礒貝 日月

2013.03.27

「出版ボン・ボヤージュ」

礒貝 日月 - 株式会社清水弘文堂書房 代表取締役

大学のラグビーの後輩に、「加藤さんに、そいつだけは紹介したい、という人間がいるんです」と言われていて、そういうことをその後輩が言うのも珍しいので、ドキドキしながら丸の内に出かけたのが昨年の秋。礒貝日月君とはそれ以来、同じ横須賀線沿線住民ということもあり、東京帰りに今日飲もうかと、さくっとビールを酌み交わす仲になりました。

彼の仕事である出版、そして編集。僕の周囲にもそれらに関わる人はたくさんいて、僕も本を読むのは好きで文章を書くのも好きで。ただ僕が自分のビジネスを考えるトーンで、その話ができるのは、きっとこの人なんだろうなという気がしました。大船駅で落ちあって、パチンコ屋の2Fのルノワール。若かりし頃、カナダ北極圏を彷徨し、、環境をテーマにした出版社の代表は、極めて年齢と感覚が近い、飲み仲間です。

北極圏と研究者

【加藤】最初に聞きたいと思っていたのが、北極圏の話なんだけど、『ヌナブト』って最初から本にしようと思って日記を書いていたの?

【礒貝】いや、全然出すつもりなくです。最初はSFCのAO入試の課題のためにやったんですね。入学前までに時間ができるので、1か月ほどカナダ北極圏のヌナブト準州というところに滞在して、8,000字くらいのレポートを書くために、毎日日記をつけてたんです。

【加藤】北極圏に行くきっかけみたいなことって、高校卒業してが初めてだったんだっけ?

【礒貝】最初は小学校4先生の時に、C.W.ニコルさん(作家、C.W.ニコル・アファンの森財団理事長)が、カナダ極北地帯のバフィン島にあるパングニルトゥングという村にテレビ取材で滞在していたんですね。取材が終わった後に、無人島でキャンプしてて、そこに父親と一緒に行ったというのが初めてカナダの北極圏に携わるようになったきっかけです。1990年のことです。

【加藤】それからずっと通ってたの?

【礒貝】いや、それ以来、大学入る時まで、一度も行ってないですね。高校受験の時に「極北の現地の、イヌイットの人達が通っている高校に行ったら?」 ということをニコルさんと父に言われたんですけど、その時はなかなか決心つかなくて、高校は普通に都立高校へ行きました。大学入る時、ちょうど1999年だったんですけど、カナダの北極圏に先住民イヌイットが人口の多数を占めるヌナブト準州というのができて、その研究をしよう思ったのが、スタートです。

【加藤】面白いよね。ニコルさんがある種きっかけで、でも、こないだはニコルさんの本(『けふはここ、あすはどこ、あさつては―C.W.ニコル×山頭火の世界―』)を自分のところから出したわけで。ずーっと続いている付き合いだってことだよね。

【礒貝】そうですね。お会いする機会はなかなかないですけど、おじさんというか。

【加藤】ああ、親戚って意味での、おじさん、ってこと?

【礒貝】まあ、親戚というか、“uncle”っていうんニュアンスでしょうか。小さい時からお世話になっている父の友人ですね。

【加藤】北極圏に高校卒業するタイミングで1回行って、あれだけの時間を過ごして、帰って来てから日本の大学の見え方とか変わった?

【礒貝】あんまり変化はなかったですね。とりあえず、大学入るきっかけのテーマだったので、その後、続ける必要もなかったんですよね、実際は。だけれど、せっかくだから、一つのテーマを決めてやろうということで、ほとんど大学は行ってなかったですけど、僕の場合は。見え方の変化はそんなには感じたことはないです。

【加藤】でも、その後も大学院に進学決めてずっとやっていくわけだよね。

【礒貝】そうですね。大学卒業して、漠然と北極圏に関わりながらの仕事が良いかなと思っていて、となると研究者、大学の教職取りながら、続けられればいいなと思っていたんですよね。それで、修士を出て、2007年4月から大阪にある国立民族学博物館(大学本部は葉山にある総合研究大学院大学)というところの後期博士課程に行って、ただそこで出版の方の仕事が本格的に始まったんで、ストップしたんですけれど。

【加藤】そこは割とパサッと切り替えられた感じではあったの?

【礒貝】元々、出版のことも頭に入ってたので。

【加藤】それは家の仕事だから。

【礒貝】そうですね、家業というのは頭にありました。理想は、理想はですよ、大学院出て、その後、大学に潜り込んで、両方を両立できれば良かったんですね。出版やりながら教職も取ると。そのパターンが一番良かったんですけど、思ったよりも早くタイミングが来て、研究の方は疎かになってしまったという感じですね。

【加藤】でも研究自体は博士課程までやっていたわけだから、研究畑の人達がどういうことをやっているかとか、そこで学んだというところもあるんじゃない?

