東 宏樹

2013.03.20

「揺れやすさ、というファクト」

東 宏樹 - 独立行政法人防災科学技術研究所 社会防災システム研究領域 災害リスク研究ユニット

昨年末出かけたTEDxKeioSFCで、ちょっと懐かしい顔と再会しました。東君は大学の後輩なんですが、例によって社会人になってからの知り合い。鎌倉でこんなことをやってみたい、みたいな話を酒飲みながら聞かせてもらったりしていたのですが、すっかりご無沙汰しておりまして。せっかくの再会なので、当日知り合った学生さん達と歓談した後、彼の誘いの藤沢へ。そこでビジネスの相談をもらいます。

彼は今、防災の仕事をしている研究者になっています。東日本大震災から2年経った現在、東君とは再会の後、色々なことを話して、僕もやっと、というかETとしてやっと、防災ということに関わっていく道筋が見えて来たように思います。今、着々と進めているプロジェクト、そのキーパーソンが東君です。

防災科学技術研究所

【加藤】防災関係に関わるようになったのは、震災の前だっけ、後だっけ。

【東】前です。 2010年の5月に防災科学技術研究所に入りました。

【加藤】元々そういう研究をやってた人、ってわけじゃないよね。

【東】そうです。テレビで番組を作ってました。

【加藤】どこかのタイミングで研究畑に戻ろうって思った理由みたいなのってあったの?

【東】いや、ほとんどないですね。まさか自分が戻ってくるとは思ってないし、国の機関に属するとも思ってませんでした。

【加藤】それは普通に就職面接を受けて、みたいなことだったの。

【東】人の縁で、紹介です。

【加藤】ああ、なるほど。

【東】番組を作ってる会社を辞めた後、地域の振興活動みたいなことをしていて。

【加藤】鎌倉?

【東】そうです、鎌倉で。そこで知り合った仲間に紹介されて。やりたこととかを周りの人にたくさん話してたんですよ。鎌倉で観光をITで盛り上げることをしたいとか、企画書を書いて、色々な人に見せていたんです。自分でビジネスを立ち上げようかなと思ってたんですけど。

【加藤】僕と酒飲んだのも、その頃だよね。

【東】そうですそうです。そうしたら、いつの間にか、その話がうまい具合にそういう人材を欲している機関があるという話と繋がって、機関の名前も言われずに、どこかの研究所らしいんだけど、って言われて。

【加藤】NERVか?みたいな。

【東】そうそうそう。お役に立てるならと思って、ほいほい行ったら、ちょうど防災の研究所で、最初は鎌倉からつくばまで2時間くらいかけて通ってました。

【加藤】そら大変だ。

【東】そうこうしている間に、2011年の3月に地震が起きて、僕を雇ってくれた人からは「もう逃げられないから」と言われ。

【加藤】この国におけるタスクの重さが変わっちゃったというか。

【東】そうですね。元々すごい重要なことをやっているとは思ってたんですけど、やはり震災の前と後では、責任感というか、重大さというか、シビアさが変わりました。何に責任を持つかということを改めて自覚したというか。

【加藤】仕事も大変そうだしね。

【東】そうですね。

【加藤】震災の当日のエピソードが、ある種、面白いというと変だけれども、興味深かったと思っていて、強震モニタをUstreamで配信したという話。

【東】ああ、あれは当日ではなかったんですけど。当日は僕はただの被災者で。田町で被災して、自分の家がどうなっているかを、自分が関わっていたアプリのデータで見れたというくらいがエピソードなんですけど、それとは別で。3月終わって4月に入るくらいですかね。3月中に僕一回被災地に行ってるんです。まだ車両規制で車が入れない頃に、国の研究機関などに発行される、規制区域にも入れるパスみたいなものを持って中に入って。それが一段落、被災地対応が終わって戻って来てみたら、強震モニタがパンクして大変なことになっているということを言われて。強震モニタは別の部署なんですけど、一応、僕はその対応もして良いことになっていて、なんか良いアイデアないですかと言われたので、「しょうがないからUstreamで」と言いました。それまでイベントやパーティでUstreamで中継するというのは見ていたので、映像畑にいたということもあって、スクリーンをそのままUstreamで流せば良いんですということを提案したら、あまりそういう経験がある人もいなくて、自分でセットアップして出したという流れです。

【加藤】それは一旦、外からのアクセスは一切遮断して、ということだったの?

【東】ええとですね、実は生きてんですけど、ほとんど見れない状態だったんです。線が細くて500人くらいしか見れない状態だったんです。でも蓋を開けてみたら何万人の規模で同時にアクセスが来るような状態で。地震が起きると人が見に来るという。

【加藤】しばらく余震が続いていたものね。

【東】そうですそうです。余震が起こるたびにアクセスが増えるという状態で。あんまりあれが防災に直結しているかというと、僕は緊急地震速報とパラレルで見比べて、それを信頼できる情報としての揺れを見てもらうことは大事だなと思うんですけど、自分が退避行動を取らないという人も多くて。面白いから見ちゃうんですよね。地震が広がっていくのが見えるから、安全な退避行動を取らない、机の下に隠れない、という人が大半で、でも、元々興味関心がない人に取っては、日本でこれだけ観測点があって、それを常時見ている、そしてそれを情報として人に伝えるという仕事をしている人がいる、というのを知ってもらえたというのは大きな功績かなと思います。

【加藤】今、観測点っていくつあるんだっけ。

【東】うちで管理しているので約2,000点。気象庁と自治体ごとに設置している地震計、もろもろあわせて公的なものは約4,000点くらいですね。その数が今後増えることは多分ないだろうと。

【加藤】もう十分カバーできている?

