舟越 奈都子

2013.01.29

「アートへのホスピタリティ」

舟越 奈都子 - 一時画伯推進委員会 副推進委員長 事務局長

僕が9月に石巻に行ったのは一時画伯というプロジェクトのワークショップのサポートスタッフとしてでした。実は一時画伯に関しては僕はそもそもWEB制作を仕事として請けていて、そういう意味では外部からお手伝いする立場だったのですが、去年の夏を境に、メンバーとして中に入ってお手伝いすることになったのです。その一時画伯推進委員会の副推進委員長であり、事務局長を務めるのが、舟越奈都子さんです。

一時画伯には色々な人達がいて、それぞれに一時画伯のことを聞いたらそれぞれに面白い話が聞けると思うのですが、どうしようという時に、割と素直に舟越さんに聞きたいという僕の動機もありまして。そういう目論見自体もインタビューに見え隠れしていますが、舟越さんの会社近くの鳥からあげの専門店で、ジョッキ片手に語らった、事務局長とのお話です。

アーティストによる子ども向けワークショップ プロジェクト、一時画伯

【加藤】唐桑でのワークショップが昨年内最後だったんですね。あれは何名で行かれたんですか。

【舟越】一時画伯の役員から、私、流 麻二果、田中裕人、担当アーティストの渡辺元佳さん、フォトグラファーさんとデザイナーさん、ですから東京からは6人。現地で合流した宮城大関係の人達が4人。

【加藤】あの時、写真素敵でしたよね。

【舟越】そのフォトグラファーさんが渡辺さんの仲良しの友達で、元々、9月の石巻も行こうとしてたんですね。

【加藤】僕が伺ったやつですね。

【舟越】そうそう、一時画伯での渡辺さんのワークショップや子ども達を撮りたいと言ってくれていて。ただ、フリーのフォトグラファーなので、日程調整がなかなか難しくて。2回調整して、2回とも調整つかなかったんですけど、3回目の正直だったんですよ、今回。

【加藤】一時画伯って基本的に専従の人はほとんどいないというか、皆さんお仕事持ってらっしゃいますものね。そういう意味じゃ常時見てるのって舟越さんくらいですよね。

【舟越】私、会社にいる時にもやらせてもらっていて、今の会社との縁も一時画伯からなので。

【加藤】今、一時画伯ってどういう説明の仕方をしているんですかね。

【舟越】基本のコンセプトは子ども達のためにアートのないところにアートを、ということですね。一時画伯の発起人で画家の流 麻二果もそうだし、私もそうなんですけど、家族や親戚にアート関係の人間がいるので、小さい時に美術館などに連れていってもらったりとか、アートに触れることのできる環境に育っているけれど、一方で、美術館に一回も行かない子たちって、結構普通だったりするじゃないですか。でもそれじゃもったいないよね、ということ。小さい時にアーティストという何かをクリエイトすることを生業としている人に出会って、なにか作ったなという思い出や時間を共有して欲しいんです。上手い下手じゃなくて、作って楽しい、アートって楽しい、という気持ちを芽生えさせる。「アーティストになって」、ということではなくて、こういう世界もあるんだよ、ということに触れてもらうというのがメインのコンセプトです。ただ、震災後に集まったメンバーなので、今は復興支援という形で東北を中心に活動をしているということですね。

【加藤】そういう話って、震災の前から流としていた話だったんですか?

【舟越】全然していなくて、彼女との出会いは前の職場で私が美容師さん向けのイベントと雑誌を作っていて、美容師さんとアートをもっと繋げたいというのがあったんです。その時に美容師さんを話の聞き手にして、アーティストとのトークイベントをしたいと思ったんですよ。美容師さんもクリエイターだから、クリエイト、作るということが共通。カタチを生み出す、ということが。ただ、アーティストが美術評論家とかと対話すると、オーディエンスにとっては難しく距離を感じる話になってしまう可能性が高い、読者とイベント参加者は、基本的には美容師さんや美容学生さんだったので、自分と同じ立場にある人がアーティストに話を聞くイベントをシリーズでやりたいと思って。アートキュレーター・ディレクターの清水敏男さんの事務所の方に、こういうイベントをやりたいんだけれども、誰か良いアーティストさんいませんかと相談したところ、紹介してもらったのが流だったんですよ。美容師さんを「チャライ感じの、アートなんてよくわかってない人たちでしょ」と決めつける人ではなくて、違う分野でクリエイトしているということを、面白がってくれるというか、一緒にクリエイターとして位置づけるアーティストさんを探していて。そこで流と出会ったんです。

【舟越】その後、TwitterとかFacebookでは繋がっていて、震災があった時に流が子ども達の心のケアが心配だから、ワークショップをやりたい、というのをアップしていて、それに私を始めとして、そうだそうだ、と賛同した人の中から、最初に戦力になる人ということで、イベント企画している人間とか、キュレーター事務所にいる人間とかを彼女がピックアップして、集めて、最初は流とキュレーター事務所の中村と私で集まって話しているうちに、中村が田中を呼ぼうと言ったんです。彼は活動や団体を組織化するということをやって来ているから、皆繋がって、やりましょうということになり、そこで規約などを作って、団体としてスタートしたというのが最初です。

【加藤】あれですね、子どもの時に体験していたアートとの接点を作るということを、一時画伯で初めて挑戦した、というよりは、結構今までの仕事の中で、そういうことを試みてきたってことですね。

【舟越】そうですね。面白いことに私はアートを作る人間ではないんですけど、一応美大を出ていて、ただものすごい作るの苦手なんです。絵を描いたりとか、工作したりというのがすごい苦手で、ただデザインすることは好きだから行けたんですけど。学校の成績は本当に悪くて、図工、ずっと3とかだったんですけど。カトリックの学校だったので、小学校の図工の先生がシスターだったんです。クラスで器用な子っているじゃないですか。そのシスターが、その子と私を良い例、悪い例って比較したんですよ。こちらはこんなに早くて上手いのに、舟越さんはまだこんなことやってるんですか、みたいな感じで。小学校低学年にしたらすごくショックじゃないですか。しかも、優しいと思いがちなシスターに...。

【加藤】トラウマ、ってやつ?