【礒貝】そうですね。僕のやってたのは文化人類学なんですけど、文化人類学って他の学問に比べて、社会性が強くないといけない学問というか、対人関係、人対人の学問だと思うんです。逆に研究畑を出てみて思ったことは、そのまま研究の道、修士取って博士取って大学に残るというのは、文化人類学にとって、それって良いの? と思っちゃうんですよね。外出てみて、研究の立場を客観的に見れるようになったというか、そのまま進んでる同期とかを見ていて、今の僕の立場に取って都合の良い話ですけど、なんか感じる時はありますよね。

【加藤】イヌイットの世界だけじゃなくて、一般社会というのを見て、そこの相対的な比較で新しく見えてくるものがあるという?

【礒貝】そうですね。偉そうなこと言えないですけど、文化人類学はフィールドワークが基本なので、他の研究者はそれぞれのコミュニティへ行くわけじゃないですか。僕はたまたまカナダ北極圏ですけど、それぞれ民族や社会、地域を対象にしているので、人によってはアフリカ行ったり、中南米行ったり、アジア行ったり、ヨーロッパ行ったりするわけですよね。その中で勘違いしやすいのが、現地で多様性に触れて、だけれども、いざ日本に帰って来ると、日本社会がものすごく狭く感じるんです。でも、これって多様性の勘違いというか、日本社会は日本社会で多様性に富んでいるわけですよね。研究というフィールドにこもっていると、この日本社会の多様性に目を向ける機会が少ないのかな、と出版の仕事を始めて思いました。世界の民族や社会に触れている分、足下を見直す時間って必要ですよね。大学とかってある意味すごい狭い社会だと思うんです。そこでがんじがらめになることの怖さってあると思います。

【加藤】さっき、高校卒業するタイミングで北極圏行って、帰って来て、大学の見え方が変わったかって話を聞いたけれども、以前話した時に感じた気がしたので聞いてみたのだけれど。

【礒貝】今考えると、そこではあまり変化はなかったんです、やっぱり。自分は文化人類学ですけど、色々なことやっている人がいるわけじゃないですか。建築やっている人もいれば、ネットの世界に入っている人もいれば。だから、見え方って多少変わると思うんですけど、今振り返るとそこまで大きな変化じゃなかったんですよね。どちらかというと、さっき言ったように、自分の仕事をし始めて、そこから研究者の見え方が変わった、ということの方が大きな変化であったかなと思います。

清水弘文堂書房という仕事

【加藤】ちょっと出版の方の話をしたいんだけれども、今扱っているのは割とアカデミックないし、エコ系の専門性の高いもの、っていう理解で良いのかな。

【礒貝】はい、そうですね。

【加藤】そういうのはある意味、清水弘文堂書房が昔からやって来たライン?

【礒貝】元々は哲学とか宗教とか。

【加藤】思想とか言われるやつだ。

【礒貝】そうですね、思想とか、あとは俳句とか。色々なジャンル扱ってたんですよね。そういう意味ではあまり軸がなかったのかも(笑)。基本的には学術書の出版をしていて、だけど父の代になって、さらに僕の代になってからは、環境学の本を多く扱ったりとか、後は自分達で書いて自分達で出す、というのもあって。ただその辺は僕は自分で実践はまだできてないです。好きな時に好きなものを出版するということですね。

【加藤】そうすると今度商売として考えていく時の難しさもあってというところだよね。アサヒビールさんのCSR出版の仕事、アサヒ・エコ・ブックス。ああいう企業とある種タッグを組みながらやっていく仕事もあるわけだよね。あの辺の出版社としての面白みみたいなのはどういうところにあるのかね。

【礒貝】やっぱりシリーズなんで、ある程度、統一感持って、継続してできるっていうのは、ありがたいですよね。もちろん、ジャンルは大きく言えば環境というジャンルになりますけど、環境って分野は、結構広い。捉え方によってはすごく広くて。そういう意味では色々なジャンルに対応して、本を出せるというありがたみはあります。

【加藤】僕あのシリーズは『銀座ミツバチ奮闘記』しかまだ読めてないんだけれども、あれも環境の本です、って最初に紹介をされないと環境の本だと最初は思わないタイプの本かも知れないよね。後は今早稲田でやっている、場を作る仕事。それは今どういう役割で動いている形なのかな。

【礒貝】2012年の10月からなんですけども、兄が早稲田の大学院に行っていて、そのゼミの先生で原剛先生という方がいて、早稲田自体は退官されているんですが、元々ジャーナリストで、早稲田の前は毎日新聞で働いてらっしゃったんです。その先生、中国とか農業を専門にされている先生で、岩波書店から出てる『日本の農業』という本が、いわゆるその分野の古典と呼べる本になっています。その先生にご相談があって最初研究室に行ったんです。お話ししているうちに、お酒がすごく好きな先生で、僕もお酒好きなので、盛り上がって。