【東】いや、予算の都合上。

【加藤】そういうことか。

【東】設置にも費用が1点あたり1,000万円くらいかかりますし、それを維持するにもものすごいコストがかかっているんです。

【加藤】ある種、そこからはソフトウェアの力で精度を出していかないといけないようなところなのかな。

【東】ええ、そうですね。まだまだ解決しないといけないIT分野の課題がたくさんある。圧倒的にまだ地震防災に関わるITのプロフェッショナルの数が足りてないなという実感があるので、これからどんどん発展していくだろうなとは思ってます。

防災に寄与する

【加藤】なんか今話を聞いていて思ったんだけど、恒常的に問題としてある問題じゃないというか、例えば、学生が就職できません、みたいに毎年来るものだったらさ、それに対して毎年こういう対策を打ちましょうってしやすいから、予算化もしやすいと思うんだけど、防災ってある意味ある日突然起こって、そこから今まで使われてきた言葉だと風化していって、またあるとまた思い出してってことだから、ずっとエンジニアとか、もう少し違うリソースをコミットさせ続けるっていうのが難しい分野なのかも知れないよね。

【東】そうだと思います。

【加藤】でも今回のことがあまりにも大き過ぎたから、皆の意識も変わったかなという気もするけど。

【東】本当はあるべき姿というのをお話しすると、防災の上に経済活動や生活が成り立つ。電気もそうですよね、地震のせいで原発が止まったので。そういうインフラの一番ベースのところに防災の取り組みってあるべきで、初めにきちっとそこが整備された上で、そこが安定稼働したら社会って色々発展するという。考え方の順序としては防災というのは極めて下のレイヤーにあると思っていて、それがまだきちんと整備されてない状態だったというのが、東日本大震災の反省だと思うんです。そこの部分に興味を持って、社会的な意義を感じて、目立たない仕事ですけど、インフラを作る仕事だと思うので、参入してくれる人が増えると僕はすごく良いなと思っています。

【加藤】そうだね。

【東】加藤さんのおっしゃる通りで、風化するというか、自分がやったことの成果というのが、災害が起きるまでわからないんですよ。だから、因果なものなんですけど、失敗したらものすごく追求はされるんですけど、うまくいってても被害があまり出なかったということの報道ってなかなかされない。ちゃんとそれがうまく言ったように報道された数少ないケースだと思うんです、「釜石の奇跡」は。それまでは、こんな取り組みが、それをやってない時に比べて、どれくらい効果があったというのは、あまりニュースバリューがなくて、こんなにひどい被害が出ましたというのはたくさん取り上げられるけど、逆に被害が出ませんでした、はあまり取り上げられない。それは仕方ないというか、人がどういうトピックに興味をもつのかというところと戦わないといけない部分もあるし、後は科学的に検証が難しいというのがありますよね。

【加藤】そうだよね。サイエンス・ジャーナリズムみたいなものが、未成熟なところもあるからね。

【東】実際にどの取り組みがどれくらい効果があったのかという時に、効果って言うのは総和じゃないですか。取り組みA、取り組みB、取り組みCというものが防災力を高めました、社会の脆弱性というか脆さをカバーしましたということって、ちょっとずつ、ちょっとずつのつぎはぎなんです。自然災害は色々な風に襲って来て、どのつぎはぎをした人が偉かったって話じゃないじゃないですか。結局、社会が自然災害に対して強くなったってことが良いことなわけで、切り分けもできないから、どの取り組みが有益であったかというのを尺度として評価するのは極めて難しいと思います。

【加藤】だから、自然を相手にシステムで戦わないといけないということだよね。

【東】そうですそうです。その通りです。でも、イメージはできるじゃないですか。緊急地震速報すごい役に立っている、と皆感覚値として持っている。そういう取り組みをもっとやっていけという後押しをしていただけると、すごくありがたいです。

【加藤】ちょっと話しそれるかも知れないけど、こないだ『石巻市立湊小学校避難所』という映画を観て、ある意味、心の問題とかかも知れないけど、ああいうものを見ることだって、もしかしたら防災対策の一環かも知れないよね。

【東】その通りですよ。記録をしておくということと、その結果どうなったのかということを次の災害に備えるために学んでおくというのは一番基礎にあるべきかなと思います。

【加藤】そうだよね。勿論、被災された方の状況を把握するとか理解するとか感銘を受けるということも大事だけど、自分のこれからのための経験則としてそういう情報に触れていくってことも意味があるのかなと思う。

【東】おっしゃる通りです。共感する力ですよね、すごい大事なのって。震災で家が津波に流されて身内の人をなくされたという方がいた時に、それを自分のこととして置き換えられるかどうかだと思うんです。例えば沿岸に住んでいる人だったら、自分の身にも起こり得るということを想像して、その人の話を聞きながら、その時自分だったらどうするかということを、悲しい気持ちに共感した上で、それがきっかけになって、自分の行動をどうしたら助かるかとか、想像に結びつけて、そこから初めて実際に行動できるようになると思うので。データを防災科学技術研究所でも出してますけど、結局、無機的なデータとか、どういう確率で何が起こりますということを言うだけでは、人は動かないと思っていて、やはり気持ちを動かす、という時に共感とか想像とか、そういうキーワードは避けては通れないと思っています。