【舟越】うん、えっ、という。そういう経験がたまたまあって、一時画伯で最初のワークショップをやった後に、スタッフの人と飲みながら打ち上げをしていた時に、結構そういう経験を皆持っている話になって。アートの現場に関わっていながら、そういう経験を持っている人が何人かいて、でも一時画伯でやる以上、そうじゃいけない。

【加藤】ある種の反面教師というか。

【舟越】上手いから良いよじゃなくて、甲乙はつけたくないんですよ。「これかっこいいね」とか「これかわいいね」とかはあるんですけど、「これじゃだめだよ」って言う。そうならないように見てあげる。絵の具とかも「これとこの色を合わせたら綺麗なんじゃない?」とか、あくまで主体は子どもなのだけど、混色の仕組みがわからない年齢の参加者も多いので、「これとこれを合わせたら真っ黒になるだけ」というのは避ける。そういう絵の具を傍に置いておいたりとか、「どの色が好き?」って聞くとか、強制はしないでその時間を楽しめるようにして点数は絶対つけないというのがスタッフ皆に共通してもらっている意識です。

【舟越】ワークショップのプログラムは、アーティストが作っていて、小難しいことはやらないワークショップになるんですけど、例えば渡辺さんは、すごくストーリーがあるんですね、彼のワークショップって。カキがモチーフだとしたら、こういう気持ちになるんじゃない、とか、相手のことを考えて作ってくれるから、そういう意味で制限は全然ないんだけどその子のペースで自由にできるという感じでやってくれてます。彼のキャラクターもあるけど、こうしなさい、こうしなさい、じゃないので、それはすごく一時画伯のコンセプトをわかってくれている。アーティストではない人がお絵かき教室をやります、というのとは違いますよね。オリジナルの何かというのが絶対生まれるようになっているので。

【加藤】舟越さんの話聞いていると、結構「アーティストじゃないので」って出てくるんですけど、逆にそこの立ち位置を明確にされてるから、すごいなあと思って。

【舟越】見ると全然違うなって思いますよ。渡辺さんだけではなく流も山上さんも岸本さんも、私がこれまで立ち会ったワークショップのアーティストは、間違いなく全員そうです。この人が筆を持ったらとか、粘土を握ったらとか、そこから生み出されるだろうっていう瞬間がアーティストさんにはあるんですよ。私にはない。なんかすごいものが生まれるぞっていうのがワクワクする。その瞬間というのを色々な人達に体験してもらいたいというのはありますね。

舟越さんの行程表

【加藤】アーティストによるワークショップだから、ってところはあるんですけど、一方ででも回していくのに、舟越さんがやっておられることも絶対必要だなあと思っていて、多分、チームスポーツじゃないですか。一時画伯でやってることって。そこでうまい役割分担ができてるのがすごい面白いなと思っていて。僕が行った時の行程表が出てきたじゃないですか。すごいなあと思って。

【舟越】あれ、やらない人はやらないで済むんですよ。私はそれは性格です、完全に。特に加藤さんが行かれた石巻の時は、自分が行かないっていうのがわかってるんだけど、前準備しているのは私で。ということは、どういうやり取りがあって、どうなってるのかということを確実に伝えないといけないわけですね、行く人に。となると、どういう荷物があって、どういう工程で、どういう人が関わっていて、誰に対して何を決めてどういう風に動いてもらわないといけないのか、というのが私がいなくても見てわかるようにしないといけないので。

【加藤】ですよね。あれ意図が組み込まれている行程表だなと思って。僕もたまにイベントの立ち会いとか、ビジネスでツアーみたいなことに帯同する機会もあるんですけど、今回のが一番よくできているというか、動きやすい感じがして、だから舟越さんに一回インタビューしたいと思ったんです。

【舟越】ありがとうございます。でもね、あれは本当に性格だと思いますよ。任せちゃえ、って決断力のある人だったら、あそこまでやらなくて良いでしょうし、裏を返せば皆を信用してないのかってなっちゃうんですけど、でも落ち着かないんですよね。向こうに行って変なことに時間を費やしてもらいたくないし、やり取りした人が東北に住んでいて、その人達の時間をもらってやるわけだから、スムーズにできるように、後はアーティストやスタッフを無事に東京まで帰れるようにしなければいけないので。あと、仕事でヘアカットライブのシリーズを担当していたことがあったんで、そういう意味では分刻みでここで〇〇さんがはさみ入れます、ここでブローします、照明変わります、というのの表を作っていたから、それと同じような感覚かも知れないです。本番までのシミュレーションを紙の上で10回とか20回とかします。私の場合、イベントごとは大体そうで。想像して、でも紙通りに行かないことってたくさんあるので、紙のスケジュールからそれた方が良いこともたくさんあるから、それは本当にその場その場で良い判断があるだろうし。ああいうのがなくても動ける人はいっぱいいますよ。