【加藤】そうだよね。

【礒貝】先生が早稲田を退官された後に、早稲田環境塾というのをやってるんです。早稲田環境塾というのは広く2つ視点があって、環境日本学というのを提唱しているのと、環境キーパーソンを育てよう、というのを柱に社会人ないし学生も含めてなんですが、対外的な講座をして、後は現地で合宿に行ったりしています。現在は大学の組織内に入って、早稲田環境学研究所・早稲田環境塾研究会として、そこのプログラム・オフィサー、いわゆる講座を作る人として良かったら手伝わないという話になって、2012年10月からお手伝いしているという状況ですね。

【加藤】それは清水弘文堂書房として関わっているのか、それとも礒貝日月個人として関わっているのか。

【礒貝】どっちにも良い影響なんですよね。出版社の仕事って人に会う仕事で、どんな面白い人がいるかとか、その面白い人にどんな面白いものを書いてもらうのかというのが仕事なので、そういう意味では新しい出会いの場が作れる。なおかつそれが環境というフィールドでもあるので、今の清水弘文堂書房が出している本にも繋がっていきますし、かつそこからどんどんどんどん人の輪じゃないですけど、なんか生まれてきますよね。

【加藤】そうだよね。それは多分、僕がやっていることもすごい近い。

出版という構造と、編集者というリソース

【加藤】ちょっと、清水弘文堂書房から話を離すんだけど、去年出版で何が一番ビッグニュースだったって、割と一般人の目から見ると、Kindleが入って来て、僕の周囲も本気で電子書籍を買うことをやり始めたというのが変化かなあという感じがしているんだけど、僕のラグビーの後輩とか、先月のブログのアフィリエイト報酬が月10万円とか言ってて、まだ限られた人しか使ってないと思うんだけど、少しプレゼンスを発揮し始めたのかな、という気もしていて。日月君的には電子書籍について今どう思っているかな。

【礒貝】出版自体、「出版」というワード自体が、そんな特別なものじゃなくなって来ている気はするんです。誰でも自由にもの書いて、自分で校正して、出せると。電子書籍は敷居をより低くしていくと思うんですよね。誰もが表現者になれるというか。誰もが表現者で、誰もが読者。そういう意味では電子書籍は良いツールかな、と思います。

【加藤】だけどやっぱり普段から文章書いている人間からすると、Twitterには140文字書けます、Facebookにはもう少しまとまったもの書けます、ブログにはある種パッケージになった文章を書けます、というのはあるけど、「本」書くっていうのはまだ特別なことのような気がしていて、それが電子書籍が出ることによって特別じゃなくなるのかというのは、まだわからないところもあるというか。セミプロにはならないと本は作れないと思うんだよね、電子書籍であっても。

【礒貝】誰もが書き手で、誰もが読者であるんですけど、それがプロであるかというと、ちょっと違うと思うんです。大きく言うと、編集ですよね。編集者とか、編集という仕事。編集という仕事で一つの存在価値を発揮していると思うんですけど、Twitterであれ、Facebookであれ、ブログであれ、いわゆる第三者がその前に介入してというのは滅多にないですよね。ただ、お金取れてる今のネットの媒体というのは、例えば有料のメルマガにしても、利益をあげているものはちゃんとしっかり編集者ないし第三者の手が入ってると思います。それに対してお金を払うかどうかというのは個々の判断で良いと思うんですけど。ただ、編集を出版社自身がしっかりやってるかというと、ちょっときつい面もあって、人的な時間がないとか、コストもかけられないとか、納期に間に合わせなければいけないとか、諸条件があって、あんたはそれのプロなのか、と言われると自信持って言えない、というのはあります。

【加藤】よく昔から話をするんだけど、本屋に行った時に、割と愕然とするタイミングというのがあって、この本屋に並んでいる本、一生かかっても全部読み切れないな、という。あの狭い空間を征服できない無力さみたいなのがあって、それがこの国の出版文化の豊穣さ、みたいなところもあるのかも知れないし、一方で本が出過ぎている、でも読みたい本だけ必要な本だけ読んでればいいや、多くは僕が読まなくても良い本だ、と思えちゃう部分っていうのはある気がしていて、どうなんだろうね。今、出版が厳しいと言っている時に、大きな規模のままで良いのか、というのはあるんじゃないかなあと。

【礒貝】うちもすごい零細出版社で、小さい出版社なので、一概には言えないですけど、多過ぎますよね、数。出版社の数も多いですし、刊行数も多いですし。仕組みというか、出版業界の構造自体がそうさせてる感があります。本を出して、取次会社を通して書店に流通しますよね。それが売れなくてもお金が入る仕組みがある。返品が出たらもらったお金を返さないといけないんですけど、出し続けている限りは回るんですよ。よほど無理をしていない限り、自転車操業で回る。その仕組みはあまり良くないと思います。ただ勿論、うち自身もその仕組みの中に入ってやっているんですけど、新しい仕組みを模索している出版社とか生まれてますよね。自分達で営業かけて、取次とか通さないで、直通で書店さんに卸そうとしている。そうするとダイレクトに跳ね返ってきますよね。売れたら会社は潤いますし、書店にとっても売れないと困る。なので、もう少しそういう変化が起きなければいけないと思うんですけど、それは電子書籍とかになって変わってきますよね。そういう電子書籍がもたらす新しい流通が一般の紙の本に対しても良い圧力をかけてくれると思うんですよね。