【加藤】今、話しを聞いていて思ったのは、例えば、映画を観る、そこに感情移入して、自分の行動に置き換えて考えようと思った時に、初めて一般の人達に対してはJ-SHIS Mapみたいなものが生きてくるのかも知れないよね。

【東】そうですね。

【加藤】そういう時の材料にできればいいよね。

【東】その次のステップのために、欲しいと思ってもらえるデータを用意しておく、ということもとても大事ですよね。じゃあ何をやったらいいのかと思われてしまうと思うんで。そこに立ち向かうためのツールを用意しておく。それをうまく使ってもらって、基本的には自分の身は自分で守れるように、皆が頑張るのを手助けしたいなと。

揺れやすさ、とは何か

【加藤】考え方がわからない部分が2年経ってもあるんだと思うんだよね。特にJ-SHISで出しているような「揺れやすさ」という概念自体が、地層の情報とかはニュースでも扱われたりするけど、でもじゃあ日本が揺れやすいってどういうことなの?ということを可視化してわかる形で受け取れてる人ってそんなに多くない。

【東】おっしゃる通り。今日もここに来る前に文部科学省の地震本部の会議に参加させて頂いてたんですけど、日本の自治体が出している揺れやすさマップというのは、実は揺れやすさマップではなくて、ある地震を想定して、シナリオ地震と呼んでいるんですけど、その地震が発生した時に、自分達の地面が震度いくつで揺れますよというのをマッピングしたものなんですね。地震が起こって、その揺れが伝わってきて、実際に土地ごとの揺れやすさを加味した上で、震度を表現しているから、揺れやすいところはちょっと赤くなって、揺れにくところはそんなに赤くない、という地図が一般的に出回ってるんですけど。

【加藤】それは一つの震源に縛られた情報ってこと?

【東】そうですそうです。その震源ごとの強さ、同じ震源であっても、どんな地震が起こるのかというのはバラつきあがあるので、その震源が震度6強の地震を起こすかも知れない、もっと高かったり低かったりするかも知れない、違う場所の震源が影響を及ぼすかも知れない。だけど、どこでどんな地震が起こるにせよ、基本的には自分のいる場所の地面の硬さというのは、そんなに変わるもんじゃない。そこを知っておく、どの地震が起こっても、自分の住んでいる場所は揺れやすいのか、揺れにくいのかということを意識しておくというのは、とても有益だと思います。それは地震がいつどこで起こるかということがもしわかるのであれば、それは大して重要なデータではないかも知れないですね。だけれど、地震の発生する日時と場所がわからない以上、最も「ファクト」なデータとして扱えるものが「揺れやすさ」なんです。硬さという情報は調べればわかることなので、調べた結果のデータという意味では事実なわけです。事実を知っておくというのは、ものすごい武器になる。

【加藤】そうだよね。変数と定数みたいな話でさ、揺れやすさは定数だよね。どこで地震が起こるかは変数。

【東】そうですそうです。おっしゃる通り。予測と事実というのがあって、緊急地震速報の例を取ると、緊急地震速報は予測なんですよ。ある二点くらいから観測した地震の揺れによって、震源と地震の規模を測定していち早く通知を送る。それはそれでとても大事です。強震モニタというのは、実際の観測点が揺れを記録したのを全て面で見ているファクトなんです。そのファクトであるデータを元に、どのような対策をしていくのかというアプローチというのは、予測だけで動くのとは違う安心感で行動ができると思いますし、違う意味があるはずです。出てくる情報が、予測想定モデルと言われる、東海東南海三連動とか、マグニチュードいくつ、死者何万人、被害額何兆円みたいな話っていっぱいニュースで出てると思うんですけど、それは人がつくりしものなんです。モデル、想定なんです。実際に起った東日本大震災で、被害者が何万人で、倒壊や流出した家屋が何十万棟ありますというのは事実なので。そこの値の違いというものを、最近ものすごく強く意識するようになりました。それはとても本質的に重要なことなんだなということを考えるようになりました。

【加藤】後は専門性の高いデータを、防災科学技術研究所としてわかりやすくしていくとか、使いやすくしていくということも大事だと思うけど、もっと色々なところにそういうデータが遍在するようになると本当は良い。

【東】そうですね。それはAPIとかJ-SHISで出しているデータを、備えるべき情報に対して、色々な形で表現し得るなと思っていて。なるべく生のまま、そのまま、それから計算している結果を出してもいるんですけど、計算する前の、計算に使われた数値も出しているわけです。とにかくオープンにして、色々な人が値を使って再解釈して、自分はこういう風に思うから、こういう値をこう使ってこういう風に備えればいいと思う、最終的に自分の立場に結びつけるということの間に、ものすごく色々なやり方があり得る。それはテレビに強震モニタが出てくるようになるということでも良いし、そこの間のメディアなりインフラなり、どこに入るかにかかわらず、それに対応できるデータをデータの出し元は出すべきですし、それに触れるユーザのアクセサビリティというのは、間が豊かになればなるほど高まっていくと思うんですよね。この間、Googleが検索結果のところに防災情報を出してくれるようになったと思うんですけど、あれもものすごく正しいなと思っていて、どこかが出しているから、自分はその競合になるから出さない、という意思決定って、ビジネスの世界ではよくあると思うんです。ここがもうやったからいいやみたいな。でも、こと防災とか災害対応に関しては、どこで何回見ても良い。それくらい重要な情報だから、それを色々な形で色々なメディアに出して、うるさくても良いと思うんですよ。極力、情報を受け取ってない人がいないようにしてあげるというのが、皆で取り組む防災に対する人間側のできることなんじゃないかと思います。