【加藤】でも、なんて言うかな、なんかの担保になってる気がするんですよね。仮にそういうものがなくても動ける人にとってみても。僕商売柄企画書みたいなものを結構書かなければいけないんですけど、頭にあるうちはある種形のないものじゃないですか。それをある種形のあるものにしないといけないという作業があって、さっきのアーティストじゃない、って話しありましたけど、それが企画書であっても、行程表であっても、やらなきゃいけないことは基本的には一緒で、その構造はすごい楽しい気がしますし、大変なんだろうけど、楽しんでやってるんだろうなと思いながら。

【舟越】私たちはワークショップの内容に関してはほとんどいじらない、ワークショップが始まってから終わるまでは、アーティストにタイムスケジュールを作ってくださいとも言いますし。アーティストによって準備の仕方が全然違いますし、例えば流は画家だから絵の具を選ぶことにすごい慎重で、渡辺さんは彫刻家だから絵の具選びよりも、モノを成形する、カキ殻を作るみたいなことにすごい緻密で、それはやっぱりアーティストさんそれぞれでこだわるところが違う。わかりやすい例えとしては流はワークショップのレイアウトなども前もって決める。事前に図面をもらえる時はもらって、割と作っていく。渡辺さんはホワっと決めていて、現場であわせていくタイプ。それはそれぞれの色なので、最初のうちはわからないところもあったけど、一回一緒にやると、この人はこういうやり方で大丈夫な人なんだってわかっちゃえば、それからはお任せできますし、それぞれのスタイルがあります。あと、私、デザイン科にいたので、デザイン科と彫刻科って本当に違うんだなと渡辺さんと会って思ったんですけど、この筆は予算的にちょっと買えないんだよね、というと、私だけかも知れないけどデザイナーとしては筆がないならどうしよう、となっちゃうんですけど、渡辺さんは作っちゃうから大丈夫です、ってなるんですよね。

【加藤】割り箸ペン。

【舟越】その場にあるもので代用OK。

【加藤】すごい当たり前の話していいですか。前から美容(ヘア)とアートのカルチャー誌のお仕事をされて来たってうかがってて、一時画伯もアートの仕事だと思うんですけど、でも今日改めて話を聞いていると、基本的に人というか、特殊な技術を持っている人というか、特殊な才能を持っている人のために、どういうマネージメントをしていくかって部分が共通しているのかなあと感じました。

【舟越】ここ最近ですよクリエイターの人と仕事をしていると、色々なアイデアが出てきて、それを実現させる側にいて形を作るというのがすごく面白くて、それは今の会社の仕事でもそうですけど、プレゼンシート作る、レイアウト作るというのでも同じだし、何か人の考えを形にしていくのは楽しいです。

【加藤】僕も最近他力本願なプロジェクトばかりやっているので、気持ちはスゴイ分かります。絶対自分じゃできないもん。あと、一時画伯は特徴的だなあと思ったんですけど、たまたま昨日やってた友人のワークショップがそうじゃないからなんですけど、ダンボール三箱になるじゃないですか。あれ大変ですよね。

【舟越】そうなんですよ。ただこれまた性格で、多分私じゃない人が荷造りしたら多分減るんですよ。小学校の時から荷物多いと言われるタイプで。保険でこの絵の具がなくなると困るから、じゃあ代わりにこれも入れておこうとか。自分がアーティストで自分がやるのであれば、なくても大丈夫、って判断できますけど、そうじゃないから。なくなったら困るだろうと思うと。

【加藤】世の中的に、「万全の体制」って言葉としてあると思うんですけど、なかなかやろうと思えないというか。

【舟越】ただ東京でやるんだったら、何か足りない物がでてきた場合に100円ショップで買って来ます、で済みますけど、そうじゃない場所での開催も多いですし、向こうの人にモノを借りたり、というのもなるべくしたくないというのもありますし。

【加藤】僕はたまたま舟越さんが同行しない時に行ったんで、そういう事務局側のホスピタリティみたいなものが、道具とか行程表とか、ああいうものに落とし込まれているのが目に見えてわかったので、スゴイ楽しい、というか勉強になりました、というのが感想です。

【舟越】やっぱり誰が見てもわかるものを作らないと。

【加藤】僕、一時画伯超初心者で行ったしね。

【舟越】いやいやいや。自分が行った方がよっぽど楽なんですよ。本当は。別にあんなにリストを完璧にしなくていいし、自分の頭に入っていればよいし、新幹線の中で打ち合わせすればよいし。でも自分が行かないとやっぱり不安になっちゃう。

【加藤】よく属人的、ってことばありますけど、ノウハウが全て人に収斂されちゃうと組織って回っていかない部分があって、多分舟越さんが作っているマニュアルとか、って言うのも後のことを考えたら、それ自体が受け継ぐべき資産になったりするわけじゃないですか。別にどっかで引退してください、とか言ってるわけじゃなくて。そういうのも大事ですよね、一方で事務局の資産を残していくというかさ。

【舟越】まずは自分が楽なようにしないと、というのはあるので。

【加藤】そうじゃないと次の人も楽できないですしね。僕それラグビーのチームとかリーグの運営とかでスゴイ思います。

【舟越】そうですよね。そうだと思います。あと後でこの資料が必要だと言われた時に、ハチャメチャになっていると出せなかったりして、結局そこで大変だったりするので・・・。でも整理整頓できないんですよ、私。自分の部屋とか。でも変なところがA型で、こだわるところはきっちりやらないと気が済まないところがあって。