【加藤】まさしくそうだと思う。

【礒貝】だからこそ、出版社が出版社である意味というのは、たくさん議論されていることですけど、なんだろうなとふと思ったりしますけどね。

【加藤】それは、僕、コンテンツビジネス全般に関わることだと思うんだけど、音楽でいうレコード会社、ゲームならゲームソフト会社、出版でいうところの編集者にあたる人の価値って言うのが全てだと思う。新聞社も本来的には、新聞記者の個人の資質が全てだと思うんだけど、でもなんかそこがあまり活用されないで、ないし、個性を持って表に出ないで来てしまっている。日月君と付き合っていて面白いなと思うのは、編集者というリソースを色々な使い方しているでしょ。その辺、出版社の未来なのか、小規模出版社の未来なのかわからないけど、面白みが出てくるところじゃないかという気がしていて、出版社が本の著者と出版イベントをします、の枠の外もやってるじゃん。早稲田環境塾研究会とか。その辺に未来があるんじゃないかな、と僕は思っているんだけどね。

【礒貝】やはりちゃんと生き残っている出版社は編集者の強さがありますよね。学術書で言うと岩波書店だったらば、かつて岩波茂雄さんという創業者の強い出版人がいて、現在の社長の山口昭男さんにも一度お会いしたことがありますが、勉強させていただきました。早稲田にある藤原書店と言えば、今もお元気で社長やってらっしゃる藤原良雄さんという個性的で力強い出版人がいて、そういう編集者が色が強くて力強いところは生き残ってやっていると。こういった大先輩もいらっしゃいますし、僕自身は編集者って言うのはおこがましくて自分じゃ自分のことをそういう風には絶対言わないんですけど(笑)。今、加藤さんがおっしゃったように、僕が色々関わってる出版以外の仕事、早稲田環境塾研究会も講座の編集。コーディネートする、人と人を繋ぐとか、こういう組み合わせは良いよなあと考えるのも、編集という仕事で関わっているものですよね。あと今やっている、写真家のブルース・オズボーンさんが提唱している「親子の日」東日本被災地応援プロジェクト「I TIE☆会いたい」プロジェクトとか、伊藤達生(株式会社日経ナショナルジオグラフィック社長)さんと一緒に北極圏のポータルサイトを作りましょうというのも始めているんですけど、そういうのもそういう関わり方から生まれているものだと思います。ただ、そう言っておいて、自分の出版社が潰れたら、その能力がないという証にもなるんで(笑)。

編集が育むもの

【加藤】今聞いてて思ったのは、ある種、自分が育っていくために、自分で何かを直接作るという仕事じゃないから、人を育てながら、人に育ててもらう、みたいな関係性を作っていかなくてはいけなくて、それは本の著者だけじゃなくて、場所もそうだし、もっとプロジェクトみたいなものに対してもそうだ、ってことだよね。たくさん育てゲーやってる感じだ。

【礒貝】そうですね。僕が最初に本を出した時に、父親がまだ元気でいて、父親の出版社、清水弘文堂書房から出したんです。それってすごい抵抗があって、人から見たら、あんた実家が出版社だから本出せるんだ、というのはあるじゃないですか。後はくだらない日記の寄せ集めだったんで、それが本になってしまうのかというのもありました。その時に対面というか直面としたのが、親と子、という関係がある一方で、未熟ながらも書き手としての自分と編集者としての父親というのがあるわけですよね。僕はその時に編集という仕事が何か全くわかってなかったんです。全く。ただ編集者である父が手を入れて、それをある程度プロフェッショナルなものにして世に問う、と。編集という過程が加わっているんですけど、書き手としては意識したことはないので、わからないですよね。それをまざまざと思い知らされたのが一冊目出して、二冊目出した時です。二冊目出した時に、自分である程度意識して、本を出そうと思って、書き手としてこだわって書いたんです。それをまた父が編集するという話になっていたのが、それを出す前に父が亡くなったんですね。そのお別れ会をやる時に合わせて出版しようと思って、材料はあったんですけど、自分で編集して出したんです。ただ、それ編集になってないんですよね。書き手としての自分は、二冊目の本は上手に書けたという意識があって、一冊目に関してはただの日記。上手に書いたっていう覚えは一切ない、殴り書きですよね。編集という料理、があるかないかで全然違うものになってしまって、二冊目の本は書き手としては自信持って出したのに、評判がすこぶる悪いと(笑)。