【加藤】後はやっぱり、震災ビッグデータって言い方があるけどさ、色々なプレイヤーというか企業が、具体的なことは言えないけどそういう情報を持っていて、そういうものとうまくマッシュアップしていけると良いよね。

【東】そこも変わっていって欲しいですね。個人情報とか、ビジネスに関する自分達がそれで利益を上げられる情報とかは出せない、ということはあると思うんですけど、僕はどちらかというと、出して、それによって評価を得て、本業が育つっていう出し方ができるとすごく素敵だなと思っていて、僕らが出しているのはただのハザードのデータなんで、人間の社会の側で、例えば交通がどうなっているかとか、人口がどう分布しているとか、どの建物がどんな強さがあるとか、そういう人間の社会の活動の側の膨大なデータというものと組み合わせない限りは、被害の推定もできないですし、かなり無力というか、自然そのものの値しか持ち得てないという部分もあるので、是非社会活動を行っている方々の持っている値というのと掛けあわせるというのは、重要だろうと考えていますし、国に取ってとても大事なことだと思います。

【加藤】戦前と戦後とか、高度経済成長の前と後なのか、IT革命の前と後なのか、何が一番変わったかというと、国しか統計情報と呼ばれるようなものを持ち得なかったのが、デジタル化されていく過程で、各企業が統計情報を持つようになったんだと思うんだよね。なんだけれど、その情報を各企業だけで持っている状態だと、なんか新しい使い方というか、平たく言うとイノベーションは起こり得ない気がしていて、ツールに何かイノベーションが生まれれば、今まで使ってなかった人達も、それを便利に使えるようになったりする可能性がある気がして。ちょっと抽象的になっちゃったけど。

【東】でも、そうだと思いますよ。出した結果の方がイノベイティブで、より社会が進化するんだと思います。それはその通りで、そこにもう一つ次の次元のビジネスを思い描いて、戦略的に出す、というのがすごく正しいんじゃないかと僕も思います。

【加藤】ある意味、防災にコミットすることが社会正義に結びつく雰囲気にもなって来ているからさ、そういうのは引き続き僕も考えていきたいなと思っています。

【東】ありがとうございます。すごくありがたいです。

防災現役

【加藤】今までずっと防災科学技術研究所に関わる意見を聞いてきたんだけど、家族持ってるわけじゃないですか。一家の大黒柱として防災に対して思うことってありますか?家にエマージェンシー・キットはある?

【東】あの、持って歩いてます。充電器を持ち歩くとか、保温カイロとか、ラジオとか。

【加藤】なんか、どの人がどれくらいそういうもの持っているかとかわからないよね。勿論、今、Amazonとかでも検索すると山のように出てくるし、そういうことをビジネスにしている人もいると思うんだけど、意外とわかんないよね。どれくらいの家に配備されているかとか。

【東】僕はそこが本質だと思うんです。自分の鞄が重たくなるのは嫌じゃないですか。だからなるべく一つのものに集約して、それは例えばスマートフォンですけど、とにかく荷物を軽くするという涙ぐましい努力の結果なわけですよ、スマートフォン。なのに、防災の、いつ来るかわからない時のために、防災グッズを持って歩くかという意思決定ですよね、それは自分が許容できる普段の荷物の重さというのを片方の天秤にかけて、だけど何かあった時に自分が助かる可能性、それだけの効果があるかというと、天秤がバランスするところで皆持てば良い。僕は結構荷物が重くなっても大丈夫なので持って歩いてますけど、でもまだまだ持って歩かれてる方は少ないと思いますけど、何かしらの用意をしているという方の数字はかなり上がっていますけど。

【加藤】震災をある種、首都圏で経験して思ったんだけど、被災地のそれとは違うと思うんだけど、自分が助からないと、近くの人に迷惑かかるなあと。ふと考えたんだよね。よくさ、人生終わる時はぽっくり行きたいみたいな話あるけど、一方で、でもそういう災害の時には助からないと、という感じがすごいこないだして。

【東】人は誰かのことを助けることができるのかというのはすごい深いテーマで、自分以外の誰かを助けるというのは、災害という環境が激変し続けて、しかもシビアな状況に置かれている時に、まず自分の身を自分で守るということを成し遂げた人だけが、他者に手を差し伸べられるということだと思うので、一家を守るという言い方を男性はしますけど、そうじゃなくてまず自分の身を守れるようになってください、というところから見直して欲しいです。

【加藤】優先順位の整理の仕方としてはそうだよね。それって変な話、仕事のこともそうでさ、自分の面倒見れないうちに、人の面倒見れるかよってところだったりもするからね。

【東】そうですね。相当、大人であることが求められますよね。

【加藤】でもさ、東君がこれからどれくらいこういう研究職を続けていこうと思っているかわからないけど、防災の話はずーっと続けていかないといけない話ではあるよね。3月11日を忘れない、って言えるんだけれどもさ。