【加藤】僕はそういう意味じゃ恩恵を被っているので。会社のレストランの仕事で。

【舟越】あれも自分がデザインをやっているから、こちらのエゴで、それは加藤さんに失礼かも知れないですけど。

【加藤】全然。

【舟越】ばっと渡して、自分が意図してないものができてくるのが嫌なんです。だから最初から明確にして一発で、加藤さん作業も早いし勘も良いので、こっちがどうしたいというのをわかってくださいますけど、何となくの言葉、ニュアンスで伝えても、良いものにならないこともあるから、映像とかは指示できないんですけど、グラフィック、二次元のところであれば、ある程度までは指示を視覚化できるので。

【加藤】わかります。デザインの仕事ってコミュニケーションの仕事で、デザインの目的がコミュニケーションである、というところもあるけど、一方で、デザインという仕事を進めること自体にコミュニケーションがすごい発生するから、本来的に。やっぱり仕事を回していて何が一番問題になるかというと、コミュニケーションコストみたいなところだったりするじゃないですか。それが許される現場と、許されない現場というのが多分あると思っていて、僕の仕事は変な話ある意味少し許されると思うんですけど、一時画伯の現場だとやっぱりリアルタイムでものが動いていくし、一回上げたものをWEBだから修正みたいにもいかないし、そういうところに戻ってくるんでしょうね。

【舟越】それはそうかも知れないですね。

【加藤】デザイン科にいた頃って多分モノ作るところで止まるじゃないですか。僕も最近気がついたんですけど、モノを作れる人が人前に出ていくと、時間とか場所を作れるんだなあというのをすごい感じていて。

【舟越】多分、広告会社にいてデザインの仕事をしていた時は、自分でレイアウトをするとか、誌面に落とすとか、そういうことにしか全く興味が向いてないなかったし、しかもそれは上司に言われたことだけで完結しようとしていたけれど、そうじゃなくて、美容師さんとのお仕事の時は、一緒に集まって会話して、こういうものを作りたい作ろう、という話をしながら段々形にしていく。それまではデザイナーだったので、二次元しか落とし込めなかったんだけど。そこの人達が好きでやっていることに興味があったから、一緒にやりたいって言って仲間に入れてもらいたいという経緯があって。ただ雑誌の編集ってなんぞや、という編集の経験が全くなくていたのに、編集を経験して、イベント企画を経験すると、編集もイベント企画も組み立ててアウトプットするというのは一緒なんですよね。それは多分、デザイナーでも、アーティストでも、美容師でも一緒で、頭にある何かの考えを何かにアウトプットする、というのは同じ。ただデザイナーしかやってなかったら、多分、私はデザイナーとしてのアウトプットの仕方しか知らなかったけど、幸運なことに色々な形でのアウトプットの仕方に触れることができて、そこで広がった感じがします。だから自分が今何屋なのかよくわからないです。

【加藤】一緒です。大丈夫です。何とかなります。

【舟越】よく留学していた時の外国人の友達に、「何やってるの?」って聞かれるんですけど。

【加藤】ああ、説明に困りますよね。

【舟越】そう、日本語でも説明できない。一時画伯の方がまだわかりやすくて、ワークショップをやってるんだ、って説明はできるんですけど。

【加藤】だから僕の仕事とかもわかりやすい話になると業務実績ということだと思うんですけど、仕事自体はわかりやすく説明できなくても、わかりやすいアウトプットがあれば、それはさっきおっしゃってたアウトプット出せる働き方のある種の強みだろうと思うし、そこは面白いですよね。溜まっていくしね。

【舟越】あと色々な人に出会えるじゃないですか。それはすごい自分の財産で。

自分の次に続くもの

【加藤】最後聞いておきたい話があって、最初の方で話に出ていたんですけど、一時画伯は今は被災地での活動に注力しているけれども、東京開催も増やしていずれ色々なところでやりたい。これからの一時画伯について、ってどうですか。

【舟越】これからの一時画伯。難しいですね。わかんない、と言えば、わかんない。現地からの要請があればいつでも行きたいし、求めてくれる人がいれば行くんですけど、私個人としては子ども達がモノを作ったり、時間を共有して、アーティストとアートに触れて一緒に遊ぶというのを経験してもらいたい。作って楽しいという気持ちを大事にして欲しくて、優劣じゃなくて、それで作ることに興味をもつ子もいるかも知れないし、私みたいにアーティストと関わって時間を創ることに興味を持つかも知れないし、美術史に興味を持つかも知れないし、わかんないですけど、アートのおもしろみを伝えてその子の将来の選択肢を広げる。そういうことがしたいのかと。意外と私は子どもの頃にワークショップとか行ってないんですよ。

【加藤】でもあんまり僕らの時代なかったでしょ。

【舟越】なかったのもあるかも知れないですけど。

【加藤】ある種、一時画伯って震災を契機に生まれたものじゃないですか。だけどこれから続けていく意味があるんだろうなあというのが、途中まで僕外野で見ていて。

【舟越】メチャ内野入っちゃいましたけどね。

【加藤】まあ、ちょっと内野入ったくらいの感じですけど、一緒にやっていけるのは多分楽しいし。

【舟越】あとセレクトしているというとおこがましいですけど、頼んでいるアーティストが割と同世代のアーティストで、というのも一緒にやりたいんですよね。お客様と主催者の関係になりたくないんです。アーティストだからってギャランティが出ている話じゃないから余計にそうなんですけど。一時画伯コアメンバーに意外と車の運転できる人少なくて。

【加藤】僕運転できないですもん。

【舟越】私、運転できるんですけど、下手なんで皆に止められちゃう...。アーティストに運転もしてもらうし、材料の手配もわからないところはやってもらうし、準備も片付けも一緒にやってもらう。泊まる部屋も一緒だったりとか。アーティストは現代美術の第一線で活躍しているアートで生業を立てているというのが条件なんですけど、同じ目線で動ける人にお願いしています。