【加藤】ははは。

【礒貝】かつ市場も、少ない部数ですけど、やはり一冊目と売れ行きが全然違う。一冊目の本の方がちゃんと売れて、二冊目の本は言ってしまえばほぼ売れなかった。そこで初めて編集の仕事ってこういうもんだな、というのを感じられた経験というか。

【加藤】でも逆に言うと、それを自分の経験として最初に持っている人いないでしょ。編集者が、著者として編集を実感するという。そういう意味じゃ面白かったんじゃないかな。後はある種の親父さんとの付き合いの「かたち」なんだろうと思うし。でも今でさえ色々やっていて、忙しそうだけど、次やりたいこととか、これからやりたいこととかありますか。

【礒貝】うちは年間の刊行数少ないですけど、出版の仕事は変わらず、ゆっくりとながら何とか持続できたらいいなと思ってるんですよね。早稲田の仕事は可能な限りこれも続けてやっていけば面白いものになっていくだろうなというのはありますし。あと目下のところだと、北極圏、自分の原体験ですよね。原体験でもあり原風景でもあるんですけど、極北の場から今離れてしまっていて、最後に行ったのはバンクーバーオリンピックの時なので、2010年、もう3年くらい経ちます。人類学、人類学と言いながら、人類学は現場にコミットするのがなにより大事なので、なかなかもう自分で人類学やっていましたって自信持って言えないというか。現場にも全然行ってないですし。でも現場に行かないながらも、過去の経験をアウトプットしていく、という意味ではまだできることあると思うんですよね。それで北極園のポータルサイト、をできれば今年中に立ち上げて、色々な極北の、研究者に限らず、探検家、冒険家、写真家、学生、旅行者、色々な立場の人いると思うんですけど、それが横に繋がるような仕組みを作れたらいいなと思います。

【加藤】そこには絶対編集の力が必要そうだしね。

【礒貝】そうですね。お金にはあんまりならないんですけど、目下としてはそれが一番優先順位の高いやりたいことですね。

【加藤】多分、一つの目標を達成するというよりは、手持ちのものを一つ一つ育てていく。著者さんとずっと付き合っていく編集者のような関わり方を、自分のプロジェクトともしていくんだろうね。

【礒貝】そうですね。急には育たないので。

【加藤】だよね。

【礒貝】本もそうですけど、できあがって終わりって考えるんじゃなくて、本もプロジェクトも人との関係も、ゆっくり育てていければ、育ちながら自分も育つと。そういうのができたら良いですよね。後はお金がついてくれば一番良いんですけど(笑)。

【加藤】そういう小さなエコシステムを、いかにスケールするかじゃなく、密度を下げることなく育てて、それをいかに長く続けていけるかというあたりは、うちと同じだと思うので、お互い頑張っていきましょう。ありがとうございました。

【礒貝】ありがとうございます。

2016.08.28
渡邊 享子
「トントンカラリと回すサイクル」

石巻に出かけるようになって、何人もの若ものと知り合って来ました。そのうちの一人が渡邊享子さん。震災直後からゼミ生として石巻に入って、この5年間、石巻に住み、石巻に根ざして、街のことに取り組んで来た一人です。 これまでにユ […]

2016.08.23
モリジュンヤ
「広義の編集、狭義の編集」

その存在は意識していた、って書くとなんか大袈裟だけれど、フリーランスとして仕事しつつ、気になっていた人の一人がモリジュンヤ君でした。とても筋の良い仕事をする人だなと思って眺めていた。 そんなジュンヤ君と昨年末少ししっかり […]

2016.08.18
鵜川 洋明
「水、流るるを、樂しむ」

僕も関わる児童養護施設を退所する若もののための奨学金支援プログラム、カナエールでトレーニングチームのリーダーをしているのが、うーさんこと鵜川洋明さんです。カナエルンジャー(奨学生)とエンパワチーム(社会人ボランティア)が […]

2016.01.15
太田 サヤカ
「問うデザイン、問われるデザイン」

以前、ET Luv.Lab.で取材させていただいた、イトナブの古山さんから、僕や仲間内のデザイナーのところを1日ずつ、新入社員を武者修行して回らせたいというご相談をいただいたのが2年前の春のこと。トランク片手に仙台から東 […]

2015.08.07
井口 拓磨
「聴こえてくる音楽、その風景」

水族館の音楽のデザイン、そんな少し変わった仕事をしている人を、以前中華街で紹介してもらいました。僕はそこでサウンドスケープ、という言葉を初めて教えてもらいました。音のランドスケープ?、なかなか難しそう。 僕は楽器がからき […]

2015.06.22
葛原 信太郎
「編集が生むのは、活力」

「あれ、Twitterが似顔絵のアイコンの人ですよね?」久し振りに言われたなと思いました。 仕事仲間の鎌倉オフィスのオープニングパーティで知り合った葛原信太郎君は、アースガーデンというメディアの編集長。ただ、日本の「揺れ […]