【東】そうなんですよね。僕なんかまだ全然駆け出しのペーペーで、周りの人は本当にすごい人ばかりなんで、だから伸び代というか、もっとやらなきゃいけないことがたくさんあるということだけが見えていて、先にものすごい長い道のりがあるし、それは自分で貢献できる部分がある限りはコミットして取り組み続けたいと考えています。

【加藤】まあ、伸び代が見えなくなったら、隠居すれば良いと思うんだよね。

【東】そうです。

【加藤】それが見えているうちは走れるよね。防災現役というと変な話だけどさ、そういう問題に対して自分が現役でいる、という意識はすごい大事かも知れないね。今年の3月11日に考えたのが、自分が何を震災に対して思うのか、というところでさ、震災の当日どうだったかというのは、勿論覚えているし、大事な経験だけれど、それよりもむしろ感じたのが、この2年間の間に自分が知り合った人が、震災に関してのことをどういう風に携えてきたかということ。例えばこういう活動をしていますとか、こういう境遇の人が僕にこういう話をしてくれましたとか、こういう風に自分の進路を変えましたとか、というのがあると思うんだけど、どんな形でも良いから携えていくことっていうのが大事かなという気はしているんだよね。

【東】先輩が言ってたんですけど、防災というのは、車のバックミラーとサイドミラーみたいなもんなんだと。自分が進んでいくところがどんなところであっても、ちょこっとずつは常に振り返る、チラチラチラチラ見るじゃないですか。それが安全に自分の道を進んでいくために、皆の車にちゃんと備え付けておいて欲しいもの。それはまさしく携えるという言葉がぴったりだと思うんですけど、意識の片隅、心の片隅に置いておいていただきたいなというのは、その通りだなと思います。携えるって本当良いな。

【東】僕は元々大学の時にモバイルの研究をしていたので、携帯電話で、携えることが可能な形の防災、というのは今までなかったから、人間にとっての新しい自然災害に対抗するための武器になると思ってるんですよ。

【加藤】いわゆるサバイバルツールというか。

【東】そうです。僕が大学2年の時に初めて研究会に入って、初めて発表したテーマというのが、ケータイを何だと思っているか、というトピックで皆で話したんです。その時に僕はケータイ刀論という話をしていて、ケータイというのは現代を生き抜くサバイバルナイフだと言ったんです。

【加藤】という話を僕は松村太郎君から聞いているw。

【東】全然図らずしも、全く意識せずに、防災というところに入ったんですけど、考えてみれば今そういう仕事してるなと思います。このツールをいかに災害に強いものに育てていくか、自分自身をツールを使うことで災害に対応できるようなマインドにしていくか、実際に災害が起きた時にツールを使って何ができるのかという部分の、心強い武器になっていてくれたらいいなと思います。

【加藤】結局、防災って最終的にはその人個人個人のマターになってくるんだと思うんだよね。

【東】そうですね。

【加藤】だからこそやっぱり、そこに関わる人達は、入念に道具を準備してあげたり、入念に周辺環境を整備してあげたり、というのを普段からやってかないといけないということだよね。まあでも、昔は国とか偉い人達がそういうことを考えるものだと思っていたから。

【東】受身でしたよね。

【加藤】そうそう。

【東】なんかやってくれるだろうみたいな。

【加藤】それは防災にかかわらず復興もそうだけど、意識が変わったことは、この国のある種の財産というか。

【東】間違いないですね。

【加藤】次の時代に繋がっていくものだし、それこそ風化させちゃいけないんだろうなという気がする。まあでも、長い勝負だ長い勝負だと言って、目の前のことが見えなくなっても良くないし、必要なラインに追いついてない部分もあるだろうから、そこは早急にやっていかないといけないんだろうけど、じっくり臨んでいきましょう。

【東】そうですね。時間はどうやってもかかるから。

【加藤】僕は大学の後輩がそういう仕事にコミットしているというのは、ある種誇らしい思いもあるし、そこに関われることは僕にとっても幸せなことなので、頑張りましょう。

【東】ええ。継続して、頑張っていきましょう。宜しくお願いします。

東 宏樹 (あづま ひろき) 。1982年8月28日生まれ。独立行政法人防災科学技術研究所 社会防災システム研究領域 災害リスク研究ユニットにて、自然災害に対するハザード・リスク評価に関する研究に従事。

慶應義塾大学 政策・メディア研究科にて、モバイル技術と人間社会の関係性に関する研究で政策・メディア学修士号を取得。卒業後はTV制作会社にて映画紹介番組(BS放送)の制作を行い、その後、個人事業主(番組素材制作、Web制作)時代を経て、現職は独立行政法人防災科学技術研究所 研究員。

2016.08.28
渡邊 享子
「トントンカラリと回すサイクル」

石巻に出かけるようになって、何人もの若ものと知り合って来ました。そのうちの一人が渡邊享子さん。震災直後からゼミ生として石巻に入って、この5年間、石巻に住み、石巻に根ざして、街のことに取り組んで来た一人です。 これまでにユ […]

2016.08.23
モリジュンヤ
「広義の編集、狭義の編集」

その存在は意識していた、って書くとなんか大袈裟だけれど、フリーランスとして仕事しつつ、気になっていた人の一人がモリジュンヤ君でした。とても筋の良い仕事をする人だなと思って眺めていた。 そんなジュンヤ君と昨年末少ししっかり […]