【加藤】一流なんだけど、チームメイトとして動ける人ということですよね。

【舟越】そうですね、それはすごい重要。特に東北行く時は本当に重要で、始発の新幹線に乗ってもらうこともあれば、レンタカーも運転してもらうし、そうすると同世代になってくるんですよね。そうじゃないとわかってくれていても、誰かがケアに走らないといけない場合もあるでしょうし、きっと。そうすると一緒にやってる感が生まれにくいかな。

【加藤】ある意味、そういう人は動かせる人がいて、そういうことをやってる人もいて、なんだけど、僕らの同世代のそういう人を、一緒に動ける体制を作れてるのってそんなに多くないと思うので。

【舟越】それもそうだし、流は、第一線で活躍しているアーティストですけど、一時画伯は彼女が発起人で、でも最初に始める時に自分のプロジェクトにしなかったんですよね。流麻二果の一時画伯にはしたくないから、色々なアーティストを入れたいと。それは大きいですよね。皆でアーティストを推薦しあって話したりするわけですけど。

【加藤】ちょっと気の長い話していいですか。やっぱり一時画伯みたいなプロジェクトって、例えばその流麻二果の一時画伯みたいなやり方を取ると、じゃあ100年後どうなっているの?というのがよくわからんくなってしまったりすると思うんですよ。

【舟越】そうですね。

【加藤】だけど、今の一時画伯の状態だったら、100年後一時画伯って言っても成立し得るというか、いわゆる、一時画伯で大事だなあと思うのは、舟越さんがおっしゃってたみたいな、震災のために何ができるかというのもあるけど、子どもの時にアートに触れた体験を色々な人に広めていきたいという、もう少し普遍的な課題というか問題設定があるから、そういうものはずっと続いていけば良いと思いますね。

【舟越】震災の直後に私たちは「アートの力で」って言葉を使わなかったんですよ。アートセラピーじゃないから、そこで劇的に何か変わるとか、癒しになるとか、それって全員がそういう意味での専門家ではないし、その言葉を使いたくないねというのがあって、でもアートを専門としている人達がメンバーにいて、地に足がついたというか、一時的じゃないというか。

【加藤】一時画伯なんだけどね。

【舟越】一時画伯の「一時」は、誰でも一時でも画伯になれるというコンセプトなので、参加した子ども達に対してのネーミングなんですけど、今は震災のこともあるから、協力してくれる人やギャラいらないですと言ってくれる人もいっぱいいると思うけど、これからですよね。震災関連じゃなくてもやってくれる、という人達がどれだけいて、どれだけ巻き込むことができるかというのは課題だと思います。

【加藤】そういうものがうまく今のラインに乗っかって、次の時代に繋がっていくと良いですね。面白い気がするなあ。

【舟越】フランスに留学していた時、美術館に行くと学校の実習か何かで、子ども達のグループを頻繁に見かけた。でも、あんまりそういうの日本で見なくって。日本と比べたらむこうの方はそういうのがあるんですよね。そういうもっと、自然にアートを見てもらいたい気がします。

【加藤】多分、アートは文化なんだけど、アートに親しむってことが文化に相変わらずなりづらいところがあって、そういうことやっていけると面白いんでしょうね。ただ、それだけ長丁場でやるってなると、事務局は大変ですね。

【舟越】ただ、事務局が私と田中でなくなった場合、私じゃない誰かがやるならその人の形になると思うから、それはそれで私良いと思うんです。皆で相談しているとは言え、今は私がやっているから私のやり方で回っているけど、そうじゃないやり方があってうまく作用するなら、それはそれで一時画伯の第二部じゃないですけど、全然それは否定しないし、むしろ誰かやって、と思います。

【加藤】そこまで渡せたら、そこから先眺めるのも楽しみですよね。

【舟越】ずっと同じことやっていたら飽きられちゃうかも知れないし、何か支障が起こるかも知れないし。

【加藤】そんなことはないと思うけど、老朽化しちゃう可能性もあるし。

【舟越】それはそれで新しい人が新しいことをやるってのは私は構わないですね。それで面白いことができたら面白い方が良いじゃないですか。

【加藤】じゃあ、比較的新しい部類としては、面白いことできるように頑張ります。

【舟越】是非是非。

【加藤】今後とも宜しくお願いします。

【舟越】今後とも宜しくお願いします。

舟越奈都子。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。2年間のフランス留学で、西欧やアフリカ等、異文化を垣間見て帰国した後、美容とアートのカルチャー誌のイベント企画&雑誌編集を担当。東日本大震災を機に、アート関係者の友人たちとアーティストによる子どもの為のワークショップグループ「一時画伯」を発足後は、建築・ビル業・まちづくりなどをおこなっている会社に所属し、事務局長として一時画伯の運営も担当している。

旅、サッカー、お酒、食べる事が好き。もちろんアートも好きだけど、なんだか「アートが好き」というのは、言葉的に違和感を感じている今日この頃。旅については『そこに行きたいと思ったときが、行くタイミング』が信条。

一時画伯website

一時画伯Facebookページ

2016.08.28
渡邊 享子
「トントンカラリと回すサイクル」

石巻に出かけるようになって、何人もの若ものと知り合って来ました。そのうちの一人が渡邊享子さん。震災直後からゼミ生として石巻に入って、この5年間、石巻に住み、石巻に根ざして、街のことに取り組んで来た一人です。 これまでにユ […]