2015.05.26
小高 朋子
「作り手の担い手」

「仕事の相談があるのですがー」、久し振りにご連絡いただいた小高朋子さん。Facebookで全国津々浦々飛び回っているのは拝見していて、いずれまたお話したい人の一人でした。じっくり腰を据えて話すのは、実は今回の取材がほぼ初 […]

2015.05.17
網谷 勇気
「カミングアウトが拓くもの」

実行委員として関わっている児童養護施設からの進学を応援する奨学金支援プログラム、カナエールで一緒に仕事することになったのが、網谷勇気さんでした。プロジェクト内では皆ニックネームなので、今回の取材でも「あーみー」と呼んでい […]

2014.03.20
中村 優
「旅するレシピ」

中村優さんと出会ったのは、クライアントのレストランでのディナー・パーティの時でした。隣の席にたまたま座っていた優さんとは当然初対面で、ただ、なんか美味しそうに美味しそうなものの話する人だなあと思っていて、でもお互いあんま […]

2014.01.01
山本 浩司
「歴史家が紐解くプロジェクト・デザインいまむかし」

浩司君がTEDに出る。そんな話を聞いたのは2年前のことですか。イギリスで歴史家として産業革命時代の経済や商業の歴史を研究する山本さんとは、頻繁には会わずとも、たまに飯を食いながら意見交換する仲です。歴史家という響きとは裏 […]

2013.12.24
岡崎 研太郎
「アートがもたらす医療現場へのエンパワーメント」

あれは今から数年前のこと。クライアントのご親族にお医者様がおられて、僕に仕事の相談があるとおっしゃる。お医者様からの仕事というので、病院か、学会か、と思いきや、ご相談されたのは「糖尿病劇場」という何ともユニークなプロジェ […]

2013.11.03
村上 玲子
「人、そこに在る暮らし、そこを巡るは旅人」

村上玲子さんは、お世話になっている方が開いた懇親会でお話しする機会があって、ただ、ソーシャル・メディアでは繋がりつつも、以降お会いする機会はなく。なんですが、僕があっち行ってると、翌日くらいから玲子さんがそこにいるのをソ […]

2013.10.10
茂木 隆宏
「横浜の創造力の舳先に」

横浜在住で自宅勤務であるにもかかわらず、これまで横浜で仕事したのは片手で数えられるほど。ちょうど、この1年くらい、少し横浜で何か行われているのか、ということに興味を持ってから、よく耳にしていた名前が「ノガン」という会社で […]

2013.05.20
越水 大輔
「ローカルにコミットする躍動感」

越水大輔さんはフリーランスのWEBデザイナーで、福岡に1年。僕とはちょうど1年ほど前に、ETのWEB経由でお声がけいただき、一度だけ横浜の喫茶店でお話しをしました。彼はその後、福岡に移り住み、僕もちょうど色々な場所と仕事 […]

2013.04.01
古山 隆幸
「復興のカリキュラム」

古山隆幸さんとは年次がほぼ一緒で、学生時代からWEBの仕事をしていたことも共通で、昨夏、石巻2.0の小泉瑛一君に紹介してもらって以来、UX X Talkというハングアウトイベントを石巻工業高校の生徒さん向けに企画したり、 […]

2013.03.27
礒貝 日月
「出版ボン・ボヤージュ」

大学のラグビーの後輩に、「加藤さんに、そいつだけは紹介したい、という人間がいるんです」と言われていて、そういうことをその後輩が言うのも珍しいので、ドキドキしながら丸の内に出かけたのが昨年の秋。礒貝日月君とはそれ以来、同じ […]

2013.03.20
東 宏樹
「揺れやすさ、というファクト」

昨年末出かけたTEDxKeioSFCで、ちょっと懐かしい顔と再会しました。東君は大学の後輩なんですが、例によって社会人になってからの知り合い。鎌倉でこんなことをやってみたい、みたいな話を酒飲みながら聞かせてもらったりして […]

2013.01.29
舟越 奈都子
「アートへのホスピタリティ」

僕が9月に石巻に行ったのは一時画伯というプロジェクトのワークショップのサポートスタッフとしてでした。実は一時画伯に関しては僕はそもそもWEB制作を仕事として請けていて、そういう意味では外部からお手伝いする立場だったのです […]

2013.01.11
植村 百合香
「踏み入って、踏み留まって、踏み進める」

「ちっちゃい怪獣連れて行くね」、そう言われてブリッジフォースマイルというNPOに勤めている友達に紹介されたのが、植村百合香さんでした。初対面の時は別に彼女のプロジェクトの詳細を聞くわけでもなく、ただなんとなくこの子、大物 […]

2012.11.27
坂田 一倫
「Non-Designer UXer」

高校と大学のラグビーの後輩にあたる坂田一倫君。学生の頃からデザインが好きだったようで、ただ、僕とはちょっと違う志向性だったようで。彼の口から、徐々にUXという言葉を聞くようになって、気がつけば、UXの専門家として仕事をす […]