2016.08.18
鵜川 洋明
「水、流るるを、樂しむ」

僕も関わる児童養護施設を退所する若もののための奨学金支援プログラム、カナエールでトレーニングチームのリーダーをしているのが、うーさんこと鵜川洋明さんです。カナエルンジャー(奨学生)とエンパワチーム(社会人ボランティア)が […]

2016.01.15
太田 サヤカ
「問うデザイン、問われるデザイン」

以前、ET Luv.Lab.で取材させていただいた、イトナブの古山さんから、僕や仲間内のデザイナーのところを1日ずつ、新入社員を武者修行して回らせたいというご相談をいただいたのが2年前の春のこと。トランク片手に仙台から東 […]

2015.08.07
井口 拓磨
「聴こえてくる音楽、その風景」

水族館の音楽のデザイン、そんな少し変わった仕事をしている人を、以前中華街で紹介してもらいました。僕はそこでサウンドスケープ、という言葉を初めて教えてもらいました。音のランドスケープ?、なかなか難しそう。 僕は楽器がからき […]

2015.06.22
葛原 信太郎
「編集が生むのは、活力」

「あれ、Twitterが似顔絵のアイコンの人ですよね?」久し振りに言われたなと思いました。 仕事仲間の鎌倉オフィスのオープニングパーティで知り合った葛原信太郎君は、アースガーデンというメディアの編集長。ただ、日本の「揺れ […]

2015.05.26
小高 朋子
「作り手の担い手」

「仕事の相談があるのですがー」、久し振りにご連絡いただいた小高朋子さん。Facebookで全国津々浦々飛び回っているのは拝見していて、いずれまたお話したい人の一人でした。じっくり腰を据えて話すのは、実は今回の取材がほぼ初 […]

2015.05.17
網谷 勇気
「カミングアウトが拓くもの」

実行委員として関わっている児童養護施設からの進学を応援する奨学金支援プログラム、カナエールで一緒に仕事することになったのが、網谷勇気さんでした。プロジェクト内では皆ニックネームなので、今回の取材でも「あーみー」と呼んでい […]

2014.03.20
中村 優
「旅するレシピ」

中村優さんと出会ったのは、クライアントのレストランでのディナー・パーティの時でした。隣の席にたまたま座っていた優さんとは当然初対面で、ただ、なんか美味しそうに美味しそうなものの話する人だなあと思っていて、でもお互いあんま […]

2014.01.01
山本 浩司
「歴史家が紐解くプロジェクト・デザインいまむかし」

浩司君がTEDに出る。そんな話を聞いたのは2年前のことですか。イギリスで歴史家として産業革命時代の経済や商業の歴史を研究する山本さんとは、頻繁には会わずとも、たまに飯を食いながら意見交換する仲です。歴史家という響きとは裏 […]

2013.12.24
岡崎 研太郎
「アートがもたらす医療現場へのエンパワーメント」

あれは今から数年前のこと。クライアントのご親族にお医者様がおられて、僕に仕事の相談があるとおっしゃる。お医者様からの仕事というので、病院か、学会か、と思いきや、ご相談されたのは「糖尿病劇場」という何ともユニークなプロジェ […]

2013.11.03
村上 玲子
「人、そこに在る暮らし、そこを巡るは旅人」

村上玲子さんは、お世話になっている方が開いた懇親会でお話しする機会があって、ただ、ソーシャル・メディアでは繋がりつつも、以降お会いする機会はなく。なんですが、僕があっち行ってると、翌日くらいから玲子さんがそこにいるのをソ […]

2013.10.10
茂木 隆宏
「横浜の創造力の舳先に」

横浜在住で自宅勤務であるにもかかわらず、これまで横浜で仕事したのは片手で数えられるほど。ちょうど、この1年くらい、少し横浜で何か行われているのか、ということに興味を持ってから、よく耳にしていた名前が「ノガン」という会社で […]

2013.05.20
越水 大輔
「ローカルにコミットする躍動感」

越水大輔さんはフリーランスのWEBデザイナーで、福岡に1年。僕とはちょうど1年ほど前に、ETのWEB経由でお声がけいただき、一度だけ横浜の喫茶店でお話しをしました。彼はその後、福岡に移り住み、僕もちょうど色々な場所と仕事 […]

2013.04.01
古山 隆幸
「復興のカリキュラム」

古山隆幸さんとは年次がほぼ一緒で、学生時代からWEBの仕事をしていたことも共通で、昨夏、石巻2.0の小泉瑛一君に紹介してもらって以来、UX X Talkというハングアウトイベントを石巻工業高校の生徒さん向けに企画したり、 […]

2013.03.27
礒貝 日月
「出版ボン・ボヤージュ」

大学のラグビーの後輩に、「加藤さんに、そいつだけは紹介したい、という人間がいるんです」と言われていて、そういうことをその後輩が言うのも珍しいので、ドキドキしながら丸の内に出かけたのが昨年の秋。礒貝日月君とはそれ以来、同じ […]

2013.03.20
東 宏樹
「揺れやすさ、というファクト」

昨年末出かけたTEDxKeioSFCで、ちょっと懐かしい顔と再会しました。東君は大学の後輩なんですが、例によって社会人になってからの知り合い。鎌倉でこんなことをやってみたい、みたいな話を酒飲みながら聞かせてもらったりして […]

2013.01.29
舟越 奈都子
「アートへのホスピタリティ」

僕が9月に石巻に行ったのは一時画伯というプロジェクトのワークショップのサポートスタッフとしてでした。実は一時画伯に関しては僕はそもそもWEB制作を仕事として請けていて、そういう意味では外部からお手伝いする立場だったのです […]

