと、「やーまん」です。お互い何かを説明する時に、いきなり結論を持ち出してもきちんとコミュニケーションが取れる、という意 […]

2012.03.26
浜本 階生
「ソーシャルグラフとアルゴリズムが導く行方」

Blogopolisを知っていますか。10人に見せると10人が「スゲー!」という、僕の経験の中でも類まれなサービスです。それを作っている個人と知り合える!と聞いて、お邪魔した用賀エンジニア焼肉会が浜本さんとの出会いでした […]

2012.03.08
小泉 瑛一
「On the frontline」

小泉君と僕の関係性を説明するに、横浜の飲み仲間です、以上の説明がないのですが、彼が横浜国立大学の建築学生の時に、ひょんなことから知り合って、せっかく地元の若者なので、色々な会に連れて行って、なんか面白いことになればいいな […]

2012.02.21
大嶋 英幹 / 水口 一
「デザインに人の温かみが降りてゆく」

僕が鎌倉でお世話になっている代理人の方が「面白い人達に会いましたよ」とある日おっしゃった。あの時「じゃあ、紹介してください」、その一言が言えなかったら、きっと僕が「はせのわ」に携わることはなかったでしょう。 鎌倉にあるツ […]

2011.11.12
畠山 千春
「見えやすくする、触れやすくする、慈しみやすくする」

僕をして、エコ、という言葉を誰も想起し得ないと思いますが、随分前に、green drinks Tokyoというパーティにうかがった際にご紹介いただいたのが、当時グリーンズでインターン中の畠山さんでした。ちょうど就職活動の […]

2011.10.21
松村 太郎
「その境界を超えてゆけ」

2007年3月、kosukekato.comの読者から一通のメールが届きました。「ブログでナンパした」「ブログでナンパされた」という話は、どこかしこでしている話ではあるのですが、実は中学と大学の後輩であった松村太郎君と知 […]

2011.06.14
徳本 昌大
「コミュニケーションの今」

僕がいつもと少し毛色の違うプロジェクトにアサインしていただいた時に、そのプロジェクトでお世話になったのが、「ソーシャルおじさん」こと徳本昌大さんでした。お仕事の合間にET Luv.Lab.のことをお話ししましたところ、快 […]

2011.04.12
すわ だいすけ
「Still Together」

3月11日、地震がありました。今も余震や原発事故など、予断は許さない状況ではあると思います。いつまでも休眠させずに、ET Luv.Lab.も動かしたい、でも地震の後に、その話を避けて通らず、でもET Luv.Lab.らし […]

2011.03.04
迫田 大地
「人と情報のパッシング・ポイント」

WEBデザイナーの迫田大地さんと付き合いだしたのは遂最近。実はこういう仕事をしている癖にWEBデザイナーの知り合いってとても少ないんです。しかし話してみると、同じ80年生まれということもあり、WEBの入り口から、仕事に転 […]

2011.02.19
丸岡 和人
「次代の起業家精神を描く」

丸岡和人君とは、今は無き、「用賀エンジニア焼肉」で何回かご一緒して以来のご縁です。何となくお互いの仕事を知ってはいたし、出身校も一緒だったので、シンパシーは感じていましたけど、よくよく考えれば今回の取材が2人で仕事につい […]

2010.12.09
小島 希世子
「火の国の女、肥の国の母」

小島希世子さんとは大学時代の親友で、ともすれば悪友で、お酒を飲みながら20歳前後に議論を交わした朋友です。農業の世界を生業にする数少ない友人で、僕もいつも勉強させてもらってます。 2年前の法人設立の際には、僕もCIやWE […]

2010.11.11
原田 均
「社会にコミットするエンジニア」

グラウンドの仲間シリーズ、原田均君は28歳にして既に検索プラットフォームを手掛けるネット企業のCTOで、この夏、僕も会社のWEBサイトを手伝わせてもらいました。原田君の世界を放浪した話、などもかなり面白いのですが、今回は […]

2010.10.07
津下本 耕太郎
「関係性の仕掛け人」

津下本耕太郎さんは数年前に共通の客先でお知り合いになって、なかなか興味分野がかぶっていることもあり、同年代ということもあり、気が付けば意気投合していたという、ビジネスとも言い切れない、プライベートとも言い切れない不思議な […]

2010.09.25
三橋 ゆか里
「I am a TechDoll.」

後輩が独立したと聞き、会ってみたのが半年前。それからあれよあれよという間に活躍されているのがウェブディレクターでライターの三橋ゆか里さんです。先日もYahoo!ニュースに三橋さんが書いた記事が載っていたらしく、一緒に飲ん […]

2010.07.01
須藤 優
「面白い人を拡張する」

形式は違えど、JunkStageというのは、ET Luv.Lab.の良い見本なのだと思うんです。56名のライターを抱え、コラムサイトを運営しつつ、フリーペーパーを出したり、イベントをしたり、新しいサービスも始まるようです […]

2010.06.04
松下 弓月
「非日常性への回路」

「今日はお坊さんと食事に行きます」なんて友人に言うとびっくりされるのですが、松下弓月さんは平塚宝善院の副住職であり、超宗派仏教徒によるインターネット寺院、彼岸寺のメンバーでもあり、最近ではUstreamなどでも積極的にイ […]

2010.05.15
福山 泰史
「アマプロ混在の時代に思うこと」

同世代で自分よりフリーランサー歴が長い人、と言うと、実はそんなに多くはなかったりするのですが、音楽プロデューサーの福山泰史君は僕より2つ年下。 20歳の時に独立し、それから9年もの間、フリーの音楽プロデューサーとして業界 […]

2010.03.09
児玉 哲彦
「アーキテクチャからデザインする」

児玉哲彦さんとは母校のOpen Research Forumというイベントでゲリラトークセッションに飛び入り参加させていただいた時に知り合いました。それから何度かゆっくりお話をする機会が持て、僕はビジネス寄り、児玉さんは […]

2010.02.25
神谷 真人
「芝居と生きる、芝居を生きる」

3年B組16番加藤康祐、3年B組17番神谷真士。中学のクラスメイトで、出席番号が並びだった神谷君と再会したのは社会人になってからでした。話を聞いてビックリ。「脱サラして舞台俳優をしている」とおっしゃる。ある意味、僕とはフ […]

2010.02.23
野口 尚子
「余白を埋める、余白を作る」

各所で話題の僕の似顔絵入り名刺ですが、実は印刷の余白Lab.の野口尚子さんにコーディネートをお願いしたもので、ブラックメタリックの箔押しにグレーのラメ入りの紙がお気に入りで愛用させてもらっています。独立前に知り合いました […]

2010.02.09
小林 朋子
「Twitter文化はサロン文化」

サヴォアール・ヴィーヴルって言葉、初めて耳にする方も多いのではないかと思います。鎌倉でサヴォアール・ヴィーヴルサロン、ロザリウムを主宰されている小林朋子さんは、ETの古くからのお客様で、ご家族の皆様にもいつもお世話になっ […]

2010.02.05
北山 朝也
「エンジニアリングと幸せの定義」

ET Luv.Lab.記念すべき第一回目ゲストはエンジニアの北山朝也君です。北山君とはグラウンドで一緒に汗を流した仲でもあり、社会人になってからも折々で酒を酌み交わしがてら話をしあう親友です。北山君とは付き合いが長いです […]

2010.01.27
加藤 康祐
「人がメディアになる時代」

ブランディングの仕事をしていると、結局最終的にはブランドの価値がいかにして、「人」に反映されるか、ということに勘所があるように思います。何か同じようなことが、スゴイ勢いで情報の世界にも起こっているな、ということを下記の文 […]