2012.11.18
小野 梨奈
「働き方の未来予想図」

ナンパされたシリーズ。今年に入って、Twitterで仕事のお声がけいただいたのが、フリーランス、Webプロデューサーの小野梨奈さん。とは言え、何となく僕も存じ上げていて、お話したところ、共通の友人の話にもなり、行けそうだ […]

2012.10.04
北見 友和
「続けることを繋げる、繋げることを続ける」

10年前から上永谷にあったレゲエバー、CRISE。歩いて30分ほどの所に住んでいたのに、僕が知ったのはつい昨年のこと。そこのカウンター越しに知り合ったのが、北見友和さんでした。日本料理を銀座で修行し、数千人規模の屋外ライ […]

2012.09.21
山本 泰広
「笑うPMには福来る」

先日、「僕のチームの後輩に酒飲みながら話してもらえませんか?」という、ちょっと風変わりなオファーをくださったのは、ネットサービス企業でプロジェクト・マネージャーをしている山本泰広さん。同じ横浜市民ということもあり、飲みの […]

2012.09.15
marico
「モノを作る、場を作る、時間を作る」

男ですし、そんなにアクセサリーとかは持ってないのですが、maricoさんにオーダーしたグラスループは今も愛用しています。maricoさんとは友人に紹介された社会人サークルみたいなところで知り合って、だから5年ほど前でしょ […]

2012.07.01
中村 こども
「楽しかったら重くないんだ」

「すいません、ピントが合ってませんでした。。。」そんなET Luv.Lab.始まって以来の大失態を犯してしまったのが、今回の中村こどもさんへの取材です。実は僕は中村さんにレンズを一本お借りしていて、だから、そのレンズを借 […]

2012.04.14
黒田 和宏
「企業と個人を結ぶもの」

まだ僕が学生時代にデザイン会社の仕事をパートタイムのスタッフとして手伝っていた頃のこと(別に出社とかなかったけど)。その僕を手伝ってくれていたのが同じSFCに在籍していた1年下の黒田和宏君でした。そこでの仕事が終わって、 […]

2012.03.29
景山 泰考
「ロジックを調律する男」

「やーまん」「やーまん」「やーまん」と本当に知り合ったその日からべったりお世話になっているのが景山君こと、「やーまん」です。お互い何かを説明する時に、いきなり結論を持ち出してもきちんとコミュニケーションが取れる、という意 […]

2012.03.26
浜本 階生
「ソーシャルグラフとアルゴリズムが導く行方」

Blogopolisを知っていますか。10人に見せると10人が「スゲー!」という、僕の経験の中でも類まれなサービスです。それを作っている個人と知り合える!と聞いて、お邪魔した用賀エンジニア焼肉会が浜本さんとの出会いでした […]

2012.03.08
小泉 瑛一
「On the frontline」

小泉君と僕の関係性を説明するに、横浜の飲み仲間です、以上の説明がないのですが、彼が横浜国立大学の建築学生の時に、ひょんなことから知り合って、せっかく地元の若者なので、色々な会に連れて行って、なんか面白いことになればいいな […]

2012.02.21
大嶋 英幹 / 水口 一
「デザインに人の温かみが降りてゆく」

僕が鎌倉でお世話になっている代理人の方が「面白い人達に会いましたよ」とある日おっしゃった。あの時「じゃあ、紹介してください」、その一言が言えなかったら、きっと僕が「はせのわ」に携わることはなかったでしょう。 鎌倉にあるツ […]

2011.11.12
畠山 千春
「見えやすくする、触れやすくする、慈しみやすくする」

僕をして、エコ、という言葉を誰も想起し得ないと思いますが、随分前に、green drinks Tokyoというパーティにうかがった際にご紹介いただいたのが、当時グリーンズでインターン中の畠山さんでした。ちょうど就職活動の […]

2011.10.21
松村 太郎
「その境界を超えてゆけ」

2007年3月、kosukekato.comの読者から一通のメールが届きました。「ブログでナンパした」「ブログでナンパされた」という話は、どこかしこでしている話ではあるのですが、実は中学と大学の後輩であった松村太郎君と知 […]

2011.06.14
徳本 昌大
「コミュニケーションの今」

僕がいつもと少し毛色の違うプロジェクトにアサインしていただいた時に、そのプロジェクトでお世話になったのが、「ソーシャルおじさん」こと徳本昌大さんでした。お仕事の合間にET Luv.Lab.のことをお話ししましたところ、快 […]

2011.04.12
すわ だいすけ
「Still Together」

3月11日、地震がありました。今も余震や原発事故など、予断は許さない状況ではあると思います。いつまでも休眠させずに、ET Luv.Lab.も動かしたい、でも地震の後に、その話を避けて通らず、でもET Luv.Lab.らし […]

2011.03.04
迫田 大地
「人と情報のパッシング・ポイント」

WEBデザイナーの迫田大地さんと付き合いだしたのは遂最近。実はこういう仕事をしている癖にWEBデザイナーの知り合いってとても少ないんです。しかし話してみると、同じ80年生まれということもあり、WEBの入り口から、仕事に転 […]