2013.01.11
植村 百合香
「踏み入って、踏み留まって、踏み進める」

「ちっちゃい怪獣連れて行くね」、そう言われてブリッジフォースマイルというNPOに勤めている友達に紹介されたのが、植村百合香さんでした。初対面の時は別に彼女のプロジェクトの詳細を聞くわけでもなく、ただなんとなくこの子、大物 […]

2012.11.27
坂田 一倫
「Non-Designer UXer」

高校と大学のラグビーの後輩にあたる坂田一倫君。学生の頃からデザインが好きだったようで、ただ、僕とはちょっと違う志向性だったようで。彼の口から、徐々にUXという言葉を聞くようになって、気がつけば、UXの専門家として仕事をす […]

2012.11.18
小野 梨奈
「働き方の未来予想図」

ナンパされたシリーズ。今年に入って、Twitterで仕事のお声がけいただいたのが、フリーランス、Webプロデューサーの小野梨奈さん。とは言え、何となく僕も存じ上げていて、お話したところ、共通の友人の話にもなり、行けそうだ […]

2012.10.04
北見 友和
「続けることを繋げる、繋げることを続ける」

10年前から上永谷にあったレゲエバー、CRISE。歩いて30分ほどの所に住んでいたのに、僕が知ったのはつい昨年のこと。そこのカウンター越しに知り合ったのが、北見友和さんでした。日本料理を銀座で修行し、数千人規模の屋外ライ […]

2012.09.21
山本 泰広
「笑うPMには福来る」

先日、「僕のチームの後輩に酒飲みながら話してもらえませんか?」という、ちょっと風変わりなオファーをくださったのは、ネットサービス企業でプロジェクト・マネージャーをしている山本泰広さん。同じ横浜市民ということもあり、飲みの […]

2012.09.15
marico
「モノを作る、場を作る、時間を作る」

男ですし、そんなにアクセサリーとかは持ってないのですが、maricoさんにオーダーしたグラスループは今も愛用しています。maricoさんとは友人に紹介された社会人サークルみたいなところで知り合って、だから5年ほど前でしょ […]

2012.07.01
中村 こども
「楽しかったら重くないんだ」

「すいません、ピントが合ってませんでした。。。」そんなET Luv.Lab.始まって以来の大失態を犯してしまったのが、今回の中村こどもさんへの取材です。実は僕は中村さんにレンズを一本お借りしていて、だから、そのレンズを借 […]

2012.04.14
黒田 和宏
「企業と個人を結ぶもの」

まだ僕が学生時代にデザイン会社の仕事をパートタイムのスタッフとして手伝っていた頃のこと(別に出社とかなかったけど)。その僕を手伝ってくれていたのが同じSFCに在籍していた1年下の黒田和宏君でした。そこでの仕事が終わって、 […]

2012.03.29
景山 泰考
「ロジックを調律する男」

「やーまん」「やーまん」「やーまん」と本当に知り合ったその日からべったりお世話になっているのが景山君こと、「やーまん」です。お互い何かを説明する時に、いきなり結論を持ち出してもきちんとコミュニケーションが取れる、という意 […]

2012.03.26
浜本 階生
「ソーシャルグラフとアルゴリズムが導く行方」

Blogopolisを知っていますか。10人に見せると10人が「スゲー!」という、僕の経験の中でも類まれなサービスです。それを作っている個人と知り合える!と聞いて、お邪魔した用賀エンジニア焼肉会が浜本さんとの出会いでした […]

2012.03.08
小泉 瑛一
「On the frontline」

小泉君と僕の関係性を説明するに、横浜の飲み仲間です、以上の説明がないのですが、彼が横浜国立大学の建築学生の時に、ひょんなことから知り合って、せっかく地元の若者なので、色々な会に連れて行って、なんか面白いことになればいいな […]

2012.02.21
大嶋 英幹 / 水口 一
「デザインに人の温かみが降りてゆく」

僕が鎌倉でお世話になっている代理人の方が「面白い人達に会いましたよ」とある日おっしゃった。あの時「じゃあ、紹介してください」、その一言が言えなかったら、きっと僕が「はせのわ」に携わることはなかったでしょう。 鎌倉にあるツ […]

2011.11.12
畠山 千春
「見えやすくする、触れやすくする、慈しみやすくする」

僕をして、エコ、という言葉を誰も想起し得ないと思いますが、随分前に、green drinks Tokyoというパーティにうかがった際にご紹介いただいたのが、当時グリーンズでインターン中の畠山さんでした。ちょうど就職活動の […]

2011.10.21
松村 太郎
「その境界を超えてゆけ」

2007年3月、kosukekato.comの読者から一通のメールが届きました。「ブログでナンパした」「ブログでナンパされた」という話は、どこかしこでしている話ではあるのですが、実は中学と大学の後輩であった松村太郎君と知 […]

2011.06.14
徳本 昌大
「コミュニケーションの今」

僕がいつもと少し毛色の違うプロジェクトにアサインしていただいた時に、そのプロジェクトでお世話になったのが、「ソーシャルおじさん」こと徳本昌大さんでした。お仕事の合間にET Luv.Lab.のことをお話ししましたところ、快 […]