2016.08.23
モリジュンヤ
「広義の編集、狭義の編集」

その存在は意識していた、って書くとなんか大袈裟だけれど、フリーランスとして仕事しつつ、気になっていた人の一人がモリジュンヤ君でした。とても筋の良い仕事をする人だなと思って眺めていた。 そんなジュンヤ君と昨年末少ししっかり […]

2016.08.18
鵜川 洋明
「水、流るるを、樂しむ」

僕も関わる児童養護施設を退所する若もののための奨学金支援プログラム、カナエールでトレーニングチームのリーダーをしているのが、うーさんこと鵜川洋明さんです。カナエルンジャー(奨学生)とエンパワチーム(社会人ボランティア)が […]

2016.01.15
太田 サヤカ
「問うデザイン、問われるデザイン」

以前、ET Luv.Lab.で取材させていただいた、イトナブの古山さんから、僕や仲間内のデザイナーのところを1日ずつ、新入社員を武者修行して回らせたいというご相談をいただいたのが2年前の春のこと。トランク片手に仙台から東 […]

2015.08.07
井口 拓磨
「聴こえてくる音楽、その風景」

水族館の音楽のデザイン、そんな少し変わった仕事をしている人を、以前中華街で紹介してもらいました。僕はそこでサウンドスケープ、という言葉を初めて教えてもらいました。音のランドスケープ?、なかなか難しそう。 僕は楽器がからき […]

2015.06.22
葛原 信太郎
「編集が生むのは、活力」

「あれ、Twitterが似顔絵のアイコンの人ですよね?」久し振りに言われたなと思いました。 仕事仲間の鎌倉オフィスのオープニングパーティで知り合った葛原信太郎君は、アースガーデンというメディアの編集長。ただ、日本の「揺れ […]

2015.05.26
小高 朋子
「作り手の担い手」

「仕事の相談があるのですがー」、久し振りにご連絡いただいた小高朋子さん。Facebookで全国津々浦々飛び回っているのは拝見していて、いずれまたお話したい人の一人でした。じっくり腰を据えて話すのは、実は今回の取材がほぼ初 […]

2015.05.17
網谷 勇気
「カミングアウトが拓くもの」

実行委員として関わっている児童養護施設からの進学を応援する奨学金支援プログラム、カナエールで一緒に仕事することになったのが、網谷勇気さんでした。プロジェクト内では皆ニックネームなので、今回の取材でも「あーみー」と呼んでい […]

2014.03.20
中村 優
「旅するレシピ」

中村優さんと出会ったのは、クライアントのレストランでのディナー・パーティの時でした。隣の席にたまたま座っていた優さんとは当然初対面で、ただ、なんか美味しそうに美味しそうなものの話する人だなあと思っていて、でもお互いあんま […]

2014.01.01
山本 浩司
「歴史家が紐解くプロジェクト・デザインいまむかし」

浩司君がTEDに出る。そんな話を聞いたのは2年前のことですか。イギリスで歴史家として産業革命時代の経済や商業の歴史を研究する山本さんとは、頻繁には会わずとも、たまに飯を食いながら意見交換する仲です。歴史家という響きとは裏 […]

2013.12.24
岡崎 研太郎
「アートがもたらす医療現場へのエンパワーメント」

あれは今から数年前のこと。クライアントのご親族にお医者様がおられて、僕に仕事の相談があるとおっしゃる。お医者様からの仕事というので、病院か、学会か、と思いきや、ご相談されたのは「糖尿病劇場」という何ともユニークなプロジェ […]

2013.11.03
村上 玲子
「人、そこに在る暮らし、そこを巡るは旅人」

村上玲子さんは、お世話になっている方が開いた懇親会でお話しする機会があって、ただ、ソーシャル・メディアでは繋がりつつも、以降お会いする機会はなく。なんですが、僕があっち行ってると、翌日くらいから玲子さんがそこにいるのをソ […]

2013.10.10
茂木 隆宏
「横浜の創造力の舳先に」

横浜在住で自宅勤務であるにもかかわらず、これまで横浜で仕事したのは片手で数えられるほど。ちょうど、この1年くらい、少し横浜で何か行われているのか、ということに興味を持ってから、よく耳にしていた名前が「ノガン」という会社で […]

2013.05.20
越水 大輔
「ローカルにコミットする躍動感」

越水大輔さんはフリーランスのWEBデザイナーで、福岡に1年。僕とはちょうど1年ほど前に、ETのWEB経由でお声がけいただき、一度だけ横浜の喫茶店でお話しをしました。彼はその後、福岡に移り住み、僕もちょうど色々な場所と仕事 […]

2013.04.01
古山 隆幸
「復興のカリキュラム」

古山隆幸さんとは年次がほぼ一緒で、学生時代からWEBの仕事をしていたことも共通で、昨夏、石巻2.0の小泉瑛一君に紹介してもらって以来、UX X Talkというハングアウトイベントを石巻工業高校の生徒さん向けに企画したり、 […]

2013.03.27
礒貝 日月
「出版ボン・ボヤージュ」

大学のラグビーの後輩に、「加藤さんに、そいつだけは紹介したい、という人間がいるんです」と言われていて、そういうことをその後輩が言うのも珍しいので、ドキドキしながら丸の内に出かけたのが昨年の秋。礒貝日月君とはそれ以来、同じ […]

2013.03.20
東 宏樹
「揺れやすさ、というファクト」

昨年末出かけたTEDxKeioSFCで、ちょっと懐かしい顔と再会しました。東君は大学の後輩なんですが、例によって社会人になってからの知り合い。鎌倉でこんなことをやってみたい、みたいな話を酒飲みながら聞かせてもらったりして […]