2011.02.19
丸岡 和人
「次代の起業家精神を描く」

丸岡和人君とは、今は無き、「用賀エンジニア焼肉」で何回かご一緒して以来のご縁です。何となくお互いの仕事を知ってはいたし、出身校も一緒だったので、シンパシーは感じていましたけど、よくよく考えれば今回の取材が2人で仕事につい […]

2010.12.09
小島 希世子
「火の国の女、肥の国の母」

小島希世子さんとは大学時代の親友で、ともすれば悪友で、お酒を飲みながら20歳前後に議論を交わした朋友です。農業の世界を生業にする数少ない友人で、僕もいつも勉強させてもらってます。 2年前の法人設立の際には、僕もCIやWE […]

2010.11.11
原田 均
「社会にコミットするエンジニア」

グラウンドの仲間シリーズ、原田均君は28歳にして既に検索プラットフォームを手掛けるネット企業のCTOで、この夏、僕も会社のWEBサイトを手伝わせてもらいました。原田君の世界を放浪した話、などもかなり面白いのですが、今回は […]

2010.10.07
津下本 耕太郎
「関係性の仕掛け人」

津下本耕太郎さんは数年前に共通の客先でお知り合いになって、なかなか興味分野がかぶっていることもあり、同年代ということもあり、気が付けば意気投合していたという、ビジネスとも言い切れない、プライベートとも言い切れない不思議な […]

2010.09.25
三橋 ゆか里
「I am a TechDoll.」

後輩が独立したと聞き、会ってみたのが半年前。それからあれよあれよという間に活躍されているのがウェブディレクターでライターの三橋ゆか里さんです。先日もYahoo!ニュースに三橋さんが書いた記事が載っていたらしく、一緒に飲ん […]

2010.07.01
須藤 優
「面白い人を拡張する」

形式は違えど、JunkStageというのは、ET Luv.Lab.の良い見本なのだと思うんです。56名のライターを抱え、コラムサイトを運営しつつ、フリーペーパーを出したり、イベントをしたり、新しいサービスも始まるようです […]

2010.06.04
松下 弓月
「非日常性への回路」

「今日はお坊さんと食事に行きます」なんて友人に言うとびっくりされるのですが、松下弓月さんは平塚宝善院の副住職であり、超宗派仏教徒によるインターネット寺院、彼岸寺のメンバーでもあり、最近ではUstreamなどでも積極的にイ […]

2010.05.15
福山 泰史
「アマプロ混在の時代に思うこと」

同世代で自分よりフリーランサー歴が長い人、と言うと、実はそんなに多くはなかったりするのですが、音楽プロデューサーの福山泰史君は僕より2つ年下。 20歳の時に独立し、それから9年もの間、フリーの音楽プロデューサーとして業界 […]

2010.03.09
児玉 哲彦
「アーキテクチャからデザインする」

児玉哲彦さんとは母校のOpen Research Forumというイベントでゲリラトークセッションに飛び入り参加させていただいた時に知り合いました。それから何度かゆっくりお話をする機会が持て、僕はビジネス寄り、児玉さんは […]

2010.02.25
神谷 真人
「芝居と生きる、芝居を生きる」

3年B組16番加藤康祐、3年B組17番神谷真士。中学のクラスメイトで、出席番号が並びだった神谷君と再会したのは社会人になってからでした。話を聞いてビックリ。「脱サラして舞台俳優をしている」とおっしゃる。ある意味、僕とはフ […]

2010.02.23
野口 尚子
「余白を埋める、余白を作る」

各所で話題の僕の似顔絵入り名刺ですが、実は印刷の余白Lab.の野口尚子さんにコーディネートをお願いしたもので、ブラックメタリックの箔押しにグレーのラメ入りの紙がお気に入りで愛用させてもらっています。独立前に知り合いました […]

2010.02.09
小林 朋子
「Twitter文化はサロン文化」

サヴォアール・ヴィーヴルって言葉、初めて耳にする方も多いのではないかと思います。鎌倉でサヴォアール・ヴィーヴルサロン、ロザリウムを主宰されている小林朋子さんは、ETの古くからのお客様で、ご家族の皆様にもいつもお世話になっ […]

2010.02.05
北山 朝也
「エンジニアリングと幸せの定義」

ET Luv.Lab.記念すべき第一回目ゲストはエンジニアの北山朝也君です。北山君とはグラウンドで一緒に汗を流した仲でもあり、社会人になってからも折々で酒を酌み交わしがてら話をしあう親友です。北山君とは付き合いが長いです […]

2010.01.27
加藤 康祐
「人がメディアになる時代」

ブランディングの仕事をしていると、結局最終的にはブランドの価値がいかにして、「人」に反映されるか、ということに勘所があるように思います。何か同じようなことが、スゴイ勢いで情報の世界にも起こっているな、ということを下記の文 […]