2011.04.12
すわ だいすけ
「Still Together」

3月11日、地震がありました。今も余震や原発事故など、予断は許さない状況ではあると思います。いつまでも休眠させずに、ET Luv.Lab.も動かしたい、でも地震の後に、その話を避けて通らず、でもET Luv.Lab.らし […]

2011.03.04
迫田 大地
「人と情報のパッシング・ポイント」

WEBデザイナーの迫田大地さんと付き合いだしたのは遂最近。実はこういう仕事をしている癖にWEBデザイナーの知り合いってとても少ないんです。しかし話してみると、同じ80年生まれということもあり、WEBの入り口から、仕事に転 […]

2011.02.19
丸岡 和人
「次代の起業家精神を描く」

丸岡和人君とは、今は無き、「用賀エンジニア焼肉」で何回かご一緒して以来のご縁です。何となくお互いの仕事を知ってはいたし、出身校も一緒だったので、シンパシーは感じていましたけど、よくよく考えれば今回の取材が2人で仕事につい […]

2010.12.09
小島 希世子
「火の国の女、肥の国の母」

小島希世子さんとは大学時代の親友で、ともすれば悪友で、お酒を飲みながら20歳前後に議論を交わした朋友です。農業の世界を生業にする数少ない友人で、僕もいつも勉強させてもらってます。 2年前の法人設立の際には、僕もCIやWE […]

2010.11.11
原田 均
「社会にコミットするエンジニア」

グラウンドの仲間シリーズ、原田均君は28歳にして既に検索プラットフォームを手掛けるネット企業のCTOで、この夏、僕も会社のWEBサイトを手伝わせてもらいました。原田君の世界を放浪した話、などもかなり面白いのですが、今回は […]

2010.10.07
津下本 耕太郎
「関係性の仕掛け人」

津下本耕太郎さんは数年前に共通の客先でお知り合いになって、なかなか興味分野がかぶっていることもあり、同年代ということもあり、気が付けば意気投合していたという、ビジネスとも言い切れない、プライベートとも言い切れない不思議な […]

2010.09.25
三橋 ゆか里
「I am a TechDoll.」

後輩が独立したと聞き、会ってみたのが半年前。それからあれよあれよという間に活躍されているのがウェブディレクターでライターの三橋ゆか里さんです。先日もYahoo!ニュースに三橋さんが書いた記事が載っていたらしく、一緒に飲ん […]

2010.07.01
須藤 優
「面白い人を拡張する」

形式は違えど、JunkStageというのは、ET Luv.Lab.の良い見本なのだと思うんです。56名のライターを抱え、コラムサイトを運営しつつ、フリーペーパーを出したり、イベントをしたり、新しいサービスも始まるようです […]

2010.06.04
松下 弓月
「非日常性への回路」

「今日はお坊さんと食事に行きます」なんて友人に言うとびっくりされるのですが、松下弓月さんは平塚宝善院の副住職であり、超宗派仏教徒によるインターネット寺院、彼岸寺のメンバーでもあり、最近ではUstreamなどでも積極的にイ […]

2010.05.15
福山 泰史
「アマプロ混在の時代に思うこと」

同世代で自分よりフリーランサー歴が長い人、と言うと、実はそんなに多くはなかったりするのですが、音楽プロデューサーの福山泰史君は僕より2つ年下。 20歳の時に独立し、それから9年もの間、フリーの音楽プロデューサーとして業界 […]

2010.03.09
児玉 哲彦
「アーキテクチャからデザインする」

児玉哲彦さんとは母校のOpen Research Forumというイベントでゲリラトークセッションに飛び入り参加させていただいた時に知り合いました。それから何度かゆっくりお話をする機会が持て、僕はビジネス寄り、児玉さんは […]

2010.02.25
神谷 真人
「芝居と生きる、芝居を生きる」

3年B組16番加藤康祐、3年B組17番神谷真士。中学のクラスメイトで、出席番号が並びだった神谷君と再会したのは社会人になってからでした。話を聞いてビックリ。「脱サラして舞台俳優をしている」とおっしゃる。ある意味、僕とはフ […]

2010.02.23
野口 尚子
「余白を埋める、余白を作る」

各所で話題の僕の似顔絵入り名刺ですが、実は印刷の余白Lab.の野口尚子さんにコーディネートをお願いしたもので、ブラックメタリックの箔押しにグレーのラメ入りの紙がお気に入りで愛用させてもらっています。独立前に知り合いました […]

2010.02.09
小林 朋子
「Twitter文化はサロン文化」

サヴォアール・ヴィーヴルって言葉、初めて耳にする方も多いのではないかと思います。鎌倉でサヴォアール・ヴィーヴルサロン、ロザリウムを主宰されている小林朋子さんは、ETの古くからのお客様で、ご家族の皆様にもいつもお世話になっ […]

2010.02.05
北山 朝也
「エンジニアリングと幸せの定義」

ET Luv.Lab.記念すべき第一回目ゲストはエンジニアの北山朝也君です。北山君とはグラウンドで一緒に汗を流した仲でもあり、社会人になってからも折々で酒を酌み交わしがてら話をしあう親友です。北山君とは付き合いが長いです […]

2010.01.27
加藤 康祐
「人がメディアになる時代」

ブランディングの仕事をしていると、結局最終的にはブランドの価値がいかにして、「人」に反映されるか、ということに勘所があるように思います。何か同じようなことが、スゴイ勢いで情報の世界にも起こっているな、ということを下記の文 […]