2013.01.29
舟越 奈都子
「アートへのホスピタリティ」

僕が9月に石巻に行ったのは一時画伯というプロジェクトのワークショップのサポートスタッフとしてでした。実は一時画伯に関しては僕はそもそもWEB制作を仕事として請けていて、そういう意味では外部からお手伝いする立場だったのです […]

2013.01.11
植村 百合香
「踏み入って、踏み留まって、踏み進める」

「ちっちゃい怪獣連れて行くね」、そう言われてブリッジフォースマイルというNPOに勤めている友達に紹介されたのが、植村百合香さんでした。初対面の時は別に彼女のプロジェクトの詳細を聞くわけでもなく、ただなんとなくこの子、大物 […]

2012.11.27
坂田 一倫
「Non-Designer UXer」

高校と大学のラグビーの後輩にあたる坂田一倫君。学生の頃からデザインが好きだったようで、ただ、僕とはちょっと違う志向性だったようで。彼の口から、徐々にUXという言葉を聞くようになって、気がつけば、UXの専門家として仕事をす […]

2012.11.18
小野 梨奈
「働き方の未来予想図」

ナンパされたシリーズ。今年に入って、Twitterで仕事のお声がけいただいたのが、フリーランス、Webプロデューサーの小野梨奈さん。とは言え、何となく僕も存じ上げていて、お話したところ、共通の友人の話にもなり、行けそうだ […]

2012.10.04
北見 友和
「続けることを繋げる、繋げることを続ける」

10年前から上永谷にあったレゲエバー、CRISE。歩いて30分ほどの所に住んでいたのに、僕が知ったのはつい昨年のこと。そこのカウンター越しに知り合ったのが、北見友和さんでした。日本料理を銀座で修行し、数千人規模の屋外ライ […]

2012.09.21
山本 泰広
「笑うPMには福来る」

先日、「僕のチームの後輩に酒飲みながら話してもらえませんか?」という、ちょっと風変わりなオファーをくださったのは、ネットサービス企業でプロジェクト・マネージャーをしている山本泰広さん。同じ横浜市民ということもあり、飲みの […]

2012.09.15
marico
「モノを作る、場を作る、時間を作る」

男ですし、そんなにアクセサリーとかは持ってないのですが、maricoさんにオーダーしたグラスループは今も愛用しています。maricoさんとは友人に紹介された社会人サークルみたいなところで知り合って、だから5年ほど前でしょ […]

2012.07.01
中村 こども
「楽しかったら重くないんだ」

「すいません、ピントが合ってませんでした。。。」そんなET Luv.Lab.始まって以来の大失態を犯してしまったのが、今回の中村こどもさんへの取材です。実は僕は中村さんにレンズを一本お借りしていて、だから、そのレンズを借 […]

2012.04.14
黒田 和宏
「企業と個人を結ぶもの」

まだ僕が学生時代にデザイン会社の仕事をパートタイムのスタッフとして手伝っていた頃のこと(別に出社とかなかったけど)。その僕を手伝ってくれていたのが同じSFCに在籍していた1年下の黒田和宏君でした。そこでの仕事が終わって、 […]

2012.03.29
景山 泰考
「ロジックを調律する男」

「やーまん」「やーまん」「やーまん」と本当に知り合ったその日からべったりお世話になっているのが景山君こと、「やーまん」です。お互い何かを説明する時に、いきなり結論を持ち出してもきちんとコミュニケーションが取れる、という意 […]

2012.03.26
浜本 階生
「ソーシャルグラフとアルゴリズムが導く行方」

Blogopolisを知っていますか。10人に見せると10人が「スゲー!」という、僕の経験の中でも類まれなサービスです。それを作っている個人と知り合える!と聞いて、お邪魔した用賀エンジニア焼肉会が浜本さんとの出会いでした […]

2012.03.08
小泉 瑛一
「On the frontline」

小泉君と僕の関係性を説明するに、横浜の飲み仲間です、以上の説明がないのですが、彼が横浜国立大学の建築学生の時に、ひょんなことから知り合って、せっかく地元の若者なので、色々な会に連れて行って、なんか面白いことになればいいな […]

2012.02.21
大嶋 英幹 / 水口 一
「デザインに人の温かみが降りてゆく」

僕が鎌倉でお世話になっている代理人の方が「面白い人達に会いましたよ」とある日おっしゃった。あの時「じゃあ、紹介してください」、その一言が言えなかったら、きっと僕が「はせのわ」に携わることはなかったでしょう。 鎌倉にあるツ […]

2011.11.12
畠山 千春
「見えやすくする、触れやすくする、慈しみやすくする」

僕をして、エコ、という言葉を誰も想起し得ないと思いますが、随分前に、green drinks Tokyoというパーティにうかがった際にご紹介いただいたのが、当時グリーンズでインターン中の畠山さんでした。ちょうど就職活動の […]

2011.10.21
松村 太郎
「その境界を超えてゆけ」

2007年3月、kosukekato.comの読者から一通のメールが届きました。「ブログでナンパした」「ブログでナンパされた」という話は、どこかしこでしている話ではあるのですが、実は中学と大学の後輩であった松村太郎君と知 […]

2011.06.14
徳本 昌大
「コミュニケーションの今」

僕がいつもと少し毛色の違うプロジェクトにアサインしていただいた時に、そのプロジェクトでお世話になったのが、「ソーシャルおじさん」こと徳本昌大さんでした。お仕事の合間にET Luv.Lab.のことをお話ししましたところ、快 […]

2011.04.12
すわ だいすけ
「Still Together」

3月11日、地震がありました。今も余震や原発事故など、予断は許さない状況ではあると思います。いつまでも休眠させずに、ET Luv.Lab.も動かしたい、でも地震の後に、その話を避けて通らず、でもET Luv.Lab.らし […]

2011.03.04
迫田 大地
「人と情報のパッシング・ポイント」

WEBデザイナーの迫田大地さんと付き合いだしたのは遂最近。実はこういう仕事をしている癖にWEBデザイナーの知り合いってとても少ないんです。しかし話してみると、同じ80年生まれということもあり、WEBの入り口から、仕事に転 […]

2011.02.19
丸岡 和人
「次代の起業家精神を描く」

丸岡和人君とは、今は無き、「用賀エンジニア焼肉」で何回かご一緒して以来のご縁です。何となくお互いの仕事を知ってはいたし、出身校も一緒だったので、シンパシーは感じていましたけど、よくよく考えれば今回の取材が2人で仕事につい […]

2010.12.09
小島 希世子
「火の国の女、肥の国の母」

小島希世子さんとは大学時代の親友で、ともすれば悪友で、お酒を飲みながら20歳前後に議論を交わした朋友です。農業の世界を生業にする数少ない友人で、僕もいつも勉強させてもらってます。 2年前の法人設立の際には、僕もCIやWE […]

2010.11.11
原田 均
「社会にコミットするエンジニア」

グラウンドの仲間シリーズ、原田均君は28歳にして既に検索プラットフォームを手掛けるネット企業のCTOで、この夏、僕も会社のWEBサイトを手伝わせてもらいました。原田君の世界を放浪した話、などもかなり面白いのですが、今回は […]

2010.10.07
津下本 耕太郎
「関係性の仕掛け人」

津下本耕太郎さんは数年前に共通の客先でお知り合いになって、なかなか興味分野がかぶっていることもあり、同年代ということもあり、気が付けば意気投合していたという、ビジネスとも言い切れない、プライベートとも言い切れない不思議な […]

2010.09.25
三橋 ゆか里
「I am a TechDoll.」

後輩が独立したと聞き、会ってみたのが半年前。それからあれよあれよという間に活躍されているのがウェブディレクターでライターの三橋ゆか里さんです。先日もYahoo!ニュースに三橋さんが書いた記事が載っていたらしく、一緒に飲ん […]

2010.07.01
須藤 優
「面白い人を拡張する」

形式は違えど、JunkStageというのは、ET Luv.Lab.の良い見本なのだと思うんです。56名のライターを抱え、コラムサイトを運営しつつ、フリーペーパーを出したり、イベントをしたり、新しいサービスも始まるようです […]

2010.06.04
松下 弓月
「非日常性への回路」

「今日はお坊さんと食事に行きます」なんて友人に言うとびっくりされるのですが、松下弓月さんは平塚宝善院の副住職であり、超宗派仏教徒によるインターネット寺院、彼岸寺のメンバーでもあり、最近ではUstreamなどでも積極的にイ […]

2010.05.15
福山 泰史
「アマプロ混在の時代に思うこと」

同世代で自分よりフリーランサー歴が長い人、と言うと、実はそんなに多くはなかったりするのですが、音楽プロデューサーの福山泰史君は僕より2つ年下。 20歳の時に独立し、それから9年もの間、フリーの音楽プロデューサーとして業界 […]

2010.03.09
児玉 哲彦
「アーキテクチャからデザインする」

児玉哲彦さんとは母校のOpen Research Forumというイベントでゲリラトークセッションに飛び入り参加させていただいた時に知り合いました。それから何度かゆっくりお話をする機会が持て、僕はビジネス寄り、児玉さんは […]

2010.02.25
神谷 真人
「芝居と生きる、芝居を生きる」

3年B組16番加藤康祐、3年B組17番神谷真士。中学のクラスメイトで、出席番号が並びだった神谷君と再会したのは社会人になってからでした。話を聞いてビックリ。「脱サラして舞台俳優をしている」とおっしゃる。ある意味、僕とはフ […]

2010.02.23
野口 尚子
「余白を埋める、余白を作る」

各所で話題の僕の似顔絵入り名刺ですが、実は印刷の余白Lab.の野口尚子さんにコーディネートをお願いしたもので、ブラックメタリックの箔押しにグレーのラメ入りの紙がお気に入りで愛用させてもらっています。独立前に知り合いました […]

2010.02.09
小林 朋子
「Twitter文化はサロン文化」

サヴォアール・ヴィーヴルって言葉、初めて耳にする方も多いのではないかと思います。鎌倉でサヴォアール・ヴィーヴルサロン、ロザリウムを主宰されている小林朋子さんは、ETの古くからのお客様で、ご家族の皆様にもいつもお世話になっ […]

2010.02.05
北山 朝也
「エンジニアリングと幸せの定義」

ET Luv.Lab.記念すべき第一回目ゲストはエンジニアの北山朝也君です。北山君とはグラウンドで一緒に汗を流した仲でもあり、社会人になってからも折々で酒を酌み交わしがてら話をしあう親友です。北山君とは付き合いが長いです […]

2010.01.27
加藤 康祐
「人がメディアになる時代」

ブランディングの仕事をしていると、結局最終的にはブランドの価値がいかにして、「人」に反映されるか、ということに勘所があるように思います。何か同じようなことが、スゴイ勢いで情報の世界にも起こっているな、ということを下記の文 […]